特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

河合塾の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

大手予備校の河合塾に就職したいと考えている人も多くいるでしょう。河合塾の就職の難易度はどうなっているのか?気になると思いますが、河合塾の就職の倍率が分からないので、正確な難易度というのはちょっと難しいです。知名度の高い大手予備校なので、河合塾の就職における難易度は高いのではないか?と思う人も多くいるでしょう。実際、倍率はそこそこはあると思うので、内定を取るのは簡単ではないでしょう。河合塾の就職の難易度は高いと思います。ただ、河合塾の採用試験の難易度において重要なのは、学歴フィルターでしょう。学歴フィルターがあるか?どうかというのはかなり重要なので、そういったところを把握しておく必要があります。河合塾の就職の倍率が分からないので、正確な予測はできませんけど、河合塾の就職において学歴フィルターはあるのか?ということに関して、まず考えていきたいと思います。

 

河合塾の就職では学歴フィルターはあるのか?

河合塾というのは予備校ですから、学歴や大学名にこだわりがあるというか、そういったもので選考をするイメージがあるかもしれませんけど、河合塾の就職では学歴フィルターはないと思います。採用実績校の一覧があるので、それを見ると河合塾の就職では大東亜帝国あたりのラインの大学までは採用が確認できます。学歴フィルターのボリュームソーンはMARCHから日東駒専あたりまでなので、河合塾の就職の採用実績校を見ると、学歴フィルターがある可能性は低いでしょう。河合塾の就職における難易度としては重要な面になりますけど、河合塾の就職の倍率が分かれば、ある程度正確に予測はできます。ただ、倍率が分からないので、採用実績校を使っての予測になりますけど、河合塾の就職では学歴フィルターはないと思います。河合塾の就職では学歴や大学名は重視しないとは言えないかもしれませんが、学歴フィルターはないと思います。

 

選考においては学歴や大学名のチェックはするはずです。そして、選考にも影響は少なからず与えるでしょう。ただ、それ以上に人物重視というところがあるはずですから、面接試験とかを頑張っていくことの方がよっぽど大切だと思います。河合塾の面接対策で志望動機や自己PRなどを考えて、アピールをしていくことの方が合否における影響度合いとしては大きいでしょう。だから、そういった面接対策などもしっかりとやっていきましょう。河合塾の就職では学歴や大学名が関係はするとしても、そこを考えてもしょうがないので、今から努力できる面において頑張っていきましょう。そして、河合塾の採用試験の難易度について確認をしたら、あとは河合塾の就職の評判が重要です。働き始めたらどういう毎日を送るのか?という会社の実態が重要です。河合塾に就職したい人は知っておくべきですし、講師を全員がやるわけではなく、他にも事務や広報、企画、営業、開発に至るまでいろいろな職種があるので、総合職として採用されるようですから、そういったいろいろな仕事を経験していくことになると思います。そういったときに河合塾の働き方に関して口コミをチェックしていきましょう。ここでも河合塾の社員の口コミをちょっと紹介していきます。

 

河合塾の就職の評判はどうなっている?

河合塾の就職の評判を確かめておいてほしいので、河合塾の社員の口コミを見ておきましょう。河合塾の就職の評判で重要なのはまずは平均年収です。河合塾の平均年収はどうなっているのか?というと、500~600万円ほどとなっています。平均年収に関しては割と高いのですが、問題は働き方です。河合塾の仕事は激務なのか?といったところが重要になります。河合塾の仕事は年間を通じて忙しいときもあれば、そうじゃないときがあるというのが通例で、入試シーズンが近づくにつれて忙しくなり、終わると仕事量が減るということになります。部署によって違いはありますが、激務になることはあまりなさそうです。忙しいときでも残業時間はせいぜい2時間くらいとなっており、1日の労働時間がそこまで伸びるということはないと思います。それ以上の残業時間になるときは稀という口コミがあるので、全体的に河合塾の仕事は忙しいときでもその程度ということが言えるでしょう。ただ、先ほども言いましたが、部署によって激務になることは考えられます。特に営業とかはどの会社もかなり忙しい方ですから、河合塾の仕事でも激務に感じるときがあるかもしれないです。

 

あとは時期も重要みたいです。特に夏は暇になりやすいみたいです。入試シーズンが近づくと忙しくなるということを言いましたが、逆に言うと夏に関しては忙しいことは少なく、定時で帰ることができるケースが多いという口コミがあります。河合塾の就職の評判ではそういった違いもあるので、部署の違いとともに時期の違いによって業務量が変わるというのは覚えておきましょう。河合塾の仕事で激務になるとしたら、時期も関係するのです。そして、河合塾では残業代に対する評価が高いです。口コミでは、残業代はきちんと出るという声がほとんどで、かつ1分ごとに出るのでそこは評判が高いのです。河合塾では残業代がきちんと出るために、信頼して働けるということが言えるでしょう。さらには有給休暇を紹介しやすいという口コミもあります。夏は忙しくないので特に有給はとりやすいみたいですけど、それ以外の時期でも問題なくとれるという声があります。全体的に河合塾の就職の評判は高いです。職種や時期によっては、河合塾の仕事は激務になる可能性もありますけど、それはどの会社でもあることですし、河合塾の仕事は忙しいケースはまだ少ないのではないか?と思います。こういった部分は企業研究にもつながるので、自分なりに理解しておくと、会社の実態を把握することにもなりますし、受ける際のモチベーションにもなると思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度があまり高くないサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生に知っておいてほしいです。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分になります。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが違うナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるというのが大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事