特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

オリックスの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係は?激務という評判はあるのか?

オリックスグループと言えば、日本でも有数のグループ会社になりますけど、社名の知名度は非常に高いです。オリックスグループはいくつかの会社を束ねる大きな規模と言えますけど、このオリックスグループの就職の難易度はどうなっているのでしょうか?オリックスグループの就職の難易度に関して言えば、倍率が気になると思いますが、オリックスグループの就職の倍率の情報は載っていないのです。したがって、オリックスグループの就職の倍率は非公開になっていると思われます。ただ、オリックスグループの就職の倍率は恐らく高いでしょう。人気の企業なので、就活生がかなり多くエントリーして受けていると思われます。でも、オリックスグループの就職の採用人数はかなり多いです。オリックスグループ全体としては毎年200名以上募集されています。オリックスグループの就職の採用人数からすると、思ったほどオリックスグループの就職の倍率は高くなっていない可能性もあるのです。

 

オリックスの就職では学歴フィルターはあるのか?

オリックスグループの就職の難易度に関係する情報としては、学歴フィルターが気になるのではないか?と思います。オリックスグループでは学歴フィルターはあるのか?に関しては、本来は倍率を使いますが、倍率の情報が見つからないため、過去のオリックスグループの就職の採用実績校を見てみると良いと思います。オリックスグループの採用実績校はというと、ネットで調べると出てきますけど、具体的な大学名は載っていません。国内外の国公立、私立大学、大学院といった形になっており、特定の大学じゃないといけないといったことはないようです。こういった採用実績校を見る感じでは、オリックスグループの就職では学歴フィルターはないのではないか?と思います。学歴フィルターが存在する可能性は高くはない気はしますけど、オリックスグループの就職で大学名や学歴が関係ないとは言えないと思います。オリックスグループの就職では学歴や大学名は関係する可能性はあるでしょう。大企業なので、そういった面を考慮すると、大学名や学歴が関係すると考えた方が良いと思います。オリックスグループの就職では学歴フィルターはないかもしれませんが、学歴や大学名は無関係であるとは言えないと思います。

 

こういったところがオリックスグループの就職の難易度に関する部分になりますけど、恐らく倍率はそれなりに高いでしょうし、オリックスグループの採用試験で内定を取るのは難しいでしょう。大企業なので、それは多くの就活生が知っていると思いますが、やはり企業研究をして面接対策をして、オリックスグループの志望動機をしっかりと練っていくことが必要になると言えます。オリックスグループの志望動機がやはり中心になるので、それを含めた面接対策に時間をかけていきましょう。オリックスグループの面接対策ではやはり志望動機が重要だと思いますから。オリックスグループの就職の難易度に関する情報もそうですが、オリックスグループの評判についての情報も知っておいてほしいと思います。オリックスグループの平均年収や働き方に関する口コミを調べて、そういった部分の評判について紹介していきます。

 

オリックスの就職の評判はどうなっている?

オリックスグループの平均年収については1000万円強くらいという数字があります。大企業なので想像はつくかもしれませんが、かなり高い年収です。オリックスグループの評判としてはここがまず大きいです。このオリックスグループの平均年収に関しては満足している人も多いようで、それぞれの能力に応じた正当な評価がされているという口コミもあります。オリックスグループの平均年収は高いですし、給料におけるオリックスグループの評判はとてもいいと言えると思います。そして、オリックスグループでの労働環境はどうなっているのか?そこの口コミも見ておきましょう。オリックスグループの就職は多くが営業職になると思いますが、その営業職においては労働は結構きついかもしれないという印象が伝わってきます。忙しい雰囲気はあります。オリックスグループの営業職は忙しいときは結構あると思いますけど、営業職はどの会社も激務な面はありますから。オリックスグループの営業だけが激務な感じではないと思います。営業職として働く人はオリックスグループで忙しい面が強いという口コミがありますから、そういった想定はしておいた方が良いと思います。

 

あと、営業職だけに限りませんけど、残業が全体的に多いという口コミがあります。オリックスグループでも働き方改革を実施し、少しずつ残業時間を減らしてきてはいるが、ある程度は存在するようなので、オリックスグループの評判としてはそこも知っておいてほしいです。オリックスグループでは営業職は激務である可能性がありますが、それ以外の職種の人間も激務と言えるか?どうかは別ですけど、忙しい面はあるようです。長時間労働の側面はオリックスでもあったものの、それが今では大分マシになってきているというオリックスグループの社員の口コミであるので、そこは評価できるポイントかもしれません。オリックスグループの仕事は忙しい面はかなりありそうです。全体的な労働時間が長いというのがこの会社の特徴で、それは以前よりはマシにはなってきているみたいですけど、それでもまだ残業は普通にあるようで、具体的な残業時間は分かりませんが、ある程度は激務を想定しておいた方が良いのかな?と思います。

 

でも、今の時代はどの会社も忙しいはずですけどね。オリックスグループの評判を見ると、オリックスグループだけの事情なのか?と思えてきますが、そういうことではないです。どの会社も忙しいはずです。オリックスグループに就職すると激務に感じる可能性もありますが、平均年収は高いですし、社会的ステータスもありますし、メリットも多くあると思います。オリックスグループの就職の難易度は高いですし、倍率も相当だと思うのですが、オリックスグループに就職したい人は企業研究も頑張ってやってほしいです。そういったときに会社の評判について調べておくと良いと思います。オリックスグループに就職したい人はこういったことを知っておいてほしいと思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をするときに使うナビサイトというのは有名どころを使っている人が多いと思いますけど、知名度が高くないようなサイトの中にもおすすめなところがあるのです。特に「キミスカ 」は多くの就活生は知っておくと良いと思います。このナビサイトは学生が企業を検索してエントリーする従来のタイプとは違い、企業がキミスカに登録している学生を検索して、その中で気になった人がいればスカウトを送るというタイプになるのです。こういったタイプのサイトであるがゆえに、ある大きなメリットを持っていると言えます。それは内定を取れる確率がより高い企業を受けやすいということです。従来は自分が関心のある企業を自ら選んで受けるので、自分がエントリーした企業の側が自分に対して関心を持つか?は分かりません。そして、現実的にほとんどの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けてしまうため、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、自分を必要と思ってもらえなかったと評価できるのです。しかし、キミスカはスカウトを送ってくるタイプのナビサイトなので、スカウトを企業が送ってきたならば、その時点でその企業は自分に少なからず関心を持っていることが確定します。

 

だから、スカウトが届いた企業を受ければすでに自分に対して関心を持っていると言える企業を受験できるので、少しでも内定の確率が高い企業を受けられるのです。ここはキミスカならではの大きなメリットと評価できます。普通は受ける前に自分のことを企業がどう思っているか?というのは分かりませんが、それが分かるシステムになっているのがキミスカなのです。だから、ここは内定を取るためにかなりメリットを感じられる部分であると言えます。さらにキミスカはスカウトが届いた企業を受けると一次選考、二次選考などをパスして臨めるケースもあり、そのときには他の就活生と比べてかなり優位に立てると言えます。キミスカは今まで使ってきたナビサイトと併用もできるので、タイプが異なっているナビサイトを組み合わせることにより、リスクを分散して就活ができるという点は大きいです。こういったナビサイトは多くの就活生は知りませんから、他のライバルに差をつけることができますし、本気で内定が欲しい人にはおすすめです。無料の会員登録をすれば利用できるので、良かったら参考にしてほしいと思います。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

オリックスの就活ハンドブック 2019年度版 (JOB HUNTING BOOK 会社別就活ハンドブックシリ)

オリックスの就活ハンドブック 2019年度版 (JOB HUNTING BOOK 会社別就活ハンドブックシリ)

 

 

あわせて読みたい記事