特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活の履歴書のサイズの選び方とクリアファイル、封筒入れての渡し方

就職活動で履歴書やエントリーシートを持参して、会社の人間に直接渡さないといけない機会もあると思います。そのときにはそのまま持って行くのはリスクが大きいです。それは折れてしまったり、汚れが付いてしまう可能性があるからです。公務員試験の二次試験の際には面接カードを同じように持参することもあるので、同じように聞いてほしいと思います。会社や受ける自治体などから履歴書や面接カードを持って来てほしいと言われることが普通にありますが、そのときには基本的にはクリアファイルか、封筒に入れましょう。封筒は普通の茶色いもので構いませんが、履歴書を大学の購買などで買うと、それに入っていることがあります。だから、それをそのまま使っても構いませんし、クリアファイルが家にあればそれでも構いません。それに入れて折り目がつかないように、汚れないようにしないといけないのです。

 

中にはクリアファイルに入れて、それをさらに封筒に入れた方が良いと言う人もいるみたいですが、それは流石にやりすぎだと思います。より厳重にしているのは良いかもしれないが、さすがにそれを見たら、私は引くと思います。あと、手渡しするときに中から出すのに手間取り、時間がかかるということも言えそうです。だから、さすがにどちらかで良いと思います。だいた、二重にしたところで、厳重さがそこまで増すとは思えないのです。ちなみに直接人事などに手渡す際には、直前までクリアファイルや封筒に入れておいて、それをカバンの中にしまっておき、それを人事の前で出して、クリアファイルや封筒から出して渡しましょう。たまに受付の段階で提出を求められることがありますが、その際には封筒やクリアファイルから出すのか?そのまま渡すのか?迷うかもしれませんが、私は出してから渡したほうが良いと思いますけどね。封筒やクリアファイルに入れたまま渡しても、結局中から出しますから。そして、クリアファイルや封筒はどうなるのか?というと、どこかに捨てるか?処分するしかないので、結局邪魔になってしまうだけです。手間を増やすだけなので、出したまま渡す必要性がないと思うのです。

 

公務員試験場合は特にそうですよ。受付の段階で履歴書や面接カードを渡すケースが多いですが、そのときには用紙だけ渡すことになっていますからね。クリファイルや封筒ごと出しても、中だけで結構です。と言われるだけですから。ちなみに履歴書を書くときのサイズはどういったものにすれば良いのか?についてはA4が一般的だと思います。それ以外のサイズの履歴書もあるんでしょうけど、あまり見ないですよ。大学とかに売っているものであれば、だいたいA4でしょうから、それを買えば問題ありません。一応、サイズは確認しておいてほしいですけどね。A4以外の履歴書はダメなのか?というと、そんなことはないでしょう。私が見たのはA4サイズを2倍くらいしたサイズの履歴書で、2つ折りにしてきたものを持ってきた人がいました。書く欄が物凄い多そうなんですが、ああいったものでも良いのでしょうかね?分からないですけど。A4が一般的というだけであって、それ以外のサイズを全く許さないわけではないでしょう。ただ、特に理由がないのであれば、A4を使っておくのが無難だと思いますね。履歴書の項目はどういったものでも構わないでしょう。履歴書によって微妙に違うと思いますが、そんなに大きくは違わないはずですから。

 

こういった履歴書は渡し方1つでも印象や評価が変わる可能性もありますが、もちろん内容でも評価は変わってくる可能性があります。履歴書やエントリーシートといったものは、それを提出させているということは、それをある程度評価の、合否の材料にしているということです。そのときに人事はどこを見ているのか?どういうものが評価されるのか?どういった感じで書けば良いのか?そういった誰もが気になるポイントを教えてくれるのが以下の本ですね。本書はエントリーシートのみならず、就職活動における企業が使っている合否の基準、評価基準の手口を暴露し、それを逆手にとって、こういった感じで評価をしているから、こういう風に書けば評価されやすいといったヒントを見つけるのに適しているのです。履歴書もエントリーシートと内容はかなり被る部分もありますし、本書はエントリーシート、履歴書、面接などにおける企業が実際に使っている評価基準のやり方を、実際に採用活動に携わっていた人間が暴露してくれていて、それを踏まえて、じゃあどうすれば評価されるのか?内定がとれるのか?について、丁寧な解説とアドバイスがありますから、本書を使うと、どうすれば履歴書、エントリーシート、面接などで評価されるのか?内定に近づけるのか?が掴めてくる可能性があります。就職活動で内定を取るためには、こういった情報は本当に大きく結果に影響します。他の就活生のライバルに差をつけるチャンスでもあるので、良かったら参考にしてください。

 

 

あわせて読みたい記事