特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

公務員試験の面接での合格フラグ、不合格フラグは存在する?

公務員試験の面接における合格フラグ、不合格フラグって、どういうものなんでしょうね?面接っていうのは、一概にこれが原因で受かった、落ちたというのは分析不可能です。何が理由で受かった、落ちたというのは理由は教えてくれませんし、調べるのも無理に近いからです。そうなると、合格フラグ、不合格フラグなんてものは存在するのか?とも思えてきます。各々の受験生が自分で面接を受けて、受かった、落ちたときにもしかしてあれが原因かな?と思うことはあるにしても確証がないですから、やはり確実なことはいえないのではないでしょうか?ただ、これも予想に過ぎませんけど、不合格フラグの中には「和やかな面接」というのがあると思います。和やかなというのは、一見すると合格フラグなんじゃ?と思えるかもしれません。和やかな面接が一概に不合格フラグだとは思いません。

 

ただ、和やかすぎるものというのも実は考えもので、この場合はそもそも面接官はあまり良い点数をつけたくないと思っているから、お客様対応に切り替えているという可能性もあります。何かが原因で、面接官はもうこの人は採用したくないなー。と思ってしまって、気分を害さないようにお客様対応に切り替えて、面接を終えてもらうということですね。和やかすぎるというか、対応がいちいち丁寧すぎるなと感じたら、このケースかもしれません。ただ、面接の途中でもう面接官自身がやる気をなくしてしまうこと自体は、それはそれで大問題だと思いますけどね。面接を全て終えて、そこで初めてトータルの評価をすべきだと思うのですが、もう途中で諦めてやる気なくしちゃうんですもん。面接官としてこれはどうなのか?と個人的には思いますけど。そういう面接官がいるか?どうかは分かりません。いるんじゃないの?という推測に過ぎないので。

 

裏を返せば、しつこいくらいに聞いてくる、質問をして来る面接官は合格フラグ?とも思えるかもしれませんけど、それもどうなんでしょうかね?和やかすぎるよりはまだ可能性はあると思います。中には「しつこく質問を繰り返す面接官は、もう採りたいと思っていないから、落とす理由作りのために、厳しい質問を繰り返し、受験生にも落ちた感覚を植え付けるためにやっている」と言われることもあります。これもあくまでも予想なんでしょうけど、こういう面接官がいたら、先ほどと同様に大問題だと思います。これとは逆に、興味があるからこそ、採用したいというか、受験生の回答次第では良い点数をつけたいと思っている面接官だからこそ、しつこいくらい質問をして、受験生の本心とか、能力みたいなのを見ようとしている。というのもあるかもしれない。だから、厳しく質問をしてくるような面接の雰囲気というのは、不合格フラグのようにも思えるかもしれませんけど、実は合格フラグであったという可能性もあるのです。

 

面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)

 

 

特に上記の面接対策本にはこういったことがよく書かれています。ここに書かれていることも当然、事実ではなく、考察によるものですけど、いわゆる圧迫面接というのはネガティブに捉える必要はない。圧迫面接は、あくまでも受験生への期待の表れだと、この参考書では書かれています。圧迫面接みたいな、しつこく厳しい質問をして来るのは、その受験生をもっと知りたいという面接官の意思の表れだから、ネガティブに捉える必要はない。それどころか、面接官にとって、自分が公務員として相応しい存在に見えつつある。それを見極めようとしている段階=最大のチャンスの到来となる。そういう風に解説されています。この面接対策本は何年か前のものを私も使っていましたが、割と参考になる部分が多く、公務員試験の面接対策本の中では、選りすぐりの一冊になると思います。

 

また、この面接対策本は公務員試験の面接、そして官庁訪問、集団討論などを全て盛り込んだ非常にボリュームのある一冊です。公務員試験の二次試験対策、人物試験対策はこれ一冊で十分かもしれません。公務員試験の面接で頻繁に聞かれやすい質問を20個ほど掲載しており、それぞれにおいて良い回答、ダメ回答を載せて、それぞれの理由についても詳しく解説してくれているので、納得しながら面接対策ができると思います。これから面接対策をしていく受験生には1番オススメしたい面接対策本になると思います!

 

 

公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2016年度

公務員試験 現職採点官が教える!合格面接術 2016年度

 

 

あわせて読みたい記事