特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

カプコンの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

カプコンに就職を考えている人は、どれくらいの難易度なのか?ということについては頭に入れておきましょう。カプコンの就職における難易度はそれなりには高いと思います。やはり有名企業ですし、カプコンに就職したいと思っている人は多いでしょう。だから、倍率がそこそこ高いのではないか?と思います。ただ、カプコンの就職の倍率に関しては非公開となっているのです。したがって、カプコンの就職の倍率は正確には分かりません。だから、カプコンの就職の難易度もなんとなくしか分からないのです。誰もが知っている会社名で、かつ大手企業なので、高い倍率を想定しておくと良いと思います。ただ、さらに重要なのはカプコンの就職では学歴フィルターがあるのか?という点です。ここはぜひ知っておきましょう。

 

カプコンの就職では学歴フィルターはあるのか?

カプコンの就職においては学歴フィルターはあるのでしょうか?ここはカプコンの採用試験の難易度にかかわるので、かなり注目です。ただ、カプコンの就職の倍率が分からないために、正確な予測はできません。問題は採用実績校になります。カプコンの就職の採用実績校を見れば、ある程度予測ができると思うのです。カプコンの就職の採用実績校を見ると、いろいろな大学名が並んでいますけど、全体的には大学のランクはあまり関係なさそうです。実際、あまり聞いたことがない大学名もあれば、専門学校からも採用されているようなので、そういったところを踏まえると、カプコンの就職では学歴フィルターはないと思うのです。学歴や大学名にそこまでこだわっている感じがないので、出身大学によって有利、不利が分かれることはあまりないのではないでしょうか?全くないとは言えないですけど、カプコンの就職では学歴や大学名が合否に大きな影響を与えるとはあまり思えないのです。

 

カプコンの就職で学歴や大学名が関係あるとしたら、過去の採用実績から言って多く採用経験がある出身大学や専門学校は多少有利になるかもしれないということでしょう。それもそこまで大きく関係するとは思えませんが。カプコンの採用試験の難易度は高いと思うので、しっかりと志望動機や自己PRなどは考えておきましょう。カプコンの就職の倍率はある程度は高いと思いますから、その中でいかに自分の熱意を伝えるか?ということを考えていきましょう。そして、カプコンの就職の評判に関しても知っておくべきです。カプコンに就職したい人は会社での仕事について事前に調べておきましょう。カプコンの仕事は激務なのか?とか、そういったことは特に気になると思いますから、会社の実態について、カプコンの社員の口コミから確認しておいてほしいと思います。

 

カプコンの就職の評判はどうなっている?

カプコンの就職の評判としてはまずは平均年収に関して調べておくと良いと思います。カプコンの平均年収はおよそ550万円くらいとなっているようです。それなりの金額はあるので、この点はそこまで評判は悪くないです。カプコンに就職したいと思っている人はまずはそこについて把握しておいてほしいです。では、カプコンの仕事に関する口コミをチェックしていきますが、労働時間の1日の平均は9~10時間となっています。実際は、1日当たり2時間前後の残業があるらしく、激務まではいかないかもしれないが、仕事が楽という状況ではないようです。ただ、カプコンの場合忙しいのは開発部門と言われています。逆に開発部門以外は残業自体がほとんどないみたいで、19時くらいには誰もいないという状況みたいです。だから、ゲーム関係の会社はしょうがないかもしれませんが、開発部門に関してはカプコンの仕事は激務か?どうかは別としても、相対的な忙しさはあるというのは理解しておきましょう。ただ、残業は必要があればすることはありますが、社内の雰囲気として早く帰ることができない雰囲気ではないようです。

 

だから、残業している人はいるが、仕事が終わったらさっさと帰ることができる雰囲気なので、そこはカプコンの就職の評判としては大きいでしょう。そして、有給休暇に関しても取りやすいとなっているので、職場の雰囲気はかなり良好と言えるのではないか?と思います。そして、残業代に関してもちゃんと支払われるので、その点は安心です。全体的には開発部門がやや激務ということはあるものの、それ以外の部門は忙しいわけではなさそうです。また、職場の雰囲気もかなり良くて、働きやすいのではないか?と思います。カプコンに就職したいと思っている人はこういった会社の実態を理解しておくと良いと思います。カプコンの就職の評判を理解して、そのうえで受験をしていきましょう。カプコンの就職における難易度は高いと思います。倍率もそれなりにあると言えるので、しっかりと対策をして受けていきましょう。カプコンの企業研究は特に時間をかけて丁寧にやるようにしてほしいです。

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事