読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

三鷹市の一般事務の公務員試験の難易度や倍率は高い!人物重視で筆記のボーダーは低いと思われる

東京都の三鷹市の公務員試験の難易度ははっきり言って高いと思います。これは毎年の傾向のようですけど、三鷹市の公務員試験は倍率が結構高いのが特徴で、あと選考が長期化しやすい、長いってことです。これは三鷹市の公務員試験の採用ページを見てもらえれば分かりますけど、三鷹市の職員採用試験では、例年四次試験まで行われており、最終合格までいく道のりがまた長いんですよ。そして、三鷹市の公務員試験の倍率はというと、平成27年度のデータを参考にしますが、そこに書かれているのは13.1倍です。うわー、結構高いな!というのが、個人的な印象です。三鷹市の公務員試験は割と採用予定者数も多いんですけど、受ける人が多いってことなのかな?倍率が高いです。だから、三鷹市の公務員試験は難易度もとても高いということが言えるのではないか?と思います。一次試験の受験者数394人で、最終合格者数23人ですからね。とても難しいなという感じですね。

 

三鷹市の公務員試験は特別区や東京都と同じ日程なのかな?6月の第1週付近なので、今は特別区東京都庁とかぶっているかもしれません。でも、被っていてもこれだけの倍率は想像しづらいですが、三鷹市の公務員試験は倍率が結構高いというのは、まず知っておくべきだと思います。三鷹市の公務員試験では一次試験の倍率はほぼ2倍となっています。三鷹市の公務員試験では筆記試験が最初にあってその倍率が2倍くらいなので、ここは大したことないです。しかし、それ以降が問題なのです。二次試験以降は人物試験の要素が入ってくると思われますけど、三鷹市の公務員試験では二次試験から最終合格までが焼く7倍程度あります。7倍弱くらいでしょうか?6倍台後半くらいですね。二次試験以降の人物試験中心の選考で7倍近くあるとなると、結構厳しいです。面接とかが得意な人以外は結構苦労するかもしれません。三鷹市の公務員試験では筆記試験は教養試験と専門試験が両方ありますから、そのための勉強をしていかないといけないと思います。でも、三鷹市では筆記試験の倍率が低いので、ボーダーもそこまで高くはないでしょう。

 

恐らくですけど、三鷹市の公務員試験の筆記試験のボーダーは5割ちょっとくらいではないでしょうか?教養のみではなく、専門試験まであるという点や倍率が2倍ないくらいのところを見ると三鷹市の公務員試験では筆記試験の合格ラインは5割くらいが基準になりそうな気がします。三鷹市の筆記試験のボーダーは易しいと思いますよ。でも、油断はできませんけどね。三鷹市の筆記のボーダーは良いとしても、問題は二次試験です。三鷹市の職員採用試験では、二次試験にエントリーシートの審査があるようです。最近の公務員試験では、民間企業のような選考を取り入れていますから、こういう形のやり方があっても不思議ではないでしょう。しかし、公務員一本でやっている人はエントリーシートを書いたことがないのではないでしょうか?そうなると、三鷹市エントリーシートのためにいろいろと勉強をしたり、大学の就職課や予備校の力を借りた方が良いかもしれません。三鷹市の二次試験はエントリーシートに加えて個人面接もあるようです。三次試験、四次試験は定番の人物試験になるかと思いますけど、三鷹市の公務員試験は人物重視でしょうね。筆記試験の倍率が低く、二次試験以降の人物試験の倍率がとても高いので。そうなると、三鷹市の公務員試験の難易度は高く感じる人が多いかな?私みたいな面接が苦手な人は三鷹市の難易度はとても高く思えてくると思います。三鷹市の一般事務の大卒程度の上級試験の受験案内を必ず自分でも確認しておいてください。

 

三鷹市の職員採用試験は面接などの倍率が高いです。こういう試験種はよくありますけど、三鷹市の公務員試験に受かるには面接の倍率に打ち勝つ必要があります。当然、惹き試験も重要ですけど、面接試験などの人物試験は相当頑張らないといけないのです。三鷹市に限らず、今の公務員試験はどこも面接重視の雰囲気がありますから、その面接対策をしっかりとやらないといけないでしょう。そんなときにオススメなのが、他の受験生と差をつけたいときにオススメなのが以下の面接対策本です。大卒程度の公務員試験ならば、国家公務員でも、地方公務員でもどちらでも使える一冊で、68個もの想定質問とそれへの良い回答と悪い回答、その理由が載っているのが特徴です。この本は公務員試験の面接で利かれる可能性のある質問とその回答に専念しており、それ以外の情報はやや少ないですが、聞かれる可能性のある質問への対策は万全になると思います。通常の公務員試験の面接対策本は、予想質問や頻出質問として、せいぜい10から20くらいに絞って載せていますが、それは本当に聞かれる可能性の高いものばかりで、マイナーな質問は少ないです。だから、誰もが対策をしてくる質問には自分も対策はできるが、予想外のマイナーな質問がきたときは困ってしまいます。本書は68個も質問を載せていますから、頻出なものから聞かれる可能性の低い、マイナーな質問まで網羅しており、多くの受験生が対策をしていない、予想外の質問まで守備範囲にすることができ、実際にそういうマイナーな質問が本番でされたならば、ライバルはまともに答えられないけど、自分はちゃんと対策をしているから良い回答ができるなどの差になるかもしれません。そういう差が合否を分ける可能性もあるので、公務員試験の面接対策時に想定問答集として、予想質問への対策として、聞かれる可能性は低いが、もし聞かれたときには他の受験生と差がつくような質問の準備をバッチリしやすい本書は良かったら参考にしてみてください。

 

 

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2017年度

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2017年度

 

 

あわせて読みたい記事