特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

近畿大学の評判や評価は高い?就職率や就職実績などで公務員や就職に強い、有利と言える可能性がある

近畿大学というのは非常に関西では有名な大学ですが、学部の数がとても多いですし、学生の数がとても多いことで有名です。近畿大学というのは関西の人間ならば多くが知っていると思いますし、知名度も全国的です。近畿大学は関西での評価はかなり高そうですし、それが就職などにもつながっている面はあると思います。近畿大学は就職に強いと言えるか?どうかはそれぞれの人の評価によりますが、大学名が有名で、かつ大学の偏差値もそれなりに高いので、普通に評判は良いでしょうね。関西の企業ならば近畿大学の評判はかなり良いと言えると思います。近畿大学は最近は関西大学にレベルが産近甲龍ではなくて、関関同立に近づいてきていると言われています。産近甲龍のレベルから一歩抜きんでた存在になってきているため、近畿大学の評価も上がってきていると思うのです。関東での就職は分かりませんけど、関西においては近畿大学の就職実績は普通に良いでしょう。これはホームページを見てみれば分かると思いますけど、大企業への就職も可能でしょうし、近畿大学は就職に強いと言える要素はあると思います。卒業生が多いというのもその1つかもしれませんけど、やっぱり近畿大学のブランドは特に有利に働くでしょう。

 

近畿大学の偏差値も上がってきているみたいですし、大学自体のレベルが上がると評価も上がりますよね。それによって近畿大学の企業の見方なども変わりつつあるかもしれませんが、元から有名な大学なので大きな変化はないかもしれません。関西においては就職に有利になる可能性もありますが、大企業に就職できるか?に関しては大学名よりは本人の努力などの方が大切ではないか?と思いますから、就職活動に関しては頑張っていかないといけません。ちなみに近畿大学は公務員にも強い可能性もあります。警察官の合格者数が全国3位という実績があります。学生数が多いからというのも理由の1つにはあるかもしれませんが、周りに警察官志望の人が多いというのは大きいでしょう。警察官を目指すときのモチベーションになるかもしれないですね。それ以外の公務員に関しても合格者数という意味では結構多いと思うので、近畿大学の公務員に関する合格者数の実績は結構良さそうですね。公務員になりたいと思っていて、近畿大学が気になっている人はホームページなどを詳しく調べてみると良いと思いますが、警察官と同様に公務員の講座などが充実している可能性もあります。

 

でも、近畿大学の就職実績に関してはページが結構充実している印象ですね。細かく書かれているので、就職状況などが分かりやすいです。それだけ近畿大学は就職支援が充実しているということも言えるかと思いますが。そういったところについても近畿大学の評判として定着しているのではないか?と思います。実際、近畿大学の医学部を除いた全学部の就職率は平成28年のデータだと97.6%となっているのです。近畿大学は就職に強いと言える面があるということになります。あと、大企業(従業員数が500人以上)への就職率が58.7%となっているのですが、これは本当なんですかね?2人に1人が大企業に内定を貰っているということですか?大企業って世の中の1%とかだと思うのですが、本当なのかな?就職率の算定の仕方が気になるところです。ただ、近畿大学の就職実績がそれなりに良いということは言えるのではないか?と思います。近畿大学の就職率についても評価できると思いますし、近畿大学の魅力は大きいと感じられると思います。近畿大学の就職状況などを自分でも確認しておくと、その魅力がより実感できると思います。近畿大学は頭いい大学という見方をする人も近年は増えてきている気がします。関関同立に近づいてきていますからね。産近甲龍という括りが有名なため、今後も産近甲龍として扱われる気がしますが、関東で言うところの上智大学みたいな状況だと思います。早慶につくのか?MARCHの方に近いのか?微妙な立ち位置ということで、近畿大学関関同立産近甲龍どっちが相応しいのか?というのが割れやすい時代になってきていると思うのです。

 

近畿大学の偏差値の上昇により、レベルが上がってきているということを多くが認識している状態ですから、それだけ近畿大学の評価が上がってきているということが言えるでしょう。近畿大学近畿大学でしか学べないことを扱った学部学科もありますし、それだけ魅力が大きい大学ということが言えると思います。そういった点は就職での企業からの評価にもつながっていると思います。近畿大学に入れば就職に有利と言える余地もあるとは思いますが、大学名に依存しすぎると結果が出ない可能性もあります。また、公務員に関しても警察官の合格者数を出しましたけど、それ以外の市役所の公務員などの合格者数もそれなりにはあるでしょう。近畿大学のホームページには公務員試験の対策講座の一覧も載っていて、公務員を目指す人たちの支援を大学がしているということがよく分かります。他の大学と比べてどうか?という部分はちょっと分かりませんけど、近畿大学では公務員試験の対策の支援をしているので、そこも魅力の1つになると思います。気になる方は近畿大学の就職実績や公務員試験の合格者数のデータを調べてみると良いでしょう。近畿大学に入りたい人はやはり赤本などをしっかりと解いて、過去問で合格点をとるしかありませんから、しっかりと努力をする必要があるでしょう。簡単には入れる大学ということではないので、勉強は必要と言えると思います。

 

近畿大学・近畿大学短期大学部(一般入試前期〈医学部を除く〉) (2018年版大学入試シリーズ)

近畿大学・近畿大学短期大学部(一般入試前期〈医学部を除く〉) (2018年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事

日本大学の評判は就職に強い?公務員試験に有利?就職実績や就職支援や公務員の対策は充実している可能性があるが

日本大学というのは非常に学生が多いことでも有名です。だから、就職に強いということが言われたりもしています。実際、日本大学は就職に強いのか?というと、強いと言える部分もあるというのが正解でしょうね。強いと言える部分に関しては多くの大学にあります。だから、それを日本大学も持っているというだけであって、だから日本大学が就職に強いか?というと、それはまた別の話なのです。強いか?どうかは相対的な比較であって、Fランク大学よりは強いかもしれないが、早慶より強いか?っていうと、う~ん・・・って感じではないでしょうか?だから、就職に強い大学か?どうかの議論は比較対象によっていくらでも変わります。では、日本大学が就職に強いと言われるゆえんは何なのか?というと、卒業生が多くて、全国各地で活躍している人材が多いから。というのが1つあるでしょうか?日本大学の評判ではここが挙げられる機会が多いです。実際、卒業生が多いことが就職に有利になっているか?という証拠はないですが、可能性として考えられるということで、そこが日本大学の就職の評価になっているのです。日本大学は頭いいと言えるレベルの境目くらいだと思うのです。偏差値を50を超えている学部がほとんどなので、上と下の2分で考えれば頭いい方に入りますが、間に中を入れて3分して考えると、真ん中くらいかな?って考える人もいそうなので、学歴フィルター的には不利になる可能性もなくはないです。

 

ただ、企業のイメージから言うと、日本大学は頭いいと言えるレベルに入っている可能性もあるので、不利にならない方が多いのではないでしょうか?日本大学の就職実績とかを見れば分かると思いますけど、大企業にも入れますからね。というか、あれだけ学生数がいれば大企業に入る人がいるだろうという予測も成り立つかもしれませんが。日本大学が就職に有利なのか?は結局その人次第ということも言えるので、大学の名前がそこまで有利に働いているか?は予測しかできませんが、少なくとも不利にはならないだろうなとは思います。日本大学は学生数が多いので就職支援がどこまで行き届くか?はちょっと分かりません。学生数が少ない大学の方が就職支援は充実しやすいのです。職員が1人1人に向けて細かいケアをすることがしやすいですから。そういう意味では日本大学の就職支援はどの程度充実しているか?は分かりませんけど、この大学の場合には珍しい部分があって、学部ごとにキャンパスが細かく分かれているので、1つのキャンパスの学生数は実はあまり多くないのです。そういう意味では就職支援が結構充実していると見ることができる部分もあるとは思います。日本大学の就職の評価というのはちょっと難しいですね。

 

日本大学の就職実績は評価の仕方が難しいという意味では、日本大学に入れば就職が有利になるとは必ずしも言い切れませんが、それは他の大学も同じですね。就職実績の比較に関しては学生数が多い大学の方が有利です。ただ、就職率に関しては学生数は関係ないので、ある程度平等に見られるかもしれませんけど、就職率の出し方がそれぞれの大学で違う可能性があるので、結局こういう指標はどの程度信用できるのか?という部分が分からなくなっているのです。日本大学の就職率に関しても、算定の仕方が分からないと評価のしようがないという部分はあるかもしれないですね。つまり、就職実績や就職率などの結果から就職に強いか?の評価を決めることは難しいということです。でも、日本大学の卒業生の多さの部分や名が売れているところはそうじゃない大学よりは有利というのはあるとは思います。それがどの程度有利なのか?が分かりづらいだけで。日本大学は公務員試験の対策に関しても力を入れているというのはあると思います。そこも日本大学の評判の1つですね。ただ、公務員試験の対策に力を入れているのは分かるんだけど、これも比較の問題で、じゃあ他大学と比べてどの程度それがすごいのか?っていうのは、比較ができないですよね。だって、数値で出るものじゃないから、公務員試験の対策の力の入れ具合に優劣を見出すのは難しいのです。

 

日本大学は大学として公務員試験の支援はしているということであって、それがどの程度優れているのか?とか、他の大学と比べてどうなのか?というのは、個々人の感覚の問題になってしまいます。公務員試験の合格者数とかであれば、ホームページとかにも載っていますけど、これに関してもさっきと同じで学生数が多いほど有利なので、それをどこまで評価して良いのか?は意見が分かれるところだと思います。公務員試験は民間企業と違って、大学名がほぼ関係ないので、日本大学という名前がほぼ有利に働かないと思います。日本大学の評判は民間企業ほどは通用しない可能性があるということが言えると思います。公務員試験は筆記試験が難しいので頭いい人じゃないと受からないみたいなイメージの人もいるかもしれませんが、頭いい人であってもちゃんと勉強しないと受からないと思います。特に文系は理系の科目も勉強しないといけないので、頭いいことに越したことはないけど、勉強をしないといけないのは全員共通だと思った方が良いでしょう。だから、面接なども含めて大学名というのがあまり関係ないです。民間企業と比べたら大分有利、不利の問題は起きづらいと思います。ただ、人間というのは1度作った実績を落としたなくないという心理が絶対にあるはずですから、公務員試験の合格者数において実績がある大学はその実績を維持するために、普通に考えたら対策に力を入れるはずです。だから、実績が上位にある日本大学の場合では公務員試験の支援はかなり力を入れていると言って良いと思います。

 

日本大学が公務員試験の合格者数が多いのは、学生数が多いから受験者数も自動的に多くなるという部分が理由の1つではあるかもしれないけど、そういったことが実績につながっているとしても、1度できた実績を維持したい心理は大学関係者にもあるはずなので、公務員試験を受けるにあたって有利になる面があると言えるのではないか?と思います。就職や公務員において実績がある日本大学はそれだけ評判が良いと言える面もありますけど、それをどこまで評価して良いか?というと、単純に実績を見るべきではないと思います。ただ、日本大学が就職に強いとか、公務員試験に強いと言える要素は少なからずあるとは言えると思うので、そこが評価されているのかな?とは思います。日本大学が就職に有利だったり、公務員試験に強いということは高校生にとっては魅力に感じるかもしれません。今は公務員を目指す人がかなり増えているので、そういう意味では公務員試験の対策に力を入れている可能性を見出せる大学というのはかなり意味を感じられると思います。日本大学に入りたい人は結構いると思いますけど、卒業後のことを考えたらそこが魅力になるのではないでしょうか?ただ、日本大学は簡単に受かるわけではないので、ちゃんと勉強をしないといけません。赤本などを買って過去問を解いて受かるレベルにまで仕上げていかないと、日大生にはなれないのです。

 

日本大学(経済学部) (2017年版大学入試シリーズ)

日本大学(経済学部) (2017年版大学入試シリーズ)

 
日本大学(文理学部〈文系〉) (2017年版大学入試シリーズ)

日本大学(文理学部〈文系〉) (2017年版大学入試シリーズ)

 
日本大学(商学部) (2017年版大学入試シリーズ)

日本大学(商学部) (2017年版大学入試シリーズ)

 
日本大学(法学部) (2017年版大学入試シリーズ)

日本大学(法学部) (2017年版大学入試シリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事

内定辞退のやり方、伝え方は電話のみでも、緊張や恐怖で電話したくないときはメールのみでも良い

内定辞退をするときにはどういった手段でやるべきか?というのは決まっているのか?というと、電話で行う人が多い気がしますね。というのも、電話ですべきという感じの雰囲気がありますからね。ただ、電話が内定辞退のベストな方法か?というと、そうとも限らないと思います。内定辞退のやり方では電話したくないと考えている人も多くいると思います。電話は1番に考える方法かもしれませんが、1番選びたくない方法でしょう。というのも、相手がすんなりOKしてくれないときには、1番恐怖を感じる手段になるからです。相手の声が聞こえるというのは非常に恐怖感がありますよね。だから、内定辞退では電話したくないと考える人が多いのです。メールならば難易度が下がると思います。内定辞退は電話だけしておけばとりあえず問題は起きないというか、手段に関しては問題ない扱いになりそうですけど、問題はその電話ができない人がいるということです。昨今の内定辞退のトラブルを見ていると、そりゃ電話したくないと思ってしまうのは仕方ないと思います。何言われるか?分からないので。だから、内定辞退のやり方に関してはいろいろな問題を孕んでいるのです。

 

そういった意味では、電話をするのだけは勘弁という人もいるでしょう。ただ、内定辞退は電話はしないという方法でも大丈夫だと思いますけどね。というのも、内定辞退をするときには電話は逆に迷惑という部分もありますけどね。内定辞退は電話以外ではメールという手段もあります。電話を選択するメリットとしては確実に相手に伝わることくらいでしょうか?内定辞退では電話のみという選択肢もありますが、メールのみという選択肢もあります。内定辞退のやり方ではいくつかの方法がありますけど、電話しないという選択肢をとる場合にはメールが1番おすすめと言えると思います。内定辞退では電話しない人は少数派かもしれませんけど、それは電話が常識だと思っている人が多いから。というだけだと思うのです。私はメールで良いというか、メールの方が良いのではないか?と思える面もあります。相手の会社の仕事の邪魔をしないということです。メールならば相手が都合の良いときに見られますから。だから、内定辞退のやり方としてメールを選ぶというのも、あながちおかしな話ではないと思います。ただし、すでに話したように電話と違って相手に確実に伝わったか?どうかは分からないという点はデメリットですけどね。内定辞退の伝え方に関しては法律で決まっているわけではないので、多数派は電話だということ、多数派は電話という手段の優れた部分に共感しているということになるのではないでしょうか?

 

内定辞退の伝え方に関して、手段を指定することはできないので、結局は就活生の意思次第ということになります。私ならどうするか?分かりませんが、本音を言えば電話はしたくないです。内定辞退で電話したくないという人は限りなく多いと思いますし、電話している人も電話したくないけど、電話というやり方を選んでいるという人は多くいると思うのです。相手としゃべるということは何を言われるか?分かりません。メールでもそうなんですけど、メールだと文面なので、温度が伝わらないじゃないですか?でも、電話だと相手のしゃべり方とかで温度が伝わってくると思うのです。そこが内定辞退を電話ですると緊張するというところなのでしょう。実際、内定辞退で恐怖を感じている人はここ最近は多いと思います。メディアでトラブルが伝えられているところを見ると、自分のところでもそういったトラブルが起きたらどうしよう?と思うと、やはり内定辞退は緊張しますよね。したがって、内定辞退をするときにはメールのみでも私は悪くないと思います。悪くないというか、やり方に関しては就活生の自由ですよね。企業からしてみれば電話の方が良いと考えているかもしれません。しかし、その場合には就活生にとって負担になると。メールのみの場合にはメリットと負担が逆になると。だから、トレードオフなんですよね。したがって、メールを選んでも、電話を選んでも、どっちかは困り、どっちかは得をするわけだから、内定辞退をするときにメールのみだとしても就活生を責めるのはおかしいと思うのです。

 

内定辞退の伝え方は電話、メール、手紙、それらを組み合わせるなどがあると思いますが、電話が主流なのかもしれませんが、電話しないという人もいます。内定辞退で恐怖などを覚える人は素直にメールなどを選んだ方が良いと思いますけどね。その企業とは今後かかわらない可能性が高いですからね。でも、たいていの場合にはトラブルは起きないで、あっさり終わりそうな気はしますけどね。だから、そこまで内定辞退に緊張したりする必要はないかもしれませんけどね。ただ、実際に伝える前には恐怖などを覚えるというのは理解できます。だから、内定辞退はメールのみで済ませたいと思う人が出てくるのです。電話のみという人もいますが、たいていは内定辞退は電話しないならそっちの方が良いと考えている人もいるでしょう。だから、電話したくない願望を持っている人は相当多いと思います。常識に添うならば電話することになるが、すでに話したように電話を選んでも、メールを選んでも、結局企業と就活生の関係はトレードオフなのです。だから、どっちを選んでもどっちかが得をし、どっちかが損をする可能性があると。そうなれば、どっちを選んでも一緒なのです。そして、選択権は就活生っであるあなたにあるということになります。企業も内定通知は郵送の場合も多いですからね。内定辞退のやり方をメールのみで行ってもしょうがない気もします。

 

 

キレイゴトぬきの就活論 (新潮新書)

キレイゴトぬきの就活論 (新潮新書)

 

 

あわせて読みたい記事

集英社の就職の難易度や倍率は?理系や学歴は関係する?評判は激務で忙しい?

集英社というのは、日本の出版業界の中ではかなり有名な会社で、大手企業という扱いになると思います。ここに入社したいと思っている人は多くいると思うのですが、集英社への入社の難易度はとんでもなく高いです。日本の出版社の中でも最難関と言えるような会社だと思いますから。集英社の就職の倍率はアバウトですが、およそ100倍とされており、なかなか受からないと言えるでしょう。集英社の就職の難易度は相当高いと言えるのです。したがって、就職したい人は一次選考を潜り抜けるだけでも結構きついと思うので、かなりの覚悟で挑んでいかないといけないでしょう。集英社には学歴は関係あるのか?というと、その可能性もあります。集英社のレベルになると足きりをしないといけない可能性は高いので、学歴フィルターなどが関係する可能性は大いにありそうです。学歴フィルター以外でも、集英社の就職試験では学歴が関係する部分はあるかもしれませんが。ただ、集英社の募集人数は少ないですね。例年10~15人くらいみたいで、大手企業にしては少なめと言えると思います。集英社の募集人数が少ないというのは、出版業界全体の将来性などの部分も関係しているのかもしれません。

 

そして、集英社では理系の採用はあるのか?というと、文系や理系は関係ない気がします。出版社の仕事は文理問わず可能だと思うので、集英社に就職したい人は理系で合っても採用可能性はあると思います。採用実績を調べれば分かるかもしれません。ただ、集英社の就職試験では筆記試験があるので、そのための対策をしておかないといけないでしょう。学歴があっても筆記試験に受からないといけないので、集英社などの出版社のために筆記試験の対策は必須です。集英社は採用人数が多くないようなので、筆記試験などでもかなり絞る可能性があります。だから、学歴よりもいわゆる知識や学力が必要なのかもしれません。そうなると、集英社の就職の難易度では、そういったところもカバーしていかないといけないので、多面的な能力、人物試験以外の部分でも力を持っていないといけないという難しさがあると思います。集英社の就職の倍率はかなり高いので、筆記試験以外にもいろいろな選考が課されますが、筆記試験はやや特徴的な部分で、かつ難しさが違うと思うので、対策をしっかりとしておきましょう。

 

集英社に就職したい人は評判などもチェックしないといけないでしょう。例えば、離職率について調べると2%程度という数字が出てきます。集英社離職率はかなり低いのかな?という気がします。このデータもどこまで正確なのか?は分かりませんけど、集英社離職率が低いというのは評判の1つになるのではないか?と思います。客観的な数字ですから。だから、それだけ働きやすい環境と言えるかもしれません。やりがいとか、どういったところが楽しいか?という部分はそれぞれの主観的な部分になりますが、インターネットで調べれば口コミが多く出てくるので、それを見ると良いかもしれません。ちなみに残業についての口コミを見ると、部署によりけりみたいですね。出版社は忙しいイメージがあるかもしれませんけど、集英社も忙しいという部分については共通みたいです。残業については多いと回答している人もいますし、部署によりけりと言っている人もいるので、恐らくどこの配属になるか?で、集英社に就職したときの激務ぶりというのも変わると思います。全てにおいて激務というわけではないようなのです。集英社の口コミを見ていると、特に多く述べられているなと思われているのは、「つぶれる心配がない」とか、「安定している」という部分です。集英社で働いている人はそこを特に魅力に感じているということなのでしょう。働いている人自身が、わざわざ口コミ投稿サイトで多く言っているくらいなので、社員はその部分に関して相当感じているということになると思います。

 

集英社の評判の1つには安定しているということがあるのでしょう。ただ、将来性などはどうなるか?分かりません。書籍の未来はどうなるか?分かりませんから。ただ、h現時点では集英社の評判を言うと大丈夫だろうということなのでしょう。でも、5年、10年で未来は大きく変わりますから、出版社全体がどうなるか?分からないのです。だから、こういった集英社の評判は参考程度に受け止めておく方が良いとは思いますけど、出版社の中では安定感はあるでしょうし、企業全体で見ても大企業なので、安定性は比較的信頼できるのではないでしょうか?ただし、今後のことはどうか分からないということなので、安定した会社が良いならば、今後のことも考えた方が良いですけど、未来のことはなかなか読めないですからね。集英社に就職したい人は自分でも口コミはチェックしておきましょう。集英社についてよく知るには、やはり会社説明会に出るのが1番良いかと思いますけど、会社説明会で分かるのは集英社の魅力の部分が大半でしょう。そこでの働くことのメリットは分かると思いますけど、そうじゃない部分は別途自分で調べていかないといけないでしょう。そうなると、インターネットで集英社の魅力だけじゃなくて、大変なところとかも調べたうえで、総合的に評価をしていくと良いと思います。集英社の就職は倍率も高いですから、なかなか受からないですけど、しっかりと対策をして難易度の高い就職試験に挑んでいきましょう。出版社の中でも特に人気の高い企業だと思うので、他の就活生のライバルに勝つためには準備が本当に大切だと思いますし、情報をよく調べておく必要があると思うのです。そういったことを事前にやっておきましょう。

 

出版社 内定獲得!  2018年採用 (旧:合格への道)

出版社 内定獲得! 2018年採用 (旧:合格への道)

 

 

あわせて読みたい記事

警察官に向いている人は?剣道、柔道など武道や格闘技の経験者は有利?未経験は不利なのか?

警察官になりたいときには特定のスポーツなどをやっていると有利になるというのはあるのでしょうか?イメージから言うと、警察官は格闘技などをやっていると有利になるという感じもあるかもしれません。あとは剣道や柔道などでしょうか?こういった武道をたしなんできた人は警察官になるときに有利になるのでしょうか?逆に未経験の人は不利になるのでしょうか?気になる人もいるかもしれませんが、警察官になっている人の多くは格闘技や剣道、柔道などは未経験というか、そこまで優れたレベルにはないでしょう。というか、そういったスキルがあれば越したことはないかもしれませんが、警察官が全員そういう部分が必要というわけではないです。だって、そもそも女性も警察官に採用されているので、そこを踏まえると分かりやすいかもしれません。警察官は格闘技などが未経験でも問題ないのです。部活動などで柔道や剣道を経験している人は中にはいると思うので、警察官になる人は剣道や柔道に秀でた人もいます。だから警察官では剣道や柔道をやっていることはアピールポイントにはなるかもしれませんが、剣道や柔道を未経験の人は別の部分をアピールすればいいだけなので、剣道や柔道をやっていない人が警察官の採用で不利になるということではないでしょう。

 

というか、警察官になる人の多くが格闘技などは未経験です。剣道や柔道も部活動などで経験している人の方が少ないはずなので、そこは気にしない方が良いと思います。こういった武道を経験していない人は別のアピールポイントを持ってくればよくて、むしろそっちの方が警察官の採用試験では有利になるかもしれません。だから、いろいろなアピールポイントがある中で、警察官では柔道や剣道などの武道が有利に働くことはあるかもしれませんけど、別の部分でも有利になることはあるので、そこは知っておかないといけません。警察官では武道をやっている人は有利になるイメージはあるかもしれませんけど、警察官採用ではそういう強い人を求めているわけではないですからね。警察官に向いている人というのは、矛盾や正義に反することに妥協できる人とされています。逆に警察官に向いていない人は、組織に歯向かってしまう人です。それが正しいか?間違っているか?の判断は客観的にはできませんが、組織に属している以上は、組織に従順でなければいけないという建前がつくので、仮に上からの命令や指導方針などに納得がいかなくてもそれに従っていく必要があるのです。だから、警察官を辞める人というのは、そういった状況に納得がいかないという人が結構含まれていると思います。

 

そういう意味では、警察官に向いている人というのは格闘技とか、武道に優れている人ではなく、ロボットのように命令や指導に従順な人、その中身に関して、善悪をいちいち考えない人という見方になるのではないか?と思います。警察官に向いている人に関しては、質実剛健な人とか、人当たりが良いとか、面倒見が良いなどのイメージを持っている人もいるかもしれません。そういったところも重要ではありますけど、まず第一に重要なのは、組織に従順であるということになるのです。これはどの職場でも同じですけど、警察官はより一層そこが求められると思います。だから、警察官では格闘技や剣道などで加点されることは直接はない気がしますが、そこを自己PRなどでアピールすることは問題ないでしょう。経験なしならば別のことをアピールすれば良いのです。優しさとか、面倒見が良いとかでも良いと思います。警察官において有利な自己PRの仕方と言えば、今言ったようなものでも良いのですが、例えば協調性があるとか、そういったことでも良いと思います。組織の中で仕事をする警察官においては協調性は欠かせないのです。だから、協調性を自己PRに持ってくるのも1つの手かな?と思うのです。

 

警察官の採用試験を考えている人は、早いうちに武道や格闘技などを経験しておこうと行動する必要はないと思います。他にもアピールできる点はいくらでもあると思うので。警察官で武道や格闘技の経験なしだとしても、そんな人は珍しくないですし、そういった武道や格闘技などに有利な人ばかりを集めてもしょうがないのです。いろいろなタイプの人が警察官には必要だと思うので、剣道や柔道などに長けた人がいても良いですし、優しくて面倒見のある人がいても良いのです。警察官では剣道とか柔道などの武道が未経験でも、警察官になればやりますから。だから、経験なしでも問題ないと思うのです。警察官に向いている人はどんな人か?というのを確実に認識しておくべきで、そういう人になるためにはどういった要素が必要なのか?を考えて、警察官の採用試験を受けていくと良いと思います。警察官になりたいならば、剣道や格闘技、武術といったものの経験者は有利であり、加点されるのでは?と思うかもしれませんが、それは他のことでも大して変わらないと思うので、そういったものを特別視する必要はないと思うのです。警察官に向いている人の要素は本当にたくさんあると思いますから。

 

警察官の採用試験ではやはり面接試験が特に大切です。すでに話したように警察官に向いていると言える要素をアピールしていかないと、面接には受かりませんが、そういったときには以下のような本が参考になるのではないか?と思います。こちらは警察官の面接試験や集団討論などに受かるためのポイントを載せているのですが、面接に関しては面接カードの書き方、面接の基礎知識、よく聞かれる頻出の質問とその狙いや目的、そして回答例を詳しく載せています。集団討論は対策が難しいですが、本書では具体的な攻略法を載せているので、どういう風に振舞う、立ち回るのが良いのか?について理解ができると思います。警察官の採用試験は面接対策本、人物試験の対策本というのは少ないのですが、その中で数少ない貴重な一冊が本書で、Amazonのレビューを見るとかなり評価が高いです。したがって、実際に読んでみた人はかなり満足している可能性もあるということなのです。警察官の面接試験はどんな感じなのか?どんなことが聞かれるのか?注意点などはどういったことか?などを1から知ることができて、合格レベルまで持っていける可能性があります。初めて警察官の面接試験を受ける人は特におすすめだと思いますけど、警察官になりたい人、警察官の面接に受かりたい人は、良かったら参考にしてみてください。

 

面接指導のカリスマが書いた!警察官採用試験面接試験攻略法

面接指導のカリスマが書いた!警察官採用試験面接試験攻略法

 

 

あわせて読みたい記事

信用金庫の就職の難易度や倍率は?年収が高い、激務や忙しい評判はあるが

信用金庫に就職したいと思っている人も多いのではないでしょうか?信用金庫の就職の難易度はそれぞれの会社で結構違いはありますが、信用金庫は人気の業界であると言えると思います。というのも、メガバンクが人気であるという点も踏まえて、銀行や信用金庫は就活生に人気なのです。したがって、信用金庫への就職は倍率もそれなりに高いでしょう。難易度が高いのはなんとなく想像できると思いますけど、信用金庫に就職したい人は、信用金庫の評判について調べておきましょう。激務なのか?仕事内容はどうなのか?といった、信用金庫の働き方について調べておいて、それで納得してから志望して、エントリーすると良いのではないでしょうか?信用金庫と銀行で違いはあるのか?というと、ありますけど、働き方のうえではそこまで大きな違いにはならない気がします。理念とかの方が違うのかな?と思いますし、銀行でも信用金庫でも違いがあるとすれば、職種の方が大きい気がするのです。地域に密着するか?全国展開するか?の違いが大きいと思います。信用金庫への就職の評判としては、やはり職種によって違いますけど、性別によって任される仕事内容が変わると思うのです。

 

信用金庫の評判としては、銀行との違いで言うとある意味仕事内容は銀行以上に激務になる可能性もあります。信用金庫は地域に根差した経営をすることになりますが、それは言い換えればよりきめ細かなサービスが必要とされるということです。つまり、大雑把ではないということなので、そこが信用金庫への就職においては忙しい部分を呼ぶ可能性があります。信用金庫は銀行と比べて仕事内容に特別な違いがあるというわけではないと思いますけど、使命が違うという言い方もできそうな気がしますから、その点を考慮すると信用金庫へ就職すると激務と感じる人が多くいるのでしょう。信用金庫に就職するならば、その仕事が好きじゃないと続けられないという評判もありますから、ちょっと特殊な部分もあると思ったほうが良いかもしれません。信用金庫と銀行の違いは業務内容としてはそこまで違いはないかもしれませんが、信用金庫は地元の企業のために働いていく目的があるので、若干業務の内容が違うということは言えるでしょうか?違いがあると言えるレベルなのか?そうじゃないのか?は何とも言えません。それぞれの信用金庫によっても違うでしょうね。金融業界は年収が割と高いですけど、やはり忙しい部分がどうしてもあると思いますから、そこはあらかじめ知っておかないといけません。信用金庫の評判で言われているのは年収はそこそこ高いが、銀行よりは低いということです。

 

信用金庫の年収は高い方です。一般的な水準で言えば高い方になりますが、平均を出すと多分600万円くらいはあるのではないか?と思います。年齢とか、どの会社か?にもよると思いますけど、平均を出すと信用金庫の年収は高いです。そこは信用金庫の評判としては良い部分になると思います。ただ、どうしても金融業界は激務になりがちなので、信用金庫は忙しいということが言えそうです。信用金庫の仕事内容は銀行との違いはそこまでないとは思いますが、会社ごとに違いがあると思うので、そこは受ける前に確認をしておきましょう。やはり投資信託や預金の募集など、地域密着の部分はより顕著になると思います。したがって、仕事内容はある程度は想像できるかもしれませんが、それぞれによるので、受ける信用金庫ごとにちゃんと確認をしておくことが重要になります。そして、問題は信用金庫は地元以外を受けるときには難易度はどうなるのか?ということです。信用金庫の就職の難易度は高い方になりそうですが、地元以外のところを受けるときには、その難易度がさらに上がる可能性があります。信用金庫の就職での倍率はそれぞれで違いますけど、地元以外のところを受けると、実質その倍率がさらに上がるような状況になるかもしれません。つまり、地元以外の人は難易度が高くなるということなのです。だから、信用金庫に就職したい人は地元以外を受けるときには気を付けましょう。

 

ちなみに銀行にも共通ですが、融資業務というのがあります。信用金庫の評判において非常に重要なのは、融資業務において精神を病む人がいるということです。信用金庫の就職では激務という部分はまず大変な部分でもありますけど、それとは別に融資業務はいろいろと大変な部分があります。融資業務は打ち切りなどをしないといけないシーンがどうしてもあり、そのときは断腸の思いでやらないといけない可能性があります。融資を断ったり、打ち切る方としても非常につらいのです。だって、融資を受けられない会社はその後どうなるの?ということを案じると、ちょっと他人事には思えないからです。自分たちの業務によって、1つの会社、その会社で働く人たちの人生が変わるわけですから。これはどちらかというと銀行に関する問題で、地域に根差す活動をしている信用金庫には当てはまりづらい部分化もしれませんが、そういった部分は少なからずお金を貸すのが仕事である金融業界全体にあるというのは知っておくと良いかもしれません。

 

そこが信用金庫の仕事内容はそれぞれの会社で微妙に違っているので、正確に知りたいならば会社説明会などに参加してみることが1番でしょう。そこで仕事内容における大変なことや楽しいことなどの話も聞けると思うので、信用金庫の全体の評判のようなものはネットで調べられますけど、個別の会社の評判はやはりそういう機会を利用しないと厳しいと思うのです。信用金庫の就職は年収が高いなどの魅力はあるものの、もちろん忙しいなどの大変な部分もありますし、信用金庫について評判は調べておくと良いでしょう。信用金庫に就職したい人は倍率が高いはずなので、実際に内定を貰うのは難しいですけど、ここに就職したい人は頑張りましょう。地元以外は厳しいと思いますけど、どうしても働きたいところがあるところがあるならば、その熱意を面接などで伝えていくと良いと思います。とにかく競争率はそれなりに高いと思うので、就職活動を頑張ってください。

 

 

信用金庫の地域貢献

信用金庫の地域貢献

 

 

あわせて読みたい記事

大学院生の公務員試験の勉強は大変?面接試験では不利になる可能性もある?

大学院生が公務員試験を受ける場合、現実的にどれくらい大変なのでしょうか?一般的には大学生が受けるケースが多いわけですが、大学生と大学院生では日頃の過ごし方が全然違う場合があります。特に文系の大学生と大学院生では忙しさが違うと思うのです。文系の大学生もアルバイトなどを頻繁にやっていると忙しい場合もありますが、大学院生は基本的に学業そのものが明らかに忙しいと言えると思います。大学院生も文系と理系では違うのかもしれませんが、研究をする機関であるだけにそっちの勉強がまず忙しいでしょう。現実的に大学院と公務員試験の勉強の両立は可能なのか?というと、これは人によるとしか言いようがありません。どのくらい普段の研究が忙しいのか?も人によると思いますから。だから、自由な時間というか、公務員試験の勉強に使えそうな時間が1日でどれくらい作ることができそうか?という部分にかかっています。1年くらいで合格を目指す人が多いですが、その期間で受かるということを目指すならば、公務員試験の勉強時間を1日3.4時間くらいは平均して作ることができないと厳しい気がします。

 

1日3,4時間程度の勉強時間を毎日平均して続けられることができるならば、事務職の一般的な公務員試験に1年くらいで受かる可能性が十分出てくるということが言えると思います。だから、その勉強時間を確保できるのか?を考えていく必要があります。ただ、これは1年程度で合格を目指す場合です。それ以上時間をかけても良いという人は話は別になります。在学中に勉強を始めても、実際に受けるのは卒業後とかでも良いという人もいるでしょうから。公務員試験は民間企業みたいに新卒と既卒を露骨に分けているようなことはないです。新卒の枠に既卒も応募して受けられますから。大学院在学中に現役で受かるということになると話は別かもしれませんが、卒業後でも良いというならば、大学院に在籍していることが公務員試験の受験において不利になるということは考えづらいです。大学院在学中に就職するとなると、民間企業であっても結構大変だと思いますからね。文系と理系ではまた違うとは思いますけど、大学院の人が就職をするときには在学中に内定を貰うのか?そうじゃないのか?で難易度が違ってくるでしょう。難易度というか大変さという表現の方がしっくりくるかもしれませんが。

 

ただ、これは公務員試験の筆記試験の話であって、面接試験はまたちょっと違います。大学院生の人が面接試験を受けるときには状況が変わることがあるのです。公務員試験においては大学生と大学院生は別というケースもありますが、そうじゃないケースもあると思います。その場合、大学生と比べて年齢が上の大学院生は公務員試験の面接ではやや不利になる可能性があります。これは何が不利になるのか?というと、年齢なのです。民間企業も公務員も、基本的に年齢が上がれば給料が高くなるので、その給料に見合った能力を求めてきます。そうなると、年齢が上がるとそれだけ高い能力を持っていないと採用されづらくなるため、大学院生は公務員試験の面接試験では不利になるというか、ハードルが上がった状態になると言えます。これは民間企業の場合でも同じですね。だから、就職をするときには求められるハードルが低いときに、つまり若いうちにした方がお得というか、難易度が下がるということは言える気がします。公務員試験においては大学院生は大学院生としか争わないという状況があれば別ですが、そうじゃない状況になると大学院生は面接試験で相対的に不利になる可能性があるので知っておきましょう。

 

大学生と大学院生の就職に関しては、公務員試験を受ける場合でも勉強に関して大変さが違うということが1つ言えますけど、それを乗り越えても面接試験のハードルの高さについてのことがあるので、いろいろと考慮しておかないといけない部分があるので、大学院生になると就職が大変になるかもしれないということは、できれば大学院生になる前に知っておかないといけないことでしょう。こういった話はどちらかというと民間企業で関係してくる話になると思いますけど、公務員試験でも関係ないとは言えません。年齢が若い方が相対的に有利になる可能性自体は否定できないので、筆記試験をクリアしても面接試験でどうやって評価してもらうか?どうやって内定をもらうか?ということを考えないといけないのです。大学生も大変ですけど、大学院生の公務員試験は本当に大変だと思った方が良いでしょう。

 

 

公務員試験のカラクリ (光文社新書)

公務員試験のカラクリ (光文社新書)

 

 

あわせて読みたい記事