特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

日本郵船の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はあるのか?

日本郵船の就職の難易度について知っておきましょう。日本郵船に就職したい人に関してはその難易度がまず重要になります。日本郵船の就職の難易度を確かめるときには、日本郵船の就職の倍率が非常に重要と言えますけど、倍率に関しては非公開になっている可能性が高いです。したがって、倍率を調べるのは困難と言えると思います。日本郵船に就職したい人にとって、かなり重要な情報と言えますけど、日本郵船の就職の倍率はかなり高いと思います。大手企業で、かつ有名企業なので。物流、特に海運に関して世界的に事業を拡大しているので、安定しているイメージもあるでしょう。日本郵船の就職における難易度は高いと思っておきましょう。そのうえで重要なのは学歴フィルターになります。日本郵船の就職では学歴フィルターはあるのか?について知っておきましょう。

 

日本郵船の就職では学歴フィルターはあるのか?

日本郵船の採用試験の難易度で重要なのは学歴フィルターになります。これがあるのか?ないのか?ではかなり難易度の差になるので知っておきたいですけど、倍率が分からない中では、日本郵船の就職で学歴フィルターがあるか?どうかを判断するのは難しいです。これだけの規模の会社だと、倍率はかなり高いと思うのですが、それが学歴フィルターを実施するほどなのか?というと、微妙です。採用実績校を見て、そこから判断をするということもできるかもしれませんが、日本郵船の就職では採用実績校について詳しく載っていないのです。したがって、こういったところから日本郵船の就職での学歴フィルターの有無を調べるというのは非常に難しいです。ただ、日本郵船の就職では既卒を割と広く受け入れている状況があります。年齢制限はありますけど、既卒でも就職をした実績が過去にない人は新卒扱いをするということが明記されているので、そういったところには寛容な会社と言えます。

 

こういった部分を見ると、日本郵船の就職では学歴フィルターがある可能性はかなり低いと言えるのではないでしょうか?だって、既卒を普通に新卒を同じ場で受け入れれば、それだけ応募人数が多くなります。そうなると、捌かないといけない人数が増えるので、会社としては手間が増えることになりますけど、そういった状況をあえて作っているならば、学歴フィルターはない気がします。学歴フィルターを実施している企業の意図は、応募人数が多すぎるので、実際に選考に進む人数を減らしたい意図があると思うのですが、真逆の状況が起きているので、推測ではありますけど、日本郵船の就職では学歴フィルターはない気がします。でも、学歴や大学名が無関係ではないと思うのです。日本郵船の就職では学歴や大学名についても選考ではチェックしていると思うので、そこも気にしておきましょう。ただ、重要なのは学歴や大学名よりも面接試験での評価になると思いますが。したがって、日本郵船の志望動機や自己PRなどをしっかりと考えておきましょう。日本郵船に就職したい人は評判に関しても把握しておいてほしいので、日本郵船の社員の口コミを紹介していきますから、そこも確認してほしいと思うのです。仕事は激務なのか?といったことは気になると思いますから。

 

日本郵船の就職の評判はどうなっている?

日本郵船の就職の評判を最後にチェックしておきましょう。日本郵船の社員の口コミからそういった点を見ておくと良いと思います。まずは日本郵船の平均年収に関して知っておきましょう。日本郵船の平均年収は1000万円前後あります。したがって、こういった数字を見る感じでは、日本郵船の平均年収に関してはかなり高いです。ここは日本郵船の就職の評判として重要です。あとは日本郵船の仕事が激務なのか?といった部分が重要です。働き方に関して知っておくことが必要なのです。日本郵船の社員の口コミをチェックすると、日本郵船の労働時間に関しては、平均の数字はそこまで高くはありません。1日8~9時間となっているので、長時間労働という雰囲気はないです。これだけ見ると、激務っぽく見えないですけど、人によって状況は違っているはずです。口コミでは残業が多いという声もあるので、必ずしも労働時間が少ないわけではないのでしょう。大きな会社で、部署もかなり多いわけですから、どうしても働き方の差は生まれやすくなります。しかし、全体の数字がこういった状況になっているということは、日本郵船の全体での労働時間に関しては、そこまで長くはないということなのでしょう。一部で労働時間が多い人たちがいるということだと思います。

 

日本郵船では残業時間を減らすようにとは言われているものの、仕事量が多いために、減らすことは現実的に難しいと感じている社員もいるようで、そこが不満に感じているという日本郵船の就職の評判があります。会社が大きいと、事業の規模も大きくなり、仕事量が増えやすくなるというのはありますから。日本郵船の仕事で激務とは言わないまでも、忙しい毎日を送っている人にとっては厳しい要求と感じるということなのです。あと、気になるのは女性社員の割合が低いらしいので、そこは知っておくべきと言えると思います。あとはオフィスがすごい綺麗みたいです。デスク、椅子なども含めて仕事がしやすい環境が整っているとされています。また、さらには社員食堂やカフェが充実しているという口コミもあり、そういった面において大企業は違うんだなということが認識できます。日本郵船の就職の評判としてはそういった面を理解しておいてほしいです。日本郵船の採用試験の難易度を理解しながら、こういった評判もチェックしておきましょう。企業研究に関係するので、しっかりと調べておくと良いと思います。

 

日本郵船の就活ハンドブック 2020年度版 (JOB HUNTING BOOK 会社別就活ハンドブックシリ)

日本郵船の就活ハンドブック 2020年度版 (JOB HUNTING BOOK 会社別就活ハンドブックシリ)

 

 

あわせて読みたい記事