特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

東急ストアの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

東急ストアの就職の難易度はどうなっているのか?東急ストアの就職に就職したいと思っている人は多いと思いますけど、その難易度をまずは調べておきましょう。東急ストアの就職の難易度をチェックするときには倍率を使うと良いです。しかし、東急ストアの就職における倍率というのは非公開になっているようです。だから、倍率からチェックをするということが難しいのです。東急ストアの就職の難易度に関しては調べるのが大変ですが、他にも重要なポイントがあります。それは学歴フィルターの有無です。東急ストアの就職では学歴フィルターが存在しているのか?について調べておきましょう。

 

・東急ストアの就職では学歴フィルターはあるのか?

東急ストアの採用試験の難易度を調べるときには、学歴フィルターに関しても知っておかないといけません。東急ストアの就職では学歴フィルターはあるのか?に関しては、本来であれば倍率を調べてチェックしていくところですけど、東急ストアの就職の倍率が不明なので、そういったものから調べることができません。東急ストアの就職における難易度として学歴フィルターは重要ですが、東急ストアの就職における倍率とは別のところからチェックをしないといけないでしょう。東急ストアの就職の採用実績校を見ていきますけど、そういったものをチェックすると、いろいろな大学名が載っているのです。それを詳しく見ていくと、Fランク大学と思われる大学名が見つかりますし、専門学校の名前もあります。東急ストアの就職では学歴フィルターは恐らくないでしょう。そもそも小売業界は就活の中では人気とはいいがたいと思いますから、学歴フィルターを実施しないといけないほど、倍率が高くなるイメージはないです。東急ストアは大きい企業ですけど。

 

東急ストアの就職では学歴フィルターは恐らくないと思いますが、東急ストアの就職では学歴や大学名を見ていないということではないです。そういった部分もチェックはしていると思います。しかし、結局はいろいろなところを総合的にチェックして評価して、合否を決めていると思います。だから、東急ストアの就職では学歴や大学名も重要だが、それだけでは決まらない、他にもいろいろな面を見て、合否を決めているということだと思います。学歴フィルターみたいに学歴や大学名だけで合否を決めることはないですが、学歴や大学名を含めていろいろな面で合否を決めるのが就活なのです。東急ストアの就職の面接対策もやっておかないといけないので、東急ストアの志望動機や自己PRを考えていきましょう。東急ストアの就職の評判も知っておいてほしいです。社員の口コミをチェックして、東急ストアの仕事は激務なのか?ということを確認しておいてほしいです。

 

・東急ストアの就職の評判はどうなっている?

東急ストアの就職の評判を知っておきましょう。まずは東急ストアの平均年収からです。東急ストアの平均年収は500万円前後となっています。小売業界の中では良い方かもしれないです。東急ストアの就職の評判でさらに重要なのは働き方に関する口コミです。東急ストアの1日の平均の労働時間を調べていきますが、口コミでは9~10時間となっています。そこそこ忙しいと言える可能性があります。しかし、実際は店舗ごとに違うみたいです。店舗勤務にまずはなるのかな?と思いますけど、それぞれごとに方針が違うので、8時間勤務に近い形で帰ることができる店舗もあれば、残業が多い店舗もあるみたいです。全体的に人員不足という声が多いです。したがって、多くの店舗で激務を感じている可能性があります。また、休日に関してもなかなかとりづらいということが言われています。

 

特に有給休暇に関してはこれも店舗によりますけど、取りやすい雰囲気ではないといった口コミが多いです。また、長期休暇も取りづらいので、休みに関してはなかなか厳しい評判となっています。完全週休二日制となっていますから、そこはまだいいかもしれませんが。東急ストアの就職の評判を見ていると、全体的に激務な人たちが良そうな感じが見られますし、仕事は忙しいという感じがしてきます。小売業界はどこも同じような感じかもしれませんが。ある程度忙しいというのはどこも同じでしょう。あとは給料がどれくらいもらえるか?の違いであり、東急ストアはまだいい方じゃないか?と思います。全国的に有名なお店ですし、そこまで仕事が激務ではないという雰囲気も感じられるので、小売業界の中では東急ストアの就職の評判はいい方じゃないか?と思うのです。東急ストアの採用試験の難易度も知っておくべきですけど、やはりこういった評判についても調べておきましょう。そのうえで受験をしていくと良いです。会社の実態は詳しく把握しておくようにしてほしいのです。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るという仕組みになっています。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットになっています。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなり大きなメリットと評価できるはずです。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

  

 

あわせて読みたい記事