特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

VSNの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

VSNの就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職したいと考えている人は、まずは難易度について頭に入れておきましょう。難易度を調べるにあたっては、倍率の情報を必要とします。しかし、VSNの就職における倍率については、データが見つかりません。つまり、倍率は非公開になっていると思われます。採用試験の倍率に関する数字をわざわざ公開している会社の方が少ないので、仕方ないとは言えますが。でも、倍率の情報がないと、VSNの就職の難易度を調べるのは厳しいです。ただ、難易度の問題については、他にも知っておくべき点があるので、そこに関してチェックしていくと良いと思います。それは学歴フィルターの有無です。

 

・VSNの就職では学歴フィルターはあるのか?

VSNの採用試験の難易度では、学歴フィルターの有無の問題が非常に重要と言えます。したがって、ここについて見ていきましょう。学歴フィルターが存在するか?どうかを調べるためには、本来であれば倍率のデータから推測していきます。しかし、VSNの就職における倍率は非公開となっている可能性が高く、調べることができません。そのため、倍率以外のデータをヒントにしていきたいと思います。今回は採用実績校のデータを使用したいと思うのです。VSNの就職の採用実績校をチェックすると、いくつかの大学名が載っていますが、有名大学のみではない状況が確認されます。Fランク大学と思われる大学名も普通に載っているので、この状況においては、VSNの就職では学歴フィルターがある可能性は低いのではないか?と思われます。

 

しかし、仮に学歴フィルターがないとしても学歴や大学名を一切チェックしていないとは言えないでしょう。就活では、学生のいろいろな部分をチェックして、総合的に評価をしたうえで、合否の決定をしていきます。だから、就活においては学生に対して多くのチェック項目を用意しているので、その中に学歴や大学名が含まれていても不思議ではないのです。ただ、学歴や大学名だけチェックしているわけではなく、他にも多くの面を調べたうえで、総合的に評価をして、さらに合否を決めているはずです。だから、気を配らないといけない部分はそれなりにたくさんあるということです。特にVSNの就職の面接対策は重要と言えると思います。志望動機や自己PRをしっかりと考えて、そのうえで選考に臨んでほしいです。そして、VSNの就職の評判についてもチェックしていくと良いと思います。社員の口コミがかなり参考になるはずなので、そういったものを通じて、会社の実態を把握していきましょう。VSNの仕事は激務なのか?という点に関して、特に知っておくと良いと思います。

 

・VSNの就職の評判はどうなっている?

VSNの就職の評判についてチェックしていきたいと思います。社員の口コミを見ておけば、ある程度の状況は理解できると思います。まずは平均年収からです。VSNの平均年収は?というと、400万円強となっています。それなりの数字と評価できるのではないでしょうか?ただ、働き方の口コミに関して気になる人がやはり多いと思います。VSNの残業時間に関するデータがあるので、それについてまず見ていきましょう。1か月あたりの残業時間の平均はどうなっているのか?というと、25時間前後です。この数字については、激務ではなさそうです。でも、そこそこ忙しいと感じる可能性はあるかもしれません。実際、社員の口コミでは派遣先によって状況は異なると言われています。VSNの場合、アウトソーシングを行う会社であるため、他の会社で仕事をする機会が割とあります。したがって、どの会社で仕事をするか?によって、労働環境が微妙に異なってくるのです。だから、状況が統一されていないという意味では、激務に感じるようなケースが一切ないとは言えないでしょう。

 

どういった場所で働くか?によって、状況が異なるのはVSNの特徴ですけど、全体的に言えばすごい忙しい日々を過ごしている人はいなさそうです。VSNの仕事は激務になるケースはかなり少ないと思います。比較的楽な勤務ができているという声もあるので、そんなに心配しないでもいいと思います。また、有給休暇については割と一貫性があり、取りやすいと言われている状況です。というか、有給休暇を全く使わない状況が続くと、フォローが入ると言われているので、積極的に使った方がいいという雰囲気が職場には存在しているのです。こういったところがVSNの就職の評判となっています。VSNの採用試験の難易度も重要ではありますけど、自分が実際に働く可能性がある会社については、評判を細かくチェックして、納得したうえで受けていきましょう。

 

 

あわせて読みたい記事