特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

つくば市の公務員試験の難易度や倍率は?筆記のボーダーラインは何割か?

茨城県つくば市というのは、県庁所在地ではないものの、茨城県内ではそれなりの規模の自治体ということが言えます。そのつくば市の公務員試験の難易度はどうなっているのでしょうか?つくば市の公務員試験の難易度に関しては、過去の実施結果を見ることである程度は把握できると思いますけど、つくば市の公務員試験の難易度については、ちょっと分かりづらい部分もあります。それは実施結果における受験者の数が分からないということです。したがって、つくば市の公務員試験の倍率についてはちょっと正確性に欠ける部分もあるということなのです。つくば市の公務員試験の難易度については、そういった面も考慮しておいてほしいですけど、つくば市の公務員試験の倍率はそこそこ高そうです。一次試験の日程が7月みたいなので、地方上級ではないみたいです。7月ということは市役所B日程になるのでしょうか?地元出身の人が多く受けるのかな?と思います。つくば市の公務員試験の倍率について紹介していくと、過去の実施結果を見ると、全体の倍率はおよそ15倍くらいだと思います。これは大卒程度の事務職のケースになります。

 

受験者の数が載っていないので、申込者から推測するしかありませんが、恐らくそれくらいではないか?と思います。つくば市の一次試験の倍率は2倍強くらいです。平成29年度の実施結果では、申込者が約700人で、一次試験の合格者が244人です。受験者が600人くらいと仮定すると、これくらいになります。受験する人はもう少し多いかもしれませんが、それでも3倍くらいでしょう。つくば市の公務員試験の筆記試験の倍率は高くても3倍くらいかな?そうなると、普通くらいです。つくば市の公務員試験の倍率はそういった感じになっているのですが、筆記試験に関しては普通といった倍率なので知っておきましょう。そして、二次試験の倍率については5倍くらいかな?って感じです。つくば市では二次試験と三次試験があるようなのですが、一次試験合格者が244人で、最終合格者が44人となっています。そうなると、一次試験の合格者と二次試験の合格者が全員受けているわけじゃないということを踏まえると、5倍いくか?どうかくらいかな?という感じです。これも推測なので、正確ではないと思います。こう見ると、つくば市の公務員試験は人物重視という感じがします。面接試験などの対策が特に重要なのでしょう。つくば市の公務員試験の難易度は筆記はともかくとしても、面接が難しいと思います。

 

つくば市の公務員試験の倍率について書いてきましたが、筆記試験の倍率から察するに、一次試験のボーダーラインは高くはないと思います。つくば市の公務員試験の筆記のボーダーラインは教養のみのようなので、それも考慮しないといけません。大卒程度の事務職の筆記試験は教養のみみたいですが、最新の受験案内は自分でも見ておいてほしいです。過去のものと変更になっている可能性がありますから。教養のみが継続されているとすると、意外と点数とりづらいので、ボーダーラインは低いかもしれません。つくば市の公務員試験の筆記のボーダーラインは5割以上6割未満って感じでしょうか?倍率が2~3倍くらいで、教養のみとなると6割もいらないのではないでしょうか?教養試験のみ結構点数とりづらいので、あまり点数伸びない気がするのです。したがって、5割以上あれば可能性はありますし、5割後半いけば十分に一次試験に通過できる可能性があると思います。つくば市の一次試験の倍率からすると、それくらいかな?と思うのです。つくば市の公務員試験の面接の倍率は高いので、二次試験以降の対策は相当必要でしょうけど。つくば市の筆記対策は教養試験を頑張っていきましょう。しかし、二次試験で論文があるようなので、それの対策も必要でしょう。筆記対策も重要ですが、面接対策もやっていかないといけないので、人物重視だと思われるつくば市の公務員試験の難易度は高いです。

 

つくば市の公務員試験の筆記対策がまず重要なので、筆記試験に通るためには過去問をやることが大切になります。つくば市の公務員試験の過去問は以下のものがおすすめです。市役所試験のレベルになると思いますから、教養試験のみだとしても過去問はしっかりとやっていきましょう。そして、過去問をやって、特にできないところや苦手な分野を分析して、残りの時間でそこを重点的にやっていくということをしていくと良いと思います。すると、本番での点数が上がりやすくなると思うのです。したがって、筆記試験のギリギリではなく、少し余裕を持った時期に過去問に取り組めるように買っておくと良いと思います。実際に解いて、そこから弱点を補強する時間が必要ですから。本番の試験のレベルもこれで確認がしやすいと思います。そして、もう1冊リンクで載せているのは高卒や短大卒のつくば市などの公務員試験の対策本です。大卒でこのシリーズが見つからないのですが、つくば市などの特定の自治体に特化した内容となっているので、教養試験、論文試験、面接試験などでつくば市の傾向やレベルを確認するときに有効になる可能性がありますし、面接対策をするときにも使える一冊になる可能性があります。他の受験生が知らない情報が載っている可能性もあるので、つくば市などに特化した公務員試験の対策本ということで、他のライバルに差をつけるチャンスにもなるかもしれないです。大卒程度の公務員試験でも役に立つ可能性があるので、良かったら知っておいてほしいと思います。

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2019年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2019年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事