特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

ハウス食品の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

ハウス食品と言えば、どういったイメージでしょうか?やはりバーモントカレーのイメージでしょうか?主力商品と言えば、そういったところになると思いますが、ハウス食品は就活生にかなり人気です。就職の倍率も高いですし、難易度も高いのです。ハウス食品の就職の難易度に関しては、やはり倍率を見ておくと良いと思いますけど、どれくらいの数字になっているのでしょうか?ハウス食品の就職の倍率については、おおよそ300倍となっており、かなりの難易度です。食品業界は業界自体が安定しているので、その中でも大手の会社となれば、これくらいの倍率になっても不思議じゃないでしょう。ハウス食品に就職したい人はこの倍率をしっかりと頭に入れて、挑戦をしていきましょう。

 

ハウス食品の就職では学歴フィルターはあるのか?

ハウス食品の就職の難易度を考えるときに重要なのは、やはり学歴フィルターです。ハウス食品の就職では学歴フィルターがあるのか?は気になると思います。ハウス食品の就職の倍率からすれば、学歴フィルターがあっても不思議じゃないかもしれません。ただ、倍率が高いから絶対に学歴フィルターがあるとは言えないのです。足きりの方法はいくらでもあるので、学歴フィルターを使わないといけない理由はないからです。ハウス食品の採用実績校を見ると、学歴フィルターがあるか?どうかの判断ができると思います。ハウス食品の就職の採用実績校を見ると、地方の公立大学日東駒専レベルまでは採用があります。それ以外の大学も採用されている可能性は十分にあるものの、掲載はされていないので、多数の採用者は出ていないということかもしれません。日東駒専レベルの大学から採用があるということは、ハウス食品の就職では学歴フィルターがある可能性は少し下がります。学歴フィルターのボリュームゾーンはMARCHあたりと言われています。場合によっては日東駒専の場合もありますけど。

 

そうなると、日東駒専まで採用があるならば、ハウス食品の就職で学歴フィルターが存在する可能性はそんなに高くはないのではないか?と思います。これは断言はできないものの、学歴フィルターがあるか?どうかの判断はそういったところからすることになります。ハウス食品の就職では学歴フィルターが存在する可能性はそこまで高くはないでしょう。実際に受けてみないと分かりませんし、学歴フィルターが仮にないとしても、学歴や大学名はハウス食品の就職では関係するはずです。履歴書やエントリーシートには学歴を記入する欄があるので、そこに記入をさせるということは、そこをチェックするわけです。チェックするということは、学歴という情報から形成される印象やイメージがあるはずなので、それが合否にも影響すると言えるでしょう。ハウス食品の就職では学歴や大学名は気にする必要はないですけど、関係はあるはずですから知っておきましょう。ただ、就活はその人のいろいろな面を見て総合的に判断するので、特定の武運だけ優れていても意味はないのですが。ハウス食品の就職の難易度は高いですし、非常に難しいので、ハウス食品に就職したい人はしっかりと頑張らないといけませんが、ハウス食品の就職の評判に関して知っておきましょう。社員の口コミを参考にしてここでも紹介していきます。

 

ハウス食品の就職の評判はどうなっている?

ハウス食品の就職の評判をチェックしてほしいですが、まずは平均年収から見ていきましょう。ハウス食品の就職の平均年収に関してはどのくらいか?というと、800万円程度となっていますから、やはり高いです。大手企業らしいということが言えると思いますが。ハウス食品の平均年収は高いですが、働き方はどうなのでしょうか?ハウス食品の仕事は激務なのでしょうか?休日に関しては取りやすいという口コミがあります。特に有給休暇は、年間で5日は絶対にとらないといけないルールになっているようで、有給休暇の取得のしやすさが特徴としてあるようです。それ以外の休みも取りやすいみたいで、業界でも他社と比べて休みやすい会社であるという評判もあります。残業自体はあるようですが、サービス残業はないという口コミもあるので、そういったところをチェックすると優良な会社なのかな?と思えます。しかし、ハウス食品の仕事では忙しいときもあります。激務と言えるか?は別ですけど、ただ、ハウス食品の仕事でも忙しいときはあるようです。口コミでは、新商品の発売前は特に激務というか、仕事量が多くなるということが言われています。

 

ただ、有給休暇が取りやすい状況になっているように、社内全体である程度は社員のことを考えて、労働量を調整するような姿勢はあるのではないか?と思います。ハウス食品の就職の評判を見る感じでは、激務というか、忙しい時期というのはあるが、それがずっと続くわけではないですし、全体的にはハウス食品の仕事はそこまで忙しい雰囲気という感じではないように思います。部署にもよると思いますけど。世の中には本当に激務な会社があって、それが毎日続いているようなところもあります。そういったところを比べると、ハウス食品という会社は働きやすいでしょう。したがって、ハウス食品の就職の難易度は高くなるということもあると思いますけど。ハウス食品の就職の倍率を調べれば、非常に難しいというのは分かると思いますが、ハウス食品に就職したい人は会社の情報を調べて、いかに自分がハウス食品に入りたいか?そして、ハウス食品に入れば活躍ができるのか?というアピールをしていくことが重要と言えると思います。企業研究をするときに役立つ可能性もありますから、こういった口コミの情報は非常に大切だと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生が知っておいた方がいいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用ができるため、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

ハウス食品の就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)
ハウス食品の就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)
 

 

あわせて読みたい記事