特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

釧路市の公務員試験の難易度は筆記の倍率が高い?ボーダーは?面接の倍率はそうでもない

北海道の釧路市の公務員試験は専門資格ありとなしの試験種に分かれており、後者がいわゆる事務職にあたるようですけど、この釧路市の公務員試験の難易度はそんなに高そうには見えません。過去の試験結果を見ると、そもそも受けている人数も多くないですから、倍率も高くないのです。釧路市の公務員試験の採用予定者数はそんなに多くないと思うんですけど、結果的に最終合格している人数は大卒者は11人、短大卒が3人、高卒者が12人となっています。これは平成27年度の結果です。いろいろな学歴から採用されているみたいですけど、大卒程度の釧路市の公務員試験の倍率はこの年は10倍くらいです。この年だけちょっと高いのです。それ以前の数年間は5~7倍くらいですから、大分差があるということになります。でも、それでも釧路市の倍率は高い年でも10倍くらいなので、そんなに難しいわけではないと思います。

 

釧路市の公務員試験の難易度はこれを見る限りでは普通くらいだと思います。選考の回数も多くないので、筆記試験と面接試験などを頑張れば最終合格までいける可能性は高いかもしれません。釧路市の一次試験の倍率はおよそ4倍です。125人受けて32人合格なので。釧路市の難易度は筆記試験は高そうですね。釧路市の公務員試験はこの筆記試験の倍率がそこそこありますけど、面接の乃倍率が高いよりは良いかと思います。釧路市の筆記試験の倍率は高すぎるわけではないが、低いわけではないです。したがって、釧路市の公務員試験に受かるには筆記対策をまずしっかりやる必要があるでしょう。そして、釧路市の二次試験は26人が受験して12人が合格しているので、こちらは倍率はそこそこですね。釧路市の二次試験の倍率は2倍ちょっとです。普通の範囲内と言えるかもしれません。釧路市の公務員試験は二次試験まで出終わりです。したがって、長い選考をやるわけではありません。ただ、釧路市の公務員試験は倍率は全体でそこそこあります。この年は10倍以上あります。それ以前は6~7倍くらいでもっと低いんですけど、この年は結構高いので、そういう意味では、釧路市の公務員試験は倍率からの難易度はそこそこあります。特に釧路市は筆記試験の倍率がやや高めと感じます。この年は4倍くらいありますから。釧路市の採用予定者数と受験者数のバランスによって、一次試験に通す人数も変わると思いますけどね。

 

だから、釧路市の採用予定者数が少ない年は全体の倍率も上がり、特に釧路市は筆記試験の倍率に影響が出るということになるのかもしれません。釧路市の採用予定者数は10~20人くらいなのかな?って感じです。年度によって違うみたいですけど、自治体の規模からするとこれくらいかな?という気もします。釧路市の面接の倍率は普通って感じなんですけど、低くはないですから対策は必須です。特に筆記試験の対策も万全にしていかないといけないですけど、面接も同様です。釧路市は筆記試験のボーダーはそこそこあるかもしれません。高いわけじゃないでしょうけど、ボーダーはある程度の点数になっている気がしますから、釧路市を受ける人は筆記対策をまずはバッチリとやって、次第に面接の対策も力を入れていきましょう。大卒程度の総合職(事務職)の釧路市の公務員試験の試験内容は一次試験は教養試験と小論文となっており、二次試験は個人面接、集団面接、集団討論などとなっています。したがって、人物試験の方がバリエーションが豊富です。釧路市は面接の倍率は高くないですけど、これだけ多くの角度から見られる可能性があるならば、ちゃんと面接の対策もしていかないといけないということですね。受験案内は最新のものを必ずチェックしておいてほしいですけど、釧路市の試験内容はこういった感じで今後も実施されるのではないでしょうか?釧路市の公務員試験の難易度は高くはないけど、低くもない感じだと思います。したがって、しっかりと対策をしていってください。

 

釧路市の公務員試験の筆記試験の難易度はすでに話したように倍率がそこそこ高い可能性もあるので、そのための筆記対策が必要になります。釧路市の筆記のボーダーを踏まえると、筆記対策は必須でしょう。そこで大卒程度の事務職については釧路市は教養のみではありますけど、もちろん事前に筆記対策は過去問を解いてバッチリやっていきたいところですね。釧路市の専用の過去問はないと思いますけど、大卒程度の事務職の釧路市の公務員試験は恐らく市役所B日程あたりで実施されてきたみたいなので、今後もそうなる可能性が高いです。釧路市の筆記試験の問題のレベルから言うと、市役所上級の過去問が1番適切でしょう。釧路市の難易度に1番近いと思います。大卒程度の事務職の釧路市は教養のみですから、教養試験の部分だけをやっておけば良いかもしれません。釧路市の筆記のボーダーを越えるために過去問をやっておくと本番での点数が上がる可能性がありますから、是非多くの方にやってみてほしいと思います。本番での問題のレベルを確認しておいて、できなかった部分を残りの時間で補強していくために勉強していくと良いと思います。すると、少しでも本番での点数が上がるでしょう。したがって、釧路市に受かるには本番までに余裕のある時期にやっておくと良いと思います。良かったら参考にしてみてください。

 

 

 

あわせて読みたい記事