読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

調布市の公務員試験の難易度は面接の倍率が高すぎる!人物重視、面接重視で難しいか?

東京都調布市の公務員試験は難易度が相当高く感じます。調布市の採用予定者数はそこまで多くないですけど、都内ということもあるのか?受験者数が結構多いので、倍率が相当高くなっています。また、調布市の公務員試験は男女別の合格者数を発表しているのですが、それを見ると、ん?という感じがします。よくあるケースかもしれませんけど、男女で二次試験以降の倍率が極端に違うということですね。とはいっても、それは毎年続いているわけではないですけどね。ここ数年で気になるのは平成28年くらいですかね?平成28年度に実施の調布市の公務員試験は一次試験は186人が受験して57人が合格しており、一次試験の倍率は3倍強くらいなので、そんなに高いという数字ではないです。調布市の場合には筆記試験は足きりに近い感覚かもしれないです。調布市は年度によって違いますけど、三次試験か四次試験までやるみたいなので、まだまだここから長いのです。そして、二次試験は51人が受験して15人が合格ですから、また3倍強ですね。

 

調布市は二次試験以降が人物試験になると思いますが、調布市の面接の倍率が3倍越えていたらこれはまさしく人物重視ですけど、難易度もやっぱり高いと思います。そして、三次試験は14人が受験して9人が合格なので、ここは普通ですね。調布市の平成28年度に実施の試験は三次試験で終わりですが、年によっては四次試験までやっているときもあるので、本当に大変な試験になると思います。調布市の公務員試験では、二次試験の倍率が特に高いと言えるでしょう。この年は3倍以上あるわけですから、これが人物試験となれば、かなりの調布市の難易度になると思います。調布市の面接の倍率は、二次試験以降となれば、5倍くらいあるわけですよね。非常に高いです。調布市の公務員試験の難易度はこの時点でとても高い印象です。調布市の公務員試験の上級職の事務職の倍率は全体だと20倍近くあるわけですから、かなり難しいです。普通にも思えるのは、調布市の場合には筆記試験の倍率くらいで、こちらは3倍強ですから、標準に見えます。調布市の筆記試験のボーダーや最低合格点はそこまで高くないと思われます。調布市の筆記のボーダーや最低合格点を完全に予想するのは難しいですけど。しかし、調布市の二次試験以降の倍率はすでに話した通りで、非常に高いです。

 

調布市は人物重視の気配がかなりあると思いますから、面接に重点を置いて対策をしていく必要があるでしょうか。もちろん、筆記もそれなりに勉強をしていかないといけませんけど。そして、調布市の筆記試験対策ですが、一次試験からかなりボリュームのある試験内容となっています。調布市の公務員試験の一次試験の内容は教養試験、事務能力診断検査、適性検査、論文試験となっており、非常に多いです。論文は論作文となっており、文字数は800字とやや少ないです。そして、二次試験以降の試験内容はあまり詳しく書かれていないのですが、調布市の受験案内は1度見ておいてほしいと思います。特に最新のものを必ずです。二次試験は面接を中心とした人物試験になるでしょうか。集団面接、個人面接、集団討論などが予想されます。調布市の公務員試験は面接重視の感じがします。それはすでに話したとおり、調布市の公務員試験は面接の倍率がとても高いと思われるからです。調布市の筆記試験の倍率と比べると、面接の倍率の方が高いというのは面接重視の表れでしょう。調布市の筆記と面接などの配点が分かれば良いんですけどね。ちなみに論作文は三次試験、適性検査は二次試験で使われるみたいです。これれは全て上級の事務職の概要です。調布市の職員採用試験の難易度や倍率は割と高いので、そのあたりを理解して受験していきましょう。

 

 調布市の公務員試験はすでに示した通り、人物重視の側面が大きいと思いますけど、その事務職の上級の調布市の公務員試験に合格するにはどう考えても面接をなんとかしないといけません。公務員試験の面接対策をするうえで1つオススメな本が以下のものです。こちらは公務員試験の面接で聞かれる質問を集めた本になりますが、1つ特徴的なのは載っている質問例の数の多さです。本書は公務員試験の面接でまず聞かれる可能性も高い、頻出の質問から、聞かれる可能性の低いであろうマイナーな質問まで網羅しています。多くの本は質問例が載っているとしても、10から20くらいの数です。しかも、ある程度頻出だろうと言える、聞かれる可能性も高いものに限られていると思います。しかし、そういった聞かれる可能性の高いもの意外も質問される可能性は十分ありますし、そういった事前に対策していない質問は万全の回答ができないですよね。しかし、本書のようなマイナーな質問までちゃんと載っていると、そういう聞かれる可能性は低いが、どこかで聞かれるかもしれない質問の対策ができますから、もし実際に聞かれたら万全の回答ができるでしょう。そして、他がまともに答えられない質問をビシっ!と決められたら、それは他の受験生と差がつくことになり、面接の合格に一歩近づけるかもしれないのです。本書は68個もの予想質問が載っており、調布市を含めてどの公務員試験の面接にも対応できると思います。

 

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2017年度

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2017年度

 

 

あわせて読みたい記事