特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

日立建機の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

日立建機の就職の難易度はどうなっているのか?実際にここに就職したいと考えている人は、その難易度を把握しておくべきです。日立建機の就職における難易度を調べるときには、倍率のデータを要します。通常は倍率を調べたうえで、難易度を推測していくのです。ただ、日立建機の就職における倍率のデータについては、30倍前後と言われています。事務系と技術系ごとに倍率の数字は多少異なり、事務系の方が相対的に数字は高くなっています。日立建機の就職の倍率については、全体的にはこういった数字となっているので、覚えておくといいでしょう。しかし、難易度の問題に関しては、他にも知っておくべき点があります。それは学歴フィルターの有無についてです。

 

日立建機の就職では学歴フィルターはあるのか?

日立建機の採用試験の難易度について見ていくときには、学歴フィルターの部分は重要です。したがって、そこについて調べていきます。通常であれば、日立建機の就職の倍率からチェックしていくことになります。倍率は30倍前後となっているので、こういった数字である現状を見ると、学歴フィルターがある可能性は低いと思います。ただ、倍率以外の情報もチェックしていきましょう。採用実績校の面も調べておいた方がいいと思います。実際に日立建機の就職の採用実績校を見てみると、有名大学の名前が多いです。ただ、ランク的に言えば、日東駒専産近甲龍あたりまでは採用が確認されています。採用実績校を考慮すると、学歴フィルターが絶対にないとは言い切れませんが、ありそうな雰囲気にはあまり見えません。だから、日立建機の就職では、学歴フィルターの心配をする必要はほぼないと言えると思います。

 

しかし、学歴フィルターがないとしても、学歴や大学名を一切見ていないとは言い切れません。就活においては、学生のあらゆる面を見ていき、それらを総合的に評価して、最終的に合否を決定していきます。つまり、選考の過程では多くの部分をチェックすることになるため、その中では学歴や大学名も見ている可能性が大いにあるでしょう。とはいっても、学歴や大学名だけ見ているわけではありませんから、他にも気を遣うべき点は存在するわけですが。例えば、日立建機の就職の面接対策は非常に重要です。志望動機や自己PRは特に細かく見られているはずなので。そして、日立建機の就職の評判についても見ておきましょう。社員の口コミを紹介しますから、そういった点を通じて会社の普段の状況を把握してほしいと思います。日立建機の仕事は激務なのか?などに関して、きちんと理解しておくべきです。

 

日立建機の就職の評判はどうなっている?

日立建機の就職の評判についてチェックをしていきたいと思います。どういった社員の口コミがあるのか?を丁寧に観察していきましょう。まずは平均年収からです。日立建機の平均年収については?というと、600~700万円程度となっています。したがって、普通に高い状況と評価できると思います。では、働き方の口コミについて確認していきます。社員の口コミを見る感じでは、全体的には激務にはあまり見えません。ワークライフバランスが整えやすいという声もあるので。しかし、実際は部署などによって状況は異なるため、一概には言えない可能性は知っておく必要があります。でも、月の平均の残業時間は30時間程度とされているため、激務と言える状況では少なくともないでしょう。それに22時以降の残業は禁止となっているので、長時間労働にならないようにかなり配慮がされている状況と評価できるはずです。

 

日立建機では、休日に関しても評判がいい状況です。基本的に有給休暇はかなり取りやすく、割と自由に使うことができるとされています。申請をして断られることはないと口コミで言われているのです。また、お盆や年末年始といった時期の休みが割と長く、きちんと休める点も評価されています。こういった部分を見ると、日立建機では休みに関しては問題なさそうですし、かなり魅力的な面が存在していると言えるのではないでしょうか?リモートワークについては、推奨はされているものの、実際はそこまで普及していない状況です。だから、リモートワークを利用できている人もいれば、そうじゃない人もいるので、ここは人によってかなり違いが生じている点と言えます。日立建機の採用試験の難易度も重要ですけど、やはりこういった会社の評判については、しっかりと把握しておく必要があります。会社の状況についてはできるだけ詳しく調べておいて、自分なりに納得をしたうえで受験をしていくと良いのではないか?と思います。

 

 

あわせて読みたい記事