特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

大阪経済、大阪工業、佛教大学は学歴フィルターの影響を受ける?関係ない?

就活をするときには学歴フィルターという存在が気になると思いますが、学歴フィルターに関しては多くの大学生が自分の大学はどうなのか?と心配なのではないか?と思います。明らかに大丈夫だろうと思える人は少ないでしょうし、例えば関西で言えば、私立大学の中だと関関同立は大丈夫じゃないか?と思う人は多くいそうですけど、産近甲龍あたりになると微妙かもしれないと思う人が増えると思います。そして、産近甲龍に近い存在として大阪経済大学大阪工業大学佛教大学があります。この3つの大学は産近甲龍のレベルに達していないかもしれませんが、関西では名門の大学です。したがって、企業からの評価も高い傾向にある可能性はありますけど、学歴フィルターに関係するのか?という点はかなり気になるでしょう。大阪経済大学大阪工業大学佛教大学が学歴フィルターの基準を超えているのか?という点について、分析をしていきます。

 

・大阪経済、大阪工業、佛教大学は学歴フィルターの影響がある?

大阪経済大学大阪工業大学佛教大学の3つの大学は偏差値が全く同じという感じではないものの、近い部分はあると思います。産近甲龍に関してもアバウトな感じで同じくらいの大学をまとめていますから。それと同様でしょう。そして、肝心なのは大阪経済大学大阪工業大学佛教大学が学歴フィルターの影響を受けるか?ということですけど、産近甲龍が学歴フィルターの影響を受けるか?に関して考えてみましょう。産近甲龍に関しては、関東で言えば日東駒専にあたるランクであり、学歴フィルターのボリュームゾーンであると言われています。MARCHや関関同立以上の学生であれば、学歴フィルターの影響はほぼ受けないとされていて、日東駒専産近甲龍の学生の場合には、MARCHや関関同立の学生と比べたら影響は大きいけど、それでも影響を受ける機会はかなり少ないとされています。つまり、日東駒専産近甲龍以上のあれば、概ね学歴フィルターの影響は受けづらいと言われているのです。つまり、産近甲龍のランクであれば、学歴フィルターの影響はかなり受けづらいということです。

 

会社ごとにどういった形でやっているのか?という部分が異なる可能性があるので、一概には言えませんけど、学歴フィルターに関しては日東駒専産近甲龍以上であれば、影響を受ける度合いはかなり少ないと思います。そして、問題なのは大阪経済大学大阪工業大学佛教大学の3つの大学です。一般的な認識で言えば、これら3つの大学は産近甲龍に近い印象はあるが、同列ではないという感じだと思います。ただ、関西でも有名な摂神追桃のランクよりは上なんじゃないか?と思います。学部によって上下はあると思いますけど。あと、人事の認識で言うと産近甲龍に匹敵するというケースがありえます。MARCHと学習院大学が同じくらいという認識に近いです。つまり、厳密に言えば、大阪経済大学大阪工業大学佛教大学産近甲龍と同列じゃないかもしれないが、ほぼ同じという扱いになるため、産近甲龍と同じ学歴フィルターの影響の度合いになる可能性があるということです。この3つの大学は産近甲龍とは別に外外経工沸という括りがあるので、この3つの大学は同じような扱いになる可能性は大いにあります。

 

・大阪経済、大阪工業、佛教大学は学歴フィルターの影響を受けづらいと言える

産近甲龍に近い大学ではあるが、産近甲龍とは別枠になってしまうため、人事によっては同じ扱いにはしない可能性もありますが、関西で就活をする場合には、学歴フィルターの対象にはなりづらいと思います。関東で言えば、早慶上智があって、MARCHがあって、成成明学などがあって、さらに日東駒専です。この状況で日東駒専が学歴フィルターの影響が少ないと言われているならば、関西だと関関同立の次に産近甲龍なので、関東と同じように比較をするならば、学歴フィルターの影響を受けない範囲を広くしても良いということになります。つまり、関東では日東駒専の下のランクである大東亜帝国が影響を受けるとしても、関西では同じランクとされている摂神追桃は影響を受けない可能性もあるということです。これは推測に過ぎませんが、したがって、大阪経済大学大阪工業大学佛教大学は学歴フィルターの影響を受けない可能性は大いにあるということです。確実なことは言えませんが、そういった可能性も考えられると思います。ただ、学歴フィルターの基準というか、影響の程度というのは結局は会社の人気にもよります。倍率によって、そもそも学歴フィルターの必要性が高まるのですが、基準をどこにするか?というのは会社ごとにも異なるでしょう。だから、会社によって違うということも言えるので、一概に言えるわけではないのです。

 

それに学歴フィルターは本当に一部の企業ですからね。基本的には大企業が使っている手法で、大企業自体が全部の企業の中でも数%とかでかなり少ないですし、大企業の全部が学歴フィルターを実施しているわけではありません。大企業の中の一部なので、現実的には学歴フィルターをやっている企業に遭遇する確率はかなり低いと思います。したがって、大企業だけを受けるとかしない限りは、学歴フィルターのある企業に遭遇すること自体が稀とも言えるでしょう。だから、学歴フィルターに全く遭遇しないで就活を終える人も結構いると思います。大阪経済大学大阪工業大学佛教大学は学歴フィルターの影響を受けるか?ということに関しては、可能性としてはないわけではないものの、その確率は低いと思います。学歴フィルターに遭遇すること自体が確率的に低いですが、学歴フィルターをやっている企業の中で大阪経済大学大阪工業大学佛教大学が影響を大きく受ける確率も低いのではないか?と予測します。ただ、関東の企業を受ける場合はまた違います。あくまでも関西の企業を受けるときの話であり、関東の企業を受けるときには、評価が変わると思います。日東駒専よりも下の評価になると思うので、そこは知っておくと良いと思います。しかし、就職で不利の扱いを受けるケースはそうはない大学と言えると思います。

 

・就活で内定を取るために知っておきたいナビサイト!

就活をする際に使うナビサイトについてはいろいろなものがありますけど、多くの学生は有名どころを使っていると思います。しかし、知名度がないものの中にもおすすめのところがあるので知っておきましょう。例えば、「キミスカ 」はというナビサイトはメリットが特に大きいのです。このキミスカは学生が自分で起業を検索して気に入ったところにエントリーを送るという従来の形ではなく、キミスカで採用活動をする会社が、キミスカに登録している学生を検索して、プロフィールを見て気に入った人にスカウトを送るというう流れになります。そして、この特殊な形態のキミスカはある大きなメリットを生んでいると言えるのです。普通ならば学生は自分が気に入った企業にエントリーし、そこを受けていきますが、企業側が自分を気に入るか?は分かりません。通常は多くの就活生は自分が受けた企業の多くから不採用を受けるので、それは結果的に自分に関心を持ってもらえなかった、必要と思ってもらえなかった企業をたくさん受けてしまったことになるのです。でも、キミスカは企業からのスカウトがスタートになるので、スカウトが着たということは自分のことを少なからず必要だと、関心の高い人材だと思ってくれたということになり、その企業を受けることで内定が少しでも取りやすい企業を受けることができます。

 

こういったところがキミスカのメリットと言えるでしょう。さらに知っておくべきこととしては、キミスカではスカウトを受け取った企業を受けると、一次選考や二次選考をパスして選考に挑めるケースもあります。このときには途中から参戦なので、内定に近づいた段階から受けられるために、非常に優位な状況を作ることができ、内定を取れる確率が上がります。こういったところがキミスカを利用するメリットになりますけど、キミスカは今まで使っていたナビサイトがあればそれも使いながら利用することができるので、併用が可能というのはかなりの魅力です。そして、多くの就活生はこのキミスカを知りませんから、他のライバルに差をつけたい人にとってはかなり重要な存在になるのです。キミスカはスカウトが絶対に来るとは言えないものの、プロフィールページを充実させるなどすることで、その確率を上げることはできます。無料の会員登録をすれば利用できますから、良かったら参考にしてみてください。

ベストマッチな企業との出会いがある就活は新しいフィールドへ【キミスカ】

 

内定勝者 私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2020 エントリーシート編

 

 

 

あわせて読みたい記事