特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

イビデンの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

イビデンの就職の難易度はどうなっているのか?実際に難易度を理解するには、倍率を知っておく必要があります。イビデンの就職における倍率を調べると、難易度を知ることができるでしょう。実際の倍率については、そこまで高くはないようです。10倍前後となっているみたいですから、この倍率であれば、一般的には普通程度と言えるかもしれません。よって、難易度についてはそんなに高くはないと言えると思います。こういった点は覚えておくと良いと思います。でも、イビデンの就職の難易度に関しては、他にも知っておく必要がある部分が存在します。それは学歴フィルターの有無です。

 

イビデンの就職では学歴フィルターはあるのか?

イビデンの採用試験の難易度に関して、学歴フィルターがあるのか?という点はかなり重要と評価できるでしょう。したがって、ここについて調べていきます。実際にチェックするときには、倍率のデータを使用していきます。イビデンの就職における倍率から、ある程度推測できると思うのです。すでに話したように、倍率は10倍前後となっているようですから、この数字であれば学歴フィルターがある確率はかなり低いでしょう。学歴フィルターを実施しないといけない状況には見えませんから。したがって、そういった心配はしないでもいいと思います。また、イビデンの就職の採用実績校を見ると、いろいろな大学名があって、MARCHレベルの大学が最も低いランクになっていますが、恐らく採用実績校として公開されているもの以外でも、採用大学はあるのではないか?と思います。

 

イビデンの就職では学歴フィルターは恐らく存在していないはずです。しかし、だからと言って学歴や大学名を一切見ていないと言えないと思うので、そこは覚えておきましょう。就活においては、学生のあらゆる部分をチェックしていくのが普通です。そして、それらを総合的に評価して、最終的に合否を決定していきます。だから、その中に学歴や大学名が入っていても不思議ではないと思うのです。だから、イビデンの就職では学歴や大学名の部分は見られていると考えておいた方がいいです。でも、そういった部分だけしか見ていないわけではありませんから、結局は他にも気を遣っていかないといけない面はあります。イビデンの就職の面接対策については特に重要と言えるはずです。志望動機や自己PRについては、かなり細かくチェックされている可能性が高いですから。そして、イビデンの就職の評判に関しても理解しておきましょう。社員の口コミを載せておくので、そういった部分から会社の実態を把握しておいてほしいです。イビデンの仕事は激務なのか?という点について、特に調べておくと良いと思います。

 

イビデンの就職の評判はどうなっている?

イビデンの就職の評判についてチェックをしていきたいと思います。社員の口コミを参考にすれば、ある程度の状況を知ることが可能でしょう。まずは平均年収からです。イビデンの平均年収は?というと、600万円強となっています。したがって、それなりに高い状況であると評価できると思います。では、働き方に関する口コミをチェックしていきます。全体的な雰囲気としては、そこまで激務という状況には見えません。しかし、部署によって違いがあるようですし、そもそも人によって勤務体系に大きな違いがあるようです。主に4勤2休と3勤3休があるようで、そういった違いにより、日々の勤務の状況に関する違いが生まれています。前者は仕事は忙しいものの、たくさん稼ぎやすいです。後者はそこまでたくさん稼ぐことはしづらいものの、たくさん休むことができます。そういった部分で特徴が完全に分かれているわけです。

 

そういう意味では、イビデンの仕事は激務に感じる可能性はあるものの、その分給料が増えるということで、メリットもちゃんと存在すると評価できます。ただ、有給休暇は使いづらいという評判が存在しています。冠婚葬祭や体調不良以外ではほぼ使ったことがないという口コミもありますから、休みを優先させたい人にとっては3勤3休の方が合っているということなのでしょう。また、副業も禁止となっているみたいで、さらにリモートワークについては会社が許可をしたケースに限って有効となっている模様です。こういったところがイビデンの就職の評判と言えます。イビデンの採用試験の難易度に関する情報も大切ですけど、やはり自分が実際に入社するかもしれない会社になりますから、できるだけ細かいところまで内情を把握しておいて、そのうえで自分なりに納得をした状態で受験をしていくと良いのではないでしょうか?

 

 

あわせて読みたい記事