特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

町田市の公務員試験の面接対策での志望動機や自己PRで受かるための考え方の例

東京都町田市の公務員試験では、毎年かなり多くの人数が受験をしており、非常にレベルの高い試験が行われている印象です。町田市は地方上級と同じ日に実施されるようなので、市役所上級の扱いになるかといますが、町田市民を中心に多くの人が受験してくるのです。そして、町田市の公務員試験を受けるうえでは当然、面接対策をいずれしないといけません。町田市の面接対策はできるだけ早めにやっておいた方が良いかと思いますけど、まずは筆記試験を突破しないといけないので、筆記試験の対策を中心にやりつつも、並行して面接対策も少しずつやっていけると良いと思います。町田市は結構面接重視の自治体だと思われますので、面接重視の中で合格を勝ち取るには、当然面接対策にどれだけ力を入れたか?もかかわってきます。したがって、町田市を受験する方は面接対策を早めにやっておきましょう。

 

町田市の面接対策で重要なのは志望動機や自己PRで、このあたりが町田市の公務員試験の面接対策の中心になってくると思います。町田市の面接を受ける人ならば全員が考えておかないといけない部分になるでしょう。では、町田市の面接での志望動機はどういった考え方をすれば良いのでしょうか?町田市の志望動機や自己PRを考えるうえでは、以下のようなものが参考になるでしょう。これは「町田市役所 | 新卒採用・会社概要 | マイナビ2017」のページから引用したものですが、町田市がどういう人材を求めているか?の例です。この中だとチャレンジ志向の部分と経営志向の部分は町田市の自己PRとかに使えそうですね。そして、それをもとに志望動機を作っていけると良いと思いますね。町田市の求める人物像があるわけですから、それに見合った経験や能力などを過去の話から引っ張ってこれれば、それはそのまま町田市の面接での自己PRになるでしょう。そして、その自己PRがあるので、私は町田市を志望するという流れが良いのではないか?と思うのです。つまり、過去の経験などから自分にはチャレンジ志向や経営志向などに合致する能力などがあると話します。これが自己PRになります。そして、自己PRがあるということは、町田市が求める公務員として適格であると言えるわけですから、町田市の公務員に向いている人が公務員になるべきという観点から、だからこそ私は町田市を志望するのです。町田市で私が働けば町田市の役に立てます。ということになります。

 

>町田市では、町田市民の期待にこたえ、信頼される市政を運営するため、職員一人ひとりが『市民の気持ちがわかる・同僚の気持ちがわかる』そして『いいことふくらむ“まちだ”を創造し続ける』を町田市職員の普遍的な理想の姿である「めざす職員像」とし、次の志向を持って業務を遂行することができる職員を目指しています。

■市民の立場で考え、地域とのつながりを大切にする職員<市民志向>
■全体の奉仕者として高い倫理観を持ち、公平・公正に職務を行う職員
<信頼獲得志向>
■知識、技術、専門能力を自ら習得し、新たな課題に積極的に挑戦する職員
<チャレンジ志向>
■時代の変化を敏感に捉え、常に改革、改善に向けた経営感覚を備えた職員
<経営志向>
■お互いを尊重し、協力し合い、組織で仕事ができる職員<チームワーク志向>

そしてなによりも、「市民サービス」に真摯に取り組む姿勢と決意、組織人として常識的な行動が取れる人でなければなりません。
市役所はサービス業です。あらゆる市民サービスのフロントに位置するのが市役所です。サービス業の仕事の良し悪しは、サービスの質の良し悪しで決まります。サービスの質が悪いと、市民から税金という対価を預けていただけません。
「税金を市民の皆様からお預かりしている」という認識を持って仕事ができる方の応募を期待します。

 

町田市の面接などでの志望動機や自己PRの考え方の1つとして、町田市の求める人物像をヒントにしてみましたが、こういった話題ならば多くの人は過去に何らかの経験をしているのではないか?と思います。1番過去の経験と結び付けやすい部分かな?と思うのです。このチャレンジ志向と経営志向に関しては。経営志向っていうのはチームワークとも言えますし、チャレンジ志向は自分が考えている理想的な町田市の姿や理想的な自治体のあり方などを踏まえると良いかもしれません。自治体はどこもより良い街を目指して、常に変化を望んでいますから。町田市の面接対策で中心になる自己PRと志望動機の考え方は他にもありますけど、1つのヒントとして参考にしてもらえればと思います。町田市の自己PRや志望動機は何でも良いんですよ。何が評価されるか?なんて分かりませんから。町田市の面接対策はできるだけ早めに準備をしていってほしいと思います。

 

あわせて読みたい記事