特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

太宰府市の公務員試験の難易度はどうか?面接や筆記の倍率とボーダーラインは何点?

福岡市の太宰府市の公務員試験は非常に熾烈です。太宰府市の公務員試験は倍率がかなり高いんですけど、激戦の自治体と言えると思います。特に平成28年度の試験は筆記試験がかなり競争率が高いです。太宰府市の公務員試験の難易度はかなり高そうです。特に筆記試験の倍率がとんでもないので、それを知っておいてほしいと思いますけど、太宰府市の平成28年度の試験では、筆記試験は769人が受けて72人が合格ということで、何と太宰府市の公務員試験は筆記の倍率が10倍もあるのです。この数字は前代未聞です。太宰府市では筆記試験でかなり絞られるので、ここをクリアすることがまず大事になります。しかし、その後は簡単というわけではなくて、太宰府市の二次試験は72人から40人になっています。二次試験は受験者数が分からないのであれですけど、太宰府市の面接の倍率は1,5倍くらいになるんですかね?太宰府市の公務員試験の内定者数は11人となっているので、最終合格者数が何人か?はわからないものの、採用された人数が11人ということはこの40人から採用された人数が11人ということでしょうか?

 

そうなると、太宰府市の公務員試験は採用漏れが多いということなのでしょうか?太宰府市の公務員試験の倍率は769人から11人の採用なので、70倍ないくらいの倍率になっています。この時点で太宰府市の公務員試験の難易度がかなり高いというのが分かるでしょう。太宰府市の公務員試験は採用予定者数もそんなに多くないです。平成28年は9人となっているので、11人が内定したということですから、採用予定者数の割には受験者数が多いということなのでしょうね。太宰府市の公務員試験の倍率が数十倍というところを見ても、かなり激戦区ということが言えると思います。太宰府市の公務員試験の難易度はなんと言っても筆記試験です。太宰府市は面接試験も倍率は低くないので簡単ではないものの、太宰府市の公務員試験は筆記重視の感じがすごいしています。筆記の倍率がこの年は10倍以上ですから。これからも同様の傾向が続くとは限りませんけど、太宰府市の公務員試験は今後も筆記重視の自治体である可能性は否めないのです。

 

太宰府市に受かるにはやはり筆記試験の対策が第一でしょう。事務職Aの試験は7月実施みたいですから、市役所B日程になるのかな?恐らく筆記試験は教養のではないでしょうか?最新の受験案内を必ずチェックしておいてほしいですけど、太宰府市の公務員試験は恐らく教養のみではないか?と思うので、その教養試験でどれだけ点数をとれるか?にかかっています。太宰府市の筆記試験のボーダーは予想できませんね。ここまで倍率が高いと一体どれくらいなのか?普通だったら20点~22点くらいあれば通ると思うんですけど、太宰府市の筆記の倍率は10倍近く今後もあるとなれば、6割は最低いるのかな?と思えてきます。問題のレベルも高くはないと思いますけど。太宰府市の公務員試験に受かるには筆記対策を中心にせざるをえないでしょう。論文や適性検査とかを自治体によってはやる可能性があります。専門試験は分かりませんが、今後、太宰府市の公務員試験の選考方法が変わる可能性もあるので、何度も言いますが、最新の受験案内は必ずチェックしておいてください。太宰府市の公務員試験の難易度は半端ないので、ボーダーもどうなるか?分かりませんからね。

 

これだけの筆記の倍率があると、太宰府市の筆記試験のボーダーは何点くらいなのか?本当に予想がつきません。前代未聞の筆記試験の倍率ですから。太宰府市の筆記試験のボーダーは何点か?は予想しか出来ませんが、6割くらいは必要なんじゃないですか?全体でも太宰府市の倍率はとんでもない数字なので、難易度は相当高いのです。まずは教養試験の対策をするために、以下で紹介しているような過去問を使って勉強をしていくことが重要になります。太宰府市の過去問は問題のレベルや市役所B日程ということを考えると、市役所試験のものを使っていくと良いと思うので、そういったものを使用していきましょう。教養試験だけやっても良いかと思いますが、他の試験種も併願するのであれば、専門試験のところまでやっていくと良いと思います。太宰府市の難易度は相当高いです。採用予定者数も少ないですし、筆記重視の感じもありますから、とにかく過去問を使って筆記対策に時間をかけていきましょう。

 

 

 

あわせて読みたい記事