特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

鳥取県庁の公務員試験の面接対策での受かる志望動機の考え方の例

鳥取県の公務員試験を受ける人は志望動機を考えないといけませんが、どういう風にすれば良いものができるのか?分からないという人もいると思います。鳥取県の公務員試験の面接では志望動機などが聞かれると思いますが、そこで評価されるような志望理由を作るには、ちゃんと戦略を練っていかないといけないのです。鳥取県の公務員試験の面接での志望動機の考え方のポイントは、まずは鳥取県庁について調べることが必要です。鳥取県庁が何をやっているのか?というのはホームページを見ればすぐに分かりますから、それをヒントにするのです。鳥取県庁での政策がホームページにも載っていますから、それを見れば自治体にとって必要なことが分かるでしょう。そこを参考にしていくと良いのです。というのも志望動機は結局は自分が鳥取県庁で働きたい理由になっている人が多いと思いますけど、できればそういう組み立て方はしない方が良いと思うからです。働きたい気持ちを抑えて、自分が鳥取県庁にとって必要な人材であることをアピールすると良い志望動機になると思うのです。鳥取県庁の面接での志望動機の考え方として、そこがポイントになるので覚えておきましょう。では、具体的にどうやって考えていけば良いのか?紹介します。

 

鳥取県の面接での志望動機の考え方のポイントは、1つは政策を例に出して、それをやるために自分はそこで働きたいということを言いましょう。しかし、それだけでは足りません。鳥取県で特定の政策を持ってきたとしても、それをやりたいからだけでは弱いのです。というのも、鳥取県で働きたい気持ちを表したに過ぎないので、もっと別の要素が必要になります。働きたい気持ちは面接官も分かっているでしょう。働きたいからこそ受けているということになるので、働きたい気持ち以外に自分をアピールできる何か?を志望動機に加えると良いのです。それが先ほど言った政策にかかわることになりますが、鳥取県庁の面接対策での志望動機では政策をやりたいというだけではなくて、なぜ自分がその政策をやるのか?その意味について解説すると良いのです。鳥取県庁からしてみれば、どういう人が欲しいと思うでしょうか?働かせたときに公務員として有能な、活躍が期待できる人材を欲しいと思うでしょう。したがって、面接でそれをアピールすることになりますけど、志望動機においてもそこをアピールするように考えていきましょう。具体的に言えば、自己PRと合わせて自分がその政策にかかわることで他の人よりも優れていると言える面を話すのです。自分が鳥取県庁でやりたい仕事を話すだけではなくて、自分がその仕事をやることによって鳥取県にメリットをもたらせた方が良いでしょうから、そのことについて話していくと、面接官としても採用したい気持ちが増すのではないでしょうか?

 

やってみたい仕事があるのは分かりますけど、その仕事において適性のようなものを示せた方が良いと思うのです。適性があった方がよりその仕事に向いていると言えますから、採用する意味が生まれるわけです。やってみたい仕事を話すだけでは、結局は鳥取県庁で働きたいということしか言えていないので、自己PRを持ってきて、ここでもその内容を含ませて、制作と絡ませて、自分にはこういう能力や他の人にはない力があるから、この仕事をやれば活躍できる、街や住民のためになれるということを言うと、働きたい理由ではなく、働いてもらいたい理由になります。鳥取県の面接対策の志望動機の考え方では、そういったところを特に意識すると良いと思います。作り方はいろいろありますけど、やりたい仕事と自己PRを組み合わせて志望理由を作るというのが良いと思います。鳥取県庁の公務員試験の面接対策では志望動機と自己PRは本当に中心になると思うので、いかに面接官から評価されるか?という点を重視して考えましょう。

 

そして、公務員試験の面接対策ではいろいろな面接対策本がありますが、特におすすめなのは以下の本ですね。こちらは公務員試験の面接を初めて受ける人にとって特に使える一冊になっています。公務員試験の面接というのはどういったものなのか?というのは、よく分からない人もいると思いますけど、そういった人が本書を読めば、公務員試験の面接がどういう仕組みで、どういう流れで、どういう内容で、どういう評価基準になっている?などがよく理解できると思います。そして、本書では頻出の質問とその回答例なども載っていますし、これ一冊を読んでいけば公務員試験の面接に受かる力が十分つくと言えるのではないでしょうか?そして、本書では公務員試験の面接官がどういう人材を欲しがっているのか?について、詳しく解説されています。スクラッチくじを例にして、面接官が欲しい人物像について解説されているので、それを見れば面接官から欲しいと思われる可能性が上がると思いますし、内定が欲しい人にとってはおすすめの一冊ですから、良かったら参考にしてみてください。

 

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

 

 

あわせて読みたい記事