特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

岐阜県庁の公務員試験の難易度と筆記、面接の倍率やボーダーラインや募集人数について

岐阜県庁の公務員試験の難易度はどうなっているのか?それについて簡単に説明をしていきます。岐阜県の公務員試験は行政Ⅰと行政Ⅱというのがあって、これが事務職になると思いますが、募集人数が多いのは行政Ⅰの方ですね。こちらを受験する人が多いと思います。平成28年度の試験結果によると、岐阜県の行政Ⅰの募集人数は75人なので、かなり多いと言えます。行政Ⅰの方は倍率も低いですから、岐阜県の公務員試験の難易度もそこまでは高くないと言えるのではないでしょうか?岐阜県庁の公務員試験の倍率について言及をすると、行政Ⅰは3.5倍となっています。一方、行政Ⅱの方は18倍となっているので、かなり差があります。これは平成28年度のデータですが、今後そんなに変わることはないと思います。こういう部分というのは、岐阜県庁の行政Ⅰの採用予定者数の多さが理由になっていると思います。それによって、岐阜県の公務員試験の倍率は高くならないのです。岐阜県の公務員試験の難易度はこういった感じで、そこまで高くないように思いますけど、簡単ではないのでしっかりと勉強していかないといけません。

 

岐阜県の筆記試験の倍率はどうか?というと、平成28年のケースでは298人が受けて149人が合格しているので、2倍ですね。岐阜県の公務員試験の筆記試験の倍率は結構低いと言えると思います。筆記試験の倍率が2倍くらいだとすると、岐阜県の筆記試験のボーダーラインは高くなさそうですね。岐阜県の筆記試験は教養のみではなくて、専門試験まであると思うのですが、どれくらいが筆記のボーダーラインになるのかな?岐阜県の公務員試験の筆記の問題のレベルはそれなりに高いと思うので、5割いけば普通に可能性があるかな?という感じがします。岐阜県庁の公務員試験の筆記のボーダーラインは完全に予想できませんけど、そのくらいとれれば可能性がありそうな気がするのです。したがって、岐阜県の公務員試験の筆記対策では5割をまずは目指して勉強していきましょう。そして、岐阜県の公務員試験の行政Ⅰの面接試験の倍率は2倍もありません。平成28年度では142人が受験し、85人が最終合格です。つまり、1.7倍とか、その辺なのでしょうか?岐阜県の面接試験の倍率は非常に低いです。こうしてみると、岐阜県の公務員試験は筆記重視でもないですし、面接重視でもないです。どちらの倍率も2倍前後なので、岐阜県の公務員試験の倍率は全体としても低いですし、難易度はそこまで難しくないということになるでしょう。

 

岐阜県の公務員試験は採用予定者数も多いですし、全体の倍率も低いので、全国の都道府県庁の中でも難易度で言えば1番簡単に見えるかもしれません。倍率を基準にするとそうなるでしょうか?岐阜県の公務員試験は採用予定者数が多いですし、受かりやすい自治体と言えるかもしれません。岐阜県の筆記試験の倍率なども今後そこまで変化はないでしょう。だから、岐阜県の公務員試験の筆記のボーダーラインもそこまでは変わらないと思います。合格ラインもそこまで高くないと思うのですが、地方上級レベルならば問題のレベルはそこそこ高いので、筆記対策はちゃんとやっておかないといけないのです。岐阜県の筆記試験の合格最低点のようなものは低いとは思いますけど、問題のレベルを考慮すると、この岐阜県の筆記試験のボーダーラインを超えるのは簡単とは言えないと言える可能性もあるので、ちゃんと筆記対策をしていきましょう。岐阜県の公務員試験の難易度は易しい感じに見えるかもしれませんが、実際はそうとも言えない可能性があります。だから、筆記対策からきちんとこなしていかないといけないのです。

 

岐阜県の公務員試験の倍率などを見ると簡単な自治体に見えるかもしれませんが、まずは筆記試験を乗り越えないといけないので、筆記対策が重要です。あとは二次試験以降の試験内容についても、最新の受験案内で確認をしていきましょう。岐阜県庁の公務員試験の行政Ⅰに関しては二次試験で終了なので、基本的には一次試験で筆記試験で、二次試験は人物試験になると思いますけど、具体的な選考方法を確認しておくと良いでしょう。あとは岐阜県の公務員試験の筆記対策をしなければいけませんが、地方上級レベルの過去問を使って対策をしていくと良いでしょう。そのため以下で紹介しているような地方上級の過去問を使って勉強をしていくと、本番の試験で出るレベルの問題が分かりますし、それで何点取れるか?も分かりますし、できないところを補強していくことで合格の確率も上がるでしょうし、いろいろな使い方ができるので知っておきましょう。岐阜県の公務員試験を受ける人はこういった過去問を使っていくと良いと思います。

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事

みずほ銀行は難易度や倍率が高いが、就職したい人のための志望動機の考え方や作り方の例

ゲンダイの就活ではメガバンクへの就職を希望している人が非常に多くいるように感じます。例えば、みずほ銀行ですよ。ここは有名な銀行になりますが、知名度も会社の規模も抜群で、かなり安定しているイメージもあるかもしれませんが、このみずほ銀行に就職する難易度は極めて高いです。倍率も相当でしょうね。評判は必ずしも良いとは限りませんけど、それはどの会社においても変わらないと思うので、みずほ銀行に就職したい人は志望動機を確固たるものにしておいて、それを話さないといけません。みずほ銀行への就職の難易度は高いですが、どうしても就職したい人はやはり志望動機が重要です。ここがはっきりしていれば、いろいろな質問にも対応しやすくなると思うのです。みずほ銀行の面接での志望動機の考え方について簡単に紹介していきたいと思います。みずほ銀行の就職における志望動機の考え方のポイントは2つです。銀行を志望した理由とみずほ銀行を志望した理由が必要だと思うのです。面接官からすると、いきなりみずほ銀行の志望理由を話されるよりは、そうやって段階を追ってくれた方が分かりやすいと思いますから。

 

実際、みずほ銀行の志望動機の作り方では、この2つの段階を経て作っていきましょう。みずほ銀行への就職の難易度はかなり高いので、この志望動機の質で合否がかなり左右される可能性もあります。倍率も高いですからね。みずほ銀行の面接での志望動機の作り方では、まずは銀行を志望した理由について考えていきたいですが、こちらはきっかけみたいなものでも良いと思うのです。言うなれば、みずほ銀行を志望した理由よりは薄くても良いと思います。銀行を志望したきっかけを述べてから、本題のつもりでみずほ銀行を志望した理由を話していきましょう。銀行を志望したきっかけというとどんなのがあるのか?というと、私は経済学部出身なので、私がきっかけを考えるならば大学の授業とかを使います。実際、私の大学では民間企業の有名どころで働いている人が講師になって授業をしてくれる講義がいくつかあるんですよね。その中に銀行があったか?どうかは覚えていませんが、商社とか、海運とか、電力とか、マスコミとかがあったかな?そういった機会があったので、そういう部分をエピソードとして使うと思います。もちろん、それ以外でも良いですけどね。みずほ銀行に就職したい人は、まずは銀行を志望したきっかけを考えていきましょう。

 

銀行を志望したきっかけを考えたら、次はみずほ銀行でのエントリーシートや面接での志望動機を考えないといけませんが、みずほ銀行ならではという部分で言うならば、やはりメガバンクとしての影響力は欠かせないでしょう。みずほ銀行メガバンクなので、その影響力が他の銀行とはけた違いです。つまり、仕事内容によっては日本経済に重要な影響力をもたらすことができる可能性があり、そういう部分においてやりがいを感じられる可能性はあると思うのです。そこをみずほ銀行エントリーシートなどの志望動機の考え方にするという手もありますが、メガバンクは他にもありますから、みずほ銀行だけに該当する志望動機と言われるとまた難しいわけですよ。1番良いのはみずほ銀行でやっている事業内容を細かく調べてみると、他の銀行、他のメガバンクではやっていないようなことが見つかる可能性があります。それを挙げて、そのために自分が入社して貢献したいという思いを考えるのが良い気がします。みずほ銀行ならではの事業ってあるんじゃないか?と思うのです。銀行がやっていることってどこも同じようなことで、そういう部分を見つけるのは難しいかもしれませんが、探してみると良いと思います。

 

そのうえでそのみずほ銀行だからこそやっている仕事に関して、自分がなぜそこにかかわるべきなのか?を願望ではなく、適性という面から説明しておくと良いと思うのです。特定の仕事に関してそれをやりたいからではなく、それを自分がやるべきだからという観点で志望理由を考えていくべきなのです。みずほ銀行に就職したい人はやはり難易度がとても高いはずですから、志望動機の作り方1つでも差が出やすいと思うのです。これをやりたいから入社したいと言う人が多いと思うんですけど、やりたいのは分かるが、あなたにその資格や適性、必要な能力はあるの?という部分が分からない以上は、やりたいことがあるのは良いけど、だからといってそれで採用の決め手になるということはないのです。でも、自分にはこんな能力があって、その能力はこの事業のこんなところで生きると思う。そして、その事業に自分が携われれば、御社の利益や発展に貢献ができますよね?だから入社したいのです。と話せれば筋がかなり通っていると思いますし、そういう人を採用したいという気持ちになりやすいと思うのです。したがって、みずほ銀行エントリーシートや面接での志望動機の作り方では、自己PRを関連させて、自分の持つ能力などを志望動機に反映させるというやり方が良いと思うのです。

 

みずほ銀行への就職は倍率も高いですし、非常に難しいでしょう。みずほ銀行に就職したい人はエントリーシートから対策をしっかりとやっておかないといけませんが、そこでいきなり志望動機を聞かれる可能性もあるので、面接の前にすでにみずほ銀行の志望動機の作り方を考えておきましょう。そのときには自己PRも一緒に考えておくと良いのです。自己PRは別途聞かれると思いますけど、自己PRと志望動機をうまく融合させられれば、筋の通った話ができると思いますから。みずほ銀行での志望動機の考え方の例として参考にしたい方がいれば、してもらいたいと思いますが、他の考え方でもいいと思うので、自分が納得できる方法で考えてみてください。みずほ銀行への就職の難易度はとても高いですし、本当に入りたい人が多いので難しいとは思いますけど、頑張って選考にチャレンジしていきましょう。

 

就活生必携!銀行・信金・信組の特徴を理解するための本(2017年暫定版)

就活生必携!銀行・信金・信組の特徴を理解するための本(2017年暫定版)

 

 

あわせて読みたい記事

青森県の公務員試験の面接対策での受かる志望動機の考え方の例

青森県を受験する人は、面接対策ということで志望動機を考える必要があります。青森県庁の面接での志望動機の考え方に悩んでいる人もいるのではないでしょうか?公務員試験における面接の志望動機というのは、誰もが悩むところだと思いますけど、青森県で働きたい人は是非早めに志望動機を考えていってください。青森県の志望動機を考えるときには、個人的なアドバイスとしては地元であるということを強調しない方が良いと思います。地方上級は地元を受ける人が多いので、やはり愛着ある地元で働きたいということを志望動機に据える人がいますけど、私はそれはあまりおすすめしません。なぜならば、青森県を受ける人は基本的にほぼ全員が地元出身または在住だと思うのです。だから、地元であるとか、愛着があるとか、そういったことは受験者全員に共通しているようなものであり、全く差別化にならない、面接官の心に響かないと思うのです。また、そもそも地元で愛着があるという志望動機は、私は不適切な志望動機だと思うのです。

 

なぜか?というと、そもそも地元だから、愛着があるからという志望動機を聞いて、面接官が採りたい気持ちになるか?が問題なのです。面接官が欲しい人材というのはどういう人たちでしょう?メン悦感が採用をするときに気を付けること、気に掛けることの第1位は、その人が公務員として適当な能力、適性を有しているか?だと思います。そして第2位がすぐに辞めないこと、長く働いてくれるか?という点になるかな?と思います。でも、第1位にくるのは公務員として働かせて大丈夫か?ちゃんと働いてくれるか?だと思います。問題は地元で愛着があるからという志望理由が、そういった部分の確認になるか?というと、ならないと思うのです。公務員の志望動機はなぜ働きたいか?ではなくて、なぜ自分が働くべきなのか?を考えていくと、公務員として適切な評価されやすい志望動機になると考えます。青森県庁の公務員試験の志望動機の考え方の例の1つに、そういったところがあると思うので、地元や愛着というキーワードは極力出さないで、自分がなぜ青森県庁に必要なのか?を考えていきましょう。そうすると、評価されやすい青森県庁の志望動機になりやすいと思います。

 

やっぱり面接官の立場に立ってみたときに、青森県で働きたいので青森県を志望しましたと言う人と青森県にとって私が必要なので青森県を志望しましたと言うでは、後者の方が印象が良い気がします。もちろん、なぜ自分という人間が必要なのか?の説明はしないといけませんが、それがきtんとなされたならば、青森県で働きたいと言っている人間は、青森県で働きたい気持ちは伝わるが、その人がちゃんと青森県に貢献してくれるか?は分からないということになります。でも、青森県にとって自分が必要だと、ちゃんと根拠をもって話した人については、青森県に貢献してくれそうだという期待が持てますから、採用可能性も高まる気がするのです。青森県の公務員試験の志望理由を考えるときには、地元で愛着があるから働きたいということではなくて、青森県にとって自分が必要だと言える理由、自分が働けば青森県がもっとよくなる理由を述べて、だから私が青森県で働くべきなのです!というような感じで考えると良いと思います。そのためには自己PRと絡めて、青森県の政策について調べていく必要がありますけどね。

 

青森県で行っている取り組みを調べて、その中で自分の強みなどを生かせる部分はないか?を考えます。そして、それがあればその強みを生かして、青森県で特定の政策や取り組みに対して自分が参加できれば、よりいい方向に進んでいくという説明がしやすいと思います。青森県がより良い方向に進んでいくならば、それは青森県にとっても望ましいことなので、だから私は青森県を志望しますと話せれば、青森県の面接での志望理由は結構いい形になると思うのです。青森県の面接対策での志望動機の考え方の例として挙げてみましたが、少なくとも地元や愛着というキーワードは出さない方が良いと思うので、面接対策をするときから気を付けてください。青森県の公務員試験では自己PRと志望動機の考え方は重要で、ここが面接での核になるので、ここを時間をかけて考えていくべきです。そのうえでそれ以外の質問への対策もしていってほしいですが、青森県の公務員試験の面接を受ける人は、青森県在住か出身者が多いと思うので、どうしても地元や愛着を全面に出して志望理由を考えたくなる人が出てくるかもしれませんが、そこは我慢をして、自分が青森県で働くことでどんなメリットがあるのか?を志望動機の中心にしてほしいと思うのです。

 

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2018年度

公務員試験 現職採点官が教える! 合格面接術 2018年度

 

 

あわせて読みたい記事

佐世保市の公務員試験の面接対策で受かるための志望動機の考え方の例は?

佐世保市の公務員試験を受験する方は、面接対策として志望動機を考えていった方が良いと思いますが、佐世保市を受けるときの志望動機の考え方はどういったものがあるでしょうか?佐世保市というのは県内では比較的規模が大きい自治体になると思いますけど、ここの自治体においては割と特徴的な部分もあると思うのです。佐世保市の公務員試験の面接対策における志望動機は、佐世保市の取り組みを調べるところからスタートした方が良いと思います。佐世保市ではどんなことを行っているかそこをまず詳しく調べてみる必要があると思います。佐世保市は県自体が海に面していて、その景観に関してかなり特徴的な街になると思います。いろいろな地域でそれぞれの素晴らしい景観というものがあると思うのですが、佐世保市においてもその点は負けていないと言えるのではないでしょうか?実際、佐世保市のホームページには景観に関する取り組みが載っています。

 

別に景観に関する志望動機を考えないといけないわけではないですけど、佐世保市の志望理由の例として、そういった考え方もあるということは知っておいてほしいのです。佐世保市のホームページにおいても、みんなが暮らす街の中にある景観の良さを生かしながら、まちづくりを行っていきたいという旨のことが書かれているので、佐世保市としてはそこは昔からずっと取り組んでいる、こだわりのある部分なのではないか?と思います。佐世保市の数ある政策の中でも、まちづくりにおける景観は1つ志望理由の考え方の例として使えそうな気がするのです。佐世保市のホームページには、自治体の景観はみんなの意見を取り入れながら、みんなの合意をもとに作り上げていくものということが書かれており、いろいろな人の意見というのも必要とされています。それは住民だけではなく、公務員としての内部の人たちからの意見もそうでしょう。したがって、そこが佐世保市の面接での志望動機になってもいいんじゃないか?と思います。こんな景観にしてみたいという、自分なりの佐世保市のあり方の理想像があるような人は、それを実現してみたいという思いを込めて、佐世保市で働きたいという思いを伝えるべきだと思うのです。

 

ただ、そういったことを考えるときには、自分の希望のみを入れるということはしない方が良いと思います。基本的に入れてほしいのは、なぜその景観が良いのか?ということです。そういった景観を選んだ理由というか、合理的な面が見いだせるか?がポイントになります。したがって、そういったところがあるか?どうかがポイントになるのです。そういった景観を選んだ理由などを具体的に説明する必要がありますけど、そのときにはその景観を実現することで、佐世保市にとってどういうメリットがあるのか?を話さないといけません。それは別の観点から述べた志望動機でも同じです。景観以外を理由に働きたいことについて語るときには、佐世保市で行っている取り組みや政策などに言及するときには、自分がやってみたい仕事ややりたいことをすることで、佐世保市にとってどんなメリットがあるか?を考えないといけません。そこを佐世保市の面接対策の志望動機の考え方の例として覚えておいてください。景観を題材にしたのは1つの例なので、それ以外でも良いと思います。

 

公務員試験の面接対策をするときには、面接対策本を利用することが多いと思いますけど、そのときにおすすめなのは以下のものになります。佐世保市の公務員試験の面接対策をするときにも使える一冊になると思います。本書は初めて公務員試験の面接対策をするときに基礎から学べる本で、そこから合格レベルまで持って行くことがしやすいと思います。公務員試験の面接の基礎知識から、面接の流れ、注意するポイント、実際に効かれる質問、面接カードの書き方など、幅広く公務員試験の面接対策に関して学ぶことができます。特に読んでもらいたいのは公務員試験の面接官が採用したいと思っている受験生のポイントという箇所で、スクラッチくじを例にして、どういう人を採用したいと思っているのか?について解説しています、それを読めば、どういった面接対策をして本番に臨めば面接官から見て採用したい人材に思ってもらえるのか?が分かりますから、結果的に内定を貰える可能性も上がると思います。良かったら参考にしてみてください。

 

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

 

 

あわせて読みたい記事

北海道庁の面接対策で必要な志望動機は自己PR、やってみたい仕事や政策と関連させよう

北海道庁を受験する人は面接においての志望動機を考えていかないといけません。北海道の公務員試験の面接対策ではやはり中心となるのは自己PRと志望動機だと思いますが、特に志望動機に関してはどうやって考えれば良いのか?という点が特に難しいと思います。北海道庁を受ける人はやはりそこに住んでいる人や出身者という人が多いと思いますけど、改めてそこで働くときの理由を問われると、なかなか難しい面があると思うのです。北海道庁で働く理由を考えるときには、結局はまずその自治体について詳しく調べないといけません。そこから始める必要があると思います。北海道に住んでいる人やそこが出身地という人も、どこまで北海道に詳しいか?は分かりませんし、特に自治体がやっていることについては知らないこともたくさんあるはずです。そうなると、やはり北海道庁の自治体としての取り組みやそもそも抱えている問題などについてまずは調べる必要性があると言えるでしょう。そのうえで志望動機を考えていくと良いと思うのです。北海道庁の公務員の志望動機は考え方とは他の自治体と変わらないと思いますが、北海道庁ならではの部分がどうしても含まれてくると思います。

 

北海道庁の志望動機を考えるときには自分という人間と北海道庁の自治体をいかにリンクさせるか?が重要です。自分と北海道庁の共通点を見出して、そこを上手くつなげていくと良い志望動機ができるのではないでしょうか?これは民間企業の志望動機を考えるときも共通のやり方で、1番しっくりくる志望動機の作り方になるのではないか?と思うのです。北海道庁について調べるために、ホームページなどを見ましょう。そこでは北海道庁が今何をやっているのか?に関しての取り組みが書かれています。では、ここで質問です。北海道庁が新たに公務員を採用する目的って何ですか?それはやてもらいたい仕事があるからなんです。その人員を補充する目的で、新規で公務員を採用します。で、そのやってもらいたい仕事って何か?というと、実はホームページに載っているものもその一例になるんです。もちろん、そこに書かれていない取り組みなどもやることになるとは思いますけど。

 

そうなると、北海道庁のホームページに載っているような政策というか、取り組みはみなさんがこれから携わるかもしれない仕事になるわけです。つまり、すでに存在に対してあなたがそれをやってみたいと思ったならば、それは北海道庁とあなたの間につながりが生まれる、リンクされた状態になると言えると思います。というのも、ホームページに書かれている取り組みは北海道庁にとって必要な仕事であり、それをやってもらう、それに携わってもらうという意味合いも込めて、新規で公務員を募集している部分もあるわけです。だから、自分が北海道庁で働くべき理由というのは、北海道庁が必要としている仕事を全うするためという意味合いも込められるわけです。でも、ここで重要なのは自分がその北海道庁の取り組みに関して適性を持っているか?という部分です。やりたい仕事ややってみたいことがあったとしても、だからといって任してもらえるわけではないじゃないですか?そこには向いているか?どうかという適性の問題があるわけです。したがって、北海道庁の面接での志望動機の考え方においては、この適性という部分も組み込む必要があると言えます。

 

北海道庁の面接対策で必要な志望動機の考え方においては北海道庁で実際にやっている取り組みを調べて、そのうえで自分がそれに携わることの意味を、適性という部分で証明してあげるのが重要になります。つまり、自己PRと関連させて志望動機を作るということになります。北海道庁でやっている取り組みに関して、自分は過去に経験や実績から行為能力があると言える。そして、その能力はその取り組みに携わるときに役立つものである。そんな自分が北海道庁のその取り組みや政策に携わることができれば、北海道という街や住民に対して貢献ができるはずである。だから、私は北海道庁で働きたいと思った。という感じで志望動機を作ると良いのではないでしょうか?北海道庁での面接の志望動機は自己PRと関連させることによって、良いものが出来上がると思います。北海道庁の志望動機の考え方の例としては、やってみたい仕事ややりたい政策などを探して、そこに自分の中の適性を見出して、それをアピールするというのが良いと思います。

 

公務員試験の面接対策はいろいろと大変だと思いますけど、やはり想定質問を考えるときというのは、特に大変ではないでしょうか?どういったことが聞かれるか?について予測して、その回答を考えるというのは、多くがやると面ますけど、そのときに参考にしたい本があるので、紹介しておきたいと思います。以下の本は公務員試験の事務職における頻出質問からマイナーな質問までをまとめた本で、60個以上の想定質問が載っているという点が特徴的です。実際の面接では予想通りの質問もきますが、全く予想していない質問がくることもあります。そのときに答えに詰まるような人ときちんと答えられるような人では評価が変わる可能性があるのです。すなわち、他の受験生が対策していないようなマイナーな質問まで対策をしておくと、他が答えられないけど自分だけが答えられるといった状況が存在する可能性がありますから、そこが評価を分けて合格につながる可能性もあります。したがって、公務試験の面接対策におけるマイナーな質問までを扱っている本書は読むが価値があると言えるのではないか?と思います。

 

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2018年度

大卒程度公務員 面接対策ハンドブック 2018年度

 

 

あわせて読みたい記事

内定辞退をして大学に連絡されるとという脅しを受けたら?大学に迷惑や後輩に影響は気にする必要ない

内定辞退をすると大学に連絡がいくケースがあると言います。可能性としてはかなり低いですけど、そういった可能性は考えられます。内定辞退された腹いせなのか?は分かりませんが、人事が学生の大学に連絡をするというのです。何を連絡するのか?は知りませんけど、連絡された場合には大学から自分に何か注意が来るのではないか?という可能性も考えられます。でも、法的に問題のない内定辞退をすれば、本来は大学に連絡をされても問題ないんですけどね。人事が嘘偽りの内容を大学に話さない限りは。その内容も証拠がないということも考えられるので、大学側が真に受けるか?は分かりませんが。ただ、ここで1つ問題なのは、内定辞退をして大学に連絡するケースでは、大学としては後輩に影響が出るのは避けたいと思っている可能性が高いです。

 

大学としては、来年以降の大学の就職実績が大切なので、それに影響が出るようなことは避けてほしいというのが本音でしょう。したがって、自分としては問題ない内定辞退をしたと思っても、大学に連絡がいくと、何らかの注意をされる可能性はあります。でも、自分としては問題ない内定辞退をしているのに、何で?と思うこともあるでしょう。これが大人の社会しがらみなのです。特定の企業から嫌われると、その大学の就職実績に大きく影響しますから、そのことを大学側が避けたいと思うはずなのです。だからこそ、そういったことで脅して、内定辞退をやめさせようとするケースもあるかもしれません。お前の大学からは採用しない!と言われたら、たいていの学生は大学や後輩に迷惑がかかると脅しに乗ってしまう可能性があるのです。そういった弱みにつけこむ人事がいるかもしれないので、注意してください。でも、内定辞退でこういう脅しがあっても別に真に受ける必要はないです。内定辞退をして大学に迷惑がかかるとしても、あなたは悪くないわけですから。そんなこと知らんがなって話ですよ。

 

それに特定の大学から今後採用がされなくなるということは、それ以外の大学の学生の採用可能性が上がるわけでしょう?だから、全体で見たらプラマイ0ですよ。だから、内定辞退をして特定の大学からは採用しないと言われても、その大学の後輩は迷惑かもしれませんが、他の大学の学生は喜ぶというか、恩恵があるわけですから、プラマイ0です。だから、気にする必要ないと思います。だいたい、こんな脅しを受けて、大学や後輩に迷惑をかけてはいけないから内定辞退ができないなんてことが正当化されたら困りますよ。それって他の従業員に迷惑がかかるから、有給休暇が使えないという状況とほとんど同じだと思います。他の人に迷惑がかかるからということを引き合いに出されたら、何もできません。それこそ企業の思うつぼなのです。だから、そういった脅しをかけてくる企業は内定辞退をすべきと言えると思います。そこで働いて明るい未来が見えるとは到底思えません。だから、内定辞退をして後輩に影響があるとしても、内定辞退をしても構わないはずです。後輩に影響がないってことは、他の大学の学生にも影響がないので、こっちもプラマイ0になるわけです。

 

どっちをとって同じならば、内定辞退をしても問題ないと思いますけどね。私ならばそんな脅しをかけてくる企業に後輩が採用されないならば、むしろ、安心感がありますけどね。それも結局他の大学の学生が採用されるのだから、プラマイ0なんですけど。だから内定辞退をして大学に連絡をすると言われても、それは脅しなので、それにつられてはいけないと思います。正直言って、この問題に関しては大学が味方してくれるとは限りません。味方をすると、大学の合格実績に響く可能性があるので、味方ができない可能性もあります。だから、こういったトラブルでは大学に報告をしても良いかもしれませんけど、頼りにならない可能性もあるので、そこも考えておきましょう。内定辞退をして、大学に迷惑になるというのは、しょうがないでしょう。そこを気にしていたら、ガチで有給休暇も使えませんし、風邪をひいているのに会社休めないとか、それと同じですからね。そういう脅しをかけてきているということを今一度理解して、そういった脅しに屈しないような人じゃないと、社会人としてやっていけない可能性があります。これは脅しでもなんでもなく、現実的な話です。会社に屈服し続けると、良いように利用されるだけの可能性があるので、内定辞退をして大学に迷惑や後輩に影響があるとしても、そういうことを言ってくる企業ほど内定辞退をして回避しないといけないと思います。内定辞退をするときには、本当に広い視点を持って、考えていってほしいと思います。こういったことを言われたときには参考にしてみてください。

 

脱社畜の働き方~会社に人生を支配されない34の思考法
 

 

あわせて読みたい記事

日本は女尊男卑の社会?女性が優遇されすぎ、優遇しすぎと感じる女性が多くいるという現状

現代日本は女尊男卑の時代ではないか?と言われることもありますし、実際に有名人がそのような発言をすることもあります。タレントが実際にそのような声を挙げることもあり、女性自身が女性は優遇されすぎと主張しているのです。非常に珍しいことかもしれませんが、日本では女性自身が女性は優遇しすぎと感じることがあるようなのです。それが「フィフィ 「女尊男卑」の日本社会に怒り「海外では許されません」 - ライブドアニュース」の記事にも載っています。

 

>国をあげての「女尊男卑」の時代である。女性優先採用や女性限定採用はもはや珍しくなくなっているが、就職以前の大学受験でも、大阪電通大公募推薦入試で女子受験生に「最初から点数を加点」する制度を導入するなど、女性優先合格が進んでいる。  

(中略)

こうした現状について、エジプト出身の女性タレント・フィフィは「日本は女ってだけで優遇されている!」とお怒りである。 「日本では女性という生き物を優遇しなければいけないという考え方が行き過ぎて“逆差別”ともいえるほどに女性の声に男性が敏感になっている。日本は女性に優しい社会なのでその環境に甘える女性が生まれてしまっているように思えます。  

ですが、それは必ずしも女性が実力で勝ち取った権利でもなければ、居場所でもない。女性のためになりません。現在の制度や法律をみると、男女の差は全くないと言っていいにもかかわらず、“女性だからいろいろ大変なんだ”“女性だから不利だ”と、都合が悪くなると女性が『差別だ!』と声をあげやすい空気がある。こんなことは海外ではなかなか許されません」

 

日本の場合には女性は優遇され過ぎということをフィフィさんは感じており、そこに妥当性がないという認識なのでしょう。個人的に思うのは、女性を優遇することが一概にいけないとは思わない。特に民間企業が優遇するのは別に良いと思うんですよ。それは女性を優遇することが目的ではなくて、経営のために女性を優遇した方が有利だと考えたからなんですよね。だから、女性を優遇するのは手段であって目的ではないというのが、民間企業だと思います。記事に載っている電気通信大学の例に関しても、女性優遇をやめたところで、結局誰かが優遇されるのだから、あまり論じる意味はないと思っています。公募推薦で言うならば、面接があるから面接が得意な人が優遇されているわけですよ。それが女性であるから優遇されるに変わるだけなので、別に問題視する必要性はそこまでないと思っています。しかし、公的な機関が特定の層を優遇するならば、それは必要性がないといけないと思うのです。

 

例えば、警察官において女性警察官が一定数採用されるわけですが、男性の中に女性警察官として採用された人よりも優秀な人がいたとしても、女性警察官が絶対に一定数は必要ならば、その一定数の限りにおいて、女性を優先的に採用するというのはありだと思います。ありというか、しょうがないと思います。でも、そういった必要性がないのに、公的な機関が女性を優遇しすぎと思えるようなやり方をしていたら、個人的には問題だと思うんですよね。公務員の話で言うならば、裁判所職員の採用は女性が優遇されすぎという状況はよく指摘されています。今もそうなのか?は分かりませんが、男性と女性では面接の通過率に差がありすぎるという点が指摘されており、女性受験生の8割以上が面接に通過しているなんて年もあったくらいです。一方で男性は2割以下とかかな?結局、これは女性優遇なのか?分かりませんが、これによって男性は逆差別を受けている状態になているようにも思えるのです。もし本当に裁判所職員が女性優遇をやっていたら、男性の逆差別が起きていることになるので大問題ですよね。裁判所職員は、警察官と違って女性を多く採用しないといけない理由ってそんなにないと思うんですよ。

 

だから、こういったケースは女性を優遇する必要がないのに、優遇しているという点で問題だと思うのです。実際、優遇しているのか?の証拠はないですけどね。結果がそうなっているように見えるだけで、優遇した結果そうなったのか?は分かりませんから。でも、疑念は残ります。だから、レディースデーとかは大して問題とは思いません。企業の売り上げを伸ばしていかないといけないので、女性を優遇した方がそれが達成できると思ったからやっただけであり、女性を優遇したくてやったわけではないのです。だから、野球場で女性優遇のイベントとかありますけど、あれだって女性は男性と比べて野球を観戦しないから、呼び込める余地が残っているということで実施しているわけです。だから、別に差別ではないのです。男性が野球場に来ないときに、同様のイベントをやらなかったら男女差別になりそうですが、現状は男性は放っておいても野球場にたくさんくるため、男性を優遇する意味がないからやってないだけなのです。

 

だから、日本において女性は優遇されすぎと言われることもありますが、それが現実的に妥当だと思うのは一部だと思います。私も全てのケースを知っているわけではないです。パッと思いつくのがこれくらいであって、女性の優遇や女尊男卑の社会は男性への逆差別にもなりかねないから、声を挙げている人もいるわけですけど、女性を優遇しすぎという状況が生まれるのは、女性を優遇することによって得する人がいるからということになってしまいます。得する人がいる場合に自らの意思でやる場合には良いと思うのです。強制的に女性優遇をやらされたら問題だなと思います。男女雇用機会均等法とかは、それを企業に強制している面があるような気がしますが。日本は女性をを優遇しすぎなのか?は分からないですが、その優遇策のすべてが悪いとは思いません。

 

世の中は常にトレードオフの関係で成り立っていて、得をする人がいれば損をする人がいるので、女性を優遇すれば、男性が損をする可能性もありますけど、それって面接でコミュニケーション能力のある人を優遇すれば、相対的にそれがない人は損をするのと変わらないと思います。企業がコミュニケーション能力のある人を優遇するのは経営のためであって、レディースデーとかを開催する理由と同じです。そして、コミュニケーション能力のある人を企業が優遇している現状に文句を言う人はほとんどいません。さらに女性優遇と起きていることはほとんど変わりません。何を基準に優遇するか?の違いだけです。だから、私はこういったケースならば、女性優遇は良いと思いますよ。

 

皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!

皿洗いするの、どっち? 目指せ、家庭内男女平等!

 

 

あわせて読みたい記事