特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

公務員試験の二次試験、面接日程がかぶる!選び方はどうする?

公務員試験の面接の時期が近づくと、1つの悩みが生まれてくることがあります。それはいくつかの試験種で一次試験に合格したのは良いものの、二次試験の日程が被ってしまうという事態が普通にありえるからです。一次試験も被っているところは多くありますが、それは最初から分かっているから良いものの、面接試験がかぶるというのは、面接試験の日程の通知が届いて初めて分かります。3つ4つ受かると、だいたいそのうちの1組くらいがかぶるというのはよくあります。多くの試験種が同じような時期に筆記試験から面接試験まで行うので、面接がかぶるというのは結構あります。勿論、面接の日程というのは、採用する側が決めていますし、それを通知されて、こちらはその通りに面接の準備をして、当日会場に向かうだけということになります。したがって、基本的に日程の変更等には応じてもらえません。これはほぼどんな理由でもダメでしょう。

 

変更可能な場合というのは、特定の人だけに不都合が生じたわけではなく、面接を受ける受験生ほぼ全てに不都合が生じて、面接に行けないような事態が生まれてしまったようなケースのみだと思います。例えば、公共交通機関が乱れて、会場に着けない、または遅れてしまう。しかも、それはほんの数分、数十分という遅れではダメで、ずーっと全然動かないという状況じゃないと多分ダメでしょう。少し早く出ていれば間に合ったのであれば、多分ダメだと思います。その日面接を受ける受験生のほぼ全員が面接に間に合わない、会場に着けないという得意な状況でもなければ、面接の日程変更というか、面接を中止して、別途開催するようなことにはならないでしょう。そういった理由くらいじゃないと、面接を別の日に受けさせて欲しいという願いは受け入れてもらえないと思います。だから、被った場合の日程変更はほぼ不可能といっても良いくらいかもしれません。じゃあ、実際にかぶってしまった場合にはどう優先順位をつけるか?という問題があります。

 

2つで被ってしまった場合に、その日はどちらに出るべきか?出ない方はそこで終了となります。一次試験の合格はそこでなかったも同然になってしまいます。問題は何を基準にどちらを選ぶか?ということです。優先順位が自分の中で決まっている人はそれで良いでしょう。別にどういう決め方をしても、それは個人の自由だと思います。より志望度の高いほうを優先して受けるというのは問題ないと思います。ただ、なかなか決められないという方もいると思うのです。2つ面接が被った場合にはどちらを選ぶべきか?受けるべきか?なかなか決められないという人もいますよね。そういう方にオススメしたいのは、自分なりに受かりやすいと思うほうを選んでみてはどうでしょうか?それは最終合格や内定までの道のりの長さ、面接の倍率、面接自体の難易度などを考慮して、1番受かりやすそう、1番内定がとりやすそうなところを選ぶというものです。

 

やはり、どうしてもここじゃないとダメ!という人以外は、1個どこでも良いから受かってほしいという願いがあると思うのです。そうなると、より内定まで辿り付ける可能性が高い試験種を優先して受けるというのも大切だと思います。今年1年で決めたいと思っている方、浪人はしたくないという方であれば尚更です。だから、被った2つの試験種の二次試験の内容、難易度、倍率、そしてそこから内定までの長さなどを考慮して、どちらの方が内定を貰いやすそうか?それを1番の基準にするのも別におかしくないと思います。2つのついから1つを選ぶというのは、大変悩ましい問題です。そういう悩ましい問題はあえて必然的に生み出されているのかもしれませんけど。というか、多くのメジャーな試験種は筆記試験はそうでもないけど、面接試験は多くが被りやすい時期にやっているため、あえて、より志望度の高い人を集めようという採用側の考えもあるのかもしれませんが、結果的により志望度の高い方を選んでいるとは限らないのです。

 

また、日程がかぶることによって、1つの試験種の面接を受ける人数が減り、倍率が下がって、試験種単位でいうと、合格可能性は上がっているともとれるので、それはそれでメリットもあることかな?と思います。1つも被っていないという人は、特にその恩恵を受けている人ではないでしょうか?実際にかぶってしまった人は、他の受験生にその恩恵を提供しているということになってしまいますけど。こういう駆け引きみたいなのも公務員試験では、毎年の風物詩ですから、後悔のないように2つ被った中から1つを選んでほしいと思います。3つ以上にかぶったら、これはもう運がないとしか言いようがないでしょう。2つまではありえると思うけど、3つ以上が被るというのは、なかなかないと思いますから。公務員試験の面接対策をするときには特に以下の参考書が良いと思います。採用側の意図が分かる貴重な面接対策本です。面接官はどういう受験生を欲しがるのか?に対する答えと、その欲しがられる受験生に見せるためには、どうしたら良いのか?についての具体的な方法が載っているので、面接に合格するために非常に貴重なヒントが書かれている点がオススメです。

 

 

面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)

面接・官庁訪問の秘伝 2016年度採用版 (公務員試験)

 

 

あわせて読みたい記事