特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

富田林市の公務員試験の難易度は?筆記と面接の倍率は?面接重視の自治体か?

大阪府の富田林市の公務員試験を受けようと考えている人もいると思います。富田林市の公務員試験の大卒程度の事務職について過去の傾向などを紹介していきますが、富田林市の公務員試験の難易度はどうなっているでしょうか?平成28年度の試験結果を見ると、全体の倍率は5倍です。この年は募集人数が12人となっており、ここ数年の中では多い方だと思います。その年によって富田林市の公務員試験の募集人数は異なりますが、大卒程度の事務職の場合には5~10数人の間が毎年の募集人数になっていると思います。富田林市では公務員試験の採用予定者数が毎年変わるので、その年の採用予定者数をちゃんとチェックしておかないといけません。富田林市の公務員試験の難易度はその年の募集人数によっても変わりますから、倍率と同じくチェックしておいてほしいです。富田林市の平成28年度の試験結果では、倍率は5倍程度になっていますから、これは低い方だと思います。99人が申し込んで20人が合格しているという状況になっていますが、受験者数がもっと少ない可能性もあるので、実際の倍率はもっと低い可能性があるのです。そうなると、富田林市の公務員試験の難易度はそんなに高くないと言える可能性もあります。募集人数は多くないですけど、申込者もそんなに多くないので、過去数年を見る限りでは、富田林市の公務員試験の難易度は普通くらいと言えると思います。

 

富田林市の公務員試験の過去の倍率を見てみると、だいたい5~6倍強くらいなので、年度によってそこまで難易度は変わりません。だから、恐らく今後もそこまで倍率は上がらないのではないでしょうか?ただ、筆記試験と面接試験などの過程が載っていないのです。全体の倍率は載っていますけど、富田林市の公務員試験の筆記試験の倍率と面接試験の倍率が載っていないので、それぞれの倍率が分からないのです。そこがちょっと困ります。富田林市に受かるには筆記試験と面接試験の倍率が分からないというのはちょっと厳しいかもしれませんが、富田林市の公務員試験の全体の倍率が5倍くらいなので、筆記試験も面接試験もそこまで倍率が高いとは思えません。ただ、富田林市の場合にはちょっと特殊で、一次試験から面接があります。受験案内を見ておいてほしいのですが、事務職上級は一次試験が総合適性検査と専門試験と面接試験になっているので、筆記試験もありますが、面接試験もいきなりあるようなのです。そして、二次試験以降では集団討論、小論文、面接試験があるようです。富田林市の公務員試験は一次試験から面接があるというのが特徴的ですが、二次試験以降でも面接がありますし、集団討論や小論文があるようなので、その対策も大変です。富田林市の公務員試験の受験案内は必ず自分でも最新のものをチェックしておいてください。今後、変更になることもありますから。

 

富田林市の公務員試験の難易度は倍率を見る限りでは高くはないです。ただ、筆記試験と面接試験の倍率が分からないので、面接重視なのか?筆記重視なのか?その中間なのか?といったところが分かりません。ただ、富田林市の受験案内を見ると、面接の回数がそこそこあるようなので、面接の倍率は高くないかもしれませんが、面接重視の自治体と言える可能性もあるのです。富田林市に受かるには筆記試験をクリアしないといけませんが、やはり大切なのは面接試験ということになります。富田林市は面接重視の自治体である可能性が高いと思うので、筆記試験の対策はもちろん重要です。でも、一次試験で面接がある可能性があるわけですから、筆記試験の対策をしながら、面接試験の対策もしないと、一次試験を突破できない可能性があるのです。富田林市の公務員試験の難易度はそういう意味では高いです。対策の仕方が難しいですから。富田林市の公務員試験に受かるには面接重視の試験をいかにクリアするか?ということが重要なので、面接の倍率は分かりませんが、早めに面接対策をしていってほしいと思います。基本的には市販の公務員試験用の面接対策本を使うのが良いと思います。他の試験種も受ける人はそういったところの筆記対策、面接試験の対策があって大変だとは思いますけど、富田林市の公務員試験に受かるには早めの面接対策が必須だと思うので、そういったところはちゃんと考えてやっていきましょう。

 

富田林市の公務員試験の面接対策、その他の試験種の面接対策をするときには以下の本がおススメと言えます。こちらは公務員試験の面接対策においては最もおすすめと言える本で、私もかなり評価しています。こちらは公務員試験の事務職、行政職の大卒程度の試験種に関しては全て対応できて、公務員試験の面接試験とはそもそもどんな内容なのか?流れはどんな感じか?どこが見られているのか?面接を受ける際の注意点はどんなところにあるのか?といった内容について細かく書かれているので、これから初めて公務員試験の面接を受けるという人も本書を読めば、公務員試験の面接に受かるために必要な知識と素養を身に付けられると思います。公務員試験の面接試験について、基礎の基礎から合格レベルに達するまでの解説を細かくしてくれているので、かなり参考になると思います。特に公務員試験の面接官はどんな人材を欲しがっているのか?について解説しているページがあって、スクラッチくじになぞらえて、面接でどういった工夫をすれば面接官に自分を採用したいと思ってくれるか?という、最終合格のためのテクニックが解説されているページがあり、そこは個人的には1番読んでよかったと思える部分です。公務員試験の面接に受かりたい人は非常におすすめの1冊なので、良かったら参考にしてみてください。

 

公務員試験 面接・官庁訪問 攻略の秘策 2019年度採用

公務員試験 面接・官庁訪問 攻略の秘策 2019年度採用

 

 

あわせて読みたい記事