読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

帯広市の公務員試験の難易度は?筆記よりも面接の倍率が高くて人物重視?筆記のボーダーは低そう

北海道の帯広市の公務員試験は前期日程と後期日程に分かれており、何だか国公立大学の入試みたいになっていますが、それぞれで募集人数が違います。前期日程の方が多いので、こちらを受験する人が多いでしょう。後期日程は募集人数が少ないので、難易度も非常に高くなりやすいです。帯広市の公務員試験の前期日程の倍率は平成28年度の試験結果を見ると、11.3倍となっており、そこそこ高いですね。帯広市の公務員試験の難易度は前期日程はそこそこですけど、後期日程は倍率が40倍越えなので、かなり大変です。ここでは前期日程の話をしていきますが、帯広市の公務員試験の難易度はそれなりにあると言えるでしょう。倍率が10倍を越えていますから。平成28年度の採用試験の結果を見ると、一次試験は329人が受けて234人が合格しているので、帯広市の公務員試験の筆記試験の倍率はさほど高くないです。では二次試験はどうなっているでしょうか?

 

帯広市の二次試験は213人が受けて75人が合格しているので、ちょっと倍率が上がりますね。3倍弱くらいはあるので、帯広市の公務員試験の面接の倍率は結構高いと言えそうです。帯広市の公務員試験は三次試験までありますが、三次試験も人物試験であると思われますから、筆記試験の倍率は低いけど、面接試験などの倍率は非常に高いと言えると思います。したがって、帯広市の公務員試験は人物重視ということが言えると思うのです。そして、帯広市の三次試験は71人が受験して、29人が合格しており、倍率は2倍以上あります。二次試験から最終合格までの倍率は結構高いですよ。7倍くらいありますよね。やはり帯広市の公務員試験は人物重視ということが言えると思います。非常に難易度が高いのです。帯広市の公務員試験は筆記試験の倍率が低くて、面接試験などの倍率がとても高いですよね。筆記試験ではあまり絞らないで、人物試験で良い人材を採ろうという思惑なのではないでしょうか?帯広市の公務員試験に受かるには筆記対策も重要ですけど、それ以上に面接試験の対策が重要になると言えると思います。帯広市の公務員試験の難易度はかなり高いですけど、それぞれの選考を突破していくために頑張っていきましょう。

 

では、帯広市の公務員試験の選考内容はどうなっているでしょうか?帯広市の公務員試験の試験内容は一次試験が教養試験と適性試験、二次試験が面接試験とグループワークとなっています。そして、三次試験が面接試験となっており、二次試験以降が人物試験となっており、帯広市では人物重視のため、筆記対策よりも面接対策の方が重要になると言えるのではないでしょうか?帯広市の公務員試験では筆記試験のボーダーラインはかなり低いと思います。筆記試験の倍率も低いですし、帯広市の公務員試験では教養のみですけど、ボーダーラインはどれくらいなんですかね?問題のレベルが特に高いとは思わないので、5割越えられれば十分チャンスはあるのではないか?と思います。5割を越えなくても受かる可能性もあるかもしれません。帯広市の公務員試験の筆記試験のボーダーラインは読めない部分もありますが、そこまで高くはないと思います。しかし、二次試験以降は人物試験で、特にグループワークが対策が難しい試験です。面接試験は対策はしやすいと思いますけど、グループワークというのは、そもそも結構多くの人数の協力者が必要ですし、そもそもグループワークの試験っていうのは、練習で本番さながらの試験をすることはなかなか難しいと思うので、二次試験に進んでもグループワークが合否を左右する可能性が結構ありそうな気がします。

 

帯広市の公務員試験に受かるにはこういった人物試験を合格していかないといけないわけですが、こういった試験内容は今後変更される可能性もあるので、自分でも確認をしておいてほしいと思います。ちゃんと最新の受験案内を自分でも見ておいてください。帯広市の公務員試験に受かるにはやはり面接対策が重要ですけど、まずは筆記試験に受からないといけないので、過去問で対策をしていきましょう。帯広市の公務員試験の過去問は前期日程は5月なので、市役所試験の過去問が1番レベル的に近い気がします。地方上級の問題のレベルではないでしょう。教養のみならば尚更そうですね。したがって、帯広市の公務員試験を受ける人は以下のような市役所試験の過去問をやっておいて、点数がどれくらいとれるか?を確認しておくと良いと思います。そのうえでできない分野を集中的に勉強していくと総合的な点数も伸びていくと思います。帯広市の公務員試験の筆記試験と面接試験の倍率を総合すると、難易度は高い方になると思いますから、しっかりと対策をしていきましょう。

 

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

市役所上・中級 教養・専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ9)

 

 

あわせて読みたい記事

公務員の休日出勤は普通にあるが手当ては出る?拒否するような理不尽な命令の場合もあるかもしれない

公務員には休日出勤はあるのでしょうか?というと、休日出勤の可能性は普通にあります。一般的な市役所や県庁に勤める公務員の場合には休日出勤が予想されます。民間企業でも休日出勤は割とあると思うんですよ。頻度などは企業によっても違いますけど、公務員においても休日出勤は割とあると思っておいた方が良いです。しかし、部署にもよるのです。休日出勤が頻繁にある部署とそうじゃない部署に分かれるので、働き方によって休日出勤がどのくらいあるのか?は変わると思っておいた方が良いと思います。だから、働き始めてみないとどのくらい休日出勤があるのか?は分からないということです。公務員の休日出勤ではちゃんと手当てはつくはずですよ。公務員なので残業代もちゃんと出るところがほとんどのはずですし、休日出勤をするときの手当てについてもちゃんと支給されるはずです。したがって、一部の民間企業みたいにタダ働きということはまずないはずです。民間企業ではどうしても残業代や休日出勤の手当てが出ないところがそれなりにある気がするのですが、そこは公務員は恵まれていますよね。恵まれているというか、それが本来普通であってほしいものですが。

 

公務員の休日出勤はしかしそもそもどんな必要性があるのか?という部分が1番の問題だと思うんですよ。公務員は休日出勤で手当てが出るから良いか。と命令に応じている人がほとんどだと思いますけど、中には休日出勤の命令を拒否する人もいるかもしれません。基本的に組織で働く公務員は休日出勤を拒否することはできませんが、その出勤に一体どこまでの意味があるのか?と疑問に思っている人はいるのではないか?と思います。私が聞いた話によると、公務員というのはどうしても残業をしないといけない空気の職場があるらしいのです。そういった職場というのは、残業の必要性がないけど、残業をすることが良いことみたいな雰囲気があるらしく、残業をする必要がないし、したくないけどしないといけないような状況で、実際にそういう職場で公務員をやっていた人の不満も聞こえてきます。そういった非合理的な理由で、仕事を無理矢理作るような状況が実際にあるようです。それが少数派の出来事なのか?よくある話なのか?は判断しかねますけど、そういった状況があるということは、休日出勤の中でもそういう非合理的な理由で出勤を命じられるシーンがあるかもしれないのです。

 

公務員の休日出勤を拒否することは基本的にできませんし、拒否したらどうなるのか?というと、いろいろと問題になりそうですけど、そもそも休日出勤の必要性がないのに、それをさせられているという人が実際にいるかもしれないという現状は多くの人が考えるべきのように思います。公務員として働けば休日出勤は普通にありそうですが、それって本当に必要なの?という確認は上司のみならず部下も考えていかないといけないでしょう。効率性が重要なので、やるべき仕事とそうじゃない仕事は分けるべきなのです。おまけに公務員の休日出勤には手当てというか、ちゃんと給料が出るので、その休日出勤がいらないものだと、何のための出費なのか?の説明もできなくなりますから。公務員として働くと、恐らく非効率な仕事のやり方などに遭遇する機会も多くなるでしょうし、理不尽に感じる仕事の進め方というのも多くあると思います。それが公務員と言ってしまえばそうかもしれませんが、公務員の離職率がそれなりに高いのは、やっぱりそういうところもあると思いますよ。

 

そういうところに気付かないで、新規採用の時点で辞めなさそうな人材を採用するといったことをしているみたいですけど、問題点の本質は必ずしもそこではないと思います。公務員の離職率がそれなりにある原因は、すぐ辞める根性なしを採用しているからではなく、辞めたくなるような職場環境が存在しているから。というのも1つ原因として存在しているかもしれないのです。実際、インターネットで調べれば職場に不満を感じて公務員を辞めたという人の話は結構出てきます。公務員も縦社会なので、問題に気付いても下の者が上の者にたてつくことがしづらい雰囲気があると思うので、改善の圧力は働きづらいですけど、こういうのは第3者が指摘してあげると1番良いのかもしれません。そうやって公務員という世の中で言えば少数派の働き方をしている人たちの現状や問題点が少しでも社会問題化されれば、公務員の働き方の効率性も上がる気がします。公務員の休日出勤の話から少し逸れましたけど、公務員の働き方も民間企業同様に問題を抱えていると言える気がします。

 

公務員の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本

公務員の「お仕事」と「正体」がよ~くわかる本

 

 

働きたくない人、働く必要のない人は働かないままの方が社会に良い影響がある

働かないことは悪いことといった風潮が日本にはある気がしますが、いろいろな識者が言うには、そういった風潮は自分で自分の首を絞めている状態みたいです。国も自治体も雇用対策として多くの人たちを職に就かせようとしているが、それにはどういった意味があるだろうか?実は国や自治体にとっては意味があると言えそうなんです。それは税収が増えるから。しかし、労働者側にとってはそれってメリットなの?とも思えてくる面があるのです。簡単に言ってしまえば、働く人が増えれば増えるほど、既存の労働者の働く環境はどんどん悪くなります。それは単純な理由で、オークションサイトで、ある商品を欲しいと思う人が自分1人の場合と10人いる場合では、落札金額はどちらが高くなるのでしょうか?というと、後者なんですよ。ライバルが多いから、自然とその商品を手に入れるための金額が高くなってしまいます。それと同様に働く人が増えれば増えるほど、雇う側としては人を選べるので、条件を下げやすくなります。働いてくれる人の候補が多ければ多いほど、条件を悪くしても、その条件で働いてくれる可能性のある人が残りやすくなりますから。

 

だから、国や自治体がニートなどの人を就労させようとするのは、税収が増えるという意味ではメリットがあることなのですが、労働者にとっては自分たちの労働環境を悪化させる原因になりかねないってことなのです。だから、働く必要ない人、例えば親の金で暮らすことが可能な人はそのままで良いと評価する識者がいるわけです。働く必要性がない人を働かせようとして得をするのは国や自治体であって、私たち国民の側からするとそれはデメリットになりかねないということなのです。働く人の数が抑えられた状況というのは、労働環境全体を考えたときには1番合理的な状況で、労働者自身にとってもメリットがあることになるのでしょう。でも、税収が減るのは国民にとってもよくないことなんじゃない?と思うかもしれません。それはその通りかもしれないが、結局どっちもどっちなところがあると思うのです。税収が減れば国や自治体が私たちにしてくれる財の提供やサービスが減ります。それは確かにマイナスかもしれないが、でも税収が逆に増えるってことはどういうことでしょうか?それは国民が多く税金を払っているということであって、税負担が増えている状態なのです。

 

働いていない人が働いて税収が増えた場合、既存の労働者の税負担が増えているわけではないですが、世間の意見を見ていると、消費税の増税に反対している人はかなりいるじゃないですか?それって結局、税収の増加よりも私たちの生活の方が大切だ!というのが理由だと思うんですよ。だから、そういった理由で消費税増税に反対している人がいるということは、税収が増えないことや減ることも場合によっては承認できるという多くの国民の意思表示になると思うのです。それに働かなくてもとりあえず良いやと思っている人というのは、働く必要性を本人が感じていないので、そういう人たちが仮に働いたとしても、彼らはどこまでやる気を出すか?は分からないのです。働かないと困るわけではないので、彼らが真面目に働く確率はあまり高くないかもしれないのです。そうなると、仕事をしていてミスをすることも多いかもしれませんし、そのミスが消費者に影響するような状況を生むかもしれません。また、世の中には働かないといけないけど、働けない人(採用自体がされない人)というのがいて、そういう人たちが仕事を得られる確率を下げてしまうことにもなります。働かなくてもいい人が働かないといけない人の邪魔をする状況も可能性として考えられるわけです。

 

つまり、好きでニートをやっている人とかを社会は問題視していたり、自治体や国がなんとかしようとする動きはあるけれども、そういった動きの本質を見ると、メリットよりもデメリットの方が大きいと言える気がします。結論を言うと、本人が働きたくなくて働かなくてもとりあえず問題ない人はそのままの生活を続けられるならば、続けてもらった方が社会全体へのプラスのメリットが大きいのではないか?ということになります。国や自治体もそういった点が見えているのか?は不思議ですけど、識者がそういった点を実際に指摘している現状を見ると、国や自治体がやっている就労支援は、一部に関しては世の中にとってマイナスの影響を及ぼしかねない策になっている可能性もあるのです。今後、人間が働ける分野、人間を雇用し続ける分野は少なくなり、おまけに人間が雇用される分野の中でも、ロボットなどに置き換えられる状況があるのに、人間が雇用されているとしたら、それはロボットにかかるコストよりも安く済む場合に限られるなどの話もあります。つまり、人間が働ける余地が少なくなっていくと同時に、人間が働くときの条件面はかなり悪くなると思います。人間が働かなくなる、働けなくなる状況は今後どんどん顕著になっていく中で、人が働かないで成立する世の中の仕組みはすでにいろいろな人たちが議論していますけど、国や自治体こそが考えるべき部分なのではないでしょうか?

 

 

あと20年でなくなる50の仕事 (青春新書インテリジェンス)
 

 

あわせて読みたい記事

秋田県の公務員試験の難易度は?筆記と面接の倍率は?筆記のボーダーライン高いかもしれない

秋田県の公務員試験の難易度はどうなっているでしょうか?過去の採用試験を見ると、秋田県の公務員試験がどれくらい難しいか?が見えてくると思いますけど、秋田県の公務員試験の倍率は平成28年度のデータを見ると、10,6倍となっています。これは行政職の採用試験の倍率です。秋田県では行政職は行政Aと行政Bに分かれるわけですが、行政Aの方が採用予定者数は多いです。秋田県の公務員試験を受けるときには多くは行政Aを受けることになるでしょう。秋田県の公務員試験の難易度では筆記試験と面接試験の倍率が重要です。秋田県の公務員試験の筆記試験の倍率はというと、360人受験で56人が合格しているので、倍率は6.4倍となっています。この倍率は相当高いです。公務員試験の筆記試験の倍率としてはかなり高いので、なかなか受からないでしょう。6人に1人しか筆記試験に受からないわけですから。秋田県の場合には筆記試験の倍率がかなり高いというところが特徴的です。しかし、それは全体の倍率にもよる可能性があるので、年度によって多少異なることも頭に入れておかないといけないでしょう。秋田県の公務員試験は筆記対策がかなり重要ということになります。

 

でも、二次試験以降もやはり大変です。秋田県の公務員試験の二次試験はこの年は52人が受けて34人が合格しているので、倍率は高くないです。2倍もありません。だから、秋田県の面接試験の倍率は筆記試験と比べると低いです。とはいっても、簡単に受かるわけではないです。秋田県の公務員試験は筆記重視という側面が見られるかもしれませんが、面接試験などの二次試験ももちろん大切です。でも、やはり問題のレベルも高い筆記試験の対策がまず重要になるので、その対策をきちんとやっていきましょう。秋田県の公務員試験の行政Aについては倍率が全体で10倍強くらいとなっています。平成28年度はそうなっていますが、他の年はどうなるか?ちょっとわからない部分もありますけど。ちなみに秋田県の公務員試験の採用予定者数はこの年は25人となっています。したがって、そこそこの人数が採用されるということになります。秋田県の採用予定者数はそこそこ多いですけど、全体の倍率が10倍程度あるので、秋田県の公務員試験の難易度はそこそこ高いと言えるかもしれません。それでは秋田県の採用試験の試験内容はどうなっているでしょうか?

 

秋田県の行政Aの試験内容としては、一次試験が教養試験、専門試験、論文試験で、オーソドックスな地方上級という感じかもしれません。地方上級では論文は二次試験というところも多いですけど。そして、二次試験は個人面接と集団面接と適性検査が実施されるようです。行政Bはまたちょっと違うみたいですけど、行政Aはこういった感じになっています。秋田県の公務員試験ではまずは筆記試験が難易度が高い可能性があります。倍率を見ても筆記試験の方が高いですし、筆記対策をしっかりとやらないといけないでしょう。秋田県の場合は地方上級の問題のレベルだと思うので、筆記試験の問題がまず難易度が結構高いと思います。秋田県の公務員試験に受かりたいならば、筆記対策にまずは時間をかけないといけないのです。しかも、秋田県の公務員試験では論文試験の一次試験にあるようですから、そのための対策もやっておかないといけません。秋田県の公務員試験の筆記試験の倍率からすると、ボーダーラインとかもそれなりにありそうな気がします。通常の地方上級だとボーダーラインは教養と専門を合わせても6割いかないくらいになるのではないか?と思います。55%から60%くらいになるのではないか?と思われますけど、秋田県の場合には筆記試験の倍率が特に高いので、ボーダーラインは6割を越えるかもしれません。秋田県の公務員試験の難易度はここが特に高そうです。

 

秋田県の公務員試験の受験案内は自分でも見ておきましょう。受験案内はその年によって内容が変わることがありますから。どういった試験内容になるのか?最新年度のものを自分でも見ておいてください。そして、秋田県の公務員試験に受かるには筆記対策が重要です。面接の倍率はそこまでではないですけど、こちらももちろん重要になりますが、筆記試験の倍率はとても高いので、過去問を使って秋田県の公務員試験の筆記対策をしないといけません。秋田県の公務員試験に受かるには地方上級の過去問を使って、やはり対策をしていく必要があります。以下のような過去問を使っていくと良いと思います。秋田県の公務員試験では面接の倍率は高くないですが、こちらもちゃんと対策をしてほしいですけど、まずは筆記試験の対策です。過去問を使って自分が何点とれるか?を把握して、足りないところ、できないところを重点的に残りの時間で勉強して補強していくことをすると、トータルの点数が少しずつ伸びていくと思います。秋田県の公務員試験の筆記のボーダーラインを越えられるように、二次試験に進めるように頑張ってほしいと思います。

 

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

地方上級 教養試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ6)

 
地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

地方上級 専門試験 過去問500 2018年度 (公務員試験 合格の500シリーズ7)

 

 

あわせて読みたい記事

特別区の面接の日にちや日程はいつ頃?日程変更はできない!?

特別区の面接の日程はどうなっているでしょうか?現在のところは7月の中旬から下旬にかけて人事院面接が行われるということになっており、特別区の面接というのは筆記試験の日から1ヶ月以上間が空くことになると思います。したがって、準備をする期間は相当あるのです。でも、自分が特別の面接の日程の中で何月何日になるか?というのは大分後にならないと分かりません。特別区では筆記試験が終わってから大分空いて、一次試験の合格発表があります。そして、そこで合格している人には二次試験の日程(面接を受ける日)が知らされるのです。ちなみに特別区の面接の日にちというのは人それぞれ違います。したがって、早い人もいれば、遅い人もいるのです。だから、特別区の面接の日程というのはそれぞれで結構違いがあります。最大で10日くらい違う人がいるのではないでしょうか?そうなると、有利、不利が出てくるのではないか?と思う人もいるかもしれませんけど、実際どうなのでしょうか?

 

特別区の面接では日程がどうなるか?はそれぞれによって違いますけど、一般的には特別区の面接の日にちは後半の方が良いと思えるかもしれません。だって、後半の方が準備期間が長くとれるからというのもありますし、情報が多く入ってくるということも言えますから。だから、どちらかというと、多くの受験生は特別区の面接の日にちは後半の方が良いと考えている人が多いのかな?と思えてきますが、実際どうなんでしょうか?特別区の面接の日にちは前半と真ん中、後半など大きく3つに分けられる気がします。私であれば前半は正直言って嫌ですね。対策の時間があまりとれないということが理由としては大きいです。しかし、後半はどうか?っていうと、後半も個人的にはあまり宜しくない気がしてきます。それはどうしてか?というと、特別区の面接の日程で後半になってしまうと、面接官がだらけてくるんじゃないか?と思えてきます。面接官も最初の方は気合いが入っているかもしれないが、後半になると飽きてくる気がしてくるのです。そうなると、こちらの話をどれだけ真剣に聞いてくれるか?分かりません。ただ、この仮説には1つ懸念点があります。それはそもそも1人の面接官が何回も面接の担当をするのか?ということです。1人の面接官は1回だけ面接を担当して終わりなのか、それともその年では1回、2回、3回と何度もやっていくことになるのか?そこ次第の部分もあるので、何とも言えないかもしれません。

 

私が後半は好きではないというのはイメージの問題も含まれるので微妙な理由ですが、後半になればなるほど、前半で受けた人と比べられる可能性もあります。それも1人の面接官が何度も面接を担当する場合での話しになりますが。基準ができてしまっているならば、それと比べられてどうか?というのは、人によっては厳しい立場に立たされていることもあるでしょう。特に面接があまり得意ではないという方は先に面接を受けた人と脳内で面接官が比べてしまう事象は好ましくないと言えると思います。だから、私は真ん中くらいが良いかな?と思うのです。確実にあまり良くなさそうなのは前半かな?先に緊張する面接を終えられて、後から受ける人たちを高みの見物で見られるというのはありますけど、それは別に合格可能性を上げることではないので、メリットにはならないと思います。逆に対策まで時間がとれない、先に受けた人の情報などを知ることができないなどのデメリットがあるので、特別区の面接の日にちが前半というのはあまり好ましくないと思います。ちなみに特別区の面接の日程変更はできるのか?という疑問を持っている人もいるかもしれませんけど、日程変更は基本的に無理でしょう。これは特別区だけではなくて、公務員試験全般に言えることだと思います。

 

特別区の面接で日程変更を申し入れても、これはどんな事情があっても多分無理だと思います。だから、向こうが決めた日程受けるしかないのです。民間企業であれば、面接の日程変更は割と聞き入れてもらえる可能性がありますけど、公務員試験では厳しいでしょう。したがって、特別区の面接の日程に自分の都合を合わせるしかないと思います。特別区の面接では面接カードに沿った質問が多くされると思いますから、面接カードの作成時点からきちんと考えてしっかりと内容を練っていかないといけないと思いますけど、面接カード以外からの質問もありますから、その対策も必要です。したがって、特別区の面接対策は幅広く行っていかないといけないので、やはり時間がそれなりに必要だと思うのです。だからこそ、特別区の面接の日にちは遅い方が良いのかな?という部分もありますが、自分がどの日程で面接を受けるとしても、そこに合わせていくしかないので、なんとかするしかないのですが。とにかく筆記試験の勉強をしている段階から、面接の対策をしていくのが良いのかもしれません。

 

 

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

 

 

あわせて読みたい記事

就活で企業選び、業界選びをするときには5年後、10年後の将来性への予測がとても重要!

就職活動をするときには業界をどうするか?その選び方が非常に大きいです。どの業界を目指すか?またはいろいろな業界を受けていくか?というのは選択の1つになりますが、1つの業界を受けていくにしろ、いろいろな業界を受けていくにしろ、入社できるのは1社なので、そこをまず理解する必要があります。どの業界を選ぶか?就職活動をしているときも、入社するときでも重要になります。というのも、将来を見据えた場合に伸びる業界と衰退する業界があるからです。当然ですが、衰退する業界はそこに入社しても業界全体の市場が縮小する可能性があるので、待遇が下がったり、リストラされたり、会社が倒産したりということが十分考えられます。したがって、現時点のみではなくて、将来性を考えた業界選びが重要になるでしょう。大企業を学生の多くが選ぶ理由も安定しているからという将来的な部分を見据えてのことでしょうし、それを業界選びでも実践していってもらいたいのです。就職活動での業界の選び方は本当に重要ですからね。

 

就職活動での業界では人気のところもありますが、そこが必ずしも将来性が良いか?は何とも言えない場合があります。就職活動で人気の業界は選びたくなる気持ちもありますが、そこに絞るのが正しいか?どうかはちゃんと判断をしていきましょう。就活で将来性を踏まえて業界を絞るということをしていくと良いと思います。今後、5年、10年くらいで業界というのは劇的な変化を迎えることがありますから。今後衰退していくのではないか?と言われている業界もありますし、そういったところに就職するということはリスクもあるということになるでしょう。現状どうなっているか?ということも重要ではありますが、今はよくても今後の見通しがどうなのか?将来的にも安定して存在できる業界か?企業か?という部分は入念にチェックをしないといけないと思います。例えば、出版社などは苦境に立たされる傾向にある気がします。全部の出版社がそうというわけではないですが、特に中小の出版社は書籍自体が売れない中で、元々業務が激務だとされている面もあると思うのですが、そういった面を踏まえると将来性は疑問視せざるを得ない状況が存在していると思うのです。

 

出版社の場合には現状でもちょっと厳しい状況に置かれている面はあると思いますが、それが今後さらに過酷になるということも予想されます。そもそも娯楽の選択肢が増えすぎたため、それによる影響が大きいと思いますけどね。テレビを観る人が減っているという部分も同じ理由だと思います。ソーシャルゲームなどの存在が大きいのかもしれませんが、娯楽の選択肢が以前と比べても明らかに増えました。それによって、当然テレビを観る人、本を読む人は減ってしまいます。この傾向は今後改善されることはまずないと思いますから、出版業界の中で生き残ることができる企業はどれだけあるか?というと、そんなに多くないのかもしれません。だから、事業の戦略次第では中傷の出版社であっても生き残れると思いますが、上手い戦略を立てられないとなかなか厳しいのではないか?と思うのです。出版業界だけをとってみてもそういった現状があるということなのです。そういった部分をあらゆる業界において分析してみる必要があるということが言えます。できれば同じ企業で安定して働きたいと考えている人が多いと思いますから、そういった部分まで企業選び、業界選びの時点で考えられていると良いと思います。

 

ただ、現時点で予想できる場合は良いですが、現時点で予想できないこともあるので、やはり将来性の予測は難しいのです。現時点では将来性に心配はないが、数年後には将来性がどうなの?と思えてくる事情が生まれたりするケースもありますから。だから、現時点で将来性をちゃんと予測して企業や業界を選んだとしても、その後の事情の変化によってその予測が意味を持たなかったというケースも生まれる可能性もあります。しかし、現時点で予測をしなければ、将来性へのリスクがより大きい状態で入社することになるので、長年にわたる確実な予測はできないとしても、予測をしないよりはマシだと思うのです。就職活動をしていくときには企業選び、業界選びは多くの人たちが行うと思いますが、そのときにはこういった視点でも選んでいくことを忘れないでほしいと思います。そのためには調べることも多くなるので、手間はかかりそうですけど、そういったプロセスも重要になると思います。

 

 

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

ずるい就活(就職ガイド本の決定版/自己分析/SPI/面接/内定) (就職は、人生逆転のチャンス!)

 

 

あわせて読みたい記事

茅ヶ崎市の公務員試験の難易度は?人物重視で面接の倍率が高い!採用予定者数はどうか?

神奈川県の湘南というと茅ヶ崎市が有名かもしれませんし、この当たりを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?湘南の定義はいろいろ揉めているみたいです。藤沢や鎌倉、平塚あたりは入るのか?でいろいろと議論があるみたいですが、湘南の定義で言うと、これらのエリアは全て入るみたいですね。そんな話は置いておいて、茅ヶ崎市というと海が臨んでいるというイメージでしょうか?この地では公務員試験の採用試験が行われており、大卒程度の事務職ではいとしのちがさき採用と通常の採用試験があるみたいです。いとしのちがさき採用は若干名ということで、募集人数がかなり少ないと思われます。そして、もう1つの通常の採用は茅ヶ崎市の公務員試験の募集人数としては先ほどのよりは多いですけど、それでもそこまで多いわけではないです。年度にもよりますけど、10人くらいなのでしょうか?ただ、これは10月実施の採用試験なのです。茅ヶ崎市では5月にも採用試験を実施しており、こちらは事務職はAとBに分かれていてAがメインになると思います。こちらは採用予定者数は20~30人くらいなので、それなりに多いです。

 

5月実施の茅ヶ崎市の公務員試験の事務職Aの難易度について説明すると、平成28年度の試験結果を見ると倍率は20倍近くあるので、かなり難しいと言えると思います。この年は筆記試験を491人が受けて110人が合格しているので、筆記試験の倍率は4.5倍くらいでしょうか?茅ヶ崎市の公務員試験では筆記試験の段階からすでに倍率が高いわけです。そして、その後は省略されてしまっていますけど、最終的には25人が合格しているのです。茅ヶ崎市の公務員試験の全体の倍率は19.6倍となっており、非常に難しい採用試験になっているのです。事務職Bに関してもこの年は22.3倍となっているので、かなり倍率は高いです。事務職に関しては茅ヶ崎市の公務員試験は倍率が高いので、かなり難しいということが言えるのではないでしょうか?そんな茅ヶ崎市の公務員試験に受かるにはどうしたら良いのか?というと、やはり筆記試験の対策をまずはしっかりとやらないといけません。茅ヶ崎市の公務員試験では面接の倍率もかなり高そうですが、まずは筆記試験です。茅ヶ崎市の筆記試験の倍率は4倍以上あるということで、それなりの難易度ですから筆記対策をして、確実に一次試験を突破しないといけないでしょう。茅ヶ崎市の公務員試験の問題のレベルはそこまで高くはないと思います。

 

ただ、茅ヶ崎市の公務員試験では一次試験に筆記試験はないのです。受験案内を見る限りでは一次試験はエントリーシートのみとなっており、二次試験以降は面接などを中心とした試験になっています。今後また変わるかもしれないので、自分でも最新の受験案内を見てもらいたいですが、茅ヶ崎市の事務職AとBの採用試験に関しては、2017年度時点では筆記試験は実施されていない、エントリーシートと人物試験のみの採用試験になっているのです。これは逆に言うと筆記対策の手間はかかりませんが、人物試験オンリーということで難しい人にとっては難しいですよね。茅ヶ崎市の公務員試験の難易度はそこがちょっと厳しい人もいるかもしれません。かなり人物重視ですから。茅ヶ崎市の公務員試験では二次試験が集団面接と適性検査、三次試験が個人面接、四次試験が個人面接となっているので、茅ヶ崎市は最初から最後まで人物重視の自治体と言えます。筆記対策は必要ないが、面接対策は相当やらないといけません。茅ヶ崎市の公務員試験の難易度では人物重視の採用試験の中で、面接などが苦手な人にとってはかなり厳しいです。

 

茅ヶ崎市の面接の倍率は二次試験以降から最終合格までになりますけど、こちらも高いので、やはり茅ヶ崎市の公務員試験の面接の倍率は相当高いということが言えると思います。人物重視の自治体というところが最大の特徴になりますから、そこを理解しておきましょう。茅ヶ崎市の採用予定者数は事務職Aが20人前後かな?という印象です。事務職Bは10人前後でしょうか?多くの人は事務職Aを受験すると思うのですが、人物試験の対策を入念に行っておきましょう。やはり茅ヶ崎市の公務員試験に受かるには面接対策です。面接対策では以下の本が個人的にはおすすめですね。公務員試験の面接全般で使える本になります。公務員試験の面接の内容や流れ、基礎知識や注意点などを細かく分かりやすく載せています。したがって、本書は公務員試験の面接を初めて受ける人でも、事前に面接の全てを理解して、適切な対策を立てられるような本と言えます。ただ、個人的におすすめしたいのは本書の中のある部分で、それは公務員試験の面接官がどういう人を欲しがっているか?採用したいと思っているか?について述べられている部分です。スクラッチの当たりに例えて、公務員試験の面接官がどういう人材を欲しがっているのか?面接官にそう思われるためのコツや具体的なテクニックは?などのかなり有益な情報が載っています。したがって、そこを読めば面接官に採用したいと思われて、内定を貰える可能性が上がるのではないでしょうか?公務員試験の面接を受けるにあたってかなり役立つ情報が載っている可能性がありますから、良かったら読んでみてください。

 

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2018年度採用版 (公務員試験)

 

 

あわせて読みたい記事