特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

久留米市の公務員試験の難易度や倍率は?筆記のボーダーラインは何割か?

久留米市の公務委員試験を受ける人はその難易度がどうなっているのか?に関しても知っておきましょう。久留米市の公務員試験の大卒程度の事務職に関しては、募集人数が結構多いです。事務職Aと自己アピール枠というのがありますが、事務職Aが20人前後くらいで、自己アピール枠は数人です。事務職Aの方を受ける人が多いので、こちらをメインに考えておくと良いと思います。恐らく自己アピール枠というのは筆記試験よりも人物試験に重きを置いた採用試験で、民間企業受験者向けという意図もあるかもしれないです。自己アピール枠は結構難易度が高いです。倍率が高いので。しかし、事務職Aに関しても倍率は高いですから、久留米市の公務員試験を受けるという人はその部分について知っておきましょう。久留米市の公務員試験の難易度では事務職Aの倍率も高いです。過去の実施結果を見ると詳細が分かりますけど、平成29年度のデータだと全体で16倍ほどあるのです。この数字はかなり高いです。ただ、久留米市の公務員試験では、全体の倍率しか分からないのです。

 

筆記試験や面接試験の倍率の詳細が載っておらず、全体の倍率のみの情報となりますから、久留米市の公務員試験における難易度は全体的に把握するしかありません。久留米市の公務員試験では一次試験の倍率が分からないので、筆記試験のボーダーラインも予想しづらいです。筆記試験の倍率からボーダーラインが予想できるのですが、そういったことがしづらいです。久留米市の一次試験の倍率が分からないということは、筆記試験のボーダーラインも読めないので、何割くらいとれば良いのか?は予想しづらいです。久留米市は二次試験までなので、筆記試験と面接試験の倍率が気になりますが、全体が16倍くらいだとすると、筆記試験が4~5倍で、面接試験が2~3倍くらいと予想します。これはあくまでも予想に過ぎませんが。久留米市の筆記試験の倍率が仮にそのくらいだとすると、筆記試験のボーダーラインは6割くらいあるのかな?と思います。教養試験と専門試験があるようなので、ボーダーラインはどのくらいになるのか?というのは予想が難しいですけど、久留米市の公務員試験の難易度にも関係するので、このあたりの情報は正確ではありませんが、目標を決めて筆記対策をした方が良いと思うので、こういったところは考えておきましょう。久留米市の公務員試験の筆記のボーダーラインは6割くらいかな?って感じがします。でも、筆記試験の倍率が分からないので、予想に過ぎませんけど。

 

久留米市の公務員試験の面接の倍率についても予想でしかないです。2~3倍くらいなのではないか?というのも予想なので、久留米市の公務員試験の面接の倍率は正直言って分からないので、より高い倍率を想定しておいた方が良いと思います。久留米市の公務員試験の難易度は全体として高いので、普通に難しいですけど、面接の倍率はどんなに低くても2倍はあると思うので、そういったところは知っておきましょう。でも、久留米市の公務員試験の配点は面接の方が高いことが予想されます。地方公務員に関しては、二次試験の配点の方が高いですし、久留米市の公務員試験についても配点は筆記よりも面接の方が高いでしょう。久留米市の公務員試験の配点は調べれば出てくるかもしれませんけど、基本的には筆記試験よりも面接試験の方が高いと思っておきましょう。久留米市の公務員試験の難易度では筆記試験と面接試験のトータルでの評価が重要になりますけど、久留米市の公務員試験では筆記試験のボーダーラインも高いと思いますが、久留米市の公務員試験の面接の配点も高いと思うので、二次試験も難しいと思うのです。久留米市の公務員試験に受かるには筆記対策と二次試験の対策をしっかりとやる必要があるというのは覚えておいてほしいです。久留米市の公務員試験では一次試験が教養と専門と面接試験、適性検査で、一次試験から面接がありますが、教養と専門が一定の点数を超えないと行われないようです。だから、その点数が事実上のボーダーラインになるかもしれないです。

 

そして、二次試験は面接のみとなっています。こういったところが久留米市の公務員試験の試験内容ですが、変更があるかもしれないので、最新の受験案内を各自でチェックしておいてほしいと思います。そして、久留米市を受験する人は以下の本が参考になるかもしれないので知っておきましょう。久留米市を含めたいくつかの自治体の公務員試験の大卒程度の上級職についてまとめた本になります。本書は久留米市を含めた自治体の公務員試験における筆記試験、面接試験などについて書かれており、特定の自治体に特化した内容となっているので、久留米市の公務員試験についてかなり細かい有益な情報が載っている可能性があります。したがって、本書にしか載っていない情報により、本番の筆記試験や面接試験で有利になれるかもしれません。筆記試験の傾向や面接での志望動機などの考え方に使える材料が期待されますから、もしよかったら参考にしてほしいと思います。

 

 

あわせて読みたい記事