特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

皇居護衛官の面接の配点や倍率は高い?面接対策での志望動機や自己PRの考え方

皇居護衛官という仕事があるのをご存知でしょうか?任務自体は警察官や警備員に近いものだと思うのですが、特別な仕事という認識があるでしょう。皇居護衛官という仕事内容は警察官や警備員に似てはいますし、同じ仕事とは言いませんが、やるべき任務としては共通点が多いとは思います。この皇居護衛官の仕事内容としてはテレビに映ったりするケースは少ないというか、結局は皇居周りでの護衛をする機会が多いと思われます。地味というか、目立たないが重要な仕事ということが言えると思いますし、そういった理解は必要でしょう。皇居護衛官の面接での志望動機を考えるときには、そういった仕事内容を理解した上でそれに見合った自己PRを構築し、そのうえで志望動機を作るのがプロセスとしては良いのではないでしょうか?皇居護衛官は人物重視の可能性が高いと思いますし、面接の配点もそれなりにあるでしょう。そして、倍率も高いでしょう。大卒程度の皇居護衛官の面接の倍率は3倍前後くらいはあると思われます。過去のデータから言うと、恐らく皇居護衛官の面接の倍率はそのくらいを予想しておいたほうが良いでしょう。だから、皇居護衛官は簡単には受からないのです。したがって、皇居護衛官の面接は配点や倍率が高くて難しいと思って取り組んだ方が良いと思います。あとは警察官とかとどう差別化?をするか?という問題がありますね。似ている職種だけになぜ警察官を選ばなかったのか?という質問がくるかもしれないのです。

 

皇居護衛官の仕事内容に関して理解をして、その大変な部分や必要な力などに目をやると、皇居護衛官の面接で問われる自己PRを作りやすくなると思います。仕事内容には当然大変な部分があるはずです。それを踏まえて自己PRを作ると、まず面接官から見てちゃんと皇居護衛官の仕事内容について理解しているなという印象を植え付けられるでしょう。そして、その大変な部分を乗り越えられるだけの力や経験が自分にはあるということを述べられれば、それは皇居護衛官の自己PRになると思います。自己PRはいかに皇居護衛官の仕事が自分に向いているか?いかに皇居護衛官という仕事で貢献ができるか?という部分なので、皇居護衛官の仕事内容のうち、特に大変な部分、多くが苦労する部分をまず理解して、それを乗り越えられるだけの力や経験をアピールすれば、それは皇居護衛官の自己PRになるわけです。そういう考え方をしていくと、まずは自己PRができます。そして、自己PRができれば、あとはそれを踏まえて、自分が皇居護衛官になればこれだけ貢献ができる。つまり、これだけ貢献ができるのだから、それ自体が皇居護衛官になる理由になるわけです。皇居護衛官の志望動機はそういった流れから作っていくと良いと思います。

 

皇居護衛官の面接対策においては、そういった部分がまず第一になると思います。もちろん志望動機や自己PR以外のことも考えないといけませんが、必ず聞かれるはずで、面接の中でもかなり重要なポイントとなるのがこういった質問になると思うので、皇居護衛官の面接対策ではまず自己PRの考え方を学んで、そのうえでそれを志望動機につながけていくと良いでしょう。皇居護衛官の面接の倍率は高いですけど、皇居護衛官の面接での志望動機の考え方の例としてはこういったものがあると思うので、良かったら参考にしてもらいたいと思います。あと、自己PRに関してもです。皇居護衛官は人物重視かな?と思います。配点もそこそこ高いでしょう。面接試験の配点はよく分かりませんが、普通に考えたら皇居護衛官は面接重視になるのではないでしょうか?したがって、皇居護衛官の面接の配点は高いと思った方が良いと思います。筆記試験も大切ですが、面接の配点も高いと思われる皇居護衛官の面接対策は早くからやっておきましょう。そして、倍率も高いので簡単に受からないと思った方が良いです。そのときに皇居護衛官の志望動機や自己PRの考え方で参考になればと思ったので、もし良ければ参考にしてみてください。

 

公務員試験の面接は皇居護衛官に限らず、非常に難しいです。そもそも公務員試験の面接をどこまで理解しているか?というと、よく分かっていない人も多くいると思います。皇居護衛官を受ける人は、他にも併願するところがあると思うんですけど、その併願先や皇居護衛官でも役に立つと思われるのが以下の面接対策本です。本書は公務員試験における面接においては全般的に使えると思います。公務員試験の面接の形式とか、面接の流れとか、面接官が見ているポイントとか、面接カードの書き方とか、そういった公務員試験の面接における基礎から教えてくれて、最後まで読めば合格レベルまで持っていける可能性が十分にあると思います。そして、本書でも特におすすめな箇所は公務員試験の面接官はそもそもどういう人材を欲しがっているのか?について書かれたページで、面接官から見て、あ!この人当たりだ!採用したいな!と思ってもらうための秘訣が書かれています。面接官が欲しいと思う人材や当たりだと思う人材の特徴と面接の中で面接官にそう思ってもらうためのテクニックなども具体的に書かれており、まさに面接官にとって自分が欲しいと思ってもらうてめにやるべきこと、できることが書かれているので、皇居護衛官やその他の試験種に受かりたい方は参考にしてもらえると良いかもしれません。

 

面接・官庁訪問の秘伝 2017年度採用 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2017年度採用 (公務員試験)

 

 

あわせて読みたい記事