特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

徳島市の公務員試験の難易度や倍率は高い?筆記のボーダーラインはどうなっているのか?

徳島市の公務員試験を受ける人は難易度について知っておいてもらいたいですけど、具体的にどれくらいの難しさがあるのでしょうか?徳島市の出身者や在住者は受験する可能性がありそうですけど、徳島市の公務員試験の難易度ははっきり言って高いです。大卒程度の行政職という枠組みの話になりますが、徳島市の公務員試験の難易度は極めて高いです。それは過去の倍率を見ればよく分かると思います。徳島市の公務員試験の倍率は全体として非常に高いのです。平成28年度のデータが徳島市のホームページに載っていますけど、全体の倍率で20倍程度あり、平均と比べるとかなり高いです。この時点で受かる可能性は結構難しいです。徳島市の公務員試験の一次試験に関して言えば、倍率は6倍以上となっていますから、全体的に言えば筆記試験の倍率が高いのです。筆記重視と言えるか?は分かりませんけど、徳島市では筆記試験の倍率が高いです。だから、筆記対策を相当やっておかないと一次試験も受からないでしょう。.徳島市の公務員試験では筆記重視とも思えるくらいに、筆記試験の倍率が高いです。だから、筆記試験のボーダーラインも自然と高くなってくるということになります。

 

徳島市の一次試験の倍率が高いというのは、全体の倍率が高いので、それを調整する意味合いもあるかもしれませんが。でも、問題は二次試験の倍率がどうなっているのか?ということです。徳島市では一次試験でかなり絞っているので、実は二次試験以降は倍率は低いです。一次試験を受けている人は250人以上、この年はいるのですが、二次試験の時点で受験者数は26人になっています。そして、二次試験では20人が合格しており、倍率は相当低いです。そして、三次試験は20人が受験して13人が合格しています。これが最終合格になりますが、徳島市の公務員試験の面接の倍率はほぼ2倍くらいです。筆記試験の倍率が高い分、面接試験の倍率は低くなっているので、こういったところを見ると、やはり徳島市の公務員試験は筆記重視と言えそうなのです。ただ、徳島市の公務員試験では配点は筆記が高いとは思えません。配点は面接などの人物試験の方が高そうです。特に面接の配点は高いでしょう。徳島市の公務員試験では恐らく面接の配点が特に高いので、倍率は高くはないですけど、なんやかんやで面接の出来がかなり左右するということになると思います。そうなると、一次試験の対策も重要ですが、二次試験の対策こそが最終合格するために重要なのです。徳島市の公務員試験の筆記の倍率が6倍以上となっているので、毎年この数字になるとは言えないものの、このくらい高い倍率だとすると60~65%くらいがボーダーラインになる可能性があります。

 

徳島市の公務員試験の難易度に関してはこういった感じで書いてきましたが、筆記重視と思えるほどに筆記試験の倍率が高いというのが特徴です。徳島市の公務員試験に受かるには筆記試験のボーダーラインを超えないといけません。徳島市は問題のレベルはそれなりに高いでしょう。9月に採用試験があるようなので、市役所C日程となっていますから、問題のレベルが極端に高いわけではないものの、一次試験の倍率が高いので、ボーダーラインも高いと思います。徳島市の公務員試験の筆記のボーダーラインに関しては6割以上必要になるんじゃないかな?教養試験と専門試験の両方があるみたいなのですが、6割以上超えないと受からない可能性も十分にあります。筆記試験の倍率が特殊なので、正確に徳島市の公務員試験の筆記のボーダーラインを予想するのは難しいですけど、6割はないと受からないかもしれないです。6割5分くらいとっておくと良いかもしれませんが。筆記試験でかなり絞るので、同じような倍率になるならばそれくらいの数字は必要だと思います。徳島市の公務員試験の筆記のボーダーラインはこんな感じです。二次試験は論文試験、集団面接、集団討論、三次試験が個人面接です。これは過去の採用試験の受験案内なので、最新のものを各自でホームページからチェックしておきましょう。試験内容が変更になっている可能性もありますから。

 

徳島市の公務員試験の難易度は高いですし、それは分かってもらえたのではないでしょうか?過去の徳島市の公務員試験の倍率が今後も同じように続けば、これからも難易度は高いと言えるでしょうけど、同じようになるか?は分かりません。したがって、徳島市の公務員試験の筆記対策と面接対策はしっかりとやっておいてほしいです。そういったときにおすすめしたいのが以下の本になります。こちらは徳島市を含めていくつかの自治体に特化した公務員試験の対策本になります。大卒程度の上級試験に絞った情報が載っており、徳島市を含めていくつかの自治体を受験する人のために、筆記試験や面接試験などで有効な情報を載せてくれていると思います。筆記試験の問題のレベルや傾向、面接の志望動機の作り方などで生かせそうな情報などが載っている可能性があり、この本じゃないと手に入れられない情報が詰まっているかもしれないので、同じ試験を受けるライバルに差をつけられる可能性があります。筆記対策や面接対策において重要な情報が得られるかもしれないので、徳島市などの特定の自治体に特化した公務員試験の対策本として、良かったら参考にしてほしいと思います。

 

 

あわせて読みたい記事