特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

明電舎の就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

明電舎の就職の難易度はどうなっているのか?実際に難易度をチェックするときには、倍率の情報を必要とします。したがって、明電舎の就職における倍率をチェックしていきたいのですが、倍率に関しては非公開になっている可能性が高いです。というのも、詳細な数字は調べても出てこないのです。採用試験の倍率を公開している会社の方が圧倒的に少ないので、ここは仕方ないと思いますけど。でも、倍率が分からない状況なので、明電舎の就職における難易度も不明と評価せざるを得ません。ただ、難易度の問題については他にも知っておきたい部分があります。それは学歴フィルターが存在するか?に関してです。

 

明電舎の就職では学歴フィルターはあるのか?

明電舎の採用試験の難易度に関しては、学歴フィルターの部分がかなり重要と言えます。学歴フィルターの有無をチェックする際には、倍率の情報を本来であれば使っていきます。しかし、明電舎の就職の倍率は分からないということで、倍率以外の部分からチェックしていきたいと思うのです。今回は採用実績校を参考にしていきたいと思います。明電舎の就職の採用実績校をチェックすると、実際いろいろな大学名が載っている状況に気付きます。有名大学も多く見つかりますが、そうではない大学名も多くあるのです。そして、中にはFランク大学と思われる大学名からも採用が確認できます。こういった部分を踏まえると、明電舎の就職では学歴フィルターはないのではないか?と思います。そういった部分の心配はそこまでしなくてもいいと思います。

 

しかし、学歴フィルターが仮にないとしても、学歴や大学名の部分を一切見ていないとは言えません。そういった部分はチェックしている可能性が高いと思うのです。就活においては、学生のいろいろな面を見ていき、それらを総合的に評価したうえで、最終的に合否を決めていく状況となります。その過程において、学歴や大学名を見ていても不思議ではないのです。しかし、明電舎の就職では学歴や大学名だけで合否が決まるわけではありません。だから、結局は他にも気を遣っていくべきポイントがいくつか存在していると言えるわけです。特に明電舎の就職の面接対策は重要と言えるでしょう。志望動機や自己PRはかなり細かく見られているはずなので、しっかりと時間をかけて練っていってほしいと思います。また、明電舎の就職の評判もチェックしておきましょう。社員の口コミを紹介していくので、会社の普段の様子を把握してほしいです。明電舎の仕事は激務なのか?などに関して、理解しておくと良いのではないか?と思います。

 

明電舎の就職の評判はどうなっている?

明電舎の就職の評判について見ていきたいと思います。社員の口コミをチェックすることで、普段の状況について知ることがしやすいでしょう。まずは平均年収からチェックしていきます。明電舎の平均年収は?というと、700~800万円となっています。したがって、数字としてはかなり高い方であると評価できるでしょう。では、働き方の口コミがどうなっているのか?について見ていきます。全体的には激務とは言い難いものの、時期によっては明電舎の仕事は激務になる可能性があるみたいです。というのも、明電舎の場合には上半期は比較的穏やかな状況で、定時退社がしやすく、有給休暇なども取得しやすいと言われています。しかし、下半期になると一気に忙しい状況となり、月の残業が80時間ほどになることもありますし、有給休暇などを取得しづらい雰囲気があるとされているのです。部署による違いはありますが、時期による違いが特に大きいということなのでしょう。

 

リモートワークに関しては、これは完全に部署による部分が大きいようです。積極的に活用しているところもあれば、ほとんど使っていないところもあるなど、かなり差が顕著となっています。また、フレックスタイム制に関しても同様であり、普通に使えている部署もありますけど、そうではない部署もあるということで、その違いは理解しておきましょう。フレックスタイム制は出勤時間、退勤時間に関して各自で自由に決めやすいため、柔軟な働き方が可能になる制度として、労働者においては割と人気な面が存在していると言えます。明電舎の就職の評判としてはだいたいこんな感じとなっています。明電舎の採用試験の難易度も大切と言えますけど、やはり会社の日常がどんな感じか?という点はしっかりと把握しておいてほしいです。自分が実際に入社する可能性がある会社だけに、自分なりにきちんと納得した状態で受験をしていくと良いのではないか?と思います。

 

 

あわせて読みたい記事