特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

SBI証券の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

SBI証券に就職したい人もいるでしょう。そういった人はSBI証券の就職の難易度に着いて調べていく必要があります。SBI証券の就職における難易度をチェックするには、通常であれば倍率を調べることになります。倍率を知ることで、ある程度の難易度が把握できるのです。しかし、SBI証券の就職における倍率は実は非公開になっているようで、正確な数字を知ることは厳しいでしょう。世の中では倍率を公開している会社の方がかなり少ないので、仕方ないとは言えますけど。ただ、SBI証券の就職の難易度については、他にも知っておくべきポイントがあります。それは学歴フィルターの有無に関してです。

 

SBI証券の就職では学歴フィルターはあるのか?

SBI証券の採用試験の難易度について、学歴フィルターの有無はかなり重要です。したがって、そういった点についてチェックしていきます。通常であれば、SBI証券の就職の倍率を使用して調べていきますけど、倍率は公開されていないので、倍率とは違う情報を使って学歴フィルターの有無を調べていきたいと思います。今回はSBI証券の就職の採用実績校をもとにしていきます。実際、採用実績校をチェックすると、多くの大学名を目にすることができますけど、実際並んでいるのは有名大学が多いです。最もランクが低いところでも日東駒専のレベルになります。したがって、こういった採用実績校を見ると、学歴フィルターがないと断言できるまではいかないでしょう。ただ、日東駒専まで採用があれば、学歴フィルターが存在する可能性はかなり低くなったとは思います。実際問題として、学歴フィルターを使っている会社は世の中ではかなり少数派になりますから、SBI証券の就職で存在しているとはあまり思えませんが。

 

ただ、学歴フィルターがないとしても、学歴や大学名を見ていないとは言えないでしょう。SBI証券の就職では学歴や大学名も恐らく見ていると思います。そもそも就活ではあらゆる部分をチェックしたうえで、合否を決めています。したがって、そういったところも当然見ていると思っておいた方が良いでしょう。しかし、あらゆる部分を見ているわけですから、学歴や大学名だけで決めるわけではありません。他にも重要な点は多くあるということです。特にSBI証券の就職の面接対策は重要で、志望動機や自己PRはしっかりと練ってほしいです。こういった部分は就活でかなり大切と言えるポイントになりますから。また、SBI証券の就職の評判についても理解しておきましょう。会社の実態をちゃんと把握したうえで、受けていくと良いと思います。SBI証券の仕事は激務なのか?について、ちゃんと知っておいてほしいです。

 

SBI証券の就職の評判はどうなっている?

SBI証券の就職の評判に関して知っておきましょう。社員の口コミをしっかりとチェックしていくと良いと思います。まずは平均年収から調べていきましょう。SBI証券の平均年収は800万円前後となっています。したがって、かなり高い数字と評価できるはずです。では、働き方に関する口コミはどうなっているのでしょうか?SBI証券の勤務に関しては、残業はほぼないと言われています。だから、激務という雰囲気ではないということです。残業したい人はできるみたいですけど、多くの社員は定時になれば、すぐに帰る人が多いみたいです。激務な雰囲気が全くないということで、ここはSBI証券の就職の評判としても大きいと言えるでしょう。休日に関しても評判が良くて、基本的に土日祝日は休みです。カレンダー通りに休日があるので、非常に過ごしやすさを実感できる状況となっています。

 

ただ、SBI証券の場合には、年末に関しては30日まで仕事があると言われているので、そこはちょっと気になるかもしれません。他の会社の場合にはもっと早く仕事納めを迎えることも多々ありますから。でも、そこまで気になる問題ではないかもしれませんが。それ以外の口コミでは、産休や育休が取得しやすくていいというものがあります。女性の場合には、出戻りで働く人が結構多いようなので、そういった部分への理解が進んでいると評価できるでしょう。SBI証券の仕事は激務ではないみたいですし、全体的に働きやすい雰囲気を感じることができるでしょう。SBI証券の採用試験の難易度に関しても重要ですが、こういった会社の評判についても、事前にちゃんと理解をしてほしいと思います。自分が実際に働くことになる可能性がある会社の情報については、いろいろな部分をチェックして、自分なりにきちんと納得したうえで受験をしていってほしいと思うのです。

 

 

あわせて読みたい記事