特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

高島屋の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

高島屋は小売業界の中でもかなり大きな会社で、百貨店としても知名度は大きいですし、就活生に人気ということが言えるでしょう。小売業界は激務というイメージもあるかもしれませんけど、業界それ自体は安定していると思いますし、そういった意味では高島屋の就職の倍率は高いと思います。高島屋に就職したい人はその難易度を把握しておく必要があります。高島屋の就職の倍率は公開されていないので、正確な難易度は分かりませんし、そういった意味ではちょっと困りますけど、知名度が高い会社だけに高島屋の採用試験の難易度は非常に高いと思っておきましょう。高島屋の採用試験の難易度に関しては学歴フィルターなども重要でしょう。そういったものがあると、高島屋の就職における難易度に関係しますから。倍率が分からないので、そういったところを推測するのは難しいですけど、知っておいてほしい情報と言えるのです。

 

高島屋の就職では学歴フィルターはあるのか?

高島屋の就職では学歴フィルターはあるのか?というのは気になるでしょう。確かに高島屋の就職における難易度として重要な部分です。高島屋の採用実績校からそこを判断していくことができると思います。高島屋の就職の倍率が分かれば良いのですが、そういった情報がないので、採用実績校から確認をしていきたいと思います。高島屋の採用実績校を見ると、大東亜帝国までは採用が確認できます。そして、短大からの採用もあります。そうなると、高島屋の就職で学歴フィルターを利用している可能性は極めて低いと思います。高島屋に就職したい人についてはこういったところが重要ですけど、学歴や大学名については全く関係ないということはないと思います。学歴フィルターとしては存在していないということであって、選考では学歴や大学名をチェックはすると思うのです。OBやOGの数とかも関係しますから、そういった点も含めて評価しているのではないでしょうか?高島屋に就職したい人は学歴フィルターのみではなく、こういうところも知っておくと良いです。

 

高島屋の就職では学歴や大学名をチェックはすると思いますけど、合否に関係する割合としては高くはないと思います。したがって、高島屋の就職では学歴や大学名は気にしないで良いと思うのです。小売業界などはそもそも学歴や大学名を気にするイメージはありませんから。高島屋の採用試験の難易度に関係する部分としては、人物試験の評価です。面接などを含めて、そういった面をしっかりと対策しておいてほしいです。高島屋の就職の倍率はそれなりになると思うので、対策はしっかりとやっておきましょう。そして、高島屋の就職の評判に関しても重要です。どういった働き方をしているのか?については気になると思うので、高島屋の社員の口コミとして把握しておきましょう。高島屋の仕事は激務なのか?そうじゃないのか?そういったところなどを把握しておくと、会社の実態を理解できて良いのではないか?と思います。

 

高島屋の就職の評判はどうなっている?

高島屋の就職の評判を紹介していきたいと思いますけど、まず最初は高島屋の平均年収についてです。就活生としてはそういったところが気になるのではないでしょうか?高島屋の平均年収は650万円程度です。したがって、数字としてはそれなりに高いでしょう。小売業界の中ではかなり高い方だと思います。そして、高島屋の働き方に関する口コミを見ていきますが、高島屋の就職の評判については、まず特徴的なのは残業がほぼないということです。これは高島屋の仕事における特徴ですけど、残業がなかなかあり得ない状況になっています。全くないわけではないみたいですが、会社の方針としては残業は禁止になっています。だから、滅多にないということになりますし、高島屋の仕事が激務になるということはまずないでしょう。サービス残業もないという口コミがあるので、高島屋の仕事は忙しい雰囲気でもないですし、かなり働きやすそうです。部署によるとはいえ、会社全体では残業がほとんどないような状況ですけど、1日の労働時間に関しては、口コミによると8時間未満となっています。つまり、8時間以上働いているという人があまりいないということなのかもしれません。

 

実際、高島屋では月に1回定時よりも2時間以上早く帰ることができる日があるらしく、他の日もほとんど残業がないとなれば、確かに1日の平均の労働時間が8時間未満というのは現実的にありえるのでしょう。本当に激務という雰囲気が全くないです。高島屋の就職の評判はかなり良い感じがしてきます。あとは女性の割合が高いらしく、そこへの配慮が行き届いているということが言われています。育児休暇、産休などがとりやすい雰囲気みたいです。デメリットを挙げるとすれば、元日以外は基本的に営業しており、お店が休みというケースはほぼないので、誰かしらが常に働く必要があり、もしかしたら誰かが出られなくなったときの代わりに休日でも出勤する必要が生まれることがある。といった点でしょう。代休はちゃんともらえるはずですが、そういったところは小売業界ならではの部分だと思います。忙しい雰囲気とか、激務になるような感じは高島屋の仕事ではほとんど確認されない感じですけど、部署にもよると思うので、高島屋の就職の評判をチェックするときにはそういったところは理解しておきましょう。高島屋の就職における難易度はある程度は高いと思いますけど、こういう口コミを見るとより人気が高そうな感じを受けるでしょう。高島屋の就職の評判については幅広く調べておくと良いですし、会社の実態についてしっかりと理解して、納得したうえで受けていくと良いと思います。

 

高島屋の就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

高島屋の就活ハンドブック〈2019年度版〉 (会社別就活ハンドブックシリーズ)

 

 

あわせて読みたい記事