特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

RIZAPの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

RIZAPグループは今やかなり有名な会社と言えると思いますが、このライザップグループに就職したいという人もいるはずです。RIZAPの就職の難易度はどれくらいか?というのはかなり気になると思いますけど、やはりRIZAPの就職の倍率が重要になります。倍率を知ると、そこから難易度を理解することができるはずですから。しかし、RIZAPの就職の倍率というのが公開されていないのです。だから、RIZAPの就職における難易度というのはちょっと調べるのは大変です。今や有名企業なので、決して倍率が低いとは思えず、それなりの倍率がある可能性はあります。そこで問題になるのが学歴フィルターという部分になります。

 

・RIZAPの就職では学歴フィルターはあるのか?

RIZAPの採用試験の難易度というものに関して、学歴フィルターがあるか?というのは非常に重要です。実際、そこを調べるにはRIZAPの就職の倍率を見ておくというのが最も有効な手段です。しかし、倍率が調べられないので、どうやってチェックするか?ということになります。RIZAPの就職における採用人数というものがあり、これがヒントになるんじゃないか?と思うのです。採用人数に関して、数年前までは数人とかでした。しかし、近年その知名度が驚異的に上がり、会社としても大きくなってきたということで、最近は100人以上の募集に変わってきています。つまり、募集人数がかなり多くなったので、それだけ倍率が上がりづらい状態になったと言えます。具体的なRIZAPの就職の倍率は分かりませんが、学歴フィルターを実施しないといけないほどに高いとは思えないのです。この募集人数だと100倍を超えたりすることは考えづらいです。だから、RIZAPの就職では学歴フィルターの可能性は低いと思います。

 

RIZAPの就職では学歴フィルターはないと思いますが、学歴や大学名をチェックするということは普通にあるでしょう。選考の中で学歴や大学名を見ながら、合否を決めるということはあると思います。RIZAPの就職では学歴や大学名だけで判断するのではなく、それを参考材料の一部にしていくということで、無関係ではないということは知っておきましょう。RIZAPに就職したい人はやはり面接対策をしていかないといけません。RIZAPの志望動機や自己PRをしっかりと考えていきましょう。RIZAPの就職の評判も重要と言えるので、社員の口コミからライザップがどういう会社なのか?について詳しく理解しておきましょう。RIZAPの就職の難易度も重要ですけど、評判という部分についても把握してほしいです。RIZAPの仕事は激務なのか?ということは特に気になると思うので、そういった部分は特に知っておきましょう。

 

・RIZAPの就職の評判はどうなっている?

RIZAPの就職の評判について知っておいてほしいと思いますけど、まずは平均年収について理解をしておきましょう。RIZAPの平均年収については結構高めです。600万円強くらいはあります。RIZAPの就職の評判としてはかなり気になっているという人が多いはずですから、平均年収は理解しておきましょう。そして、RIZAPの働き方に関する部分ですけど、RIZAPの平均の1日における労働時間はどれくらいか?というと、9~10時間となっています。店舗で勤務をすることにまずはなる人が多いでしょう。そんなにすごい激務な雰囲気はないです。口コミはほぼ全部が店舗勤務のものですが、残業自体がないわけではないが、残業したときには別の日で短時間勤務が可能みたいな状況もあるようで、結構柔軟に対応してくれるみたいです。RIZAPの仕事は激務ではないと思います。

 

RIZAPの勤務では、どういう勤務体制になるか?というのがその都度変わるということが言われています。基本的には1日8時間以内ですが、顧客の状況などによって1日の中でどの時間帯に勤務するか?ということが変わりやすいと言われているのです。だから、そこは他の会社とかなり事情が異なっている部分と言えますから、RIZAPの就職の評判として知っておきましょう。休日に関しては、週休2日はあるという状況です。ただ、顧客の状況によって休める日が変わったりすることもあり、休日出勤のようなケースがないわけではないようですから、そこは知っておいてほしいです。また、有給休暇については割と取りやすい雰囲気があると感じている社員の口コミがあるので、そこは評価できると思うのです。RIZAPの仕事は激務にはなりづらいと思いますけど、勤務の仕方はちょっと変わっている、他とはちょっと事情が違う部分がありますから、そこは理解しておかないといけません。RIZAPに就職したい人は会社の実態を理解しておいてほしいので、RIZAPの採用試験の難易度を知っておくことも重要ですけど、入社したらどういう過ごし方をするんだろう?みたいな部分は必ず調べておくようにしてください。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度がないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、キミスカはある大きなメリットを持っている状況です。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

 

あわせて読みたい記事