特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

大林組の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はあるのか?

不動産や建設業界として非常に知名度が高い大林組はこの業界では人気の会社になります。不動産、建設業界というのは、一般的に言えば就活ではあまり人気とは言えない面もあるかもしれませんが、大林組に就職したいという人は結構いるはずなので、倍率をしっかりと確認しておかないといけないのです。大林組の就職の倍率に関しては詳細なデータはないものの、ネット上では50倍以上はあるという記載もあります。すごい高いわけではないかもしれませんが、そこそこ高いので、大林組の就職の難易度は思った以上に高いと言えると思います。大林組の就職における難易度をチェックするには倍率をまず知っておく必要がありますけど、さらに言えば、学歴フィルターがあるか?どうかも重要です。業界的には学歴フィルターがありそうな雰囲気はしないですけど、そういったところも大林組の採用試験の難易度にかかわるので、しっかりとチェックしておくと良いと思います。

 

大林組の就職では学歴フィルターはあるのか?

大林組の就職で学歴フィルターがあるか?というのは、本来ならば大林組の就職における倍率を見ると分かりやすいものの、50倍以上というのは学歴フィルターがある可能性も含まれるでしょう。したがって、より正確に検証するには採用実績校を見ておくと良いと思うのですが、大林組の就職における採用実績校は非公開のようで、データが見つかりません。採用実績校からの検証ができないので、やはり倍率などをもとに考えるしかないのです。50倍以上という数字が本当だとすると、学歴フィルターがある可能性は存在しますけど、この数字がそもそも信用していいのか?というのもあります。というのも、大林組では採用人数が多く、毎年200~300人程度あるのです。この採用人数だと、そこまで高い倍率になるか?がまず怪しいです。だから、大林組の就職における倍率はもっと低い可能性もあります。そして、大林組の就職では学歴フィルターがない可能性も高まるということです。

 

また、すでに話したように業界自体が人気とは言い難い面もあります。どうしても激務なイメージもあるでしょうから。そういった部分で希望者が多くない可能性もありますし、そういった点を踏まえると、大林組の就職の倍率はそこまで高くなく、学歴フィルターを実施している可能性は低いだろうと見た方が良いのではないか?と思います。大林組の就職における難易度として重要ですけど、学歴や大学名に関してはほとんどこだわっていないのではないか?と思うのです。大林組の就職では学歴や大学名を考慮する割合は相当低い気がするのです。強いて言うならば、理系に関してはまだ関係する可能性がありますけど、理系の場合でも高学歴か?どうかよりは専攻の方が重要と言えます。大林組の採用試験の難易度においては別のところが重視されるでしょう。大林組の就職では学歴や大学名はほとんど関係しないと思いますから、しっかりと面接対策などをしておくことが必要となります。大林組の就職の志望動機や自己PRを考えて選考を受けていきましょう。あとは大林組の就職の評判が重要なので、社員の口コミをチェックして、仕事は激務なのか?とか、そういった部分について把握しておきましょう。

 

大林組の就職の評判はどうなっている?

大林組の就職の評判をチェックすることで会社での働き方が分かります。その前に平均年収について知っておきましょう。大林組の平均年収はどれくらいか?というと、900万円くらいあるんですよ。したがって、大林組の給料については相当高いです。そこが大林組の就職の評判にもなっています。大林組の仕事は激務なのか?という点については、現場での仕事に関しては忙しいようで、残業がそれなりにあります。それ以外の部署については必ずしも忙しい感じではなさそうです。現場に関しては建設関連の会社はどこも同じような感じだと思います。残業に関しては現場はそれなりにあるようですが、会社全体の1日の労働時間は8~9時間になっており、現場の残業時間というのはそこまで長くはない可能性もあります。現場が忙しいというのはある程度想像がつくでしょうけど、大林組の仕事において激務とまでは言えない可能性があります。現場以外の部署においては、残業は全くないわけではないが、そんなに多くなさそうです。したがって、大林組の社員の口コミでは、部署によって働き方は変わるということが言えます。

 

あとは繁忙期になると忙しいときがあるみたいです。1年間の中で一部ですけど、特に冬は激務まではいかないけど、忙しい感じはあります。冬の時期っていうのは公共事業とかも増えるので、大林組のような会社は仕事が増えるのです。予算を使い切るような時期ですし。そういった影響もあってか、冬には繁忙期を迎えて、1年間の中でも特に忙しいみたいなので、そこは知っておきましょう。あとはノー残業デーが月に1回あるようなので、そういった機会が設けられている点は良心的と言えるのではないでしょうか?大林組の就職の評判についてはこういった感じで、簡単に紹介してきましたけど、現場で働く人たちは激務と言えるか?は別としても忙しい状況は頭に入れておかないといけません。それ以外の部署で働く人たちは、相対的に忙しくはないですけど、仕事が楽ということもないと思います。そして、冬の時期は忙しくなるので、そこは知っておきましょう。大林組の就職の評判は入社前に知っておくことが必要です。大林組に就職するには選考をいくつも突破しないといけないので、難しいとは思います。しかし、しっかりと対策をして臨むことで可能性は上がりますから、そういった点を頭に入れて、受けてほしいです。

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事