特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

鳥取県の公務員試験の難易度は?筆記と面接の倍率や一次試験のボーダーラインは?

鳥取県の公務員試験は大卒程度の事務職が3つに分かれており、一般コース、環境コース、総合分野コースになります。メインは一般コースだと思いますけど、この中だと一般コースが募集人数は多いです。鳥取県の公務員試験の難易度はそれぞれで違うということになります。したがって、大卒程度の事務職でも鳥取県の公務員試験は募集人数などを細かくチェックしておかないといけないと言えます。鳥取県の公務員試験の難易度については、過去の実施結果を見ると分かりますけど、例えば平成28年度の採用試験を見ると、一般コースは177人中29にが最終合格しています。倍率は約6倍であり、これは標準的な数字ですね。ちなみに筆記試験の倍率は177人中44人合格なので、約4倍といったところでしょうか?これはちょっと高いかもしれません。そして、二次試験の倍率は46人中29人合格なので、2倍もありませんから、こちらは低いです。大卒程度の事務職の一般コースに関しては、鳥取県の公務員試験の難易度は全体的には普通くらいだと思います。面接の倍率は低くて、筆記試験の倍率がやや高いです。したがって、やや筆記重視と言えるのではないでしょうか?

 

それ以外の部分についても見ておくと、環境コースは6人受験で最終合格者が1人で、6倍、総合分野コースは108人が受験して20人が最終合格しており、倍率は約5倍です。どちらも一般コースと倍率はあまり変わりません。鳥取県の公務員試験の難易度はこんな感じです。大卒程度の事務職に関してはそこまで難しいということではありません。しかし、簡単に受かるわけではないので、やはり筆記試験の対策からやっていかないといけません。鳥取県の公務員試験の難易度は全体的には難しくはないですけど、筆記試験の倍率が高いと言える場合もあるので、そこをクリアすることが必要になります。鳥取県の公務員試験の筆記試験のボーダーラインがどれくらいになるか?というのは難しいですけど、一般コースの場合には倍率が今後4倍くらいだとすると、55%以上は必要かな?という気もします。6割を超えれば可能性はぐんと上がる気もしますが、55%以上は最低でもいる気はします。その年の筆記試験の倍率にもよるので、完全に予測はできませんから、倍率によっては55%以下でも受かることはあるでしょうし、6割以上とっても落ちることもあるでしょう。したがって、筆記試験の点数を1点でも多くとらないといけないのです。鳥取県の公務員試験の筆記試験のボーダーラインは難しいですが、目標6割をとりたいところです。最低でも55%とれるように頑張っていきましょう。

 

鳥取県の公務員試験の筆記試験のボーダーラインに関してはそういった感じですが、やはりそれだけとるためには筆記試験の対策をしていかないといけません。筆記対策はできるだけ早めにやっていきたいところです。ちなみに一次試験の内容は鳥取県の公務員試験の大卒程度の事務職中でも、総合分野コース以外は教養試験と専門試験、論文試験、適性検査となっています。そして、大卒程度の事務職の総合コースは教養試験、エントリーシート、適性検査となっています。事務職以外は試験内容が異なることがあるので自分で調べておきましょう。二次試験は個別面接と集団討論となっています。受験案内に関しては試験内容が載っていますけど、その年によって変更がある可能性があるので、自分でも最新年度のものを必ず確認しておいてほしいと思います。すでに話したように鳥取県の公務員試験に受かるにはやはり筆記試験です。面接の倍率よりも筆記試験の倍率の方が高いので、まずは筆記重視と思われる一次試験を突破するために勉強をしていかないといけないと思います。筆記試験のボーダーラインを超えるためにはやはり過去問を使って勉強をしていかないといけないのです。

 

鳥取県の公務員試験の難易度は特に筆記試験の方が高いと思いますし、地方上級の問題だと思いますから難しいでしょう。過去問で対策をしていないと解けない問題が多いと思います。したがって、以下のような過去問を買って、それを使って早めに対策をしていく必要があります。鳥取県の公務員試験の筆記試験のレベルは高いと思うので、それに対応していくには過去問を何度もやるのが重要です。できないところをできるようにしていければ、本番での点数も上がると思うので、受かりやすくなります。地方上級の問題のレベルは高いですから、鳥取県の公務員試験の難易度は筆記試験においてかなり高いと言えると思います。過去問を使って鳥取県の公務員試験の筆記対策をしていきましょう。鳥取県の公務員試験は面接の倍率もあるので、それなりに頑張らないといけませんが、やはりまずは筆記試験の対策だと思うのです。そして、さらに論文の対策もしていくようにしましょう。

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事