特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

盛岡市の公務員試験の難易度は?筆記と面接の倍率とボーダーラインは?筆記重視の自治体かも

盛岡市の公務員試験を受ける人は、過去の実施結果などを見て難易度を確認しておくと良いと思います。盛岡市の公務員試験は募集人数はそこそこ多そうです。大卒程度の事務職の公務員試験の難易度はどうなっているでしょうか?平成28年度の試験結果を例に見ていきますが、この年は一次試験を435人が受けています。そして89人が受けているのです。一次試験の倍率は5倍近くありますから、盛岡市の公務員試験の筆記試験の倍率は結構高いです。ここまで筆記試験の倍率が高いケースはそこまでありません。したがって、盛岡市の公務員試験の難易度は高そうです。特に筆記試験の難易度が高い気がするので、盛岡市の公務員試験は筆記重視と言える可能性もあるのです。その他の年の倍率にもよりますが、筆記試験の時点で割と絞る可能性がありますから、そこは覚えておきましょう。盛岡市の公務員試験の難易度は筆記試験が特に高いですけど、二次試験はどうでしょうか?盛岡市の大卒程度の事務職の公務員試験の二次試験はどのくらいの倍率か?というと、平成28年度のケースでは50人が受験して31人が合格しています。これで盛岡市の公務員試験は最終合格となっています。

 

盛岡市の公務員試験の二次試験の倍率は2倍ないくらいということになります。1.8倍くらいでしょうか?この傾向はずっと続くか?どうかは分かりませんが、面接の倍率と比べると筆記試験を重視している自治体と言えると思います。盛岡市の公務員試験の難易度は高いのか?というと、全体の倍率が14倍あるので、この年はちょっと難易度が高いですね。ただ、過去に遡ると、盛岡市の公務員試験の倍率はここまで高いケースはほぼありません。その前の年を見ると7~8倍くらいですから。それ以前を見ても同じくらいで、10倍を超えることがまずないので、平成28年度はやや特殊なのか?それともこの年から一気に倍率が上がるようになったのか?その辺は分かりませんが、14倍ほどの倍率が毎年続くのか?というと、そうではないかもしれないので、そこは知っておきましょう。盛岡市の公務員試験では筆記試験の倍率がやや高めで、面接試験の倍率が相対的に低いというのは毎年同じ傾向のようです。したがって、盛岡市の公務員試験の全体の倍率の違いは筆記試験の倍率の違いと思ってもらって良いと思います。どちらかというと、筆記重視の自治体になると思いますから。

 

盛岡市の筆記試験の倍率はやや高くて、面接試験の倍率はそうでもないということは分かってもらえたと思いますが、面接試験の倍率が低いからといって油断はできません。もちろん筆記試験の対策もしていかないといけませんが。盛岡市の公務員試験の試験内容について説明をすると、ホームページを見ると、大卒程度の事務職については一次試験が筆記試験で教養試験と論文試験、二次試験が人物試験と健康診断となっています。人物試験は何をやるのか?というと、集団討論、プレゼンテーション面接、個別面接となっています。プレゼンテーション面接というのがちょっと分かりづらいですが、そういった特殊な試験もやるということなのです。集団討論や個別面接もあって、盛岡市の公務員試験の大卒程度の事務職の試験内容は人物試験が特に重視されているということになります。倍率自体はそんなに高くないですが、これだけいろいろな試験をやるとなると、盛岡市の公務員試験では人物重視の面もあるということでしょうか?盛岡市の面接の倍率の面接はそうではないものの、人物重視の面があるというのは頭に入れておくと良いかもしれません。ただ、一次試験を突破しないと面接試験に進めないので、やはり筆記試験の対策は重要です。盛岡市に公務員試験に受かりたい人はとにかく筆記対策が重要です。教養試験と論文試験のみですから、専門試験がない分負担は軽いですが、教養試験と論文試験のみで決まるので、苦手な分野があるとそれだけで厳しいです。

 

盛岡市の公務員試験に受かりたい人はやはり筆記対策が重要なので、そこにまずは全力を注ぎましょう。過去問をやることが1番です。過去問はどれを使えば良いのか?迷うかもしれませんが、盛岡市の公務員試験は大卒程度の事務職は日程的に毎年7月に行われているようです。一次試験が7月ということは市役所B日程になるでしょうか?そうなると、市役所試験の過去問をやっていくと良いと思います。毎年同じ日程でやるとは限りませんし、試験内容が変更になる可能性もあるので、最新年度の受験案内は自分でも必ず確認をしておいてほしいです。ただ、記事執筆時点でとりあえず7月で行われているということです。だから、市役所試験のレベルで良いので、筆記試験の問題はそこまで難しいわけではないと思います。だから、筆記試験のボーダーラインがどれくらいになるか?というのは難しいです。盛岡市の公務員試験の筆記のボーダーラインは倍率を考慮すると6割あれば受かるかな?という気がしますが、5割でも受かる年はありそうですね。その年の筆記試験の倍率によります。盛岡市の筆記試験のボーダーラインは5~6割くらいだと思いますが、その年の筆記試験の倍率によって多少高低があると思います。ただ、論文試験の採点もあるので、そちらでそれだけ点数が貰えるか?にもよると思います。だから、ボーダーラインは何割くらいか?というのは予想は難しいと言えると思います。

 

盛岡市の筆記対策で重要な過去問は以下のモノがおすすめです。市役所試験の過去問ならば1番ボリュームがあると思います。定番の過去問なので、盛岡市の公務員試験の筆記のレベルと同じような問題を体験できますから、本番で何点とれそうか?の予想もできるでしょう。また、できなかった箇所を見直して何度も解くことで、少しずつ自分が解ける問題が増えるはずなので、過去問を何度もやることは本番の点数を上げることにもつながると思います。したがって、以下のような過去問を買っておいて、ちょっと早めに解いてみて、できなかった箇所を後から補強していく、できるようにしていく作業が必要なのです。1度解いた問題でも良いと思いますから、何度も解いていきましょう。盛岡市の公務員試験に受かりたい人はおすすめです!

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事

味の素に就職したい人の難易度や倍率は?残業や激務が少ない?評判は良くて人気は高い

食品業界の大手企業というと、やはり味の素は真っ先に思いつくかもしれません。テレビCMなどでもよく見る企業ですし、こういったところは働いてみたいと思う人も多いのではないでしょうか?しかし、味の素に就職したいと思う人は数多くいて、難易度はとても高いです。将来性を見ても食品業界は常に安定しているので、味の素についても安定という魅力はかなりあると言えるかもしれないのです。食品業界は需要が今後下がることが考えづらいですから。その中でも大手企業と言える味の素に就職したい人が多くいるのは自然なことだと思うのですが、味の素への就職の難易度はどれくらいでしょうか?味の素の就職の倍率は300倍以上となっており、相当高いです。かなり難易度が高いというのは想像もしやすいと思いますけど、味の素は応募者が多くいるということになります。味の素の倍率は相当高いということになりますから、これは内定を取るのは難しいですが、どうしても入りたいならば企業研究を相当やって、対策を立てるしかありません。

 

味の素の企業としての評判は結構良いようです。というのも、離職率がかなり低いというデータがあります。離職率というのはその企業の評判を示す1つのデータになりますが、味の素においては離職率というのが1つの魅力になるかと思います。やはり味の素の離職率が低いとすれば働くときにはかなり安心感があると思いますから。味の素の離職率は1%程度という数字となっているので、これは結婚して退職とか、そういうケースがほとんどかもしれません。離職の理由は分かりませんが、これだけ低い離職率というのは味の素の評判の1つになると言えます。それ以外では味の素はどういう口コミがあるでしょうか?味の素の社員の口コミでは残業は多くないというものがあります。その点においては休みをしっかりととれる満足度の高い会社という評判があります。あと、サービス残業の撲滅を目指しているため、残業代を請求しやすい環境があるという口コミもあります。そして、食品業界の中では給与水準は非常に高いという声があるので、ここも味の素の魅力ということになるでしょう。ちなみに味の素は派遣で働いている人も未経験なのに給与が高いと感じているという口コミがあるので、給料に関してはかなり魅力的な会社ということが言えるのではないでしょうか?こうしてみると、味の素の就職の評判はかなり良いように映ります。女性も働きやすいという声が多くて、全般的に良い口コミが結構目立ちます。

 

すでに話したように、味の素の離職率の低さはこういったところが理由となっているのではないか?と思います。それだけ働きやすい環境なのでしょう。しかし、全員がそのように感じられるわけではないでしょうから、そこは気をつけないといけないと思います。労働時間も少ないという評判はありますけど、これも部署や職種による可能性もあります。だから、味の素は仕事内容が激務という可能性は低い気はします。それぞれの人の感じ方によりますが、激務までいく可能性はあまりないのではないか?と思うので、長時間労働のような部分は少ないと言えるかもしれません。というのも、食品会社っていうのは、仕事量を増やしてもしょうがない部分があると思うのです。食べ物って1人あたりが食べる量っていうのは決まっているわけで、あとは何を食べるか?を決めるだけなんですよ。つまり、自社製品を買ってもらうという努力は必要ですが、1人の人間があれもこれも食べるとか、そういうことは考えづらいので、一定の努力以上は効果が出づらい、味の素のブランドが確立した以上は、一定の割合でちゃんと消費者やファンがいるわけで、それ以上多く買ってもらうみたいな努力はあまり売り上げにつながりづらいと思うのです。だから、そうなると社内でやるべき仕事量は自然と多くなりづらくなります。娯楽とかに関しては1人の人間がいくつも趣味を持つということはありえるので、その部分に会社としても付け入るスキがあるため、仕事量を増やしていくことで売り上げが上がる可能性があり、長時間労働になりやすい性質ともいえる余地はあると思うのですが、食品会社は長時間労働が起きづらい性質があるのではないか?と思います。

 

中小企業の場合には他社に勝つために長時間労働になる可能性もありますが、大手企業はブランドを確立した時点で、それをする理由があまりなく、かつそれ以上に伸ばせる余地が少ないと言えるのです。食べ物は各自が食べられる量が決まってますから、いくら良い商品が次々出てきても、だからといって食べる量を増やすとかは基本的にしないでしょうから。今まで食べてきたものから別のものに変えるとか、それくらいなので、食品会社ができる努力は食品に多くのお金を使わせるということよりも、他社製品から自社製品に乗り換えてもらうというものになるのではないでしょうか?そこが業界の特徴としてはあるような気がします。味の素の評判というよりは、大手の食品会社全般に当てはまる可能性がある部分です。したがって、味の素では激務は考えづらいですし、忙しいことがないとは言わないですけど、長時間労働は少ないでしょうし、残業代もちゃんと出るようなので、そこは魅力として大きいです。これは味の素の評判の一部なので、これ以外でも社員の口コミは調べておいてほしいと思います。やはり仕事内容などがどういったことをするのか?というところは特に重要でしょうから、受ける前に確認しておくと良いと思います。

 

味の素に就職したい人は多くいて、口コミでも人気の部分があるとすればやはり難しいです。倍率もかなりありますし、誰もが難易度が高い会社というのは認識していると思いますけど、やはりここに入りたい人はエントリーシートから頑張らないといけないでしょう。味の素の就職の難易度が高いというのは誰もが想像できることだと思いますけど、志望動機を考えたり、面接対策をしたりということはかなり時間をかけてやらないといけないと思います。募集人数も多いかもしれませんが、味の素の場合には倍率がかなり高いので、応募人数も多いのでしょう。味の素に就職したい人はそういったところを踏まえて、とにかく面接対策や志望動機も大切ですが、1つ1つの選考を丁寧に対策していきましょう。大手企業に入るのはどの会社もかなり難しいですから、味の素に就職したい人は他にも受ける会社があるはずで大変でしょうけど、就職活動を頑張ってほしいと思います。

 

 

食品〈2018年度版〉 (産業と会社研究シリーズ)

食品〈2018年度版〉 (産業と会社研究シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事

会社説明会の内容や流れ、話す内容以外にその場でエントリーシートの記入やいきなり面接に注意!

会社説明会というのはいろいろな流れで行われているものです。会社説明会は何をするのか?というのは企業ごとに違いますけど、たまにいきなり選考をやる場合があるのです。そこは知っておかないといけません。会社説明会では流れに関しては事前に知らされていることって少ないんじゃないでしょうか?当日会場に行って、説明会が始まってから、その日にやることが発表されるみたいなことが多い気がします。そうなると、それぞれの企業で何するのか?というのはちょっと読めない部分もあります。でも、多くの会社説明会はテンプレがあって、同じような内容になりがちですけどね。でも、一部では例外のケースもあって、いきなり選考をやる場合もあります。その場でエントリーシートを書かせるというのが代表的かもしれませんが、これは予想できると思うのです。というか、予想できないとしても対応が可能でしょう。会社説明会をやってその場でエントリーシートというのは多くはないと思いますけど、就活をやっていれば何回かは経験するのではないか?と思います。

 

会社説明会のその場でエントリーシートの記入というのはそこまで珍しいものではなくて、長く就活をやっていれば普通に経験するのではないか?と思います。中にはその場でエントリーシート記入というのに対応するには、事前に書く内容を決めておかないといけませんけど、まずは会社説明会で何するのか?というときにエントリーシートの記入があるということを想定しておかないといけないのです。しかし、エントリーシートではなくて、別の選考をやるケースもあります。1つはグループディスカッションです。その場でランダムでグループになって、いきなり討論させられることもあります。グループディスカッションというのはいきなりやろうとしても難しいものなので、これも前もって準備をしておかないといけないです。グループディスカッションはエントリーシート同様、事前に準備していないと、全く話せないということがありますから、これも事前に対策をしておくこと、必要なことを頭に入れておかないと太刀打ちできないため、受かる可能性は減る可能性があります。何度か経験している人ならば、なんとかなりそうですが、特に初めての人は難しいと感じる人が多いと思います。会社説明会の流れの中で1番最後にグループディスカッションというのは、本当に大変だと思いますけど、私もいきなりその場でグループディスカッションをやらないといけない場に遭遇したことがありますから。

 

したがって、これもエントリーシートの記入と同様にありえるということなのです。そして、最後に知っておかないといけないのが面接です。会社説明会でいきなり面接というのは可能性としてはかなり低いです。多くの会社では面接はもっと後という認識があると思うので、あまり考えづらいですね。ただ、そもそも会社説明会の参加人数が少ないようなケースでは、面接をやろうと思えばできてしまうので、会社説明会でいきなり面接という可能性はあります。後日一次選考として面接のパターンもあれば、会社説明会の後でいきなり面接をやるケースもあります。後者の方は少ないですけど、可能性としては頭に入れておいてほしいと思います。就活の会社説明会での内容は説明会の部分はオーソドックスでどこもそんなに変わらない気がしますが、その後は質疑応答があって、そのまま終了か、何か選考をやるのか?という部分で違いがあります。だから、いきなり選考をやるという準備はしておいた方が良いですけど、面接のケースはかなり珍しいです。だから、準備しておくことに越したことはないと思うのです。その場でエントリーシートの記入とグループディスカッションは割とありえるので、こちらは絶対に準備をしておいた方が良いです。

 

会社説明会の話す内容はそんなに変わらないと思います。多くのケースではDVDでまとめたもとを作っておいて、それを流すと。就活生に見てもらった後は質疑応答みたいな感じの流れが最近は多いかな?その間に社員が実際に話をするケースもありますけど、話す内容は事業内容や求める人物像、これからの選考の流れなどでしょうか?もちろんそれ以外にもありますが、会社説明会での話す内容の中心はそういった感じになります。その場でエントリーシートの記入がある可能性があるので、ちゃんと会社説明会の内容は聞いておいた方が良いです。会社説明会の流れはそんなに気にしないでも良いですけど、その場で選考をやることがあるというのは頭に入れておきましょう。いきなり選考をやる可能性があるとなると、悠長に聞いてられないです。エントリーシートの場合は特にそうですけど、その場で話す内容を取り入れていくことも必要だと思うので、しっかりと聞いておかないといけないと思うのです。会社説明会の内容については話す内容もそうですけど、いきなり選考をやることがあるというのは知っておきましょう。特にいきなり面接というのが1番大変なので、確率は低いと思いますけど、念のため頭に入れておきましょう。そして、エントリーシートとグループディスカッション、あとはグループワークについては最低限対策をしておきましょう。

 

会社説明会でもエントリーシートを記入する可能性はありますけど、それ以外でもエントリーシートは一次選考として多くの企業が行っており、ここを通過しないと面接に進めないということがあります。したがって、エントリーシートの書き方に関しては事前に頭にポイントを入れておかないといけないのですが、そのときに使えるのが以下の本になります。以下の本は受かるエントリーシートの書き方のポイントをまとめており、おすすめかつ人事が注目してしまいがちなエントリーシートの書き方の流れ(構成)や入れるべきワード(単語)などを紹介しています。そして、平凡な経験しかないと思っていても、それを内定へとつなげるテクニックを紹介し、人事のコメント付きで、エントリーシートの合否の分かれ目のポイントを紹介しているなど、かなり内容の詰まった一冊になっています。エントリーシートの書き方についてなんとなく書いている人もいるかもしれませんが、人事にとって魅力的に思える内容じゃないとなかなか通らないという現実があるので、きちんと人事から評価される内容を目指した一冊となっていて、これを読めば、エントリーシートの書き方についてかなりマスターできて、通過率も上がる可能性もあり、内定に近づけるのではないか?と思います。Amazonでも評価されている一冊なので、良かったら参考にしてみてほしいと思います。

 

私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2018 エントリーシート編

私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2018 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事

鳥取県庁の公務員試験の面接対策での受かる志望動機の考え方の例

鳥取県の公務員試験を受ける人は志望動機を考えないといけませんが、どういう風にすれば良いものができるのか?分からないという人もいると思います。鳥取県の公務員試験の面接では志望動機などが聞かれると思いますが、そこで評価されるような志望理由を作るには、ちゃんと戦略を練っていかないといけないのです。鳥取県の公務員試験の面接での志望動機の考え方のポイントは、まずは鳥取県庁について調べることが必要です。鳥取県庁が何をやっているのか?というのはホームページを見ればすぐに分かりますから、それをヒントにするのです。鳥取県庁での政策がホームページにも載っていますから、それを見れば自治体にとって必要なことが分かるでしょう。そこを参考にしていくと良いのです。というのも志望動機は結局は自分が鳥取県庁で働きたい理由になっている人が多いと思いますけど、できればそういう組み立て方はしない方が良いと思うからです。働きたい気持ちを抑えて、自分が鳥取県庁にとって必要な人材であることをアピールすると良い志望動機になると思うのです。鳥取県庁の面接での志望動機の考え方として、そこがポイントになるので覚えておきましょう。では、具体的にどうやって考えていけば良いのか?紹介します。

 

鳥取県の面接での志望動機の考え方のポイントは、1つは政策を例に出して、それをやるために自分はそこで働きたいということを言いましょう。しかし、それだけでは足りません。鳥取県で特定の政策を持ってきたとしても、それをやりたいからだけでは弱いのです。というのも、鳥取県で働きたい気持ちを表したに過ぎないので、もっと別の要素が必要になります。働きたい気持ちは面接官も分かっているでしょう。働きたいからこそ受けているということになるので、働きたい気持ち以外に自分をアピールできる何か?を志望動機に加えると良いのです。それが先ほど言った政策にかかわることになりますが、鳥取県庁の面接対策での志望動機では政策をやりたいというだけではなくて、なぜ自分がその政策をやるのか?その意味について解説すると良いのです。鳥取県庁からしてみれば、どういう人が欲しいと思うでしょうか?働かせたときに公務員として有能な、活躍が期待できる人材を欲しいと思うでしょう。したがって、面接でそれをアピールすることになりますけど、志望動機においてもそこをアピールするように考えていきましょう。具体的に言えば、自己PRと合わせて自分がその政策にかかわることで他の人よりも優れていると言える面を話すのです。自分が鳥取県庁でやりたい仕事を話すだけではなくて、自分がその仕事をやることによって鳥取県にメリットをもたらせた方が良いでしょうから、そのことについて話していくと、面接官としても採用したい気持ちが増すのではないでしょうか?

 

やってみたい仕事があるのは分かりますけど、その仕事において適性のようなものを示せた方が良いと思うのです。適性があった方がよりその仕事に向いていると言えますから、採用する意味が生まれるわけです。やってみたい仕事を話すだけでは、結局は鳥取県庁で働きたいということしか言えていないので、自己PRを持ってきて、ここでもその内容を含ませて、制作と絡ませて、自分にはこういう能力や他の人にはない力があるから、この仕事をやれば活躍できる、街や住民のためになれるということを言うと、働きたい理由ではなく、働いてもらいたい理由になります。鳥取県の面接対策の志望動機の考え方では、そういったところを特に意識すると良いと思います。作り方はいろいろありますけど、やりたい仕事と自己PRを組み合わせて志望理由を作るというのが良いと思います。鳥取県庁の公務員試験の面接対策では志望動機と自己PRは本当に中心になると思うので、いかに面接官から評価されるか?という点を重視して考えましょう。

 

そして、公務員試験の面接対策ではいろいろな面接対策本がありますが、特におすすめなのは以下の本ですね。こちらは公務員試験の面接を初めて受ける人にとって特に使える一冊になっています。公務員試験の面接というのはどういったものなのか?というのは、よく分からない人もいると思いますけど、そういった人が本書を読めば、公務員試験の面接がどういう仕組みで、どういう流れで、どういう内容で、どういう評価基準になっている?などがよく理解できると思います。そして、本書では頻出の質問とその回答例なども載っていますし、これ一冊を読んでいけば公務員試験の面接に受かる力が十分つくと言えるのではないでしょうか?そして、本書では公務員試験の面接官がどういう人材を欲しがっているのか?について、詳しく解説されています。スクラッチくじを例にして、面接官が欲しい人物像について解説されているので、それを見れば面接官から欲しいと思われる可能性が上がると思いますし、内定が欲しい人にとってはおすすめの一冊ですから、良かったら参考にしてみてください。

 

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

 

 

あわせて読みたい記事

鳥取県の公務員試験の難易度は?筆記と面接の倍率や一次試験のボーダーラインは?

鳥取県の公務員試験は大卒程度の事務職が3つに分かれており、一般コース、環境コース、総合分野コースになります。メインは一般コースだと思いますけど、この中だと一般コースが募集人数は多いです。鳥取県の公務員試験の難易度はそれぞれで違うということになります。したがって、大卒程度の事務職でも鳥取県の公務員試験は募集人数などを細かくチェックしておかないといけないと言えます。鳥取県の公務員試験の難易度については、過去の実施結果を見ると分かりますけど、例えば平成28年度の採用試験を見ると、一般コースは177人中29にが最終合格しています。倍率は約6倍であり、これは標準的な数字ですね。ちなみに筆記試験の倍率は177人中44人合格なので、約4倍といったところでしょうか?これはちょっと高いかもしれません。そして、二次試験の倍率は46人中29人合格なので、2倍もありませんから、こちらは低いです。大卒程度の事務職の一般コースに関しては、鳥取県の公務員試験の難易度は全体的には普通くらいだと思います。面接の倍率は低くて、筆記試験の倍率がやや高いです。したがって、やや筆記重視と言えるのではないでしょうか?

 

それ以外の部分についても見ておくと、環境コースは6人受験で最終合格者が1人で、6倍、総合分野コースは108人が受験して20人が最終合格しており、倍率は約5倍です。どちらも一般コースと倍率はあまり変わりません。鳥取県の公務員試験の難易度はこんな感じです。大卒程度の事務職に関してはそこまで難しいということではありません。しかし、簡単に受かるわけではないので、やはり筆記試験の対策からやっていかないといけません。鳥取県の公務員試験の難易度は全体的には難しくはないですけど、筆記試験の倍率が高いと言える場合もあるので、そこをクリアすることが必要になります。鳥取県の公務員試験の筆記試験のボーダーラインがどれくらいになるか?というのは難しいですけど、一般コースの場合には倍率が今後4倍くらいだとすると、55%以上は必要かな?という気もします。6割を超えれば可能性はぐんと上がる気もしますが、55%以上は最低でもいる気はします。その年の筆記試験の倍率にもよるので、完全に予測はできませんから、倍率によっては55%以下でも受かることはあるでしょうし、6割以上とっても落ちることもあるでしょう。したがって、筆記試験の点数を1点でも多くとらないといけないのです。鳥取県の公務員試験の筆記試験のボーダーラインは難しいですが、目標6割をとりたいところです。最低でも55%とれるように頑張っていきましょう。

 

鳥取県の公務員試験の筆記試験のボーダーラインに関してはそういった感じですが、やはりそれだけとるためには筆記試験の対策をしていかないといけません。筆記対策はできるだけ早めにやっていきたいところです。ちなみに一次試験の内容は鳥取県の公務員試験の大卒程度の事務職中でも、総合分野コース以外は教養試験と専門試験、論文試験、適性検査となっています。そして、大卒程度の事務職の総合コースは教養試験、エントリーシート、適性検査となっています。事務職以外は試験内容が異なることがあるので自分で調べておきましょう。二次試験は個別面接と集団討論となっています。受験案内に関しては試験内容が載っていますけど、その年によって変更がある可能性があるので、自分でも最新年度のものを必ず確認しておいてほしいと思います。すでに話したように鳥取県の公務員試験に受かるにはやはり筆記試験です。面接の倍率よりも筆記試験の倍率の方が高いので、まずは筆記重視と思われる一次試験を突破するために勉強をしていかないといけないと思います。筆記試験のボーダーラインを超えるためにはやはり過去問を使って勉強をしていかないといけないのです。

 

鳥取県の公務員試験の難易度は特に筆記試験の方が高いと思いますし、地方上級の問題だと思いますから難しいでしょう。過去問で対策をしていないと解けない問題が多いと思います。したがって、以下のような過去問を買って、それを使って早めに対策をしていく必要があります。鳥取県の公務員試験の筆記試験のレベルは高いと思うので、それに対応していくには過去問を何度もやるのが重要です。できないところをできるようにしていければ、本番での点数も上がると思うので、受かりやすくなります。地方上級の問題のレベルは高いですから、鳥取県の公務員試験の難易度は筆記試験においてかなり高いと言えると思います。過去問を使って鳥取県の公務員試験の筆記対策をしていきましょう。鳥取県の公務員試験は面接の倍率もあるので、それなりに頑張らないといけませんが、やはりまずは筆記試験の対策だと思うのです。そして、さらに論文の対策もしていくようにしましょう。

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事

甲府市の公務員試験の難易度は?筆記や面接の倍率やボーダーラインの予想は?

甲府市の公務員試験については毎年多くの募集人数のもとで募集がされていますが、そういった中で多くの受験者が受けています。甲府市の公務員試験の募集人数は平成28年度を見ると26人となっているので、結構多いと言える気がします。今後も同様の募集人数になるとは言えませんけど、同じような採用予定者数が予想されます。甲府市の公務員試験の難易度はこの募集人数によっても決まる部分もあるので、知っておくと良いでしょう。甲府市の平成28年度の試験結果を見ると、倍率は6.8倍となっており、これは普通の数字って感じがします。甲府市の公務員試験の倍率は高くないと言えると思います。そして、筆記試験と面接試験の倍率はどうでしょうか?甲府市の公務員試験の2つの倍率はちょっと分かりづらいのです。というのも、甲府市の公務員試験の筆記試験と面接試験の倍率は簡略化されていて、一次試験の受験者数と最終合格者数の倍率のみしか載っていないので、それが平成28年度は6.8倍ということになっています。したがって、甲府市の公務員試験は筆記重視なのか?どうかが分かりません。面接重視か?どうかも判断ができませんが、全体の倍率から見ると、甲府市の公務員試験の難易度はそこまでではないという印象です。

 

甲府市の公務員試験はちょっと過去のデータから難易度を推測するのが難しいので、筆記試験も面接試験もどちらも頑張らないといけないということになると思いますけど、とにかく筆記試験をクリアしないと先がないので、そこをまずは目指してもらいたいと思います。甲府市の公務員試験の試験案内を見ると、一次試験は教養試験と専門試験、そして適性検査となっていて、二次試験は面接試験、論文試験、精神検査、集団討論、身体検査となっていますが、こういったことは過去の試験案内なので、最新の年度では変更になる部分があると思います。したがって、甲府市の公務員試験を受ける人は、最新の受験案内を絶対に見ておきましょう。そんなに大きな変更は考えづらいですけど、選考内容の細かい部分などは変わる可能性があると思いますから。そういった部分についても自分でチェックをしておかないといけないのです。甲府市の公務員試験の難易度は全体の倍率でしか測れないので難しいですけど、全体が7倍弱くらいとなると、筆記が3倍で、面接が2倍くらいかな?って感じはします。これは私の予想ですけどね。そのくらいのパターンが多いような気がするのです。甲府市の筆記試験の面接は高くても3倍強くらいではないでしょうか?面接試験の方が倍率は低いと思いますけど、それでも2倍くらいはある気がします。だから、面接試験も普通に難しいと言えます。

 

甲府市の公務員試験の大卒程度の行政職は採用予定者数がそれなりにありますから、全体的な倍率は抑えられている気がしますけど、採用予定者数に関しても今後大きく変わる可能性がありますから。油断はしない方が良いです。やはり甲府市の場合には筆記試験のレベルが高そうです。ボーダーラインもどのくらいになるか?はちょっと想像しづらいですが。ただ、問題が簡単ではないと思うので、甲府市の公務員試験の筆記試験のボーダーラインは低いとは思えません。具体的にはちょっと予想しづらいですけど、5割5分とっていれば筆記試験を突破できる可能性はそこそこあるのではないでしょうか?問題のレベルにもよりますけど、その数字を超えるのが難しいんですけどね。だから、それくらいとりたいと思うのです。甲府市の公務員試験の筆記試験のボーダーラインは5割5分というのを1つの目安にしてもらうと良いと思います。ただ、5割5分を超えても安心というわけではないので、もっととれるように頑張ってほしいです。逆に5割くらいで通過する可能性もあります。市役所試験の場合には5割で通過する可能性もそこそこありますけどね。ただ、正確には予想できないのです。ただ、筆記試験の正確な倍率が分からないので、申し訳ないですがこういった微妙な予想しかできないのです。また一次試験は筆記試験のみで決まらない可能性もありますから、そこも知っておきましょう。甲府市の公務員試験の筆記試験の対策は絶対に必要なので、早めに取り組んでいきましょう。甲府市の筆記対策をしていかないと面接試験に進めませんからね。

 

そして、甲府市の公務員試験の難易度はそこそこ高い方だと思うのです。したがって、筆記対策を頑張らないといけませんが、そのためには過去問をしっかりとやっていかないといけません。甲府市は例年9月に採用試験を実施するみたいですが、そうなると市役所C日程になると思いますから、問題のレベルは地方上級ほど難しくはないですが、しっかりと勉強しないといけません。以下のような過去問を事前にやっておけば、本番のレベルに慣れることができるでしょうし、できない問題、苦手な問題を明確にして、本番までに弱点を補強しておけば、本番の点数を上げられる可能性がありますから、以下のような市役所試験の過去問を買って、それを早めに取り組んでおくと良いでしょう。最初はできないでも良いと思うのです。本番までにできる問題を増やせばいいのですから。ただ、そういったことをしていくためには早めに過去問に取り組んでいかないといけないので、そこも覚えておきましょう。

 

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事

就活のバイトで強みをアピールするには?学んだことや得たことの考え方

就活をするときにはアルバイトが有効になることもありますけど、アルバイトをネタにして就活を乗り切ろうとする人もいると思います。そういったときにはバイトを通じて得たいろいろな経験を企業に伝えてアピールをしていかないといけません。そういったときに重要なのは、バイトで何を学んだのか?ということです。就活ではバイトで得たことというのを生かして、自己PRなどを考えて、それをアピールしていくというのは常套手段ですけど、そういったことをするときにはやはりそのバイトから自分は何を得たのか?を考えないといけないと言えます。これが悩むところなのです。というのも、バイトで得たことというの何でも良いわけではありません。これは自己PRとしての内容になるわけです。この内容を面接などで話すときには、ばいとで得たことが強みにならないといけないので、その会社の業務内容にかかわるものであるということがベストになります。全く関係ないことを話してしまうと、すごいことは分かったけど、そのすごいことがうち(自社)でどう生きるの?ということになってしまうので、就活でバイトの学んだことを話すときには、そういう部分を考慮して選ばないといけないのです。

 

就活でバイトの学んだことを話すときには、それが自分が受ける会社での強みになるということが必要ですから、そこを意識して探していかないといけません。したがって、就活におけるバイトで何を学んだのか?という点に関しては、企業の業務との関連性が重要であり、特にこれといって関連性がないものを選ぶと、ほとんど評価されない可能性がありますから、気をつけましょう。とはいっても、バイトは仕事なので、そこで得たことがよほど特殊なものじゃない限りは、全く関連がないということも考えづらいですが。ただ、これには正解がないので、人によってどういう題材を選ぶか?は違います。バイト先の仕事内容によっても学んだことというのは違うでしょうし、同じバイト先でも、何を学んだのか?ということについては違う可能性があるからです。だから、いろいろな回答があって良いと思うのですが、共通なのはとにかく受ける企業の事業内容に共通点があるということです。その強みを生かせば、その会社の仕事で貢献できる面がある。会社にメリットを与えることができるというのが理想になるので、そういったことを考えていきましょう。

 

就活におけるバイトの強みというのは企業の軸に考えないといけないので、企業研究は必要です。バイトで得たことを先に考えるというよりは、企業ごとに企業研究をして、事業内容などから、それに生きるバイトで学んだことは何があるか?を考えていくと良いのです。そういったプロセスは必要だと思います。企業研究はある程度はやると思うのですが、就活のバイトの強みを考えるときにも必要なので覚えておきましょう。就職活動はこういった企業にアピールすることが本当に大切です。エントリーシートの項目1つや面接での質問1つは全部がそういったことにつながっています。全部が企業に対するアピールだと思っていないといけないのです。就活のバイトで何を学んだのか?ということについても同様に考えていきましょう。就活は内定を取るのが大変なので、企業の人事の印象に残るようなアピールができると良いと思います。就職活動はいかにして企業に自分を売り込むか?そして、いかにして自分の良さを伝えるか?が重要なので、そこは覚えておいてほしいと思います。

 

 就職活動ではバイトで得たことなどをアピールしていくことになりますけど、それはエントリーシートなどでも同じです。したがって、エントリーシートにおいてどうやって自分をアピールするのか?どうすれば評価してもらえるのか?というのを考える必要があります。そういったときにおすすめなのが以下の本だと思います。本書はエントリーシートの書き方に関しての本ですが、平凡に感じている内容を評価される内容として書くテクニックやエントリーシートの合否のポイント、どういう部分で評価が分かれるのか?どういうエントリーシートが通るのか?といった点について、人事のコメントつきで解説されています。あとはやはり実際に受かっている人の具体例が載っているので、そういったもの参考にできるという点は大きいと思いますし、他人のものを見て学べることがあると思いますから、内定を取るためにエントリーシートを特に磨きたい人は、良かったら参考にしてほしいと思います。

 

私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2018 エントリーシート編

私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2018 エントリーシート編