特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

IHIの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はあるのか?

IHIに就職したいと考えている人は多くいると思いますけど、IHIの就職の難易度をまずは知っておいてほしいです。IHIの就職における難易度として、倍率を把握してほしいですが、人気企業なのでそれなりに難しいということが予想されます。IHIの就職の倍率はおよそ50倍弱くらいとされています。大手企業なので、倍率はかなり高いです。したがって、この倍率を念頭に置くと、IHIの就職の難易度はかなり高いと言えると思います。したがって、IHIの就職に就職したい人はしっかりと対策をしないといけないのです。IHIの就職における難易度としては他には学歴フィルターも重要と言えます。学歴や大学名が選考にどの程度影響するのか?というのは、会社によっても違いますけど、IHIの就職において学歴フィルターがあるのか?というのはまず知っておきましょう。

 

IHIの就職では学歴フィルターはあるのか?

IHIの就職では学歴フィルターはあるのか?そういった点というのもIHIの就職の難易度に関係しますから、理解しておくと良いと思います。学歴フィルターの有無を調べるときに特に重要なのは、IHIの就職の倍率です。IHIの就職における倍率はそこそこ高いようですから、学歴フィルターがないとは断言はできないものの、この程度の倍率だと学歴フィルターを実施する必要性はかなり低いでしょう。したがって、IHIの就職における倍率をヒントにすると、学歴フィルターはない気がします。あとは採用実績校から調べるということもできますけど、IHIの就職の採用実績校が公開されておらず、全国の国公立、私立大学、海外大学、高等専門学校とされているので、採用実績校が分からないということになっており、そこから学歴フィルターの有無を判断するのは難しいです。IHIの採用試験の難易度は高いですから、学歴フィルターの有無にかかわらず、どっちにしろ難しいと言えると思います。ただ、学歴フィルターの可能性はかなり低いと思いますが。

 

ただ、IHIの就職では学歴や大学名を見ないということはないと思います。選考においてはそういった部分に関しても考慮している気がします。しかし、IHIの就職では学歴フィルターという形ではないのではないか?ということです。学歴や大学名を全く見ない会社というのもないでしょうから。ただ、そういったところは気にしてもしょうがないので、今できることをやるべきでしょう。変えられないものは気にしないで、IHIの就職の面接対策などを中心にやっていくことが内定を取るためには重要です。IHIに就職したい人は人物試験の対策をちゃんとやってほしいですし、IHIの志望動機や自己PRなどを特にやっておくと良いのではないでしょうか?IHIの就職の評判を知っておくということもしておきましょう。入社する前に会社の実態をしっかり理解しておきましょう。IHIの就職の評判として、仕事が激務なのか?など、いろいろなことが気になると思いますけど、IHIの社員の口コミからそういった点を紹介していきたいと思います。

 

IHIの就職の評判はどうなっている?

IHIの就職の評判について、まずは平均年収に関して知っておきましょう。IHIの平均年収は750万円ほどあります。この数字はかなり高い方です。したがって、さすが大企業という印象にもなるのではないでしょうか?IHIの平均年収はこういった感じですが、実際にどういう働き方をするのか?というのが重要になります。IHIの就職の評判としてもそこが特に重要でしょう。社員の口コミによると部署によるようですけど、特に忙しいのは技術職であり、人手不足があるために社員は割と長時間労働、休日出勤が続いているという評判があります。一方で、定時を前に帰宅するような部署もあり、全体的にバランスが悪いというか、仕事の割り振り方に不満を持っている社員もいるようです。IHIの仕事は激務になることがあるのか?というと、月の労働時間が45時間を超えると、上司が動いて仕事量を調整するような状況のようです。したがって、残業時間などは無制限ではないということが言えます。激務に感じる人はこの程度ならば少ないと思います。IHIの仕事は激務のレベルではないかもしれませんけど、技術職は忙しいときもあるということです。ただ、月に45時間までならば、忙しいときがずっと続くことではなく、相対的に早く帰宅できる日というのが少なからずあるのではないか?と思います。

 

IHIでは休日出勤は多摩にあるようですけど、そんなに頻繁にあるような感じではないです。そして、休日出勤があると、振替休日はしっかりともらえますし、ちゃんと休みはとれるようです。そして、有給休暇に関しては消化が進んでいない社員に対しては、上司から消化を促すようなこともあるようで、取りづらい雰囲気ではないようです。ただ、有給休暇のうち一部は夏休みやゴールデンウィーク中に勝手に使われるような口コミもあります。ただ、有給休暇とは別だと思いますけど、大型連休が年に3回ほどあって、そのときには1週間程度休めるようになっており、こういったところは大手企業だと言えると思うのです。IHIの就職の評判としてはこういった感じです。IHIに就職するにはかなり難易度は高いと思いますが、企業研究も重要なので、会社に関して詳しく知っておくということはしておきましょう。IHIの就職の難易度を理解つつも、会社の実態を調べて、そういったところも生かして、面接対策などをしていくと良いと思います。

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事