特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

阪急交通社の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

阪急交通社の就職の難易度はどれくらいか?阪急交通社に就職したいと思っている人もいると思います。そういった人はまずは会社の難易度をしっかりと理解しておきましょう。阪急交通社の就職の難易度を調べるときには倍率を利用すると良いのです。阪急交通社の就職の倍率については正確な数字は載っていないものの、100倍強くらいはあると思われます。したがって、倍率はかなり高いと思うので、阪急交通社の就職の難易度は高いということになると思います。ただ、阪急交通社の就職の難易度というのはそれ以外にも重要なものがあります。それは学歴フィルターです。阪急交通社の就職では学歴フィルターがあるのか?についてはチェックしておきましょう。

 

・阪急交通社の就職では学歴フィルターはあるのか?

阪急交通社の就職では学歴フィルターが存在しているのか?について知っておく必要があります。阪急交通社の採用試験の難易度にかかわりますから、ここは調べておく必要があります。阪急交通社の就職の倍率からすると、もしかしたら学歴フィルターがあるかもしれません。阪急交通社の就職の倍率も重要ですけど、採用実績校をチェックしていくと良いと思います。阪急交通社の就職の採用実績校を見ると、大学名に関してはいろいろなレベルのものが見られます。そして、短大や専門学校からの採用も確認でき、そういったところを見ると、阪急交通社の就職では学歴フィルターはないのではないか?と思います。しかし、阪急交通社の就職では学歴や大学名が関係しないということではないでしょう。そういった部分はどうしても選考ではかかわってくる可能性があります。阪急交通社の就職では学歴や大学名といった面も含めて合否の材料にしていると思いますから、阪急交通社に就職したい人は知っておきましょう。

 

阪急交通社の就職では学歴フィルターはないとは思いますけど、学歴や大学名はどうしてもかかわってくるということです。それでもいろいろな要素を合否において考慮していく中で、学歴や大学名も使うという程度だと思いますから、そんなに気にしないでもいいかもしれないですけど。阪急交通社の就職ではやはり面接対策が最も重要です。阪急交通社の志望動機や自己PRをしっかりと考えていきましょう。では、阪急交通社の就職の評判についても知っておいてほしいので、社員の口コミを紹介していきます。阪急交通社の就職の評判を知ることで、どういう会社なのか?を知ることができますから。阪急交通社の仕事は激務なのか?といった部分は多くが気になっているはずなので、そういうところも理解してほしいのです。

 

・阪急交通社の就職の評判はどうなっている?

阪急交通社の就職の評判はどうなっているのか?まずは平均年収からチェックしていきたいです。阪急交通社の平均年収はどうなっているのか?というと、600万円強くらいです。したがって、阪急交通社の平均年収というのは結構高い数字であると言えます。では、働き方に関しての口コミを実際に見ていきますが、阪急交通社の平均の労働時間はどうなっているのか?というと、1日あたり9~10時間となっています。したがって、労働時間はそこそこであり、必ずしも激務であるとは言えないものの、忙しい可能性は十分にあります。阪急交通社の社員の口コミを見ると、残業自体はしづらい空気となっているようで、基本的には残業を良しとしない職場ではあるものの、現実的には残業をしないといけない状況になっているのです。つまり、仕事量はそれなりに多いということです。ただ、忙しい状況はあるとしても、阪急交通社の仕事が激務ということまでではないみたいなので、状況としてはそこまで仕事ばかりということではないのでしょう。

 

あとは週に1回ノー残業デーがあり、それによって残業を一切しないで帰ることができる日もあります。実際は勤務する店舗によっても違うようですけど、同じような感じの口コミが多いです。店舗によって忙しさは違いがあるとは思いますけど、すごい激務みたいな雰囲気は感じられないので、そこは大丈夫だと思います。サービス残業もないとされており、残業代はちゃんと出るということになっているのです。この業界は長期休暇を取ることが難しいとされていますが、阪急交通社では長期休暇を取るように促されるようなことがあるともされています。阪急交通社の就職の評判としてはこういったところです。割と働きやすそうな雰囲気を感じます。阪急交通社に就職したい人はこういった情報から会社の実態もしっかりと調べておきましょう。阪急交通社の就職の評判というのは会社を知るにはかなり重要な情報ですから、細かくチェックしておいてほしいと思うのです。阪急交通社の採用試験の難易度だけではなくて、会社の情報も理解しておけば、それが企業研究につながるということも言えますから。

 

 

あわせて読みたい記事