特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

島根県庁の公務員試験の難易度や筆記と面接の倍率とボーダーラインは何割?

島根県の公務員試験の難易度はどうなっているでしょうか?大卒程度の行政職の公務員試験の難易度については、過去の試験結果を見ていくことで把握しやすいと思います。島根県の公務員試験の難易度は平成29年度の試験結果をもとにすると、全体の倍率は3倍強くらいなので、難易度としては低い方になると思います。この年の受験者数は168人で最終合格者が51人なので、この値だけ見ると低いです。島根県の公務員試験の採用人数はどれくらいか?というと、この年は50人募集みたいですね。採用人数は年度によって違いますけど、島根県庁は県庁なので、それなりに採用人数は多いです。したがって、採用される数が多いという意味では、倍率は上がりづらいです。島根県の公務員試験の一次試験の倍率はどうか?というと、この年は筆記試験の倍率は168人が受験して91人が合格しています。したがって、島根県の筆記試験の倍率は2倍を切りますから、かなり低いです。島根県の公務員試験の倍率は全体でも3倍強くらいなので、筆記試験の倍率も当然低いです。しかし、島根県庁は地方上級の問題のレベルだと思いますから、筆記試験の問題は難しいです。筆記試験の倍率が低いとしても、一次試験を通過するのは簡単ではないのです。そこはまず覚えておきましょう。

 

島根県庁の二次試験の倍率はどうなっているのか?というと、この年に関しては89人が受けて51人が合格しており、1.8倍くらいでしょうか?島根県の公務員試験では二次試験の倍率も低いです。でも、このくらいの倍率は普通に他でもありますから、島根県の公務員試験の特有の現象ではないでしょう。島根県の公務員試験の面接の倍率は高いとは言えない数字ですけど、やはり特筆すべきなのは筆記試験の倍率になると言えます。公務員試験の筆記試験の倍率は3~4倍くらいが平均という感じがします。特に政令指定都市、県庁レベルだとそのくらいの数字になることが多いのですが、島根県の公務員試験の筆記試験の倍率はそれよりもかなり低いわけですから、島根県の公務員試験の難易度は全体的には高くはないと思います。全体の倍率も3倍強くらいなので、全国の県庁の中でも受かりやすいということになるのではないでしょうか?あとは島根県の筆記試験のボーダーラインが何割くらいか?ということです。問題のレベルは高いと思いますが、筆記試験の倍率が低いということで、ボーダーラインの数字は高くはないと思います。島根県の公務員試験の筆記のボーダーラインは何割か?というと、55%くらいかな?と思います。島根県の筆記試験の内容にもよりますが、択一試験の方は教養試験と専門試験を合わせて55%くらいとれれば、筆記試験に通過できる可能性がそれなりにある気がします。

 

県庁レベルになると筆記試験の問題のレベルが高いです。だから、そんなに高得点を取れる人は多くないのです。したがって、半分を超えればチャンスが出てきますが、できれば55%くらいはとってほしいと思います。それくらいとれれば島根県の公務員試験の筆記のボーダーラインを超える可能性が高いです。島根県の公務員試験に受かるにはそれくらいの筆記試験のボーダーラインを超えていかないといけないのです。島根県の公務員試験は採用人数がそれなりに多いので、筆記試験の倍率は低いですが、油断はしないでちゃんと勉強をしていきましょう。島根県の公務員試験の問題は恐らく地方上級のレベルではないか?と思いますから、難しいのです。そして、島根県の試験内容はちゃんとチェックしておいてください。平成29年度の内容になりますが、この年は一次試験で教養試験、専門試験、面接試験、二次試験が面接試験、論文試験、適性試験になっています。したがって、行政職の大卒程度は一次試験から面接試験があるのです。この出来次第で一次試験の通過率が変わりますから、筆記試験のボーダーラインの予想もどこまであてになるか?は分かりません。したがって、島根県の公務員試験に受かるにはかなり勉強をしないといけないということになりますが、一次試験から面接があるというのはちょっと変わっているので、面接のことを一次試験の前から準備していかないといけないというのは大変だと思います。

 

ただ、島根県の大卒程度の行政職の試験内容は今後変化する可能性がありますから、自分でも島根県庁のホームページから確認をしておいてほしいと思います。自分でも最新の受験案内を確認しておいてください。島根県の公務員試験の倍率では筆記試験が低い、面接試験の倍率は普通くらいというのが特徴で、全体的に県庁レベルの中では島根県庁の公務員試験の難易度は高くはないですから、筆記試験の勉強をしっかりと頑張って一次試験を受かるように、面接の準備もしっかりやって、島根県の公務員試験の筆記のボーダーラインを超えられるように頑張ってほしいと思います。島根県の公務員試験の難易度はそこまで高くはないと言っても簡単に受かるわけではないので、教養試験、専門試験、論文試験、面接試験などの対策をしっかりとやっていってほしいと思います。

 

そして、島根県の公務員試験の筆記対策としては過去問をしっかりとやることが大切になります。過去問は地方上級のレベルが必要になります。そのためには地方上級の過去問を買って、島根県の公務員試験の筆記対策に備えていく必要があります。地方上級の過去問としては以下のようなものがあるので、そういったものを使って対策をしていってほしいと思います。以下のような地方上級の過去問が売っていますから、それを買って早めに対策をしていってほしいです。島根県の公務員試験の筆記対策で重要なのは、過去問を解いてみて何割とれたか?というよりは、どこができなかったのか?をちゃんと分析することです。そのうえで、その出来なかった箇所を残りの時間で重点的に勉強していくことで、全体の点数の底上げになります。そうやって島根県の公務員試験の筆記試験に受かる確率を上げていくのです。以下の過去問は数年分の地方上級の過去問が載っていますし、島根県の本番の筆記試験のレベルを体感できる過去問としては1番適切だと思うので、こういった過去問を使ってどれくらいできるのか?そして、できなかった箇所の分析と補強に生かしていく目的で使っていきましょう。そして、解いて終わりではなくて、その後に分析をして、苦手な分野を補強する、集中的に勉強していく時間が必要なので、本番の直前ではなくて、少し余裕を持って早めに買って取り組みましょう。

 

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事