特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活で名刺入れは必要か?男女でデザインや色、材質の選び方は?

就職活動において、実は多くが忘れがちだが、持っていると便利なもの、必要なものというのがあると思いますが、それは名刺入れです。就職活動において名刺入れは必要か?というと、持っていて損はないでしょう。むしろ、持っていないと損をすることがあるかもしれません。それは名刺入れは、名刺を貰う機会で持っていないと厳しい状況になってしまうからです。就活の会社説明会とか、面接を受けに行ったときとかに名刺を貰う機会ももしかしたらあるかもしれませんが、そのときに名刺を貰ってどこに仕舞うか?どこまであげた側は見ているでしょうね。そして、あまりに非常識な行動をとったら、その学生は選考対象から外れてしまうなんてこともあるかもしれません。だからこそ、名刺に関しては、貰い方、受け取り方もしっかりと知っておくべきでしょうし、名刺をどこに仕舞うか?というのも、気を使っていかないといけないということになるのです。

 

では、名刺を仕舞う場所って何があるか?っていうと、名刺入れしか実際ないんですよね。ポケットに入れるわけにもいかないし、後は財布くらいですかね。それ定期入れ(SUICAPASMO入れ)などになるでしょうか?このあたりは一応格好がつくというだけでベストではないと思います。そうなると、もう名刺入れしかないんですよ。名刺入れを持っていると、即座にそれを出してそこに仕舞うことができますから、社会人の行動として適切ということが言えると思います。その行動を見て、名刺を渡した側も、ちゃんとしたしまい方をしていて高評価だ!ということになるかもしれません。名刺入れは意外と持っていない人もいますし、貰い方や受け取り方が間違っている場合もあります。そういった何気ない行動1つで評価が変わることもありますし、他の就活生と差をつけることだってできるはずです。名刺をもらったら、すぐに名刺入れを取り出して、そこに入れるという癖をつけましょう。ちなみに学生の側が名刺を作る必要はあるのか?というと、こちらは別にどちらでも良いと思います。名刺をもらたら名刺を渡すというのは、働いている社会人の中では常識としてあったとしても、一方が学生の場合には、名刺を持っていないことは不自然じゃないでしょうから、別に就活生は名刺を持っていなくても良いと思うのです。

 

名刺入れは必要か?というと、不可欠まではいかないけど、あった方が良いとは思います。名刺入れを買ったら、名刺の受け取り方もちゃんと自分なりに調べておきましょう。そして、名刺入れはどういったデザインのものが良いのか?というと、これも悩むかもしれませんね。名刺入れにそんな奇抜なデザインのものはないので、選ぶ余地はそんなにないと思いますが、名刺入れのデザインはシンプルなものが良いと思います。あとは名刺入れの材質ですね。1番無難なのは革製の名刺入れです。これは定期入れとか、財布とかもそうだと思いますが、こういったものはやはり革が良いのでしょう。金属でできた名刺入れもありますが、こちらがダメなわけではないものの、指が触れたときに指紋が目立ちやすく、見た目が汚い印象を与えてしまいがちなので、避けた方が良いでしょう。そして、名刺入れの選び方では色も大切で、男女で特に変える必要はないと思いますが、革ですから基本的には黒でしょう。スーツが黒であるケースが多いと思いますから、名刺入れも黒だと全く違和感がないでしょう。名刺入れの選び方で色を選択するときには、男性でも女性でも色は黒で良いと思います。それかブラウン系の色、若干カジュアル感が出てしまうかもしれませんが、ぎりぎり許容できるのはこのあたりではないでしょうか?キャメルとか、ブラウン、チョコのような色ですね。名刺入れの選び方は男女ともに、材質や色を気をつければ良いと思います。

 

就職活動を行っていると、どうしても内定をとるのが難しいと思いますし、多くの人が苦労します。内定を取ることも大変ですが、その前にエントリーシートとか、面接の場で自分をどうアピールして良いのか?分からない。何を題材に、ネタにすれば良いのか?分からない。むしろ、そういった自分をアピールできるネタがなかなか見つからない。そういったリア充じゃない学生、スペックがどちらかというと低いと自負している学生に向けた指南書が以下の「凡人内定戦略」です。これは就活におけるエントリーシートや面接で必要になるアピールのための題材がないとか、これといって自分を魅力的に見せるネタが思い浮かばないという方にとって、じゃあそういう人はどういうことをアピールすれば評価されて、内定がとれるのか?そういった道筋を示してくれる本です。ある程度そういうエピソードに、ネタに困らないような人は関係ないですが、過去にこれといった経験をしていないとか、話すことが無いんだけど・・・という方も中にはいると思います。そういう方にこそ、凡人に該当する就活生こそ、読んでもらいたいのです。話すネタがないという中で、どうやって自分を企業にアピールするか?その具体的方法が載っています。Amazonでも非常に評価が高いので、読んでみた人は参考になったケースが多いのではないでしょうか?同じような悩みを抱えている就活生にはおすすめしたいと思います。

 

 

凡人内定戦略

凡人内定戦略

 

 

あわせて読みたい記事