読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

公務員試験の受験票、面接カード、履歴書の写真の服装はスーツ?私服?髪型はどうする?

公務員試験の面接対策全般 その他公務員試験全般

公務員試験の受験が近づくと、受験票を印刷したり、写真を撮影して貼ったりと、やらないといけないことが多くて大変だと思います。しかし、写真の問題って結構重要なんですよね。実際、悩む受験生も多いと思うんですけど。特に公務員試験の受験票、面接カード、履歴書などの写真ってどうすれば良いのか?特に服装や髪型で悩む人も多く良そうです。公務員試験の受験票、面接カード、履歴書どれもスピード写真で構わないと思いますが、服装と髪型で悩むかもしれません。これは私の意見になりますが、服装に関しては受験票は私服でも構わないでしょう。面接カードと履歴書はスーツで撮った方が良いのではないでしょうか?でも、公務員試験の受験前に写真を撮って、それを3つ全部で使うというのが1番簡単だと思うので、スーツで撮りに行って、3つ全部そのスーツ姿の写真を使うというのが良い気はしますけどね。公務員試験の筆記試験で持って行く受験票の写真はスーツじゃなくて私服でも良いというのは、結局は顔が分かれば良いからであって、服装なんか関係ないと思うのです。

 

受験票は替え玉を使っていないか?とかを確認するために写真を貼らせていると思いますから、顔を確認して終わりで、服装なんかいちいち見ていないですし、チェックもしていないでしょう。そうなると、公務員試験の受験票の写真の服装は私服であっても大して問題にはならないと思います。でも、スーツでも問題ないです。公務員試験の受験票の写真私服とスーツどちらでも構わないと思います。しかし、面接のときに使う履歴書と面接カードに関しては別問題と言えるでしょう。これは恐らく面接時に面接官が参考資料として見るものであって、面接の点数に大きく影響するものと思います。写真ももちろん見ますし、どういう服装をしているか?というのもチェックする可能性が高いので、写真には気を使った方が良いと思います。したがって、公務員試験の面接カードと履歴書の写真の服装はスーツでネクタイを締めて撮ると良いでしょう。私服で撮るとどうなるか?分かりませんので、考えた方が良いです。

 

ちなみに公務員試験の受験票、面接カード、履歴書どれにしてもサイズに気をつけないといけません。普通のスピード写真ならばサイズは変わったものにはならないと思いますし、選択できるものもあります。そして、面接カード、受験票、履歴書にいずれもそんなにおかしなサイズを指定してこないと思いますから、多分大丈夫だとは思いますけど、問題なのは受験票、面接カード、履歴書の写真の欄のサイズが微妙に違っていることがあるのです。3×4cmとなっているのに、数ミリ程度大きいとか、小さいとか、欄の実際のサイズと書かれているサイズが違うことがたまにありますから、そのときには臨機応変に対応するしかないですが、枠の方に合わせた方が見栄えは良いでしょうね。だから、結局撮った写真を切らないといけないので、そのときに微調整をしましょう。公務員試験の履歴書、面接カード、受験票に貼る写真のサイズにはちょっと気をつけましょう。こういったものに使う写真では1番気を使うのが服装ですね。公務員試験の受験票、面接カード、履歴書の写真の服装はスーツにネクタイ(女性の場合はスーツ)でいくのが1番理想的(受験票は私服でも良いと思う)になると思いますけど、髪型に関しては、理想と言えるものはあるんでしょうけど、どういう髪型が1番か?というのは簡単には見出せません。それぞれに似合う髪型がありますから、公務員試験の面接カード、履歴書、受験票の写真の髪型はどういうのが良いのか?というと、1番魅力的に見える髪型、似合っている髪型になるでしょうけど、それは個々に違いますから。強いて言うならば前髪が長すぎるのはよくないので、そこは気をつけた方が良いと思います。それくらいでしょうかね?

 

 公務員試験では面接の前に面接カードを書いて、それから面接を受けるケースが一般的だと思いますが、面接カードを書くときには、その書き方や内容で悩む人もいますし、ここはどうしたらいいんだろうか?これでも良いのだろうか?と疑問を持つ人もいるはずです。そういったときに以下のような本を読んでおくと、疑問が解決したり、理想的な、受かるための面接カードに仕上げられる可能性があります。本書は公務員試験に特化した本です。そして、面接カードの内容や書き方次第で面接の流れや聞かれる質問が決まるという意味では、本当に面接カードは面接本番と同様に真剣に書かないといけないものですから、適当に書いてしまうよりは、ちゃんと合格を掴むための面接カードの書き方を勉強したうえで取り組むと良いと思います。そのときに良かったら参考にしてもらえればと思います。

 

公務員試験≪絶対合格≫面接・訪問カードの書き方・つくり方

公務員試験≪絶対合格≫面接・訪問カードの書き方・つくり方

 

 

あわせて読みたい記事