読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

浦安市の公務員試験の難易度と筆記と面接の倍率は?人物重視で採用漏れが多い自治体?

 

千葉県の中ではある意味、県庁所在地の千葉市よりも有名かもしれないのが浦安市です。この千葉県浦安市東京ディズニーランドがあることでも知られており、千葉県の中でも知名度が抜群の自治体になるでしょう。この浦安市は市役所上級の試験として、毎年公務員試験を実施しているようですが、浦安市の公務員試験の難易度はどうなのでしょうか?過去の試験結果を見ながら、それを分析していきたいと思います。平成27年度の採用試験の結果になりますが、この年を見るととても浦安市は倍率が高いです。トータルの浦安市の公務員試験の倍率は50倍近くあるんじゃないですかね?この年の浦安市の公務員試験は565人が受けて最終合格者が14人ですから、受験者数の割りに合格者数が少ないなという印象です。県外から、市外からも多く受けているのかもしれません。それだけ人気の自治体ということも言えるかもしれませんけど、浦安市の難易度は高そうですよ。この倍率を見る限りは。それに関して以下で詳しく説明していきます。

 

浦安市の公務員試験の筆記の倍率はそうでもないです。565人が受けて240人が合格しているので、2倍~2.5倍くらいになると思います。ということは、二次試験以降の倍率がとんでもないということになりますね。浦安市の筆記試験の倍率は割と低い方ですけど、トータルの倍率があの数字なので、浦安市の二次試験以降の倍率はどうなっているのでしょうか?浦安市の二次試験に関しては222人が受けて91人が合格しており、2倍ちょっととう倍率になります。二次試験以降は人物試験の要素が入ってくると思いますから、ちょっと難しくなると思いますけど、まだここで終わりではありません。浦安市の公務員試験は三次試験まであります。浦安市の公務員試験は三次試験まであって、この年は77人が受けて39人が合格しており、ここは倍率は約2倍です。そして、人物試験の二次試験から三次試験までの倍率は222人から39人なので、5~6倍ですか。浦安市の公務員試験の面接の倍率ということも言えるかと思いますけど、これは難しいなと思います。面接試験が入ってくる選考は人によって得意、苦手の格差が激しいですからね。この浦安市の公務員試験では最終合格者はこの年は39人ですけど、採用者はかなり少ないです。

 

浦安市の公務員試験の採用予定者数が元々多くないのに、これだけの人数が採用されたらそりゃそうだろということになりますけど、浦安市の公務員試験の募集人数はだいたい15人~30人くらいなのかな?と思われます。年度によっても少し異なると思いますけど、浦安市の採用予定者数の割に多く合格させていますからね。それだけ例年蹴る人数が多いということなのでしょうか?浦安市の公務員試験のこの年の最終合格者数は39人だが、採用者は14人です。半分以上は採用されていません。だから、採用漏れがかなり多いということになりますけど、最終合格したけど浦安市を選ばないという人も中にはいたでしょうから、それだけの人数が採用漏れに遭っているのか?は分かりません。しかし、浦安市の公務員試験は採用漏れの確率がそれなりに高いということは知っておくと良いでしょう。過去に傾向はそうなっているみたいなので、今後どうなるか?は分かりませんけど、これからも同様の状況が続くかもしれないのです。浦安市の公務員試験の倍率は全体で言うと、15倍くらいかと思いますけど、採用漏れまで含めると実質もっと高いのかもしれません。

 

浦安市の公務員試験は筆記の倍率はそうでもないけど、面接がやはり難関になる可能性があります。浦安市の公務員試験の面接の倍率は5倍以上あると思われますから。二次試験、三次試験を含めて。厳密に言えば、浦安市の公務員試験の二次試験は集団討論で、三次試験が個別面接になります。人物試験トータルで言うと5倍以上で、浦安市の面接だけの倍率は2倍くらいになりますね。浦安市の公務員試験の一次試験は教養試験、論文試験、適性検査です。一次試験から適性検査をやるあたり、浦安市の公務員試験は多少は人物重視の傾向があるように思います。浦安市の公務員試験の難易度は全体的には結構高いのでは?と思いますから、しっかりと筆記対策からやっていきましょう。浦安市の公務員試験の筆記の難易度は倍率を踏まえても高くはないと思いますけど、確実に浦安市の筆記試験に通るために筆記対策は念入りに行っていきましょう。浦安市の公務員試験の筆記試験の対策は以下の過去問を使うと良いかと思います。浦安市は市役所上級として6月に行われています。筆記試験は教養のみですから、専門まではやらなくても良いかもしれませんけど、本番の試験と同じレベルの問題が出るので、やっておくとかなり参考になると思います。専門試験に関しては、他の試験種で出るかもしれないので、浦安市では意味なくても、他の試験種の役に立つ可能性もありますから、時間があるならばやっておくと良いかと思います。本番までに時間の余裕を持って、浦安市の筆記試験のレベルの過去問をやってみて、できないところを分析して、そこを重点的に補強していくという策が良いと思います。あとはどれくらいとれるか?についても確認しておくと良いでしょう。浦安市の公務員試験の筆記の倍率からすると、ボーダーはそんなに高くないと思いますけど、筆記試験に通過する可能性を高めるために市役所上級の過去問をやっておくと良いと思います。

 

 

あわせて読みたい記事