特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

新潮社の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

新潮社に就職したいと考えている人もいると思いますが、新潮社は人気の出版社であり、知名度も高いのなかなか就職するのは難しいと言えます。新潮社の就職の難易度を調べるときには、まずは倍率を知っておくと良いのですが、新潮社の就職の倍率は公開されていないようで、正確な倍率は分からないのです。ただ、恐らくですが倍率は高いと思います。大手企業ということもありますが、出版社はどうしてもそんなにたくさんの人数を採りませんから。採用人数は若干名ということで、ここ数年は5名前後くらいらしいです。したがって、倍率はかなり高い可能性があります。新潮社の就職の難易度についてはさらに学歴フィルターも重要です。学歴フィルターの有無で、新潮社の採用試験の難易度も変わってきますから、そういったところも確認しておきましょう。

 

・新潮社の就職では学歴フィルターはあるのか?

新潮社の就職では学歴フィルターは存在するのか?という点はかなり重要です。新潮社の就職における難易度に関係してきます。ただ、倍率はかなり高い可能性がありますが、具体的な数字が分からないので、そこから推測することは不可能です。そうなると、新潮社の就職の採用実勢校を見ておきましょう。採用実績校に関しては公開されていて、データがあります。新潮社の就職の採用実績校については一部しか載っていませんが、全体的に有名大学のみの記載です。そこからしか採っていないわけではなく、ここに載っていない中にも採用実績のある大学名は存在すると思いますけど、載っている中で最も大学のランクが低そうなところは日東駒専レベルです。したがって、そういったところからの採用は確認できます。日本大学からは採用があるようなので、日東駒専レベルから採用があるならば、学歴フィルターがある可能性はちょっと低くなります。

 

学歴フィルターのボーダーラインとなっているのはMARCHが多いようですから、学歴フィルターがある企業ならば、MARCH未満の大学名はあまり見受けられない可能性がありますから。新潮社の就職において学歴フィルターがある可能性は低いとは思うのですが、これは推測なので絶対ではありません。仮に学歴フィルターがないとしても、新潮社の就職では学歴や大学名は多少関係してくる可能性があります。学歴や大学名については採用実績の多いところはそれだけ有利になる可能性があるのです。新潮社に就職したい人はそういったところは知っておきましょう。面接対策が重要なので、新潮社の志望動機や自己PRを考えておくと良いです。そして、新潮社の就職の評判も知っておきましょう。実際に入社したときにどういった働き方をするのか?は把握しておいてほしいので、新潮社の仕事は激務なのか?とか、そういったことを含めて知っておきましょう。

 

・新潮社の就職の評判はどうなっている?

新潮社の就職における難易度を確認したら、あとは新潮社の就職の評判が重要と言えます。まずは新潮社の就職における評判として平均年収を知っておきましょう。新潮社の平均年収というのは、およそ800万円とされています。したがって、世間一般で言えばかなり高い水準なのです。ただ、新潮社の就職の評判に関して言うと、この水準は満足している人も多くいるものの、給与体系に関しては必ずしも納得している口コミばかりではありません。若いうちは給料はほとんど上がらない状態で、50歳くらいになってから一気に高くなるといった新潮社の社員の口コミがあります。それが良いことか?とうかは人によりますが、若いときには新潮社の給料面では不満が出やすいということなのです。それでも平均年収はかなりですから恵まれている方ですけど。あとは新潮社の仕事が激務なのか?というのは重要です。新潮社の仕事に関しては出版社だけに忙しい面はあると言えるでしょう。新潮社に就職したい人はそこは頭に入れておかないといけません。

 

新潮社の労働時間に関して言えば、1日の平均は9~10時間となっています。したがって、1日当たり残業が数時間あるような状況でしょうか?したがって、少なくとも楽な勤務ではないですね。そして、部署によっても労働時間は多少異なるので、相対的に残業時間が多い部署も存在し、そういったところは激務に感じる可能性もあるのです。ただ、職場の雰囲気は妙に緩く、ノルマや成果を厳しく求められることがないので、そこは新潮社の就職の評判として評価されている部分になります。新潮社の仕事はやはり出版社ということで激務になる面はあるでしょうけど、そこまで厳しい雰囲気ではないというのが、社員の口コミから伝わってきます。また、忙しいときがあるとしても、新潮社の仕事は常に忙しいわけではないです。ただ、部署ごとに別の会社のような雰囲気みたいで、あまり部署ごとの交流はないみたいです。だから、部署ごとに仕事量などに差があるので、そこは考慮しておかないといけないのです。新潮社の採用試験の難易度だけではなく、こういった新潮社の就職の評判もしっかりと理解しておきましょう。企業研究などに生かすことができる可能性がありますから。

 

 ・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分への興味をほとんど持ってもらえなかった、自分を必要とは感じてくれなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を実際に受けることで、すでに自分に対しての興味を持っていることが確実と言える企業を受けられるので、少しでも内定を取れる確率が高い企業を受験できることになります。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが着た企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事