特別区の職員採用試験で合格を目指す人を応援するブログ

特別区Ⅰ類を中心に、公務員試験の難易度や勉強方法を紹介していきます。

日立ハイテクの就職の難易度や倍率は?学歴や大学名の関係と激務という評判はある?

日立ハイテクの就職の難易度はどうなっているのか?日立ハイテクに就職したいと考えている人は、やはりその難易度について知っておくべきです。難易度について調べるには、通常であれば倍率を使っていきます。しかし、日立ハイテクの就職の倍率については、非公開になっているようです。したがって、正確な倍率を知ることは厳しいです。採用人数が多いので、そこまで高い倍率になっているとは思いませんが。営業、事務、エンジニア合わせて100~200名ほどは募集されているみたいです。日立ハイテクの就職の難易度に関しては不明と言える状況ではありますが、他にも知っておいてほしい点があります。それは学歴フィルターの有無です。

 

日立ハイテクの就職では学歴フィルターはあるのか?

日立ハイテクの採用試験の難易度では、学歴フィルターの有無が非常に重要と言えます。したがって、そこに関してチェックをしていきましょう。ただ、通常であれば、倍率から学歴フィルターの有無を推測していきます。でも、日立ハイテクの就職における倍率は不明であるため、倍率から調べることは厳しいです。だから、今回は採用実績校のデータを使用していきます。日立ハイテクの就職の採用実績校に関してチェックすると、多くの大学名が確認できます。有名大学の名前もありますけど、そうとは言えない大学名も見つかりますし、中には大東亜帝国のレベルに相当すると思われる大学名もある状況です。したがって、こういった状況を踏まえると、日立ハイテクの就職で学歴フィルターがある可能性はかなり低いのではないか?と思われます。

 

学的フィルターがある可能性はかなり低いと思いますが、それでも学歴や大学名をチェックしていないとは言えません。学歴フィルターのように、学歴や大学名だけ見て合否を決めるということはしていないだけで、合否の判断材料の1つになっている可能性はあるのです。だから、日立ハイテクの就職では学歴や大学名を見ることはしていると思っておきましょう。ただ、学歴や大学名以外の部分もチェックしているため、結局は他にも気を遣っていくべき点はいくつか存在していると言えますが。例えば、日立ハイテクの就職の面接対策は非常に重要です。志望動機や自己PRなどはかなり詳細に見られているはずなので、しっかりと時間をかけて考えて、そのうえで受験をしてほしいと思います。そして、日立ハイテクの就職の評判もチェックしておきましょう。社員の口コミから、会社の実態を確認しておくと良いです。日立ハイテクの仕事は激務なのか?については、特に見ておくと良いのではないか?と思います。

 

日立ハイテクの就職の評判はどうなっている?

日立ハイテクの就職の評判について見ていきたいと思います。社員の口コミを見れば、ある程度の状況を理解することができるはずです。まずは平均年収からチェックしていきます。日立ハイテクの平均年収は?というと、600万円前後となっています。したがって、結構高い数字と評価できるでしょう。では、働き方に関する口コミをチェックしていきます。日立ハイテクの残業時間に関するデータがありますけど、これによると1か月あたりの平均は35時間前後となっています。これに関しては、激務とは言い難いものの、そこそこ忙しい可能性はあるでしょう。実際、社員の口コミでは、1人当たりの業務量が非常に多いと言われています。そのため、中には激務を感じている人もいる可能性はあるでしょう。ただ、コロナ禍以降は在宅勤務がどんどん進んだため、柔軟な働き方ができるようになってきており、そこは評価されている状況ではあります。

 

それに働き方に関しては、部署による面もあります。ワークライフバランスがかなりとりやすいと証言している社員もいるので、比較的な楽な日常を過ごしているケースもあるのでしょう。また、休日に関する評判はかなり良い状況となっています。有給休暇が取りやすいようで、満足いっている声が多く見つかります。また、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆など、十分な休みが確保されているので、そこも評価されている部分です。だから、休日がしっかりとしているという意味では、ゆとりを持って働くことが可能でしょう。日立ハイテクの就職の評判はこういった状況となっています。日立ハイテクの仕事は激務になる可能性はあるかもしれませんけど、以前よりはマシな状況となっており、いいところも存在しているため、そこに関しても理解しておきましょう。日立ハイテクの採用試験の難易度も重要ですが、やはり自分が働く可能性がある会社の情報は詳しく知っておく必要があります。そして、自分なりに納得したうえで受験をしていくと良いと思います。

 

 

あわせて読みたい記事