読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

沖縄県の公務員試験の志望動機の考え方の例は待機児童の問題に言及するのもあり

沖縄県庁の公務員試験は別の記事でも紹介しましたが、難易度が極めて高いです。沖縄県庁はどちらかというと筆記重視にも見えますけど、筆記試験だけじゃなくて、面接試験の方もそれなりに大変だと思います。面接は簡単に受かるわけではないので、沖縄県を目指す人は筆記試験でまず大変な勉強をしないといけませんけど、それを通過してもさらに大変な面接試験が待っているのです。そうなると、沖縄県の公務員試験は相当難しいことになると思いますが、最終合格になるためには面接試験がどうしても必要になります。ここを突破しないと最終合格はできません。では、沖縄県の面接対策では何をすれば良いのか?というのは、他の試験種と大して変わりませんけど、やはり沖縄県で働きたい理由やそのための自己PRを考えるのが絶対に必要なのです。では、沖縄県の志望動機を考えるときには、どういったポイントが必要なのでしょうか?自己PRに関しても併せて解説していければと思っています。

 

沖縄県の面接での志望動機の考え方としては、これはホームページとか、説明会で話していたことを参考にしても良いと思います。沖縄県の公務員の志望動機を考えるときに1つ重要になるというか、ヒントになるのはやはり待機児童問題でしょうね。沖縄県にとって待機児童問題は切っても切れない問題です。というのも、沖縄県の待機児童の数は全国2位なのですが、1位の東京都は人口比が違うので、人口を合わせると、同じ人口当たりの待機児童数は全国1位になります。それだけ沖縄県では待機児童の問題が深刻で、逸れに困っている県民が多いということになります。では、どうして沖縄県ではそういった問題が生じているのでしょうか?沖縄県で待機児童の問題が浮上しているのは、いろいろな複雑な理由が絡んでいると思われます。まず最初に挙がるのが歴史的な理由で、沖縄県は1972年までアメリカの占領下にありました。本州と比べると歴史的な違いがあります。それが影響したため、長く自治をとることができず、認可保育園の設立が遅れており、それが現在まで影響したとされている説もあります。あとは全国での事情と同様に、働く女性の割合が特に高い地域が沖縄県であり、それだけ保育園などへの需要は高いが、それを満たせるほどの数がないという現状もあり、こういったところが沖縄県で待機児童が多い理由ということになるでしょうか。

 

日本全国では待機児童の問題が特に表面化しているのは東京都と沖縄県というのが代表的のようですから、待機児童は日本の問題というよりは、一部の地域なのかもしれない。東京が含まれているから全国の問題のように扱われてはいるが、待機児童が問題になっていない地域も実はあるので、待機児童の問題は解消できないわけではないでしょう。そういった部分を沖縄県の面接の志望動機として考えていくと良いのではないでしょうか?別の題材でも良いんですけど、沖縄県が抱えている1番の問題と言って良い存在かもしれないので、そこに気付いている人、そこを真剣に考えている人は評価される可能性もあるのではないか?と思います。沖縄県の志望理由としては別に他のネタでも良いですし、自分が話しやすい、自信のあるネタがあるならば、そっちの方が望ましいでしょうけど、沖縄県の公務員の志望理由で思いつかない、ネタがないという人は1つヒントになる題材かもしれません。これは沖縄県特有の問題と言っても良い部分だと思いますから。沖縄が特に抱えている問題が待機児童になります。待機児童の話は他の受験生がする可能性もありますけど、沖縄県の公務員の志望動機が思いつかないと悩んだときは1つ参考になる志望動機のネタかもしれないので、知っておいた方が良いでしょう。これを待機児童を沖縄県の志望動機として話さなくても、待機児童問題が存在していることを知っていると、他の質問とかで答えられるケースが増えるかもしれませんから。

 

沖縄県の公務員試験の面接もそうですけど、地方公務員、国家公務員の公務員試験の行政職、事務職の面接を受けるときには、以下の本が役立つ可能性があります。以下の本は公務員試験の面接対策をするときに参考になるのですが、ポイントとしては志望動機や自己PRなどを面接官に話すときにいかに魅力的な伝え方をするか?言ってしまえば、この人と働いてみたいと思わせるような、心に響かせるにはどういった伝え方をすれば良いのか?などの部分に言及されています。志望動機や自己PR、あとはやってみたい仕事などを伝えるときには、ただ面接官に話すだけでは不十分で、いかに面接官にとって心を打たれるような表現ができるか?話し方ができるか?が合否を分ける可能性があります。そこを意識できていない受験生も多いと思われるので、ただなんとなく言いたいことを伝えるのではなくて、面接官にとって望ましい印象を浮かべるような伝え方をするためにはどうしたら良いのか?という意識を持って志望動機、自己PRなどを考えていくためのやり方やテクニックなどを学べるかと思います。ただ伝えるだけではなくて、一歩進んで受かるための伝え方が学べる一冊ではないか?と思います。良かったら参考にしてみてください。

 

直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

直前マスター! 公務員試験面接必勝法 (スーパー勉強法)

 

 

あわせて読みたい記事