特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

テクノプロの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

テクノプロ・エンジニアリング、デザイン、IT、R&Dといった4つの会社を含んだ、テクノプロに就職したいと考えている人は、まずは難易度について知っておきましょう。テクノプロの就職に難易度が重要であり、通常であれば倍率を使って調べていきます。したがって、テクノプロの就職の倍率のデータをチェックしていきたいのですが、正確な数字は見つかりません。テクノプロ・ホールディングス全体では10~20倍程度という数字が見つかりますけど、テクノプロの就職における倍率はちょっと不明と言えます。また、テクノプロの採用試験は、それぞれ個別の4つの会社ごとに行われる可能性もあるので、気を付けてほしいです。ただ、正確な倍率が不明なので、テクノプロの就職の難易度も図りづらい面はあるということです。でも、難易度については他にも知っておくべき点があります。それは学歴フィルターの有無です。

 

・テクノプロの就職では学歴フィルターはあるのか?

テクノプロの採用試験の難易度に関して、学歴フィルターの有無はかなり重要と言えます。したがって、ここに関して見ていきましょう。本当ならば、学歴フィルターの有無についても、倍率のデータが必要になります。しかし、テクノプロの就職の倍率においては、正確な数字が分からないので、今回は倍率以外のデータを参考にしていきたいと思うのです。それは採用実績校です。テクノプロの就職の採用実績校を見れば、ある程度の推測はできるでしょう。実際にチェックしてみると、多くの大学名が並んでいますが、Fランク大学と思われる大学名が見つかります。それに専門学校からも採用されているので、こういった部分を踏まえると、学歴フィルターはなさそうに思えてきます。

 

テクノプロの就職では、学歴フィルターの心配はしないでもいいとは思いますけど、それでも学歴や大学名はチェックされている可能性が高いです。就活においては、学生の多くの部分を見て、総合的に評価をして、合否を決めることになります。したがって、チェック項目として学歴や大学名が含まれていても不思議ではありません。でも、そういった部分だけを見ているわけではありませんから、結局は他にも気を遣っていかないといけない点は複数あります。特にテクノプロの就職の面接対策は重要と言えるでしょう。志望動機や自己PRについては、かなり細かく見られている可能性が高いです。そして、テクノプロの就職の評判についても調べておいてほしいと思います。社員の口コミから、会社の日常についてチェックしていくと良いです。テクノプロの仕事は激務なのか?こういったところは特に理解しておいてほしいです。

 

・テクノプロの就職の評判はどうなっている?

テクノプロの就職の評判についてチェックをしていきます。社員の口コミを見ておけば、ある程度の状況を理解することができるでしょう。まずは平均年収からです。テクノプロの平均年収については、500万円前後となっています。数字としては悪くないと言えるでしょう。そして、働き方の口コミはどうなっているのか?というと、残業時間に関するデータを見ていきたいと思います。テクノプロの1か月あたりの平均の残業時間は20時間前後となっています。したがって、この数字に関しては、激務とは言えない状況でしょう。でも、実際は部署ごとに違いがあると思うので、そこは理解しておいてほしいです。実際、配属先によって微妙に忙しさが異なっているという口コミがあります。だから、中には激務という状況を経験している人もいるかもしれないのです。また、勤務とは別に学習のための機会があり、それで時間をとられるという声もあります。これは残業にはカウントされない可能性がありますから、実際はデータよりも働いている時間は長いかもしれません。

 

テクノプロでは、リモートワークやフレックスタイム制が存在しています。ただ、そういったものが実際に積極的に活用されているのか?というと、そうではないようです。利用している人は一部のみで、結局は普段通りの勤務というケースが多いのかもしれません。有給休暇に関しては、これは完全に配属先次第となっています。取りやすいところとそうじゃないところに分かれるみたいです。忙しさの部分と同じということです。こういった部分も会社の評判として、頭に入れておくと良いと思います。テクノプロの採用試験の難易度もやはり重要と言えますけど、自分が入社するかもしれない会社の実態の情報に関しては、相当大切と評価できるはずです。だから、こういった部分は出来るだけ詳しく調べておいて、自分なりに納得してから受験をしていくと良いと思います。

 

 

あわせて読みたい記事