特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

公務員試験の予備校を割引価格で、格安で利用するには?

公務員試験の勉強のために予備校に通いたいけど、やっぱり予備校にちゃんと通うとお金かかりますよね。お金が1つにネックになると思いますけど、その部分についてはなんとかなる場合もあります。それは割引特典が受けられる場合があるからです。割引がないと、メジャーコースに通常ならば1年くらい通うとすると30~40万円くらいはかかると思いますから、結構大きな金額ですよね。自分で出さないでご両親に払ってもらうにしても、安くなるのであればそれに越したことはないはずです。したがって、従来の料金よりも少しでも安くなるのであれば、その恩恵は誰もが受けたいですよね。実はこれから予備校の入学を考えている人に対して、本来の授業料からいくらか割引をしてくれる予備校もあるのです。それを紹介したいと思います。

 

基本的に割引制度は誰でも利用できるわけではありません。例えば、この割引特典を用意している予備校としては、「資格の学校TAC」が特に有名です。ここは全国的にも有名な予備校ですけど、少しでも安く受講生に学んでもらいたいという思いもあるのか、特定の人には結構な減額をした授業料で入会できるように措置が整えられています。TACの場合は、申請書への記入と小論文の課題をこなすと、割引が受けられるようになっています。そう簡単には割引を受けることはできないので、ちゃんとした審査があるということですね。TACから関連資料を取り寄せて、それに記入して送付すると、TACにて審査が行われて、割引されるか?そして割引の程度が決定されるということです。割引は一律ではなく、人によって違うのです。どの程度割引されるか?はTACにより決定されます。

 

また、割引措置が受けられるのは、一定のコース以上となっています。総合本科生といった公務員試験に必要な筆記試験、論文試験面接試験トータルで利用できる受講生の中で最大人気のコースを利用する方が多いと思いますけど、このコースであれば割引措置を受けることは可能です。公務員試験の予備校は長い人だと2年間くらい、これはかなり前から通い始めている人などはこれくらいの期間通う人もいます。ただ、多くの人は1年間くらい通うことになると思います。したがって、長い時間にわたるので、それに懸ける思いなどを認めて、是非TACに送ってみましょう!私もTACは利用したことありますけど、非常に良い予備校のように思います。先ほど紹介した総合本科生は、択一試験の授業はほぼ全て受けられますし、論文試験は添削は無制限、面接試験は模擬面接は無制限に受けられ、面接カードの添削も受けられます。そして、過去の受験生が実際に受けた面接の記録を試験種ごとにまとめた記録も自由に閲覧可能です。試験種ごとにどういう面接が実施されたのか?内容、聞かれたこと、注意点などをまとめたデータを自由に見ることができるのも大きいですね。

 

また、無料で模試も複数回受験できるので、トータルで見ると1番コストパフォーマンスの高いコースじゃないか?と思います。この総合本科生が約30~40万円くらいしますから、それに入会したい場合には割引特典が使える可能性があるということです。どれくらい割り引いてもらえるか?は分かりませんけど、少しでも費用を安くしたいのであれば、やはり利用しておいた方が良いかと思います。TACという予備校について、総合本科生のコースやそれ以外のコースについて、詳しく知りたい方は、TACのホームページを1度ご覧になるか、無料でできますから1度資料請求をしてみても良いかもしれません。それでTACについてよく理解してから、ここに通ってみよう!と思えたならば、改めて割引を受けるための書類をTACから取り寄せてみると良いのではないでしょうか?

 

資格の学校TAC<公務員>各種コース開講