特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

鹿児島県庁の公務員試験の難易度や倍率は?筆記のボーダーラインは分かりづらいか?

鹿児島県の公務員試験は毎年それなりに多くの人たちが合格しています。その中で鹿児島県の公務員試験に受かるには、筆記試験と面接試験の両方の対策をしていかないといけないのです。鹿児島県の公務員試験の難易度は恐らく普通程度だと思います。過去の試験結果を見ると、3年分が簡単にしか紹介されていないので具体的には分かりづらいですけど、最新の年度だけはちょっと細かい数字が出ています。ただ、細かい部分は最新の年度しか分からないので、過去の傾向までは分析しづらいです。最新ではありませんが、鹿児島県の公務員試験の倍率は平成28年度は全体で9.3倍です。したがって、低くはないけど、高くもないという感じです。ただ、採用予定者数は恐らく多いのではないか?と思います。平成28年度の場合には最終合格者数が49人いるので、かなり多いですよね。鹿児島県の公務員試験の採用予定者数はかなり多い方になる気がしますし、受かるチャンスは大きいと言えるでしょう。しかし、鹿児島県の公務員試験の倍率については、過去の試験結果では最新年度だけしかデータがなく、筆記や面接の別に細かく載っていないので、それぞれの平均的な過去の倍率が分からないのです。したがって、鹿児島県の筆記試験の倍率は1年分のデートしてしか分かりませんから、一次試験のボーダーラインも上手く予想ができません。鹿児島県の場合にはそういった感じなので、データ不足感はありますけど、恐らく地方上級になるので、問題のレベルは高いです。だから、筆記試験からちゃんと対策をしていかないといけないと言えます。

 

鹿児島県の公務員試験の難易度は全体としてはそこまで高いわけではないですけど、倍率が10倍くらいなので、地方上級の中では真ん中くらいか?やや難しい方かもしれません。これは上級職の総合行政の採用試験なので、とにかくこの年の場合には筆記試験と面接試験の倍率が分からないので、鹿児島県庁の公務員試験は筆記重視か?面接重視か?というのも判断ができないのです。過去3年分くらいが載っていますが、いずれも10倍前後なので、この倍率は今後も変わらないと思います。鹿児島県庁の難易度はこういった感じなので、覚えておきましょう。鹿児島県の公務員試験の筆記試験と面接試験の倍率の詳細がちょっと分かりづらいのですが、どういった筆記試験をやるのか?人物試験はどういうものをやるのか?は確認しておきましょう。鹿児島県の上級職の総合行政の一次試験は筆記試験とエントリーシートみたいです。筆記試験は教養試験と専門試験が両方あって、エントリーシートはその場で書くのではなくて、事前に書いてきたものを提出するという形になっています。そして、二次試験は論文試験、面接試験、適性試験となっており、一般的な地方上級の試験の選考になっていると思います。

 

やはり鹿児島県庁に受かるには筆記試験もそうですけど、二次試験の面接ですね。詳細は最新の試験結果のページにも、この記事執筆時点で載っていないので正確には分かりませんが、面接試験の倍率はそこそこ高い気がするのです。だから、面接重視まではいかないかもしれませんけど、鹿児島県の公務員試験の面接は重要でしょうね。ただ、筆記試験に受からないとそこまでいけないという意味では、筆記試験のボーダーラインが気になりますけど、鹿児島県庁の公務員試験の筆記試験のボーダーラインというのは、地方上級の平均あたりを推測すると6割くらいあれば受かりそうな気もします。一般的には地方上級は問題が難しいので、そこまで高得点をとらないでも受かるケースはあります。だから、5割台中盤とかでも受かる可能性はあるのです。ただ、平成29年度の最新の試験結果が載っていて、筆記試験の倍率についても計算できるデータがあるのですが、この年は4倍弱くらいの倍率になっていますから、ちょっと高いですね。ってことはボーダーラインは高めと思った方が良いかもしれません。募集人数は40人くらいになるのかな?と思いますが、これもその年によって違う可能性があります。筆記の倍率は1年だけのデータしかないので、傾向までは分析できませんが、鹿児島県庁の募集人数や試験内容については毎年変更がある可能性がありますから、受験案内を自分でも確認しておいてほしいと思います。面接試験の倍率はこれも確実ではありませんが、平成29年度の筆記試験の合格者数と募集人数から推測して、2倍~2.5倍くらいではないか?と予想します。

 

鹿児島県の公務員試験に受かるにはやはり筆記対策は重要ですから、過去問をやっておくと良いでしょう。過去問は地方上級のものを使用すると良いでしょう。以下のような過去問が売っているので、それを使用していくと、本番の問題のレベルに近い対策ができるのではないでしょうか?教養試験と専門試験の問題を数年分解くことで、鹿児島県庁の本番の筆記試験のレベルに慣れることができると思いますし、できなかったところを本番までに補強していけば、少しずつとれる問題が増えていって、本番の点数も上がりやすくなり、鹿児島県の公務員試験の筆記試験に受かる確率も上がると思います。鹿児島県の筆記対策は大変だとは思いますが、過去問を必ずやっておいてほしいと思います。鹿児島県庁で働きたい人は筆記試験の対策をまず頑張って、一次試験を通過できるようにしましょう。

 

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事