特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

イーオンの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

英会話のイーオンは英会話教室としては非常に知名度が高く、有名な会社になっているのですが、このイーオンに就職したい人はやはり難易度を知っておく必要があります。イーオンの就職の難易度を知ることで、ある程度の難しさを理解することができますから。しかし、イーオンの就職の難易度を調べるときに必要な倍率に関して公開されていないのです。したがって、倍率が分からないということは、難易度を調べるのも難しいということになるでしょう。ある程度有名な会社なので、イーオンの就職の倍率がすごい低いとは思えませんが、それなりにある可能性もあります。難易度に関してはなかなか調べるのが難しいものの、他にも重要な面があって、それが学歴フィルターになります。

 

・イーオンの就職では学歴フィルターはあるのか?

イーオンの採用試験の難易度においては、やはり学歴フィルターの有無というのは重要です。こういったものがあるのか?で難易度は大きく変わるでしょう。しかし、イーオンの就職の倍率は不明となっているため、そういった倍率から推測することができません。本来であれば、倍率を使えば、学歴フィルターがあるか?の推測ができますが、イーオンの就職の倍率が分からないので、別の情報から調べていきたいと思います。それはイーオンの就職の採用実績校になります。イーオンの就職の採用実績校をチェックすれば、どういったレベルの大学から採用があるか?が分かります。実際、イーオンの就職の採用実績校を見ると、いろいろな大学名が載っているのです。数はかなり多いです。そういった採用実績校を見ていくと、明らかに聞いたことがないような大学名もちらほら見つかります。Fランク大学ではないか?というところが見つかるのです。

 

そういったところからすると、イーオンの就職では学歴フィルターはない可能性が高いです。しかし、学歴や大学名はチェックしているはずです。チェックしているけど、学歴フィルターみたいにそれだけでは決まらないということだと思うのです。イーオンの就職では学歴や大学名をチェックしつつ、他にもいろいろな面を見て、総合的に合否を決めていると思います。イーオンの就職では学歴や大学名は関係あるとしても、他にも重要な面があるということです。イーオンの就職では面接対策が重要なので、イーオンの志望動機や自己PRなどを考えていきましょう。イーオンの就職の評判も重要ですから、社員の口コミを見ておくと良いでしょう。イーオンの仕事は激務なのか?ということも大切と言えるので、そういった部分からも情報を集めていきましょう。

 

・イーオンの就職の評判はどうなっている?

イーオンの就職の評判をチェックしていきますけど、そういったときには社員の口コミを参考にしていきたいと思います。イーオンの平均年収からまずは紹介していきます。平均年収は400万円前後くらいとなっています。したがって、それなりの数字ということです。では、働き方の口コミをチェックしていきましょう。イーオンの1日の労働時間の平均はどうなっているのか?というと、9~10時間となっています。この数字を見ると、イーオンの仕事は激務まではいかないかもしれません。でも、それなりの労働時間となっているのです。イーオンの就職の評判ではやはりこういった点は詳しく見ていく必要があります。どの教室で勤務するか?によっても違いますが、全体的な口コミとしては残業が結構あるみたいです。数時間程度は残業があるという声が多いので、イーオンの仕事は激務まではいかないかもしれませんが、そこそこ忙しいと言えると思うのです。講師職もそれ以外もだいたい似たような感じみたいです。

 

休日に関しては、日曜日と平日が休みになるようです。土曜日は基本的には出勤する日となっています。ただ、祝日はちゃんと休めるようです。有給休暇に関しては、これは勤務先によりけりみたいで、とりやすいという人とそうじゃない人がいることが口コミから伝わってきます。長期休暇に関しては、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆などでとれるようになっており、さらにこういった長期休暇は割と長くとりやすいという評判があります。休日に関してはそういった感じです。仕事は激務というほどではないものの、残業はそこそこあるということで、休日は全体としては割と良い口コミも見つかります。そういう意味では、イーオンの就職の評判としては悪くはない状況ではないでしょうか?イーオンの採用試験の難易度も非常に重要ですけど、こういった評判に関しても知っておきましょう。会社の実態を知っておくことはかなり大切なので、事前に調べたうえで受験をしてほしいと思います。企業研究をするときには便利ですし、イーオンの面接対策におけるネタとかにもなる可能性もありますから。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で自社を受けてほしいと感じた人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を選んで受けるので、企業側が自分に関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければ自分に関心がある企業を受けられるので、少しでも確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと言えると思うのです。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることが可能になり、、リスクを分散して就活ができるというのは非常に大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

 

あわせて読みたい記事