特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

甲府市の公務員試験の難易度は?筆記や面接の倍率やボーダーラインの予想は?

甲府市の公務員試験については毎年多くの募集人数のもとで募集がされていますが、そういった中で多くの受験者が受けています。甲府市の公務員試験の募集人数は平成28年度を見ると26人となっているので、結構多いと言える気がします。今後も同様の募集人数になるとは言えませんけど、同じような採用予定者数が予想されます。甲府市の公務員試験の難易度はこの募集人数によっても決まる部分もあるので、知っておくと良いでしょう。甲府市の平成28年度の試験結果を見ると、倍率は6.8倍となっており、これは普通の数字って感じがします。甲府市の公務員試験の倍率は高くないと言えると思います。そして、筆記試験と面接試験の倍率はどうでしょうか?甲府市の公務員試験の2つの倍率はちょっと分かりづらいのです。というのも、甲府市の公務員試験の筆記試験と面接試験の倍率は簡略化されていて、一次試験の受験者数と最終合格者数の倍率のみしか載っていないので、それが平成28年度は6.8倍ということになっています。したがって、甲府市の公務員試験は筆記重視なのか?どうかが分かりません。面接重視か?どうかも判断ができませんが、全体の倍率から見ると、甲府市の公務員試験の難易度はそこまでではないという印象です。

 

甲府市の公務員試験はちょっと過去のデータから難易度を推測するのが難しいので、筆記試験も面接試験もどちらも頑張らないといけないということになると思いますけど、とにかく筆記試験をクリアしないと先がないので、そこをまずは目指してもらいたいと思います。甲府市の公務員試験の試験案内を見ると、一次試験は教養試験と専門試験、そして適性検査となっていて、二次試験は面接試験、論文試験、精神検査、集団討論、身体検査となっていますが、こういったことは過去の試験案内なので、最新の年度では変更になる部分があると思います。したがって、甲府市の公務員試験を受ける人は、最新の受験案内を絶対に見ておきましょう。そんなに大きな変更は考えづらいですけど、選考内容の細かい部分などは変わる可能性があると思いますから。そういった部分についても自分でチェックをしておかないといけないのです。甲府市の公務員試験の難易度は全体の倍率でしか測れないので難しいですけど、全体が7倍弱くらいとなると、筆記が3倍で、面接が2倍くらいかな?って感じはします。これは私の予想ですけどね。そのくらいのパターンが多いような気がするのです。甲府市の筆記試験の面接は高くても3倍強くらいではないでしょうか?面接試験の方が倍率は低いと思いますけど、それでも2倍くらいはある気がします。だから、面接試験も普通に難しいと言えます。

 

甲府市の公務員試験の大卒程度の行政職は採用予定者数がそれなりにありますから、全体的な倍率は抑えられている気がしますけど、採用予定者数に関しても今後大きく変わる可能性がありますから。油断はしない方が良いです。やはり甲府市の場合には筆記試験のレベルが高そうです。ボーダーラインもどのくらいになるか?はちょっと想像しづらいですが。ただ、問題が簡単ではないと思うので、甲府市の公務員試験の筆記試験のボーダーラインは低いとは思えません。具体的にはちょっと予想しづらいですけど、5割5分とっていれば筆記試験を突破できる可能性はそこそこあるのではないでしょうか?問題のレベルにもよりますけど、その数字を超えるのが難しいんですけどね。だから、それくらいとりたいと思うのです。甲府市の公務員試験の筆記試験のボーダーラインは5割5分というのを1つの目安にしてもらうと良いと思います。ただ、5割5分を超えても安心というわけではないので、もっととれるように頑張ってほしいです。逆に5割くらいで通過する可能性もあります。市役所試験の場合には5割で通過する可能性もそこそこありますけどね。ただ、正確には予想できないのです。ただ、筆記試験の正確な倍率が分からないので、申し訳ないですがこういった微妙な予想しかできないのです。また一次試験は筆記試験のみで決まらない可能性もありますから、そこも知っておきましょう。甲府市の公務員試験の筆記試験の対策は絶対に必要なので、早めに取り組んでいきましょう。甲府市の筆記対策をしていかないと面接試験に進めませんからね。

 

そして、甲府市の公務員試験の難易度はそこそこ高い方だと思うのです。したがって、筆記対策を頑張らないといけませんが、そのためには過去問をしっかりとやっていかないといけません。甲府市は例年9月に採用試験を実施するみたいですが、そうなると市役所C日程になると思いますから、問題のレベルは地方上級ほど難しくはないですが、しっかりと勉強しないといけません。以下のような過去問を事前にやっておけば、本番のレベルに慣れることができるでしょうし、できない問題、苦手な問題を明確にして、本番までに弱点を補強しておけば、本番の点数を上げられる可能性がありますから、以下のような市役所試験の過去問を買って、それを早めに取り組んでおくと良いでしょう。最初はできないでも良いと思うのです。本番までにできる問題を増やせばいいのですから。ただ、そういったことをしていくためには早めに過去問に取り組んでいかないといけないので、そこも覚えておきましょう。

 

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事