特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

広島ガスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

広島ガスに就職したいと考えている人は、その難易度をまずは理解しておきましょう。広島ガスの就職の難易度を調べるためには、倍率のデータが必要です。したがって、広島ガスの就職における倍率を知る必要があります。したがって、そこにかんしてしらべていきたいのです。ただ、広島ガスの就職の倍率については、実はデータが存在しないようです。非公開になっているのではないか?と思われます。採用試験の倍率をわざわざ公開している会社の方が少ないので、しょうがないと思いますけど。でも、倍率が不明な状況では、難易度を調べるのは厳しいでしょう。でも、広島ガスの就職の難易度については、他にも知っておくべき点があります。それは学歴フィルターの有無です。

 

広島ガスの就職では学歴フィルターはあるのか?

広島ガスの採用試験の難易度に関して、学歴フィルターの有無はかなり重要と言えます。そういった面について知っておきましょう。でも、学歴フィルターの有無を調べるにあたっては、通常であれば、倍率のデータを使っていきます。広島ガスの就職における倍率から把握していくのですが、倍率の情報がないため、今回は採用実績校からチェックしてみたいと思います。実際に広島ガスの就職の採用実績校を見ると、多くの大学名が載っている状況です。有名大学も多くありますが、そうじゃない大学名も見られます。中にはFランク大学も存在しています。こういった点を踏まえると、広島ガスの就職では学歴フィルターがある可能性は低いと思うのです。したがって、ここに関してはそんなに心配しなくてもいいでしょう。

 

ただ、学歴フィルターがないとしても、学歴や大学名を一切見ていないとは言い切れません。そういった部分もちゃんとチェックしているのではないか?と思われます。就活では、通常は学生のいろいろな面を確認して、それらを総合的に評価して合否を決めていきます。だから、数多くの部分をチェックするのですから、その中に学歴や大学名が入っていても不思議ではないでしょう。だから、こういった面は見られていると思っておくべきでしょう。しかし、学歴や大学名だけをチェックしているわけではないので、他にも気を配っていくべき点はいくつか存在しますが。特に広島ガスの就職の面接対策は重要と言えます。志望動機や自己PRをしっかりと考えて、そのうえで受験をしていきましょう。そして、広島ガスの就職の評判についても知っておく必要があります。社員の口コミを紹介していきますから、そこから会社の普段の状況を把握してほしいです。広島ガスの仕事は激務という点は、特に理解しておくと良いと思います。

 

広島ガスの就職の評判はどうなっている?

広島ガスの就職の評判について見ていきたいと思います。社員の口コミを見ると、会社がどんな感じか?という点について知ることができるでしょう。まずは平均年収についてチェックしていきます。広島ガスの平均年収は?というと、500~600万円程度となっています。したがって、割と高い数字となっている状況です。しかし、やはり気になるのは働き方に関する口コミでしょう。そういった面について見ていきます。口コミをチェックすると、全体的に激務という感じはあまりしません。とはいっても、忙しいと感じている人はいると思いますけど。実際は部署によるでしょう。例えば、休日出勤が割とあるという報告が見られるので、そういった状況で働いている人たちもいるのでしょう。でも、ちゃんと休日は休むことができるという声も見られますから、休日出勤がほぼないような日常を過ごしている人もいるのでしょう。結局は部署次第ということになるのではないか?と思います。でも、広島ガスの仕事が激務と感じているケースはあまりなさそうです。

 

通常の休日はそういった感じで、人によって違いがあるみたいですが、それ以外は共通しているようです。でも、どちらかと言うと、悪い面で共通している感じです。というのも、広島ガスでは年末年始が短いと言われており、お盆休みについてはないとされているのです。ここはインフラ系の会社であることが理由かもしれませんが。広島ガスの就職の評判として、しっかりと頭に入れておいてほしいです。インフラ系の会社であるデメリットは確実にあるかもしれませんけど、科業界自体は少なからず安定しているはずですし、その恩恵を受けられるメリットはあるので、全体として評価をしていくと良いと思います。広島ガスの採用試験の難易度も重要ですけど、こういった会社の評判も理解しておきましょう。自分が実際に入社する可能性がある会社については、事前にきちんと把握して、自分なりに納得してから受験をしてほしいです。

 

 

あわせて読みたい記事