特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

ジョーシンの上新電機の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

家電量販店のジョーシンで有名な上新電機に就職したいと考えている人はその難易度を理解しておきましょう。上新電機の就職における難易度というのは、本来は倍率を調べて把握するものと言えます。しかし、上新電機の就職の倍率に関しては非公開になっているようで、上新電機の就職の倍率を調べることができないのです。上新電機の就職における難易度はそういう感じで、調べるのが難しいですけど、上新電機の就職の難易度については学歴フィルターという面でも重要です。ジョーシンの就職では学歴フィルターはあるのか?に関しても知っておきましょう。

 

上新電機の就職では学歴フィルターはあるのか?

ジョーシンとして有名な上新電機の採用試験の難易度に関して知っておきましょう。上新電機における就職の難易度では学歴フィルターの有無というのは重要ですから、そういったところも調べておきましょう。上新電機の就職の倍率を調べると、そういった部分について知ることができますけど、上新電機の就職の倍率が載っていないので、倍率以外の要素から調べていくことにします。上新電機の採用実績校をチェックしていきたいと思うのです。上新電機の就職の採用実績校を見ると、いろいろな大学名を見つけることができます。そして、明らかにFランク大学ではないか?と思われる大学名もあるので、そういう部分を考慮すると上新電機の就職では学歴フィルターはないのではないか?と思います。上新電機の就職の採用実績校をチェックするとそういう状況に見えます。倍率は分かりませんけど、学歴フィルターについてはまず存在しないと思うのです。そういったところをまず知っておきましょう。

 

ただ、上新電機の就職では学歴フィルターはないかもしれませんけど、学歴や大学名が無関係とは言えないと思います。こういったものは就活では少なからず関係してくるものなので、上新電機の選考では関係あると思っておきましょう。上新電機の就職では学歴や大学名を含めて、いろいろな要素を加味して合否を決めていると思います。したがって、学歴や大学名だけで判断することはないと言えますけど、そういったものも関係はしているはずなのです。ただ、上新電機の就職では面接対策が重要になりますから、上新電機の志望動機や自己PRをしっかりと考えていきましょう。上新電機の就職の評判についても知っておいてほしいです。上新電機の仕事は激務なのか?といったことは気になるはずです。社員の口コミから、会社の実態に関して調べていくと良いと思うのです。

 

上新電機の就職の評判はどうなっている?

ジョーシンで有名な上新電機の就職の評判に関して調べていきましょう。まずは平均年収から知っておいてほしいです。上新電機の平均年収についてはおよそ600万円弱となっています。したがって、数字としてはそこそこということになります。そして、問題は働き方に関する口コミです。上新電機の1日の平均の労働時間はどうなっているのか?というと、9~10時間となっています。すごい激務というほどではないですけど、それなりに忙しい可能性があると言えるでしょう。上新電機ではまずは店舗勤務となる人が多いはずですし、店舗での勤務に関する口コミが実際多くあります。店舗勤務の場合には、残業はあるみたいですけど、長時間労働のようなケースはほぼないようです。閉店時間に合わせて帰宅がしやすいので、夜の8~9時くらいには帰ることができるような状況の日が多いみたいです。こういった口コミを見ると、上新電機の仕事は激務ということはなさそうです。上新電機の就職の評判としてはここは大きいと思います。

 

ただ、社員の口コミでは朝礼が無駄じゃないか?とか、いろいろと言われていますから、決して不満がないということではないのでしょう。あと休みに関して言えば、土日で休むことはまず不可能とされていますし、お盆や正月も厳しいとなっています。全員が全員そうというわけではないものの、休みは制限されるということなのでしょう。有給休暇を使うことは十分に可能で、長期休暇を取ることも可能なようですけど、サービス業の場合にはどこまで希望が通るか?は分かりません。ジョーシンの店舗での勤務の場合にはどうしてもそういった状況になる可能性があるのは知っておきましょう。まずは店舗勤務という人が多いと思います。上新電機の就職の評判としてはこういった感じになっています。忙しい部分はあるにしても、激務というほどではなさそうです。店舗勤務以外の人間の方が忙しくない可能性が高いと思うので、そこも併せて覚えておくと良いと思います。上新電機の評判をしっかりと把握して、そのうえで受けてほしいです。会社の実態を理解することは企業研究にもつながりますから。上新電機の採用試験の難易度とは別にこういった部分も詳しく把握して、それで対策をしていくと良いのではないか?と思います。

 

 

あわせて読みたい記事