読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

大分県の公務員試験の難易度は?筆記と面接の倍率は?筆記のボーダーラインは高くない?

その他公務員試験全般

大分県の公務員試験は結構多くの募集人数みたいで、チャンスが多くあると見て良いと思います。大分県の平成28年度の試験結果では、採用予定者数は56人とかなり多い印象です。県庁の採用試験なので、それなりには多いでしょうけど、それでも大分県の採用予定者数は多いなという印象です。大分県の公務員試験の難易度はこの募集人数の多さによって、多少緩和されているかもしれませんが、それでも簡単ではないでしょう。大分県の公務員試験の平成28年度の試験結果を見ると、一次試験は436人が受けて169人が合格しています。したがって、倍率は2.5倍くらいかな?そんなには高くないです。しかし、問題はここからです。大分県の二次試験からの倍率が重要なのです。しかし、大分県の公務員試験の実施結果ではこの先が省略されていて、最終合格者が56人と載っているだけです。したがって、二次試験までで終わりだとしても、面接試験の受験者数が分からないのです。大分県の公務員試験の面接の倍率はどれくらいか?ちょっと分かりません。

 

大分県の二次試験の受験者数は150人くらいとして、56人が最終合格あとすると3倍近くあるとなります。大分県の公務員試験の面接の倍率は結構高いと言えそうです。大分県の公務員試験の筆記試験の倍率は普通くらいだと思うのですが、面接の倍率は結構高そうなので、大分県の公務員試験は面接重視になるのではないでしょうか?大分県の公務員試験は面接の倍率が高いということで、筆記試験のボーダーラインはそこまで高くなさそうです。大分県の公務員試験の筆記のボーダーラインは予想が難しいですけど、倍率がそこまで高くないということを考慮すると、6割は必要ないのではないか?と思います。問題のレベルは地方上級だと思うので、そこまで点数はとりづらいでしょう。地方上級の問題のレベルがあるということは、大分県の筆記対策もそれだけ時間をかけないといけないということになりますから、難しいと言えるでしょう。大分県の公務員試験の難易度は筆記試験からかなり高いと言えるのです。大分県の筆記試験の倍率はそこまで高くないですけど、問題が難しいので、そこは知っておくべきでしょう。でも、ボーダーラインはそこまで高くならないとは思いますけど。

 

大分県の公務員試験では二次試験以降が問題になりますね。すでに話したとおり、大分県の面接の倍率はかなり高いです。3倍近くあるとなると、なかなか受かるのが難しいと言えそうですし。大分県の面接の倍率が高いならば筆記試験の対策も重要ですけど、面接試験についても早くから準備しておかないといけないと思います。大分県の二次試験以降は論文試験、専門記述、適性検査、面接試験があるので、人物試験が結構多く行われるということですね。大分県の公務員試験では二次試験までとなっているので、面接も1回なのかな?と思われますが、集団討論も含むみたいな書き方が受験案内にされていますし、個別面接も2回やるような書き方になっています。論文や専門記述の試験まで必要なので対策をするのが大変だと思います。大分県の公務員試験の受験案内は最新のものを自分でも必ずチェックしておきましょう。変更されている部分がある可能性がありますから。大分県の公務員試験について簡単に紹介してきましたが、採用予定者数は多いものの、簡単な自治体ではありません。大分県の公務員試験の難易度は筆記試験まではなんとかって感じですけど、面接試験など二次試験が難しいと思います。

 

大分県の公務員試験は筆記試験についても倍率は高くないですけど、ちゃんと筆記対策をしないと受からないです。問題は難しいですから。地方上級の問題になると思うので、地方上級レベルの過去問をやっておくと良いと思います。地方上級の教養試験と専門試験の過去問をやって、どれくらいできるか?を確認しながら、あとはできない科目や問題を残りの時間で集中的に補強して、全体の点数を上げていけるようにしましょう。大分県の公務員試験に受かるにはとにかく筆記試験の対策が重要になります。大分県の公務員試験の難易度は難しいですが、入りたい人は筆記試験の対策から頑張りましょう。地方上級の過去問は以下のものがあるので、こういったものを使って大分県の一次試験のための対策をしていってください。大分県の筆記試験は問題が難しいので、1点でも上げる努力をしていくことが本当に大切です。大分県で働きたい人はまずは筆記対策からやっていきましょう。

 

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事

藤沢市の公務員試験の難易度や筆記と面接の倍率は?一次試験のボーダーラインは?

その他公務員試験全般

神奈川県の藤沢市の公務員試験は特殊な日程なのか?去年は5月に実施されているみたいです。したがって、地方上級、市役所A日程、B日程、C日程のいずれの時期とも異なるということになります。藤沢市の公務員試験は採用予定者数が結構多いです。大卒程度の事務職ということであれば、事務職A、B、Cの採用試験がありますが、事務職Aの採用試験が採用予定者数が1番多いです。したがって、基本的にはこれを受けていくことになるのではないでしょうか?藤沢市の平成28年度の実施結果を見ると、事務職Aでは倍率が15.9倍になっていて、結構高いです。藤沢市の公務員試験の難易度はそれなりに高いということが言えると思います。しかし、藤沢市の場合には採用予定者数がそれなりに多いことが予想されるので、そこまで倍率は上がらないのではないか?と思います。藤沢市の平成28年度の実施結果を見ると、一次試験は619人が受験して321人が合格しています。したがって、藤沢市の筆記試験の倍率は2倍くらいです。この倍率は低い方でしょう。しかし、問題は二次試験以降です。

 

藤沢市のホームページでは321人から、最終合格者39人までしか載っていないので、選考が何回あるのか?とかは分かりづらいですが、321人から一気に39人に合格者を絞ったってことは考えづらいです。倍率が8倍くらいあるわけですから。だから、藤沢市の公務員試験は選考が何回あるのか?はちょっと分かりません。でも、いずれも人物試験だと思うので、面接になるのではないでしょうか?藤沢市の面接の倍率は結構高いということが言えると思います。この年の藤沢市の公務員試験の倍率は15.9倍なので、全体としてもかなり高い数字になります。採用予定者数がそこそこ多いのかな?と思いますが、事務職Aでも全然難易度は高いということなのでしょう。事務職BとCに関しては採用予定者数も最終合格者数も少ないですが、倍率はちょっと違っているみたいです。したがって、藤沢市の公務員試験は人物重視の雰囲気があるということなのです。すでに話したように、藤沢市の筆記試験の倍率は低いくらいだと思うのですが、二次試験以降の倍率はとても高いです。したがって、面接の倍率もかなりあると見て良いでしょう。藤沢市では筆記対策もしないといけませんが、やはり面接試験をどうやって突破するか?が重要になると思います。

 

藤沢市では人物試験は面接だけではないでしょうから、いろいろな選考への対策を立てておかないといけないのです。藤沢市の公務員試験は非常に難易度が高いですけど、試験内容がどうなっているのか?は知っておきましょう。藤沢市の試験内容は一次試験が教養試験、二次試験が面接試験、三次試験が面接試験、作文試験、適性試験、性格検査、四次試験が面接試験と集団討論となっています。これは平成28年度の受験案内なので、今後変更になる可能性もありますから、最新の受験案内を自分でも見ておいてください。こうして見ると、藤沢市の公務員試験は人物重視という感じが非常にします。面接試験が中心ですからね。二次試験以降が8倍くらいあって、全てに面接試験があるので、藤沢市の面接試験の倍率はやはり相当高いと言えると思います。藤沢市の面接の倍率がかなり高いということで、人物重視の自治体と言えると思うので、面接の対策にかなり時間をかけた方が良いと思います。藤沢市の公務員試験では筆記試験のボーダーラインはちょっと分かりづらいですね。教養のみということで、倍率が2倍くらいということが今後も続くならば、5割とれれば一次試験に通過できる確率は高そうですけど、問題のレベルにもよりますから、何とも言えないということにもなるでしょう。

 

藤沢市の公務員試験の筆記試験のボーダーラインは確実に予想はできませんけど、そんなに高くはないと思います。藤沢市では筆記対策をしてボーダーラインを確実に越えることが重要になります。藤沢市の筆記試験はそこまで難易度は高くないと思いますけど、過去問を使って対策をしていくのが良いと思います。ただ、藤沢市の場合には独自日程のようなので、横浜市みたいに専用の問題が出題されるかもしれないので、殿か顧問をやれば良いのか?はちょっと判断が難しいです。藤沢市の過去問があればそれをやるのがいい気がするのですが、それが見つからない場合には、形式が異なる可能性もありますけど、市役所上級の過去問をやるのが1番良いかもしれません。以下のような過去問が売っているので、それを事前にやっていくと良いのではないでしょうか?よりレベルの高い地方上級の過去問もありますけど、藤沢市の試験内容では筆記試験は教養のみとなっているみたいなので、そこまで難しい問題が出るとは思えないのです。したがって、出題の形式は違うかもしれませんが、藤沢市の筆記対策では市役所上級の過去問が1番良いのではないか?と思います。藤沢市の専用の過去問が手に入るならばそれでも良いのですが、厳しい場合はこれをやると良いと思います。

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事

佐世保市の公務員試験の難易度は?筆記と面接の倍率は予想できない!ボーダーラインも分からない!

その他公務員試験全般

長崎県佐世保市の公務員試験は毎年それなりの採用予定者数があるようなので、そこまで難易度が高いという印象ではありません。しかし、簡単な自治体ではないと思いますから、ちゃんと対策をしていかないといけないでしょう。佐世保市の公務員試験の難易度を確かめるためには過去の実施状況を見ると良いと思いますが、佐世保市の場合には割とざっくりとしか書かれていないので、なんとなくの難易度しか分からない可能性があります。佐世保市の過去の公務員試験の結果で、平成27年度を見ると、470人が受験して、35人が合格ということしか書かれていません。したがって、全体の倍率は分かっても、細かい倍率までは分からないので、佐世保市の公務員試験の大卒程度の難易度もこういった感じで、なんとなく把握できるということになってしまいます。この年の佐世保市の公務員試験の倍率は13.5倍ということになっています。この倍率を見ると、佐世保市の公務員試験はそこまで難しくないのかな?という気もしてきます。しかし、佐世保市の過去の採用試験の結果を振り返ると、年によって難易度が違うということが分かってくると思います。

 

佐世保市の公務員試験の大卒程度の倍率を見ると、平成26年度は23.5倍、平成25年度は5.4倍となっており、年度によってかなり差があります。つまり、受験する年によって、佐世保市の公務員試験の難易度はかなり違いがあると言えるので、運にも左右される割合がかなり高いと言えるかもしれません。それぞれの年度によって倍率がここまで違うとなると、その年になってみないと佐世保市の公務員試験の難易度は判断できないと言えると思います。その年の募集人数とかによって倍率は変わると思いますけど、20倍以上のときもあれば、10倍以下というときもあるので、佐世保市を受けようか?考えている人にとっては、今年の佐世保市の倍率がどうなるのか?さっぱり読めないので、受験を決めづらいということも言えるでしょう。こういう状況だと、佐世保市の公務員試験の筆記の倍率や面接の倍率も分かりません。そもそも年度によってこれだけ違うと、去年の倍率などを分析してもあまり意味がないかもしれません。佐世保市の筆記試験の倍率もそうですけど、筆記試験のボーダーラインも読めないでしょう。全体の倍率が違えば、佐世保市の筆記試験の倍率も違いますから、それによってボーダーラインも変わります。

 

そして、佐世保市の筆記試験のボーダーラインも極端には上がらないでしょうけど、予想ができないので何とも言えないとなってしまいます。佐世保市の公務員試験の面接の倍率についても、そもそも選考が何回あるのか?わかりづらいですけど、受験案内を見る限りでは3回なのかな?と思います。そこも情報としては不足してしまいます。佐世保市の面接の倍率も分からないですが、全体の倍率が20倍を超えるような年ならば面接の倍率もかなり高そうです。どれくらいの倍率になるのか?は分からないですけど、公務員試験の倍率としては結構高い数字と思えるようケースも考えられます。佐世保市の公務員試験はデータが少なすぎて分かりづらいので、難易度とかも分析しづらいので申し訳ないのですが、その年の募集人数は確認しておくと良いと思います。それによって倍率がどれくらいになりそうか?の判断ができる可能性がありますから。佐世保市の公務員試験を受ける方はその年の募集人数はどれくらいか?を見ていくと良いと思います。やはり倍率が高い年は、最終合格者が少ないです。他の年よりも10人以上少なかったりしますから、佐世保市の募集人数から倍率を予想して、難易度を考えていくと良いかもしれません。佐世保市の筆記試験の倍率や面接試験の倍率は詳細は分かりませんが、全体の倍率が高いことが考えられるので、それを佐世保市を受験する人は知っておきましょう。

 

 佐世保市の大卒程度の公務員試験の難易度はちょっと分かりづらいですけど、筆記試験対策はしっかりとやらないといけません。まずは佐世保市の筆記対策をしっかりとやっていきましょう。そのときに以下のような過去問が有効でしょう。佐世保市は6月に筆記試験を実施するようなので、市役所上級か?地方上級ということになると思います。しかし、佐世保市は県庁所在地ではないので、恐らく市役所上級になるのではないか?と思います。したがって、市役所上級の過去問をやっておけば良いと思いますけど、心配な人は地方上級の過去問もやっておくと良いでしょう。佐世保市の公務員試験の受験案内を見る限りでは、事務所は教養のみのようなので、専門試験はないみたいです。専門試験がないならば地方上級の問題ではないと思いますけどね。受験案内は最新のものを自分でもちゃんと確認しておいてください。過去問をちゃんとやっておくことで、本番の佐世保市の筆記試験で何点くらい取れそうか?の想像もつきやすいですし、できないところを補強して、本番までに点数を底上げすることもできれば、筆記試験に通過する率も上がりますから、そういった意味合いでも過去問を使っていくと良いでしょう。

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事

就活や公務員試験で友達から、周りからどう思われている?あなたはどんな人?の回答例

民間企業の就職活動 公務員試験の面接対策全般

就活ではあなたは周りからどんな人だと思われているか?という質問をされることがあります。周りからどう思われているか?という質問はある程度定番と言えると思いますけど、これは公務員試験でも割と聞かれる気がしますから、公務員試験の受験生も知っておきましょう。就活や公務員試験ではあなたは周りからどんな人だと思われているか?と質問されることがありますけど、これはどうやって答えれば良いのでしょうか?これは基本的にはプラスになることを答えたいところです。これは周りからの自分への評価を聞いているわけですが、形を変えてあなたがアピールしたいことを聞いているわけです。したがって、面接官から見てプラスに思えることを話していくのが良いと思います。あなたは友達からどう思われているか?というのは実際に聞いてみるのも良いですが、聞かなくて想像で答えても良いのではないか?と思います。あまり主観的にならないようにしたいところですけど、自分から見て自分はどういう人間か?を考えて導き出された答えを話しても良いと思うのです。

 

就活などで友達からどう思われているか?を聞かれるときは多くの会社を受けていれば普通にあると思います。公務員試験でも聞かれる可能性は結構あるのではないでしょうか?だから、事前に回答を考えておきたいところですけど、すでに話したようにこれは自分をアピールする機会なので、周りから自分がどう思われているか?を話して終わりにしない方が良いです。たいていの人はそこで終わってしまうと思うのですが、そこは差をつけるチャンスです。したがって、そこからさらにアピールをしましょう。例えば、自分はどんな人間か?について話して終わりではなくて、自分はこういう人間だから会社で働いて、特定の業務をするときにその性格や人間性の部分がこういう感じで役立ちます。まで言えると随分、面接官の印象も違うと思います。こういう言い方はいわゆる自己PRに近いのですが、アピールチャンスとなる質問なので、アピールをしていくべきだと思うのです。そういう話し方ができると他の学生と差別化ができるようになると思います。就活であなたはどんな人か?を聞かれて客観的に考えるときには、そういう回答の仕方をしていけるようにしましょう。

 

就活で友達からどう思われているのか?の回答はだいたい同じような内容になることが多い気がします。それはしょうがないと思うんですよ。就活などで友達からどう思われているか?とか聞いても返ってくる回答は空気読んだものになるでしょうから。また、自分で想像しようと思っても、面接で話すことを考えると、特定の範囲に収まりがちだと思うのです。だから、周りからどんな人だと思われているか?の回答は一定の範囲内に集中してしまうことが想像されます。だからこそ、差がつく回答としては、あなたはどんな人か?と聞かれて、こんな人です。で、終わりではなくて、自己PR型にして完結させると良いということも言えると思います。就活などで聞かれる質問は基本的に志望動機と自己PRしかないということを書きましたが、それを如実に実感できる質問ではないか?と思います。就活や公務員試験で周りからどう思われているか?あなたはどんな人か?を聞かれる確率は高いです。特に民間企業の就活ではたくさん受けられるため、あなたはどんな人か?に類する質問が飛んでくる可能性は高いと思います。日頃から自分はどんな人間か?自己分析とも言えるかもしれませんが、そういったことを考えておく必要があると言えるでしょう。就活でも公務員試験でも周りからあなたはどんな人と思われているか?の質問はくることをまずは頭に入れておかないといけません。そのうえで回答を考える必要があるということになるのです。

 

 新卒の就活などの面接では面接官の心理を読んで、どういう回答をしていけば良いのか?を考える必要があります。周りからどう思われているか?という質問についても、それ以外の質問についても同様に面接官の心理を読んで、評価される回答を考えていかないといけません。そういったときには以下のような本が役立つ可能性があります。こちらは新卒の面接で面接官が採用時に用いている評価基準が載っているため、面接官がどういう学生を欲しがっているのか?どういう学生を評価しているのか?学生のどういうところを評価しているのか?についての情報が載っているので、それを踏まえて面接対策をすれば、面接官から見て好意的に思われる学生を演じることができる可能性があると思います。また、こういう情報は他の就活生は知らない可能性もあり、ライバルに差をつけるチャンスにもなると思うので、参考になる部分も多いのではないでしょうか?就職活動で面接の通過率を上げられる可能性があり、内定を取れる確率も上げられる可能性がありますから、良かったら読んでみてください。

 

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

新卒採用基準: 面接官はここを見ている

 

 

あわせて読みたい記事

就活で感動した話やエピソードを話す意図やコツは?感動したことや本の回答は難しいが

就活で感動したエピソードなどを聞かれることがあります。エントリーシートに記入しないといけないようなときもありそうですけど、そういったときにはどういったものを書けば良いのでしょうか?感動したことと言われてもパッと思いつかないのではないでしょうか?またはどういうものが望ましいのか?という部分も気になると思いますけど、就活の面接などで感動したことを聞かれた際には何て答えれば良いのか?というと、まずは面接官の意図を理解することが重要でしょう。面接官の思惑としては、その人がどういう出来事に対して心を動かされるのか?を見ようとしている部分もありそうです。あとは単に性格や個性を見たいと思っている部分もあるでしょう。しかし、メインとしては心を動かされる対象は何か?を見極めることで、どういった分野のことに興味や関心があるのか?何に対して真剣になれるのか?などを解き明かそうとしている可能性もあるのではないか?と思います。感動したことっていうのはいわゆる感性の問題です。感性というのは仕事においても重要な部分になります。また、努力でどうにかするものではなくて、その人に備わっている才能に近い要素になります。

 

したがって、その人が何に対して感動するのか?はそれぞれで違いがあると思いますが、それぞれが何に対して感動するか?の部分は才能と同様に、持って生まれた部分(これから変えるのが難しい)になるのです。それが感性というものでしょう。就活ではエントリーシートや面接で感動したことを聞かれる可能性がありますけど、これに関しては正解と言えるものがありません。こういったことを答えた方が良いと言えるものがなかなかないと思います。空気を読んでビジネスに関することじゃないといけないというわけでもないと思います。だから、就活で感動したエピソードを話すときにはせいぜい反社会的なことは避けた方が良いくらいのアドバイスしかできないという難しさがあります。ただ、1つアドバイスをするならば、差別化をする手法としては自分が何かをされて感動したとかではなく、第3者目線から感動したエピソードを話すと良いかもしれません。差別化しないといけないわけではないですけど、より客観的な視点から物事を語ることができるというのは大きいと思います。例えば、自分が他人に助けてもらって、その他人の行為に感動した話をするのではなくて、AがBを助けていた。それを自分が見ていて感動した話をするというのでは、印象が違います。自分が何かをされて感動するというのは当たり前じゃないですか?自分に対して嬉しいことをしてくれたならば感動するのは自然だと思うのです。しかし、自分が関係ない場面で、他人に対して感動できる人は他人の感情を理解する力を持っていると言える側面がある気がします。

 

その力ってビジネス生きそうな気がするのです。他人への想像力が働くような人というのは、顧客心理を読む必要がある企画やマーケティングとかでも生きる気がします。だから、第3者目線から感動した話を持ってくると、人事が少し評価してくれるかもしれないのです。就活の面接やエントリーシートで感動した話をしないといけないときにはそういう考え方でも良いと思います。感動した話をするときには絶対にそういう視点からの題材を選ばないといけないわけではないと思いますけど、そういうアイデアもあるというのは覚えておきましょう。就活で感動したことを聞く意図はいろいろとあると思いますけど、学生の感性やものの考え方を見ようとしている可能性もあります。それは就活では感動した本とかで聞かれる可能性もありますね。それも意図としては大して変わらない気がしますが、こっちは本じゃないといけないのでかなり限定される分難しいかもしれません。就活の面接では感動した本は何か?というのは割と聞かれるかもしれませんから覚えておきましょう。就活での感動した話は正解がない分、どうやって答えたら良いのか?難しい面もあると思いますが、自分が今までで1番感動したと感じるエピソードを選ぶのが良いのではないでしょうか?

 

就活のエントリーシートや面接で感動した話をしないといけないことは結構あると思うので、あらかじめ考えておかないといけないと思いますけど、就活で内定を取るには人事の考えをある程度読んでいく必要があります。就活での感動したことというのは人事の心を読むのは難しいとは思いますが、こういったケース以外ではある程度可能な場合もあります。人事がどういう学生を評価しようとしているのか?学生のどういうところを見ているのか?を知ることができれば、それについての対策ができますから、内定をとれる可能性もどんどん上がると思います。それができるのが以下の本ではないか?と思うのです。こちらの本は早期で内定を取るために必要なコツやテクニックが載っているのですが、その中には人事がこういう学生が欲しいとか、こういう学生はいらないといった具体的な欲しい人物像を載せています。そういった人事の本音を知ることができれば、それに合わせた対策をすることができますから、面接の通過率などが上がる可能性があるでしょう。こういった人事が本音で生の情報を語ってくれるという機会はそうはないと思うので、こういう情報は他の就活生に対して差をつけるチャンスになる可能性もあると思います。良かったら参考にしてみてください。

 

 

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

早期内定のトリセツ 就活探偵団が突撃取材

 

 

あわせて読みたい記事

別府市の公務員試験の難易度や筆記と面接の倍率は?筆記のボーダーラインは高い?

その他公務員試験全般

大分県別府市の公務員試験の難易度は相当高い印象です。大卒程度の別府市の公務員試験の事務職の過去の実施結果を見ると、倍率がとんでもないです。別府市では夏と秋に公務員試験をやっているみたいですが、事務職は秋にやっているみたいです。別府市の公務員試験の難易度は過去の試験結果を見ると分かりやすいのですが、倍率が非常に高いです。毎年同じか?どうかは分からないけれども、平成28年度の別府市の公務員試験の倍率を見ると、なんと40倍という数字になっています。これは採用予定者数が少ないということも影響しているのですが、稀に見る高倍率となっているのです。この年の別府市の公務員試験の事務職の採用予定者数は4人なんですよ。でも、受験したのが242人ということでかなりの数になっています。別府市の公務員試験の採用の仕方というのはよく分からない部分もあって、過去の試験結果を見ると一次試験に筆記試験と集団討論があるようなんですが、この2つで受験者数が違うんですよね。筆記試験は242人で、集団討論は26人となっています。ということは同じ一次試験ではあるけれども、筆記試験の合格者が集団討論を受験するという形なのでしょうか?

 

そうだとすると、事実上一次試験は筆記試験で、二次試験が集団討論みたいな感じになるのかもしれません。別府市の公務員試験の筆記試験の倍率は242人から26人なので10倍近くあります。集団討論を事実上の二次試験と考えると、そうなりますね。筆記試験だけで10倍近くっていうのもすごいですけどね。なかなか見ない数字です。それは別府市の採用予定者数が4人で242人が受けにきているのですから当然でしょう。別府市の公務員試験の難易度は相当なものがあるので、そこはまず理解して受けないといけないでしょう。そして、結果としては15人が合格しているようなので、集団討論は26人から15人になっているということになります。こっちは倍率はまだ全然低いです。そして、二次試験の合格者数が6人となっています。二次試験の受験者数が分からないので、倍率も正確には分かりませんが、2倍くらいなのかな?と思います。別府市の面接試験の倍率になるでしょうか?6人しか受かっていないので、かなり筆記試験で絞られている感じがします。別府市の筆記試験の倍率はかなり数字となっているので、ここをまずは突破する必要がありますけど、ボーダーラインもどれくらいになるのか?は想像ができないですね。別府市は教養試験のみかな?と思うんですけど、筆記試験のボーダーラインは倍率がここまで高いということを考慮するとそこそこ高い可能性もあります。

 

受験している人の層にもよりますが、別府市の筆記試験のボーダーは少しは高く見積もっておくと良いと思います。一般的な市役所であれば、ボーダーは5割くらいが多いと思いますが、それは倍率が2,3倍くらいを想定した場合なので、別府市ではさらに高い点数が必要になる可能性もあるのです。でも、一次試験は集団討論もあるみたいですから、どっちにしろ大変です。しかし、別府市の公務員試験の面接試験の倍率はそこまでではないようです。二次試験が面接になるのかな?と思いますけど、そっちの倍率は普通くらいだと思います。別府市の場合には筆記重視みたいに見えます。筆記試験の倍率がここまで高いとなると。しかし、これは筆記試験を重視しているというよりは、別府市の公務員試験の倍率が高すぎるので、集団討論や面接をするときに適正な人数に絞るために、筆記試験で絞らざるを得ないという状況のようにも見えます。別府市の公務員試験は筆記試験のボーダーラインとかも分かりませんけど、かなり難しいでしょう。この傾向が今後も同様に続くとは限りませんが、同じように推移していく可能性もあるのです。別府市の公務員試験の出題科目や選考内容は最新の試験案内を見て、絶対に確認しておいてください。

 

別府市の公務員試験は大卒程度の事務所は秋に行われているようなので、市役所C日程とかになるのでしょうか?そうなると、過去問は市役所試験のものを使っていくと良いと思います。教養試験のみかな?とも思いますが、試験案内を見て出題科目を確認しておいてほしいと思います。以下の過去問は教養試験も専門試験の問題も載っているので、必要なものだけをやってほしいと思います。別府市の筆記試験の問題のレベルは恐らく市役所試験レベルになると思うので、以下のような過去問が1番ぴったりだと思います。これを本番の試験までに繰り返しやって、自分の実力を確認するとともに、できない箇所を分析して、そこを重点的に勉強して、苦手なところを克服していくと、全体の点数も上がりやすいでしょう。別府市の公務員試験は筆記試験のボーダーラインがどうなっているか?は分かりませんから、1点でも多くとれるようにしておくことが重要です。別府市の公務員試験の難易度を理解して、それに受かるための対策をしていくことが重要になるのです。まずは筆記対策をとにかくやっていくようにしましょう。

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事

エントリーシートで見やすい例は見出しにキャッチコピーを使う?見やすくする、読みやすくする工夫は合否にかかわる

就活でのエントリーシートは見てもらうという意識が必要です。それはどういうことか?というと、いかにしてエントリーシートを見やすくするか?ということを考えていかないといけないのです。そのときに重要なのはキャッチコピーになります。エントリーシートでは読みやすいように工夫をしていくと良いと思うのですが、そのときにキャッチコピーを上手く使っていくと良いと思います。エントリーシートで見出しを使うと読みやすい文章になると思います。エントリーシートを見やすくするためには見出しとしてキャッチコピーを使っていくと良いと思います。志望動機、自己PR、その他の項目を記入するときには、いきなり本文を書かないで、キャッチコピーで見出しを作って、その次の行から書いていくと良いと思います。そういったエントリーシートは見やすい例になると思うのです。そういった風に書き方を考えていくと良いのではないでしょうか?

 

エントリーシートにおいて見出しを作って書きはじめる人はどれくらいいるのでしょうか?そこまで多くない気がします。いきなり本文を書き始めてしまう人がいますけど、私はキャッチコピーを見出しにして書いた方が見やすい気がします。エントリーシートで見出しを作るというのは、よくある例と共通しているからおすすめでもあるのです。例えば、新聞とかでも記事の1番始めには見出しが載っているじゃないですか?あれはそういった書き方が見やすいからというのがあると思うのです。その読みやすい書き方をエントリーシートでもやっていきましょうということになります。新聞に書いてあるような構成と同じようなデザインにしていくと、見ているほうとしても読みやすいと思います。エントリーシートは見やすくするというのも重要で、そこはファーストインプレッションにかかわってくると思います。したがって、エントリーシートでは読みやすいデザインを心がけていくことも合否にかかわってきます。やっぱり見出しがないのとあるのでは、見やすいか?どうかが全然違うと思います。見出しがあった方が何が書いてあるのか?が分かりやすいです。エントリーシートにおいては見出しは複数作っても良いかもしれないですが、基本的には1つあれば良いのかな?と思います。それがさっき言っていたキャッチコピーです。

 

キャッチコピーで読んでいる人の心をつかめるように、文面を考えないといけないのですが、そこがちょっと難しいかもしれないです。逆にそこで文才を披露できると、おお!?と人事が思う可能性もあります。先入観って大事なんですよ。キャッチコピーを読んだときに秀逸なものだと、それしかまだ読んでいないのに、先入観でこの学生は使えるんじゃないか?才能を持っているんじゃないか?と思ってしまうのが人間なのです。したがって、見出しをつけてキャッチコピーで人事の心を惹くことができれば、やはりかなり優位な状況に持っていけます。面接は入って3秒で決まるっていう理論と同じですね。キャッチコピーを使って見出しをつけた後に、改行をしてそこからその詳細を語っていくという流れにすると良いと思います。キャッチコピーが上手くつけられないという人は見出しを使わないでも良いと思いますけど、できる人はエントリーシートを見やすくするためにこういったワザを駆使してみると良いかもしれません。エントリーシートの見やすい例などを調べてみて、これ以外の書き方で良いのが見つかればそっちを採用しても構いません。エントリーシートを読みやすくする工夫はキャッチコピーを使っていくことではないか?と思うので、見やすい例の1つとしてエントリーシートの見出しにキャッチコピーを使うというのもあるというのは知っておいてほしいと思います。

 

エントリーシートというのは書き方に正解があるわけではないですけど、やはり読みやすいものを書き上げていく必要があると言えるでしょう。もちろん、内容面も重要ですが、書き方という形式面も少なからず合否にかかわってきます。したがって、多くの見本を見て勉強することも重要となりますが、そういったときには以下のような本も使えると思います。こちらはある程度難関、人気とされている企業から内定を得た学生がエントリーシートでどのように書いたのか?そのサンプルを集めた本になります。ここには内定を獲得した学生がエントリーシートに内容面としてどんなことを書いたのか?どういう書き方で、デザインで書いたのか?を載せているので、参考になることも多いと思います。内定を獲得した人が実際に書いたエントリーシートを見れば、受かるためのエントリーシートの書き方、どうすれば見やすく、魅力的に見えるのか?などが分かってくるのではないでしょうか?就職活動ではエントリーシートを書く機会は多くあると思いますけど、そういったときに良かったら参考にしてもらえればと思います。

 

私たちはこう言った!  こう書いた!  合格実例集&セオリー2018 エントリーシート編

私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2018 エントリーシート編

 

 

あわせて読みたい記事