特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

AGCの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

かつては旭硝子という社名だったAGCの就職の難易度はどれくらいか?非常に気になると思います。AGCという会社はかなり大きいですし、有名と言えます。だからこそ、AGCの就職の難易度は非常に気になると思うのです。AGCの就職における難易度を調べるには、本来であれば倍率をチェックしておくと良いです。しかし、AGCの就職の倍率というのは公開されていないようなのです。だから、AGCの就職の難易度を調べることは難しいです。倍率が分からないので、AGCの就職の難易度はチェックしづらいですけど、学歴フィルターという面も重要です。したがって、そういった部分に関しても調べておきましょう。

 

AGCの就職では学歴フィルターはあるのか?

AGCの採用試験の難易度に関して、まずは学歴フィルターの有無をチェックしていきたいです。本来ならば、AGCの就職の倍率から調べていくということになりますけど、倍率が公開されていないようなので、そういったものからチェックすることができません。AGCの就職の倍率ではなく、採用実績校を参考にしていきたいと思います。AGCの就職の採用実績校を見ていくと、有名大学しかほぼ載っていません。掲載されている中で最もランクが低い大学としては、地方国立大学であり、偏差値がすごい低い大学名などは見つかりません。ただ、海外の大学も載っています。海外の大学に関してはランクは不明と言えますけど、海外の大学に関して採用があるということは、必ずしも学歴や大学名についてはこだわっていないと言える可能性があります。

 

それに、AGCの就職では理系の採用が多くなります。理系の場合には、文系と比べて専攻が重要です。したがって、学歴や大学名よりも専攻が重視される傾向にあり、そういった面も含めて、AGCの就職では学歴フィルターがある可能性は低いと思います。文系に関しては学歴フィルターがある可能性は理系よりは高いとは思いますが、採用人数が毎年100名前後くらいになっているので、意外と倍率が高くないと言えるのではないか?と思いますし、文系でも学歴フィルターはない可能性の方が高いと思います。推測ですけど、そういったことは覚えておきましょう。AGCの就職では大学院からの採用に関しても豊富に実績が載っていますし、大学でも大学院でも採用が可能ということでしょう。大学からは文系の採用も多いかもしれませんが。学歴や大学名を見ていないわけではないものの、学歴や大学名はそこまで重視はされていないと思います。AGCの就職の面接対策をしてほしいので、志望動機や自己PRはしっかりと考えておきましょう。あとはAGCの就職の評判も重要ですから、社員の口コミをチェックしてほしいです。AGCの仕事は激務なのか?といったことに関して理解しておきましょう。

 

AGCの就職の評判はどうなっている?

AGCの就職の評判はどうなっているのか?社員の口コミを参考に見ていきますけど、まずは平均年収からチェックしていきます。AGCの平均年収は800万円前後となっているようです。平均年収はそれなりに高いです。そして、AGCの働き方に関する口コミを見ていきますけど、平均の1日の労働時間はどうなっているのか?というと、9~10時間となっているので、そこそこ長いかもしれません。AGCの社員の口コミによると、残業はそこそこあるみたいです。月に40時間くらいは平均であると思った方が良いようで、休日出勤をしている社員もいるようです。部署にもよるので、全員がそういったわけではないですけど、残業はある程度は存在すると思っておくべきでしょう。ただ、AGCではそんなに激務な雰囲気ではなさそうなので、忙しいとしても限度はあるということです。

 

ただ、残業はあるにしても、サービス残業はないということになっています。きちんと労働時間の管理が行われており、5分単位で残業代が出るとされています。AGCでは三交代勤務(24時間を3人で交代して働く仕組み)が採用されているので、夜勤になるというケースもあるみたいです。ただ、有給休暇に関しては相当使いやすいということが言われています。AGCの就職の評判としてはそこが大きいのです。有給休暇に関しては多くの人たちが使いやすいと言っているので、これは本物なのでしょう。AGCの仕事は激務まではいかないかもしれないですけど、忙しいときがあるのは事実でしょう。それに夜勤の可能性があるので、そういったときには激務に感じる可能性もあるかもしれません。AGCの就職の評判はこういったところが言われています。AGCの採用試験の難易度に関しても重要ですけど、AGCの就職の評判についてもしっかりと調べて、会社の実態を理解してほしいと思います。こういった部分を知っておくと、企業研究につながる面もあると思いますから。

 

 

あわせて読みたい記事