特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

就活の一次面接に通らない、受からない、落ちる人の特徴と通過率を上げる方法は?

就活では面接が選考の中心なので、面接が苦手だと内定を貰うのは難しいのですが、面接は複数回行われるのが通例で、その一次面接に通らないという人は結構います。一次面接に通らないと、次の面接に行けないので、内定が一生出ないという感覚になるかもしれません。今後ずっと面接が続くはずなのに、その1回目に通らないというのはきついと言えるからです。しかし、一次面接とはいっても、結構難しいものがあります。就活の一次面接の通過率はどれくらいなのか?と言えば、それは何とも言えません。企業によって違うでしょうから。でも、一次面接が特に難しいという意見もありますし、意外と就活は一次面接の難易度が高いのです。逆に一次面接に通ると、二次面接以降もすいすい受かるというケースも考えられます。では、就活の一次面接に落ちる理由とはどんなものが考えられるでしょうか?1つ大きいのはその人の雰囲気です。会社はいろいろな部分を面接でチェックしますけど、1つ大きいのはその人の見た目や喋り方の雰囲気です。その雰囲気が自社に合っているか?という点が重要になります。そこはどの会社も見ていると思いますけど、雰囲気に合っていると思われれば、一次面接の通過率は上がります。そして、一次面接に通ってしまえば、会社の雰囲気に合っている人がその後の面接を受けるので、二次面接以降の通過率も高いと言える可能性があるのです。

 

したがって、就活の一次面接は会社の雰囲気に合っているか?という人事の判断が入るため、そこで合わないと判断されたら受からないので、ある種の足きりみたいな状況になるわけです。就活の一次面接に通らない原因はいろいろとあるとは思いますけど、1つの原因としてはこういったところが考えられるのです。就活の一次面接に受からない人はこういう部分が原因になっているということも知っておいてほしいと思います。だから、一次面接っていうのは就活の序盤になるので、落ちる人は間違いなく多いわけですよ。選考が進むにつれて、人数がどんどん厳選されていく過程では、落ちる人はどんどん少なくなっていくと思います。一次選考といって良いか?は分からないが、学歴フィルターではごそって一気に大量の学生が落ちることになるケースもあり、それは企業が捌ける人数になるまで強制的に就活生の数を減らすということにもなります。だから、就活の序盤になればなるほど、落ちる人の人数は多くなります。割合としてはケースバイケースなのですが、割合に関しても序盤の方が高いんじゃないか?と思います。したがって、そういったところに就活での一次面接の通過率が悪いという人が出てくる原因があると言えます。学歴フィルターだって、大学名は変えられないわけですから、学歴フィルターがある企業を受けると、特定のランクの大学の学生は落ち続けるというケースもありえるわけです。だから、就活の一次面接に通らないケースが多いと感じる人はそういった部分が理由になっている可能性があるということなのです。

 

特定の属性というか、要素を持っている就活生はそれが理由で一次面接に通らないことがある。それが先ほど言ったような会社の雰囲気に合っているか?の判断なのでしょう。漠然としたいい方になりますが、一次面接に受からない人の原因はそういったところにあると言えると思います。とはいっても、会社の雰囲気に合っているか?というのは、会社によってそこまで差があるというわけではないと思います。だいたい基準のようなものはあるけれども、会社によって共通点が多いと思うので、難しくは考えない方が良いと思うのです。要するに雰囲気というのは喋り方の部分で判断されているところが大きい気がします。見た目から伝わってくる雰囲気や表情などの面もあるとは思いますが、面接で1番印象に残りやすいのは喋り方だと思うのです。ある番組に出ていた就活生3人がいて、私がその番組を見たときに、喋り方に特徴があったのです。はきはき喋る人と声が小さくて弱弱しい感じの人がいて、後者の人は内定取るのに苦労しそうだなと感じたのです。就活の一次面接に落ちる人はそういった特徴がまずある気がしますし、そういう人は二次面接に進めれば問題ないかもしれませんが、その後の面接の通過率を上げるには、やはり喋り方で有能っぽい感じをいかにアピールできるか?っていうのが重要だと思うのです。喋り方で仕事ができる、できないを判断するのが正しいか?どうかは別問題としてありますが、そういう判断をする人事はいると思いますから、ある種の脳内足きりに遭わないために、喋り方でこの人はダメだと思われないために面接の受け方を練習をしないといけないと思います。

 

就活の一次面接に通らない人が全部こういった原因で落ちているとは言えませんが、一次面接の通過率にはある程度はかかわっている部分だと思います。仮に一次面接に通っても、それ以降の面接でも喋り方でこいつはできる!と思われた方が通過率は上がります。一次面接に落ちる人と通る人というのは結構差があるという判断になると思うのです。そうなると、二次面接以降に進んだ人は差はそこまでないため、人事のフィーリングとか、好みで決まりやすくなるため、通過率は上がると思います。ある企業で落ちても、別の企業を受ければ受かるということがあると思うのですが、一次面接に落ちると、別の企業でも落ちることがよくある気がします。それは受かっている人と落ちている人に差があると人事から見られていることが理由になっていると思うので、そういう面接の足きりに遭わないために喋り方は特に考えていってほしいのです。特に意識すべきはある程度の声のボリュームを保ちつつ、張りを感じる声を出すことです。そして、もう1つ重要なのは早口すぎず、ゆっくり過ぎないスピードで、適度に区切りながら、抑揚をつけて話すということになります。このあたりを練習していくと、就活の一次面接に落ちる人も挽回できる可能性があります。就活の一次面接の通過率の平均は分からないですが、あまり高くないと思います。でも、一次面接に受からない人は原因が割と見つけやすいと思うので、対策は立てやすいと思います。就活の一次面接に通らない人はこういったところを特に見直してみると良いのではないでしょうか?就活は内定を取るのは難しいのですが、ポイントを抑えれば内定を取れる確率は上がると言えます。

 

内定を取りたい学生におすすめなのは以下の本になります。本書は就職活動で内定を取るにあたって考えるべき戦略、特に付け焼刃ではない実際にどの企業を受けるときにも生かせる力を身に付けるために必要な情報が載っているので、就活をトータルで考えて内定を取るための方法を知ることができます。かなり情報量が多く、ためになることが多く載っているのですが、企業が実際どんな学生を欲しがっているのか?のポイントを紹介している部分やこんな学生はいらないということについて人事の話が載っている部分はかなり必見だと思います。まさに人事の立場に立ったときに、どういう学生が内定を手にできるのか?が丸わかりの情報が載っているので、内定を取るために何が必要なのか?を逆算して把握して、あとはそのための対策をとるだけで内定を取れる確率が上がると思いますから。他にも就活生が知っておくべき就職活動を有利に進めるための方法論や知識などが多く掲載されていますし、Amazonのレビューを見ても評価は高いので、かなり役立つ内容ではないか?と思います。就活で本気で内定を取りたい人にとってはおすすめの一冊だと思うので、良かったら参考にしてみてください。

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事

P&Gに就職するには難易度や倍率は高い?評判や口コミは激務で忙しいわけではない?

P&Gは女性に人気のメーカーというイメージもありますが、ここに就職をするにはかなりの難易度と言えます。P&Gに就職するには高い倍率を突破しないといけません。大企業なので、就職の倍率はかなり高いですけど、P&Gの就職の難易度は高いので、そこはまず理解しておかないといけないのです。P&Gの就職の倍率はざっと見積もって100倍以上はあると思われます。正確な数字が分かりませんが、就活生にとっては間違いなく人気の企業なので、P&Gの就職の倍率は高いのです。倍率が高いだけでも難易度が高いということが言えると思いますけど、P&Gの評判はどうなっているのでしょうか?P&Gに就職するには評判の良さについても理解しておいた方が良いと思いますから、P&Gで働いている人がどういう毎日を過ごしているのか?については理解しておきましょう。P&Gの評判で気になるのは例えば離職率でしょう。離職率に関しては、働いている人の満足度合いがある程度把握できるのではないでしょうか?P&Gの離職率は3%という数字がありますから、離職率としての数字としては低いと言えるのではないか?と思います。したがって、P&Gの就職の評判はそれなりに良いと言える可能性もあります。P&Gに就職する難易度が高い分、評判は良いということも言えるでしょう。社員の満足度合いはそれなりに高いと言えそうです。それ以外のP&Gの働いている人の口コミについても見ていきましょう。

 

P&Gで働いている人の口コミを見ると、会社の実態がよく分かると思います。P&Gの労働時間の平均は1日あたり9~10時間となっているので、標準的な労働時間かな?と思います。問題は残業がどのくらいあるか?ですが、社員の口コミを見ると残業は基本的にはしづらい環境になっているようです。というのも、口コミの中には残業をするときには上司の許可がいるというものがあって、基本的には決められた時間内で仕事を遂行しないといけないとなっているので、残業を極力減らすための風土ができているということです。P&Gの口コミを見るとそういう感じなので、残業は少ないということが言えると思いますし、ここはP&Gの評判としても大きいと言えます。実際は部署とかにもよると思うのですが、会社全体で残業させないための取り組みが感じられるので、そこは評価できると思います。あとは社員教育が充実しているという口コミもあります。P&Gでは評判の良い研修制度がつくられており、それが部署ごとに違っていて、かつ毎年新しいものに進化している、より良いものに作り替えられているという社員の口コミもあるのです。実際、何人かのP&Gの社員の口コミでは転職後に自分が仕事ができるのがよく分かるみたいなことを言っている人がいます。P&Gで培われた能力がいかにすごいものだったか?P&Gにいたときには分からなかったが、他の会社に転職をしてみたら、それがよく分かったというもので、いかに教育が充実しているか?というP&Gの評判として大きいものと言えます。こういった口コミがあると、P&Gの就職の倍率も上がりそうです。人気が出る企業ですよ。こういった口コミを見ていると、P&Gは激務といった感じはしないですね。忙しい雰囲気はあまり伝わってきません。ただ、そういう口コミがあまりないというだけで忙しい部分は絶対にあります。

 

したがって、P&Gに就職するには高い倍率をくぐり抜けないといけないませんけど、内定をもらえても、仕事が激務ではないということではないと思いますから、そこは覚悟しておいた方が良いです。ブラック企業という雰囲気ではないですけど、P&Gで働いていたら忙しいと感じる瞬間は間違いなくあります。ただ、残業を極力抑える風土などがあって、長時間労働という感じはそこまでないかもしれないということです。大企業なので、仕事が楽ということはまずないでしょう。P&Gでも就職したら忙しい瞬間はあるということで、これはどの企業においても今は忙しいときはあるはずなので、そこまで珍しいことではないと思いますけど、いろいろな事業を行っていて、部署も多くあるはずですから、中には激務に感じるときもあると思います。それでもP&Gは平均年収も高いです。だからこそ、P&Gの就職の難易度が高いわけですが。人気となって倍率が高いのは大企業で安定していると思われているだけではなく、給料が良いからというのもあるでしょう。だからこそ、すでに話したように、P&Gは離職率が低いということも言えると思うのですが。それだけ魅力が高いということも言えますが、P&Gの平均年収は850万円となっています。大企業なので驚きはないかもしれませんけど、非常に高い数字になっています。

 

P&Gに就職するには本当に大変ですけど、就職できたらこういった高給にありつけるわけですから、本当に内定が欲しい学生は多いでしょう。P&Gの就職の難易度は間違いなく高いのですが、問題は学歴などが関係あるのか?という点です。P&Gに就職するには選考に進んでいかないといけませんが、学歴フィルターとかがあるとどうにもならない場合があります。P&Gのレベルの会社だと学歴フィルターがあっても不思議ではないですが、別に大企業だから学歴フィルターがあるわけではありません。大学名を気にしている企業が全てではないのです。ただ、どうしても結果的には有名大学からの採用が多いかもしれませんが、それは有名大学の学生の方が大手企業にたくさん応募するからです。有名大学ではない学生は自分の学歴じゃ採用されないと思ってしまい、大手企業を避けて現実的に中小企業を狙う人が増えるので、どうしても結果論として大手企業の採用は有名大学の学生が多くなります。だから、P&Gでは大学名を気にしているか?は分かりませんし、学歴フィルターがあるとは言えないです。P&Gの就職の難易度は高いですが、学歴フィルターがあってもなくても就職するのは相当難しいです。倍率は100倍を超えているとも言われているので、P&Gの就職の倍率は異次元とも言える数字です。そういった中で内定を取るのは難しいですから、学歴フィルターのような真相がわからないものを気にしないでいた方が良い気がします。大企業の中にはそういった仕組みが存在しているところもあるというだけだと思いますから。それに学歴フィルターがあっても、ボーダーはどこからか?は分かりませんからね。

 

P&Gに就職するには実力だけではなくて、いろいろな要素が必要だと思うので、とにかく企業研究をやった方が良いと思います。そして、すでに話したこと以外でも、P&Gの評判については調べてほしいと思います。インターネットでP&Gの評判を調べれば出てくるので、就職活動をしながらP&Gの社員の口コミを調べていくと良いと思います。そういったものを探すことで、P&Gの魅力や大変そうな部分が理解できて良いと思いますから。本当にP&Gは激務じゃないのか?忙しいことはあるのか?とか、やりがいや楽しい部分などもそういった口コミを検索することで見つかると思いますから。そして、P&Gについて調べることで、いろいろな角度から会社についての理解もしやすいと言えると思いますし、企業研究にもなりますから、自分でもP&Gについて調べていった方が良いです。P&Gに就職するには倍率も高いですし、本当に難しいので、P&Gの就職の難易度を超えていくには、できる限りの努力をしていきましょう。企業研究と自分自身の会社への理解を深めるための作業は大きな意味を持ちますから。

 

あわせて読みたい記事

富田林市の公務員試験の難易度は?筆記と面接の倍率は?面接重視の自治体か?

大阪府の富田林市の公務員試験を受けようと考えている人もいると思います。富田林市の公務員試験の大卒程度の事務職について過去の傾向などを紹介していきますが、富田林市の公務員試験の難易度はどうなっているでしょうか?平成28年度の試験結果を見ると、全体の倍率は5倍です。この年は募集人数が12人となっており、ここ数年の中では多い方だと思います。その年によって富田林市の公務員試験の募集人数は異なりますが、大卒程度の事務職の場合には5~10数人の間が毎年の募集人数になっていると思います。富田林市では公務員試験の採用予定者数が毎年変わるので、その年の採用予定者数をちゃんとチェックしておかないといけません。富田林市の公務員試験の難易度はその年の募集人数によっても変わりますから、倍率と同じくチェックしておいてほしいです。富田林市の平成28年度の試験結果では、倍率は5倍程度になっていますから、これは低い方だと思います。99人が申し込んで20人が合格しているという状況になっていますが、受験者数がもっと少ない可能性もあるので、実際の倍率はもっと低い可能性があるのです。そうなると、富田林市の公務員試験の難易度はそんなに高くないと言える可能性もあります。募集人数は多くないですけど、申込者もそんなに多くないので、過去数年を見る限りでは、富田林市の公務員試験の難易度は普通くらいと言えると思います。

 

富田林市の公務員試験の過去の倍率を見てみると、だいたい5~6倍強くらいなので、年度によってそこまで難易度は変わりません。だから、恐らく今後もそこまで倍率は上がらないのではないでしょうか?ただ、筆記試験と面接試験などの過程が載っていないのです。全体の倍率は載っていますけど、富田林市の公務員試験の筆記試験の倍率と面接試験の倍率が載っていないので、それぞれの倍率が分からないのです。そこがちょっと困ります。富田林市に受かるには筆記試験と面接試験の倍率が分からないというのはちょっと厳しいかもしれませんが、富田林市の公務員試験の全体の倍率が5倍くらいなので、筆記試験も面接試験もそこまで倍率が高いとは思えません。ただ、富田林市の場合にはちょっと特殊で、一次試験から面接があります。受験案内を見ておいてほしいのですが、事務職上級は一次試験が総合適性検査と専門試験と面接試験になっているので、筆記試験もありますが、面接試験もいきなりあるようなのです。そして、二次試験以降では集団討論、小論文、面接試験があるようです。富田林市の公務員試験は一次試験から面接があるというのが特徴的ですが、二次試験以降でも面接がありますし、集団討論や小論文があるようなので、その対策も大変です。富田林市の公務員試験の受験案内は必ず自分でも最新のものをチェックしておいてください。今後、変更になることもありますから。

 

富田林市の公務員試験の難易度は倍率を見る限りでは高くはないです。ただ、筆記試験と面接試験の倍率が分からないので、面接重視なのか?筆記重視なのか?その中間なのか?といったところが分かりません。ただ、富田林市の受験案内を見ると、面接の回数がそこそこあるようなので、面接の倍率は高くないかもしれませんが、面接重視の自治体と言える可能性もあるのです。富田林市に受かるには筆記試験をクリアしないといけませんが、やはり大切なのは面接試験ということになります。富田林市は面接重視の自治体である可能性が高いと思うので、筆記試験の対策はもちろん重要です。でも、一次試験で面接がある可能性があるわけですから、筆記試験の対策をしながら、面接試験の対策もしないと、一次試験を突破できない可能性があるのです。富田林市の公務員試験の難易度はそういう意味では高いです。対策の仕方が難しいですから。富田林市の公務員試験に受かるには面接重視の試験をいかにクリアするか?ということが重要なので、面接の倍率は分かりませんが、早めに面接対策をしていってほしいと思います。基本的には市販の公務員試験用の面接対策本を使うのが良いと思います。他の試験種も受ける人はそういったところの筆記対策、面接試験の対策があって大変だとは思いますけど、富田林市の公務員試験に受かるには早めの面接対策が必須だと思うので、そういったところはちゃんと考えてやっていきましょう。

 

富田林市の公務員試験の面接対策、その他の試験種の面接対策をするときには以下の本がおススメと言えます。こちらは公務員試験の面接対策においては最もおすすめと言える本で、私もかなり評価しています。こちらは公務員試験の事務職、行政職の大卒程度の試験種に関しては全て対応できて、公務員試験の面接試験とはそもそもどんな内容なのか?流れはどんな感じか?どこが見られているのか?面接を受ける際の注意点はどんなところにあるのか?といった内容について細かく書かれているので、これから初めて公務員試験の面接を受けるという人も本書を読めば、公務員試験の面接に受かるために必要な知識と素養を身に付けられると思います。公務員試験の面接試験について、基礎の基礎から合格レベルに達するまでの解説を細かくしてくれているので、かなり参考になると思います。特に公務員試験の面接官はどんな人材を欲しがっているのか?について解説しているページがあって、スクラッチくじになぞらえて、面接でどういった工夫をすれば面接官に自分を採用したいと思ってくれるか?という、最終合格のためのテクニックが解説されているページがあり、そこは個人的には1番読んでよかったと思える部分です。公務員試験の面接に受かりたい人は非常におすすめの1冊なので、良かったら参考にしてみてください。

 

公務員試験 面接・官庁訪問 攻略の秘策 2019年度採用

公務員試験 面接・官庁訪問 攻略の秘策 2019年度採用

 

 

あわせて読みたい記事

島根県の公務員試験の面接対策での志望動機の考え方は?評価されるためのポイントを紹介

島根県の公務員試験を受ける人は面接対策についても考えていかないといけませんけど、面接対策としてはどういったところに気を付けていけば良いのでしょうか?やはり島根県の公務員試験の志望動機を考えるところが重要で、どうやって面接で評価される志望動機を考えられるか?が重要になります。島根県の公務員試験の面接対策では志望動機の考え方が合否を分けることがあるので、そこの考え方について話していきたいと思います。島根県の公務員試験の場合には一次試験から面接試験がある可能性があります。最新の受験案内を見てほしいですが、少なくとも2017年度の採用試験までは一次試験に面接試験があったので、その時点で志望動機を聞かれる可能性があるのです。つまり、一次試験を受ける前の段階ですでに志望動機が頭の中にないといけないのです。一次試験の面接で志望動機が聞かれるか?は分かりませんけど、準備はしておいた方が良いでしょう。島根県の筆記試験の勉強をしながら、面接対策をしていかないといけないので、島根県庁を受ける人は大変だと思いますけど、面接対策を早くから準備しておいて、本番で志望動機を聞かれても大丈夫なようにしておきましょう。島根県の面接対策では志望動機の考え方を含めて、いろいろな質問に対応できるようにしましょう。何を聞かれるのか?というのを想像して、準備をしていってほしいと思います。

 

島根県の公務員試験の面接対策での志望動機の考え方は島根県についてまず調べるということが大切になります。島根県の公務員試験の志望動機の考え方としては、島根県が今どんなことをやっているのか?インターネットを使えばそういった情報はすぐに手に入ると思いますけど、面接対策のときにはそういった企業研究じゃないけど、自治体について調べるということが必要なのです。そういったことをすると何が分かるか?というと、島根県での現在の取り組みが分かります。政策という言い方をする場合もありますけど、島根県の公務員がどんな仕事をやっているか?が分かるのです。そして、どんな仕事をやっているのか?が分かれば、島根県の自治体にとって何をしなければいけないか?が分かります。それはまさに今やっている取り組みで、それは必要だからやっているわけです。つまり、島根県の自治体のホームページなどに書いてあることは、今軒を挙げて取り組まないといけないことであり、住民や街にとって需要があるということになります。それが志望動機の中心になるのです。そして、ホームページでも良いですけど、そういった島根県の取り組みの中で、できるだけ島根県に独自のもの、島根県が特に抱えている問題や課題と言えるようなものを見つけましょう。嶋名権を志望した理由としてそういった部分があった方が良いので、他の自治体ではあまりなさそうな取り組みを選んだ方が良いと思います。

 

ここからが島根県の公務員試験の志望動機の考え方の肝になります。島根県の面接対策で志望動機を考えるときには、島根県での中で今まさに行われている、必要とされている、やらないといけない政策をチョイスするところがスタートになりますが、そのうえで必要なのはそれをあなたがやりたいという理由です。すでに島根県で行われている政策の中からオリジナル性があるというか、島根県独自と言えるようなものを見つけて、それをやりたいから島根県で働きたいと話すわけですが、問題はやりたい理由です。この理由において、願望は入れてはいけません。あなたがやりたいと思った理由を答えるときには、あなたがやりたいからというよりは、あなたがやることでこんな良いことがあるからという表現にしましょう。多くの受験生は同じようにやりたい仕事とかを志望動機に持ってくる人が多いと思うのです。でも、やりたい仕事があるから。で終わってしまう人が多いのではないでしょうか?やりたい仕事があるのは、面接官も分かっているはずです。しかし、やりたい仕事があっても、なぜあなたがをそれをやるのでしょうか?という問題があります。公務員の仕事ってやりたい仕事をやれる保証はない。つまり、あなたが特定の仕事をやってみたいと思ったならば、あなたに自治体がそれを任せるように仕向けないといけないでしょう。そのためには何が必要か?というと、あなたがそのやってみたい仕事をやる意味なのです。それをあなたに任せるこんな良いことがあります。別の言い方をすると、あなたにはこんな能力があるので、この仕事を任せるのにぴったりです。みたいな要素があれば、あなたがその仕事をやれる可能性は高くなります。

 

そして、あなたがその仕事を実際にできるようなことがあるならば、あなたはその仕事をに向いているという評価を得たことになり、その仕事を通じて社会貢献ができるわけです。つまり、仕事は基本的に向いている人にやってもらうのが良いので、特定の仕事が自分に向いているということを分かってもらえれば、あなたはその仕事を行うことにより、島根県の役に立てるということが言えて、面接官としてもあなたを採用する意味が出てくるわけです。だから、島根県の面接対策で必要な志望動機は、やってみたい仕事を話したうえで、自分にはこういった能力があって、それがその仕事に役立つ。だから、自分がその仕事を全うできれば、島根県の役に立てるはずだ。という流れにすると良いと思います。自己PRのようなものを志望動機と組み合わせて、自分がやってみたい仕事として話す内容に合う自己PRを、その仕事で生きる能力などを一緒に話して、全体として志望動機にしていくと良いと思います。島根県の面接対策の志望動機の考え方に関してはそういった感じで考えていくのも1つの手です。他の受験生とは違う、差別化のされた志望動機になるのではないか?と思います。

 

 公務員試験の面接をこれから受験する人は以下の面接対策本がおすすめです。公務員試験の面接を初めて受ける人にとっては、本書を読むと公務員試験の面接の流れ、内容、注意点、評価ポイントなどが分かりやすく書かれているので、それらについて理解できると思いますし、公務員試験の面接試験がどういったものなのか?確実に分かると思います。そして、実際の公務員試験の面接で聞かれる頻出の質問とその答え方を10~20個くらい載せているので、島根県の面接試験やその他の試験種の面接試験で聞かれることに関して十分な準備ができるのではないか?と思います。そして、本書の1番の魅力と言えば、やはり面接官がどんな公務員が欲しいか?について書いてあるページです。面接官が採用したい人というのは、どんな人なのか?についてスクラッチくじを例えに出して解説しているページがあると思うのですが、そこが個人的には1番役立った、買って良かったなと思えた部分です。この部分というのは、公務員試験の面接を受けるにあたって、面接官の評価をいかに高められるか?自分を採用してもらえるか?という部分に関してとても重要なので、多くの人に読んでもらいたいと思います。公務員試験の面接に受かりたい人は良かったら参考にしてみてほしいと思います。

 

公務員試験 面接・官庁訪問 攻略の秘策 2019年度採用

公務員試験 面接・官庁訪問 攻略の秘策 2019年度採用

 

 

あわせて読みたい記事

島根県庁の公務員試験の難易度や筆記と面接の倍率とボーダーラインは何割?

島根県の公務員試験の難易度はどうなっているでしょうか?大卒程度の行政職の公務員試験の難易度については、過去の試験結果を見ていくことで把握しやすいと思います。島根県の公務員試験の難易度は平成29年度の試験結果をもとにすると、全体の倍率は3倍強くらいなので、難易度としては低い方になると思います。この年の受験者数は168人で最終合格者が51人なので、この値だけ見ると低いです。島根県の公務員試験の採用人数はどれくらいか?というと、この年は50人募集みたいですね。採用人数は年度によって違いますけど、島根県庁は県庁なので、それなりに採用人数は多いです。したがって、採用される数が多いという意味では、倍率は上がりづらいです。島根県の公務員試験の一次試験の倍率はどうか?というと、この年は筆記試験の倍率は168人が受験して91人が合格しています。したがって、島根県の筆記試験の倍率は2倍を切りますから、かなり低いです。島根県の公務員試験の倍率は全体でも3倍強くらいなので、筆記試験の倍率も当然低いです。しかし、島根県庁は地方上級の問題のレベルだと思いますから、筆記試験の問題は難しいです。筆記試験の倍率が低いとしても、一次試験を通過するのは簡単ではないのです。そこはまず覚えておきましょう。

 

島根県庁の二次試験の倍率はどうなっているのか?というと、この年に関しては89人が受けて51人が合格しており、1.8倍くらいでしょうか?島根県の公務員試験では二次試験の倍率も低いです。でも、このくらいの倍率は普通に他でもありますから、島根県の公務員試験の特有の現象ではないでしょう。島根県の公務員試験の面接の倍率は高いとは言えない数字ですけど、やはり特筆すべきなのは筆記試験の倍率になると言えます。公務員試験の筆記試験の倍率は3~4倍くらいが平均という感じがします。特に政令指定都市、県庁レベルだとそのくらいの数字になることが多いのですが、島根県の公務員試験の筆記試験の倍率はそれよりもかなり低いわけですから、島根県の公務員試験の難易度は全体的には高くはないと思います。全体の倍率も3倍強くらいなので、全国の県庁の中でも受かりやすいということになるのではないでしょうか?あとは島根県の筆記試験のボーダーラインが何割くらいか?ということです。問題のレベルは高いと思いますが、筆記試験の倍率が低いということで、ボーダーラインの数字は高くはないと思います。島根県の公務員試験の筆記のボーダーラインは何割か?というと、55%くらいかな?と思います。島根県の筆記試験の内容にもよりますが、択一試験の方は教養試験と専門試験を合わせて55%くらいとれれば、筆記試験に通過できる可能性がそれなりにある気がします。

 

県庁レベルになると筆記試験の問題のレベルが高いです。だから、そんなに高得点を取れる人は多くないのです。したがって、半分を超えればチャンスが出てきますが、できれば55%くらいはとってほしいと思います。それくらいとれれば島根県の公務員試験の筆記のボーダーラインを超える可能性が高いです。島根県の公務員試験に受かるにはそれくらいの筆記試験のボーダーラインを超えていかないといけないのです。島根県の公務員試験は採用人数がそれなりに多いので、筆記試験の倍率は低いですが、油断はしないでちゃんと勉強をしていきましょう。島根県の公務員試験の問題は恐らく地方上級のレベルではないか?と思いますから、難しいのです。そして、島根県の試験内容はちゃんとチェックしておいてください。平成29年度の内容になりますが、この年は一次試験で教養試験、専門試験、面接試験、二次試験が面接試験、論文試験、適性試験になっています。したがって、行政職の大卒程度は一次試験から面接試験があるのです。この出来次第で一次試験の通過率が変わりますから、筆記試験のボーダーラインの予想もどこまであてになるか?は分かりません。したがって、島根県の公務員試験に受かるにはかなり勉強をしないといけないということになりますが、一次試験から面接があるというのはちょっと変わっているので、面接のことを一次試験の前から準備していかないといけないというのは大変だと思います。

 

ただ、島根県の大卒程度の行政職の試験内容は今後変化する可能性がありますから、自分でも島根県庁のホームページから確認をしておいてほしいと思います。自分でも最新の受験案内を確認しておいてください。島根県の公務員試験の倍率では筆記試験が低い、面接試験の倍率は普通くらいというのが特徴で、全体的に県庁レベルの中では島根県庁の公務員試験の難易度は高くはないですから、筆記試験の勉強をしっかりと頑張って一次試験を受かるように、面接の準備もしっかりやって、島根県の公務員試験の筆記のボーダーラインを超えられるように頑張ってほしいと思います。島根県の公務員試験の難易度はそこまで高くはないと言っても簡単に受かるわけではないので、教養試験、専門試験、論文試験、面接試験などの対策をしっかりとやっていってほしいと思います。

 

そして、島根県の公務員試験の筆記対策としては過去問をしっかりとやることが大切になります。過去問は地方上級のレベルが必要になります。そのためには地方上級の過去問を買って、島根県の公務員試験の筆記対策に備えていく必要があります。地方上級の過去問としては以下のようなものがあるので、そういったものを使って対策をしていってほしいと思います。以下のような地方上級の過去問が売っていますから、それを買って早めに対策をしていってほしいです。島根県の公務員試験の筆記対策で重要なのは、過去問を解いてみて何割とれたか?というよりは、どこができなかったのか?をちゃんと分析することです。そのうえで、その出来なかった箇所を残りの時間で重点的に勉強していくことで、全体の点数の底上げになります。そうやって島根県の公務員試験の筆記試験に受かる確率を上げていくのです。以下の過去問は数年分の地方上級の過去問が載っていますし、島根県の本番の筆記試験のレベルを体感できる過去問としては1番適切だと思うので、こういった過去問を使ってどれくらいできるのか?そして、できなかった箇所の分析と補強に生かしていく目的で使っていきましょう。そして、解いて終わりではなくて、その後に分析をして、苦手な分野を補強する、集中的に勉強していく時間が必要なので、本番の直前ではなくて、少し余裕を持って早めに買って取り組みましょう。

 

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事

丸紅に就職するには面接対策が重要!志望動機の考え方、面接の内容や聞かれることを理解しよう

総合商社の中で丸紅は実は特徴的な部分があると言われています。それは若手社員への裁量権の大きさです。丸紅に就職するには面接対策が重要ですけど、その面接対策の中ではやはり志望動機の考え方が重要です。志望動機をどうするか?で丸紅に就職できる確率が変わるのですが、この若手への裁量権の大きさというのは、特に他の商社と比べたときに特徴的と言われているので、志望動機として使っても良いかもしれません。丸紅自身がそもそも若手社員をしっかり育成していかないといけないと考えているために、若い頃から基幹業務を担わせたり、裁量権を持たせて責任のある職務をやらせたりしています。だから、社風それ自体が若手社員が活躍しやすいと言われている、別の言い方をすると能力のある人がその能力を発揮しやすい職場ということですね。部活動とかだと、経験している人も多いかもしれませんが、実力はあっても1年生は雑用とかで、実力よりも年功序列裁量権の大きさがかなり違うという文化があって、それは会社にも該当する場合があるはずで、それによって能力ある社員が埋もれてしまい、会社が業績を伸ばすチャンスを逸している状態もあると思います。そこが丸紅は違っていて、若手でも積極的にいろいろな挑戦がしやすい風土があるので、そこを志望動機にして、丸紅の面接対策をしていくと良いかもしれないです。

 

丸紅に就職するには、やはり志望動機の考え方は重要で、そのやり方はいろいろとあると思うのですが、1つの方法としては若手社員が活躍しやすい環境という部分は使える気がします。丸紅の会社説明会などに参加したら、そういったところについても質問してみると良いかもしれません。丸紅で働いている人がどう感じているのか?という部分はやはり参考になると思いますから。丸紅の志望動機は面接対策での根幹になりますから、しっかりと考えないといけませんが、仮に若手社員でも裁量権が大きいから。という部分を志望動機にするならば、実際に自分が丸紅に入社したらどういったことをしていくのか?ということは考えておいた方が良いと思います。だって、そこが志望動機だとしたら、若手に裁量権を持たせてくれる部分が響いたということになるわけですから、裁量権を持たせてもらった結果、何をしたいのか?または何ができるのか?を一緒にアピールしていった方が良いと思うのです。裁量権だけあっても、その裁量権を生かすつもりがないならば、その会社に入る意味がないので、やはり丸紅に入ってやりたい仕事などを考えておいた方が良いのです。丸紅でやってみたい仕事をプレゼンするような形をとると良いかもしれません。それぞれでやりたい仕事の1つや2つはあるでしょう。それを面接で同時にアピールすると良いと思います。できればオリジナリティのあるやってみたい仕事の方が良いでしょうか?裁量権を生かすには、既存の枠組みにとらわれないような発想の方が良いと思うので。

 

丸紅の志望動機はエントリーシートや面接で聞かれますが、志望動機以外でも聞かれることは多くあるでしょう。丸紅に就職するには面接で聞かれることをあらかじめ予想しておくことは重要です。丸紅のレベルの有名企業であれば、面接の質問の情報とかは多いです。聞かれることについて情報提供してくれている人もいますし、エントリーシートの記入項目などを公開しているサイトもあるので、丸紅に就職するにはそういった貴重な情報を生かしていくことも考えないといけません。丸紅の場合にはエントリーシートの段階から、かなりの激戦になっていると思うので、エントリーシーの内容などを知っておくことは重要と言えるでしょう。さらには面接の内容です。丸紅の面接で聞かれることの質問内容などは調べれば体験談として情報がインターネットに載っているので、それを見るというのもありますし、大学によっては先輩が残してくれた情報などを見られるところもあるので、そこに丸紅の就活の情報が残っている可能性がありますから、そういうところをあたってみると良いのではないでしょうか?丸紅に就職するにはいかに面接対策やエントリーシートの対策を頑張るか?という部分が必要なので、丸紅の面接何を聞かれるか?という質問、エントリーシートの記入項目などは知っておくと良いと思いますから、大学にそういう情報があれば、それも参考にしてほしいですし、インターネットだと簡単に検索できるので、そっちは丸紅に就職を目指している人は誰もがやってほしいと思います。

 

丸紅に就職するには志望動機の考え方などがまず重要ですが、今回紹介した若手の裁量権の要素を入れて作っても良いですし、他のアイデアでも良いと思います。丸紅に就職するには面接内容の中では志望動機が特に重要ですが、それ以外でも重要な質問はありますし、志望動機を含めて丸紅の面接対策をするときには以下の本がおすすめなので知っておきましょう。丸紅の場合には就活対策のための専用の本が販売されているので、こういった本を読んでおくと、丸紅の就職試験に向けて良い対策ができるのではないでしょうか?こういった本が販売されていることを丸紅を受ける就活生は知らない人が多いと思うので、こういった本を読んでおくことで、対策に差が出る可能性がありますから、内定を取れる確率も上がるかもしれないのです。丸紅のエントリーシートの書き方や面接内容、聞かれること、その他いろいろな情報が書かれている可能性がありますし、丸紅の企業研究などに生かせる内容が多く詰まっていると思います。丸紅の就職の面接での志望動機の考え方にも使える内容が書かれているかもしれないので、それによって丸紅に就職できる可能性も上がるかもしれませんから、丸紅に本気で就職しようと考えている人は、良かったら参考にしてみてください。

 

 

丸紅の会社研究 2018年度版 (会社別就職試験対策シリーズ 商社)

丸紅の会社研究 2018年度版 (会社別就職試験対策シリーズ 商社)

 

 

あわせて読みたい記事

ユニクロのファーストリテイリングに就職したい人の難易度や倍率は?評判は激務で給料が安い?

日本の企業の中でも特に採用人数が多いのがユニクロを運営しているファーストリテイリングになります。ファーストリテイリングの採用人数は毎年非常に多く、数百人程度が採用されています。大企業になりますが、男性よりも女性の方が多く採用されているのが特徴です。ファーストリテイリングという社名は知らなくても、ユニクロというお店は誰もが知っています。ユニクロファーストリテイリングの就職の難易度は非常に高いです。ユニクロに就職するに近いので難易度はとても高いです。倍率も非常に高いでしょう。したがって、ファーストリテイリングに就職したい人は相当頑張らないといけませんが、ここは大学、大学院、短大、高校、専門学校などから幅広く採用しています。学歴が関係あるのか?ということも気になると思いますが、これだけ採用人数が多いと、いろいろな大学名の人が集まると思うのです。したがって、ユニクロファーストリテイリングの就職は学歴は関係ないとは言いませんが、比較的いろいろな大学にチャンスがあると言える気はします。実際、ナビサイトのファーストリテイリングの採用実績校を見てみると、当然そこに書かれているのは有名大学のみです。東京の私立大学が中心で、私が見たところでは、掲載されている採用実績校の中では偏差値が1番低いところで専修大学の名前があります。あとは早慶上智、MARCH、関関同立、その他国公立大学あたりです。

 

ただ、そこに書かれているのは一部であって、そこからじゃないと採用されないということはないでしょう。だから、ユニクロファーストリテイリングの就職は採用実績校は無関係ではないが、いろいろな大学からチャンスがあると思います。そもそも高卒の人も採っているわけですから、ユニクロの就職において学歴が関係するとはあまり思えないのです。でも、ユニクロに就職したいならば難易度は高いと思っておいた方が良いです。ファーストリテイリングの就職の募集人数は多いとしても、応募人数もかなりいるはずなので、倍率も高くなりますから。ただ、ユニクロの就職の倍率はちょっと見つからないのです。データがないのでユニクロの就職への難易度はちょっと分かりかねますが、ファーストリテイリングとしての就職の倍率が高いということだけは予想ができると思いますから、就職の難易度はとても高いということが言えると思います。が気う歴フィルターなどの有無に関しては定かではないですが、ユニクロは高卒の人でも就職が可能なので、学歴にこだわる必要性は低いでしょう。しかし、だからといって学歴フィルターがないか?というと、そうとも限らないという感じでしょうか?

 

応募者数があまりに多い場合には足きりをしないといけないので、仕方なくユニクロの就職では学歴フィルターを導入している可能性はあります。それがユニクロに就職する難易度を高めることもあります。そして、ユニクロの就職の倍率が分からないので、何とも言えませんが、ユニクロに就職したい人は学歴が無関係とも言えない可能性は残ります。学歴フィルターがあっても不思議ではない企業の規模なので、ユニクロに就職したい人は大学名が多少なりとも関係する可能性は頭に入れておいた方が良いかもしれませんが、採用人数と応募者の比が重要なので、そういうデータがあればいいんですけどね。ユニクロファーストリテイリングに就職する難易度も重要ですが、ファーストリテイリングの会社としての評判はどうなのか?というのは気になります。ユニクロへの就職では評判としてはニュースで報道される機会も多く、あまり良い声は聴いていないという人もいると思いますけど、実際にユニクロへ就職した人はどういう評判を持っているのか?というのは気になります。ファーストリテイリングに入社したら全員がユニクロの店舗で働くとは限らないと思いますけど、初任給はどれくらいになるのか?と言えば、基本給として21万円と言う数字がナビサイトに書かれています。この初任給の数字は普通か?やや高いか?くらいでしょう。したがって、ユニクロに就職したら初任給はまあまあ良い数字なのではないでしょうか?でも、ユニクロの就職は高卒や大卒、院卒などで違いますけど、初任給は統一されているのか?というのも気になります。ユニクロに就職したら初任給は結構良い数字なのかな?と思いますが、平均年収などはどうなっているでしょうか?

 

 ユニクロの平均年収としては700万円前後というのが現在の数字のようです。アパレル業界は全体的にあまりいい流れになっていないようなご時世でユニクロというブランドは強いですよ。ユニクロの平均年収はアパレル業界の中ではかなり高い数字と言えます。平均年収が400万円台の時代では、ユニクロファーストリテイリングの平均年収が700万円くらいあるとすればかなり高い数字と言えます。ただ、これは全体の平均年収なので、高卒、大卒、院卒などでユニクロファーストリテイリングの平均年収が変わる可能性があるので、注意しておきましょう。こういったところはユニクロファーストリテイリングの就職の倍率を高める理由なのかもしれませんが、この平均年収は実態を表しているのか?は分かりません。ユニクロは仕事内容が激務のイメージがあると思うので、それを考えるとこの平均年収は妥当という感覚の人もいるかもしれません。ユニクロに就職した人の評判を調べればわかると思いますけど、激務なのはユニクロに限らず、アパレル業界全体で共通だと思うので、ユニクロの仕事内容が激務だとしても、他の会社も同業は激務でしょうから、ユニクロ平均年収が高い点はやはり恵まれていると言えると思いますけど、実際はもっと安いというユニクロの社員の口コミがあります。ただ、この情報は真実とは言えない可能性があります。ユニクロに就職した人の口コミを見ると、あれだけ働いてこの給料なの?と思うことがあるとか、ネットで公開されている平均年収の情報が正確ではない、もっと低いという口コミもあるので、先ほど紹介したようにユニクロの平均年収がどこまで正確か?というのは疑わしいところもあるのでしょう。ユニクロは忙しいイメージもあると思いますけど、その部分の不満のみではなくて、給料面の不満の口コミもあるということなのです。

 

そのうえでユニクロを運営するファーストリテイリングに就職したい人は良いのですが、やはり働き方に関してはきつい予想をある程度しておかないといけないでしょう。ファーストリテイリングでは仕事内容が忙しいのは当然としても、そのうえで支払われる給料が多くないという不満が生まれる可能性がありますから。大企業で給料に不満があるというのはあまり聞かないですけど、アパレル業界では珍しくないのかもしれないですし、ユニクロの働き方の評判として知っておかないといけないのです。激務は予想できるとしても、給料が思ったよりよくないという評判があるのは結構重要です。ファーストリテイリングに就職すると激務であることに加えて、給料が安いと感じる可能性もあるということなのです。でも、こういった口コミは一部の人のものなので、他の人の意見も見てみることが必要です。だから、ユニクロファーストリテイリングの評判というのは自分でも検索をしてみて幅広くチェックしてみてください。ユニクロファーストリテイリングの口コミはインターネットには多くあるので、探しやすいと思いますから。あとは会社説明会とかに出てみて、社員の人を見て感じるものなども参考にすると良いです。ユニクロに就職すると忙しい現実が待っているというのはあるでしょうし、それが激務のレベルなのかもしれません。忙しくない業界っていうのは基本的にありませんが、ユニクロの激務ぶりがどのくらいなのか?というのは、社員の口コミなどをチェックして確認しておくと良いでしょう。就職する前にファーストリテイリングユニクロの実態について詳しくなっておくべきだと思います。

 

内定勝者 私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2018 エントリーシート編
 

 

あわせて読みたい記事