特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

前橋市の公務員試験の難易度や倍率と筆記試験のボーダーラインは何割?

前橋市の公務員試験の難易度はどうなっているのでしょうか?前橋市の公務員になりたい人はどれくらいの難易度なのか?を知っておかないといけないのですが、過去の実施結果からそこを確認しておきましょう。前橋市の公務員試験の難易度について確認するときには、そういったものを見ておくと良いのです。前橋市の公務員試験の倍率についても分かりますし、こういったところはしっかりと確認をしておきましょう。平成29年度の前橋市の公務員試験の実施結果を見ると、全体の倍率は10倍程度です。前橋市の公務員試験では大卒程度の事務職は事務Ⅰと事務Ⅱがあるのです。この2つの違いは何か?というと、恐らく選考方法も異なっていると思いますけど、何よりも募集人数が違います。事務Ⅰは50人前後で、事務Ⅱは10人前後となっています。つまり、チャンスが大きいのは事務Ⅰになるのです。倍率に関しても事務Ⅰの方が低いので、前橋市の公務員試験の難易度を考慮すると、事務Ⅰを受けるのが良いのかな?と思います。前橋市の公務員試験の倍率については事務Ⅰが10倍程度、事務Ⅱが15倍弱くらいといった感じです。しかし、この数字は毎年変わる可能性があるので、知っておきましょう。前橋市の公務員試験の難易度に関しては事務Ⅰと事務Ⅱでは違います。そこをまず頭に入れておいてほしいのです。

 

そして、ここでは多くの人が受ける事務Ⅰについて話していきます。前橋市の公務員試験の倍率に関しては、事務Ⅰは10倍前後となっているので、この数字についてはそんなに高くはありませんが、難易度としてはそれなりにあるでしょう。問題は筆記試験と面接試験の倍率がどれだけあるか?ということです。前橋市の公務員試験の倍率に関してはそれぞれ別に見ていった方が良いと思います。前橋市の公務員試験の筆記の倍率に関しては2倍くらいなので、これは低いでしょう。前橋市の公務員試験の筆記の倍率に関しては平均より低いと思うので、これは一次試験のボーダーラインにも影響すると言えます。前橋市の公務員試験の筆記のボーダーラインはどれくらいか?と言えば、倍率が2倍程度だとすると、そこまでの高いボーダーラインは予想できません。前橋市の公務員試験は問題は難しいと思います。しっかりと勉強をしないと解けないレベルだと思うので、それも筆記のボーダーラインが上がりづらい理由になるかもしれません。現実て問題としては2人に1人は通るので、前橋市の公務員試験の筆記のボーダーラインは6割は必要ないと思います。これは正確な予測ではありませんが、前橋市の公務員試験では地方上級の問題が使われると思うので、前橋市の公務員試験の一次試験のボーダーラインは5割以上6割未満ということになります。

 

問題のレベルは高いでしょうし、受験者に関しても地方上級を受けに来るのはそれなりに勉強をきちんとしてきている人たちなので、頭は良いはずです。だから、ある程度点数をとれる人が多くいるはずなのです。そう考えると、前橋市の公務員試験の筆記のボーダーラインは高すぎず、低すぎずという感じで、5割台の中盤をとれれば通過する可能性は十分あるでしょう。5割そこそこでも受かる可能性はあります。公務員試験の問題って、そのときによって難易度がちょっと変わることもありますから。だから、どうしても平均点とかも変わることがあるので、前橋市の公務員試験の一次試験のボーダーラインも変化が生まれる可能性があるのです。前橋市の公務員試験の筆記試験の倍率からすると、こんな感じではないか?と思いますけど、やはり1点でも多くとれるように頑張ってほしいと思います。では、前橋市の公務員試験の面接の倍率はどうなっているのでしょうか?前橋市の公務員試験の二次試験の倍率は5倍以上あります。筆記試験の倍率が低かったので当然ですが、前橋市の公務員試験は人物重視ということが言えそうです。というか、前橋市の公務員試験は二次試験、三次試験まであるので、意外と道のりは長いです。この2つの試験を合わせて、倍率が5倍なので、前橋市の公務員試験の面接の倍率はかなり高いです。ここは前橋市の公務員試験の難易度の高さを象徴していると言えるのではないか?と思います。

 

前橋市の公務員試験の面接の倍率が高いというのは結構重要です。ただ、前橋市の公務員試験では筆記試験の内容がちょっと特殊なのです。地方上級なのかな?と思ったのですが、そうじゃない可能性もあります。日程的には地方上級に近い時期に一次試験をやるのですが、一次試験の内容は教養試験が2種類あって、それに加えて適性検査があります。これは前橋市の公務員試験の大卒程度の事務Ⅰの試験です。2種類ある教養試験というのは、1つは通常の教養試験で、もう1つは時事問題の筆記試験みたいな感じです。つまり、教養論文ということになるのかもしれません。この辺はちょっと分からない部分もあるものの、前橋市の公務員試験の特徴として知っておきましょう。そして、二次試験と三次試験は面接となっているので、二次試験以降は人物試験になります。ここからが難しくなりそうです。前橋市の公務員試験の難易度としても高いと思われますし、前橋市の公務員試験の配点が気になりますけど、筆記よりは面接の配点の方が高いのではないでしょうか?そういった配点に関しても、前橋市の公務員試験を受ける人は調べておくと良いと思います。受験案内に載っているかもしれませんから。

 

前橋市の公務員試験を受ける人は筆記対策が必要です。問題のレベルは正確には分からないものの、地方上級くらいの難易度がある可能性もありますから、教養試験のみで良いみたいですけど、対策をしていきましょう。あと、論文の対策も必要です。そういった筆記対策をして本番に臨んでいってほしいと思います。過去問と論文の対策本は以下のものがおすすめです。過去問で対策をして、本番までに知識をつけて、慣れておくと本番でも高いパフォーマンスが発揮できる可能性がありますから。前橋市の公務員試験に受かるにはそういったことをしていかないといけないのです。前橋市の公務員試験の難易度は高いですから、筆記対策で過去問や論文の勉強をしっかりやっていって、本番で高得点がとれるようにしていきましょう。

 

 

地方上級 教養試験 過去問500 2019年度 [大卒用] (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2019年度 [大卒用] (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 

 

あわせて読みたい記事