読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

エントリーシート、履歴書の趣味がアニメ鑑賞やオタクはダメなのか?

エントリーシートにはいろいろな項目があると思います。その1つ1つを手書きしていかないといけないので、就職活動は本当に大変ですよね。特に趣味、特技欄に何を書くか?というのは非常に重要で、どういう趣味が良いのか?書いたら不利になりそうな趣味とかあるのか?といった疑問があるのではないでしょうか?確かにエントリーシートや履歴書に趣味を書かせる欄があるっていうのは、そこを見るということですから、何かしらの参考にするという可能性が高いでしょう。それをもとに面接での質問も考えるでしょうし、書類選考が通るか?というのも、重要になってきますからね。デモ、こういう趣味、特技では何を書けば良いのか?かなり迷いますよね。イメージを優先して、自分の本来の趣味、特技を偽って書くという人もいるかもしれません。例えば、アニメ鑑賞ってどうなんでしょうか?

 

私もたまにアニメ見ますし、アニメ鑑賞は好きです。それを趣味の中で1番か?っていうと、ちょっと違いますが、書いてもおかしくないかもしれないですね。でも、アニメ鑑賞って書いたら人事ウケ悪いんじゃないの?とか、思う人もいるのではないでしょうか?そうであれば、別の趣味に変えますよね。アニメ鑑賞はダメなのか?というと、これははっきりしたことは言えませんが、企業によりけり、人事によりけりでしょう。アニメ鑑賞という趣味に偏見を持っている人がいるのは間違いないと思う。それは音楽鑑賞とか、映画鑑賞とか、読書とかもそうかもしれません。ただ、その割合が違うのです。アニメ鑑賞に偏見を持っているであろうと思われる人の数が、それ以外の趣味よりも多いだろうと、予想する人が多いのではないでしょうか?現実は分からないですけどね。だから、確率の問題ですよね。5%の確率で評価が下がるかもしれない趣味とその確率が0.01%くらいしかない趣味とがあれば、後者を選びますよね。就職活動は嘘をつくのが常道となっているなら尚更です。

 

アニメ鑑賞と書くことにより、どれだけ不利になるか?という確率は正直分かりません。ただ、他の趣味よりは何か高そうって言うのは、感覚として分かるのではないでしょうか?だから、書くときに悩んですよね。これは私の勘になりますが、アニメ鑑賞について偏見を持っている人は、100人中多くても10人くらいだと思います。これを多いと感じるか?は人それぞれですが、若手社員ほどこういう趣味には寛容かな?と思いますし、女子社員よりも男子社員の方が問題ないケースも多いと思うのです。アニメ鑑賞が否定されたり、不利になったりするケースは現実的にはかなり少ないとは思います。でも、他の趣味よりもその確率が高いならば、やめておいた方が良いとなるかもしれません。それはしょうがないです。でも、ここで注意したいのは、別の趣味を書くときに何を書くか?ということです。イメージ的に問題なさそうならばどれでも良いというわけではないと思います。書いて問題がある趣味というのは、嘘だとバレる趣味です。2番目、3番目くらいの趣味を書くならば、それが本当にある程度は関心があるなら良いと思います。

 

それは嘘の趣味を書いてしまった場合、面接でたまにそこを質問される可能性があるのです。どうしても趣味について聞いておきたいと思う面接官の場合、質問をすると思うんですね。特にその趣味が自分も結構好きだという場合には尚更です。これがまるっきり嘘だと、追加質問や食いつかれたときに答えるのが苦しいというようなことがあるかもしれません。趣味としてそこに書いたのに、あまり詳しく答えられないと、これ嘘じゃないの?と思われて、そうなると一気に不利になるかもしれません。だから、趣味はただ見るだけで聞いてくることはないだろうと油断していると、まさかの質問が来て、慌ててしまう可能性もあるので、ちゃんと詳しいものを、1番手の趣味ではないが、一応好きなものを書いておくようにしましょう。

 

 これから就職活動をしていくにあたって、どうしても自信が持てない方やスペックがあまりよくないので、エントリーシートや面接で話すときのネタがないとか、アピールするものがないとか、大学時代に何もやってないとか、そういった問題を抱えている方もいると思います。そういった方にオススメしたいのが本書で、ハイスペックで特に悩みもない人にとってはあまり関係ないですけど、凡人ならではの悩みを抱えている方にとって、そういう人向けの本になります。普通の就活の参考書を見ていてもあまり参考にならない、自分には使える題材がないという場合に、さらにスペックが低い人向けの本なので参考になる部分も多いと思います。Amazonでもかなり評価高いので、良かったら参考にしてみてください。

 

凡人内定戦略

凡人内定戦略

 

 

あわせて読みたい記事